2017年12月20日

【プレジデントオンライン】元朝日新聞編集委員 山田厚史『本当の敵は安倍政権ではなく政治的無関心』

■【プレジデントオンライン】元朝日新聞編集委員 山田厚史『本当の敵は安倍政権ではなく政治的無関心』[H29/12/19](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=13,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/19(火)14:48:03 ID:???

◎記事元ソース名/本当の敵は安倍政権ではなく政治的無関心

政治に距離を置く人を巻き込む方法

「本当の敵は、安倍政権ではなく、政治的無関心なのではないか」。先の総選挙に立憲民主党から出馬した
元朝日新聞編集委員の山田厚史さんはそう振り返る。選挙告示の10日前に突然出馬を決めたが、6万票超を集めるなど健闘した。
それでも半数以上の人は投票すらしていない。なぜ政治に距離を置く人が増えているのか――。

比例復活を果たせず次点にとどまる
当落が決まったのは、開票日の翌日10月23日の早朝だった。千葉・神奈川・山梨3県でなる南関東比例区の得票が確定し、
立憲民主党の比例当選は6人と決まった。惜敗率が7番目だった私は比例復活を果たせず、次点にとどまった。

「立憲民主の比例得票があと2000票あれば、7人目として滑り込めたのに……」。応援してくれた仲間からそんな声が上がった。

「もう数日早く運動を始めていたら」「投票日に嵐が来なかったら」「選挙のやり方が分かっていれば」……。
「たられば」の反省は山のようにあるが、やって悔いなし、選挙をやりぬいた、という気分だった。
それは「候補者の自己満足」にすぎなかった。応援してくれた人たちにとって「落選」は受け入れられる結果ではなかった。

終盤に確かな手ごたえを感じ、「この調子なら惜敗率で滑り込める」と期待感は高まり、
支援者も「戦うジャーナリスト山田厚史を国会へ送り出そう」とその気になっていた。それだけに「やるだけのことはやった」では済まない。
候補者としては「この経験を糧に次は絶対当選だ。皆さんよろしくお願いします」というべきだが、年齢を考えると、その選択はない。

獲得した6万2894票への責任もある。私の名前をこれほど多くの人が書いてくれた。期待にどう応えるか。重い宿題を背負った気分になった。

立候補要請を受けたのは選挙告示の10日前

疾風怒濤の2週間だった。私が選挙に出ると知った友人たちがびっくりして電話を掛けてきた。

「君が選挙に出るなんて、どういうことだ」
「カネは大丈夫か。どれぐらいかかる? カンパするぞ」
「やるだけのことを思いっきりやれ。健闘を祈る」

おおむね、こんな励ましがほとんどだった。「やめろ!」「思いとどまれ」という声は意外にも、なかった。
民進党の瓦解、リベラル崩壊、という流れに危機感を抱く友人は多く、青天の霹靂のような「立候補」を暖かく受け止めてくれていた。

ビックリしているのは私も同じだ。まさか自分が選挙に出るなんて考えてもいなかった。立候補の要請を受けたのは
選挙告示10日前の9月30日だった。浦安市の公団住宅にあるわが家に、知人が訪ねてきた。気の合う仲間として接してきた人物だ。
浦安の隣の市川市に住む彼は千葉県市民連合のメンバーでもあった。

「千葉5区から立候補してくれないか」という打診だった。「選挙に出るなどなんて考えられえない」とやんわりお断りした。

市民連合は、国政選挙で野党共闘を実現しようという集まりで、法政大学の山口二郎教授らが中心になり全国規模で動いている。
千葉5区(浦安市と市川市南部)はこれまで自民・民主・共産の三つどもえの戦いで、自民党の薗浦健太郎氏と
民主党の村越祐民氏が勝ったり負けたりを繰り返してきた。

(以下略)

ソース=http://president.jp/articles/-/23979




2:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)14:52:17 ID:2V6
むしろ無知な無関心層騙くらかして誕生したのが民主政権やん


4:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)14:55:39 ID:C17
この「投票率が上がれば野党が勝つに違いない」という勝手な前提に腹が立つ。
投票率上がった結果、余計に自民が勝つ、という可能性だって普通にあるわけだが。


6:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)15:00:16 ID:y8i
>>4
民主党が詐欺フェストで政権を盗った2009年総選挙が「投票率が上がれば野党が勝つに違いない」の根拠なので、パヨクがそれにすがるのは仕方ないことなのです


5:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)14:58:39 ID:J2O
政治をワイドショー化して報じるマスゴミと、
それに乗ってバカ騒ぎする野党を叩けよ。

…と言っても、立憲民主党なんかから出馬する輩には
馬耳東風か。


8:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)15:18:01 ID:pGZ
その無関心のお陰で民主党が一回政権取れたんだろうにw
本性がバレてからの選挙はどうなりましたか?


9:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)15:28:39 ID:Nwg
無関心でない若者がネットで調べて安倍勝利


10:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)15:29:53 ID:oS3
国民みなが政治的関心持つようになった時には、愚民煽動メディアは滅ぼされるぞ。


13:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)16:28:00 ID:lsS
「政治的関心を持てば、自分達の賛同者が増えるはず」って思考が透けて見えるぜw


16:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)19:10:11 ID:MyF
>>13
ネット初期もそうだったな。
実際は反対で、今じゃネットを目の敵に。


30:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)23:04:10 ID:nBF
>>13
なんでそう楽観的なんだろうな


15 FX-502P New! 2017/12/19(火)19:08:17 ID:ZAU
無関心なのと、積極的に妨害工作してくるのとでは
どっちが害悪だろう


20:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)19:27:38 ID:9Oj
政治的無関心こそが朝日の味方だろうに。
だから繰り返し特定の目的を持った
記事を書いて刷り込み効果で世論を誘導できる。
典型的なケースがもりかけ。


23:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)19:54:31 ID:CVT
>>1
自分の考えと異なる事を言うやつはみんな無関心

アホだろこいつ


24:名無しさん@おーぷん:sage New! 2017/12/19(火)20:19:11 ID:5cW
>戦うジャーナリスト山田厚史を国会へ送り出そう

いくら支援者の言葉でも、よく臆面もなく書けるね。
国会が必要としてるのはプロの政治家であって、
常に第三者気取りで他の諸々を食い散らかす人間ではない。
心得違いもいいところだ。


14:名無しさん@おーぷん:New! 2017/12/19(火)18:20:25 ID:U6X
政治に関心持ったらぱよく野党はますます沈むと思うが…
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(7) | マスコミニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by 名無し at 2017年12月20日 11:35
    本当の敵は手強い相手ではなく不甲斐ない味方だと知るべきところではある。
  2. Posted by at 2017年12月20日 12:01
    本当の敵は、日本政府ではなく 日本国民ではないか? だって
  3. Posted by at 2017年12月20日 12:51
    オメーらの言う関心のある人ってのは
    「自分たちの意見に同調してくれる人」でしかないだろうが
    自分とは違う意見の大衆に向かって
    無知だ騙されているだ平気で言うんだから
  4. Posted by at 2017年12月20日 13:14
    無関心が多いのはよくないのは確かだが関心も持った結果自民支持したらお前らけちょんけちょんにけなすじゃん…
  5. Posted by at 2017年12月20日 18:43
    ホント宗教だよな
    「自分たちが理解されないのは周りの信心が足りないから」って言ってるのと変わらん
  6. Posted by hhh at 2017年12月20日 19:06
    前衛の私達が政治に無関心な国民をリードしていくという妄想に浸っているが、実は政治的に成熟した国民が政治に関心を持って的確な判断でアホな左翼を見透かしているだけ。もっとも、メディア・社会におけるあほな連中に目を付けられるのがいやだから、「政治には関心がありません。誰がやっても同じだ。(野党が自民以上のよい政治を実行できるとは到底思えないから)」とあいまいなことを言っていると思う。
  7. Posted by at 2017年12月20日 19:59

    この前も18〜20歳が投票すれば野党が勝つに違いないと言っておいて
    若者の方が自民優勢とわかるとバカは投票するなと公言してた奴もいたよね

    もうアホとしか・・・
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ