2018年01月08日

【現代ビジネス】小泉進次郎『軽減税率が必要な新聞は読む価値がない。読まない。…メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。人を殺せますよ。社会的に、政治的に。』

■【現代ビジネス】小泉進次郎『軽減税率が必要な新聞は読む価値がない。読まない。…メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。人を殺せますよ。社会的に、政治的に。』[H30/1/7](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=15,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/01/07(日)14:18:38 ID:???
◎記事元ソース名/小泉進次郎が今年から新聞を読むのをやめた理由

毎年の恒例行事で驚きの発言
 小泉進次郎(36)の仕事始めは、選挙区内にある少年サッカーチームの「初蹴り」と決まっている。
今年も1月3日正午過ぎに、ライトブルーのウインドブレーカー姿でグラウンドに現れた。
 「あけましておめでとう!」
 駆け寄ってくる少年たちとハイタッチを繰り返す。迷わずピッチに入り、ボールを追いかけ始める。
元高校球児、政治家になる9年前まではサーファーでもあったとはいえ、会議ばかりが続く永田町での運動不足を
感じさせないほどの身のこなしで巧妙にボールを操る。これが、初当選から変えていない毎年恒例の「儀式」だ。

 現場には正月三が日から働くのを厭わない物好きな記者だけが顔を出し、進次郎がフランクに立ち話するのも恒例行事だ。
普段から「場の空気」を読もうとしない私のような取材者に対しても、一年で最もリラックスした表情で雑談に応じる場面でもある。
 「昨日(1月2日)は、おにぃ(小泉孝太郎)とムロ(ツヨシ)さんと一緒でしたよ。何回一緒に正月を過ごしたかわからないくらい、ムロさんは家族みたいなものですから」
 そんなワイドショー向けのサービストークがある以外は、話題はもっぱら本の話になる。
進次郎は、知る人ぞ知る政界屈指の読書家だ。
昨年の年末年始は『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)だったが、
2018年は新刊『ギリシャ人の物語・第三巻』(塩野七生著、新潮社)を読破したという。
 「アレクサンダーを描いた本。サイコーです。サイコーです」

 そう興奮気味に語った進次郎は、月刊誌「文藝春秋」を毎月購読しており、なかでも塩野が連載する巻頭言「日本人へ」をこよなく愛している。
その二人の対談が昨年末、ついに実現したようだが、その中身は同誌2月号を読んでもらえばいいとして、
「塩野さんに会ったのをきっかけに、時間の使い方を変えました」と言いながらこんなことをつぶやいた。

 「最近は新聞も、前ほど読まなくなったんですよね」
 進次郎といえば、全国紙、スポーツ紙、業界紙など新聞10紙を読んでいることをこれまで誇らしげに語ってきた。
中学時代に新聞配達のバイトをやって以来の「新聞マニア」でもある。

 それが……。
 「『どこどこ新聞』だから読むということは、もうないですね。
署名を見て、この人の記事だったらお金出しても読みたいと思うことはあるけど。
そんな中で、塩野さんの本はハードカバーで、一冊3000円なんですよ。
読み終わった時、もっと払いたいと思いましたね。
これが本当の価値ある活字文化だと思いましたよ。軽減税率がないと売れないなんて、関係ないね」(中略)

 ――そんなにマスメディアを挑発し続けて、いつか仕返しされるという恐れはないですか。

 進:メディアにかかわる人たちは、「メディア自体が権力だ」ということを自覚していない人が多いと思います。
よくメディアの役割は権力の監視とチェックだと言うけど、じゃあ、そのメディアそのものは権力じゃないんですか。

 メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。誤解なく言わせてもらえば、人を殺せますよ。
社会的に、政治的に。そのことを自覚していないのか、自覚をしていないふりをしているほうが都合いいからそうしているのか。
どちらかはわかりませんけど、メディアって恐ろしい生き物ですよ。

 一度、空気が作られたら、嵐が過ぎ去るのを待つしかない。あの空気の作り方はスゴイ。怖いですよ。
それに対する恐れがないと政治の世界では生きていけない。だって、できますもん、メディアが「コイツを潰そう」と思ったら。(以下略)

Yahoo!ニュース/1/6(土) 11:00配信 現代ビジネス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00054068-gendaibiz-bus_all&p=1




2:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)14:34:22 ID:AQa
>>1
正に「ペンは剣より強し」っていう事だな。
でもまぁ、所詮ペンでは攻めは出来ても防御は出来まへん


3:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)14:36:38 ID:Qmz
最近は自覚していないふりすらする気なさそうだけどな


5:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)14:45:13 ID:WiK
メディアは影響力が大きいが
中の人達が選挙で選ばれる訳ではないからな
現代の大メディアは社会悪になってる


16:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)17:31:20 ID:h6x
>>5
メディアの中の人なんて、選挙で選ばれたわけでもない、
どころか、日本国民ですらない場合もあって、

そいつらが「外国からの侵略には、無抵抗で殺されよう」
などという情報を出しているわけで。


7:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)14:48:10 ID:qXq
塩野七生はともかくとして
記事を発信媒体ではなく、筆者で選ぶっていうのは一理ある

主筆や社説を書くような記者ですら捏造、偏向、暴力的言動をする新聞社がある時代だし


8:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)14:53:12 ID:r80
>自覚していないのか、自覚をしていないふりをしている
>ほうが都合いいからそうしているのか

いい嫌味だなw 自覚はしているはずだけどね。
モリカケで騒ぐのなんか自覚的だとすればヤバいwわけで、
視聴率がとれるからやってるだけだと逃げ回っていたね。


9:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)14:56:02 ID:yn4
選挙で選ばれた人間に対し
国民がー大多数がーとかいえるんだからな

増すごみは一番の権力もちかもしれんよね


10:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)15:15:27 ID:S38
地上で最大の権力を持つ組織は メディアだ。
奴らは 無実の者に罪を着せ、
罪不深き者を無実にする力を 持つ。
これこそが 権力だ。
奴らは 大衆の心を 操っている。
無責任な新聞は、犯罪者を犠牲者に、
犠牲者を犯罪者に すり替える。
もしあなたがたが 注意深く見ていなければ、
新聞は あなたがたを操って、
抑圧された人間を憎み、抑圧する人間を愛するように 仕向けるだろう。
           マルコム X

昔から変わってないねえ。


11:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)16:22:34 ID:Ot2
>>10
今や黒人は操る側なのが皮肉だなって


19:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)18:39:39 ID:ygF
>>11
どうだろう?
操るためのダシに使われてるのは確かだけど、
操る側にはなってない気がする。


14:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)17:22:38 ID:oVh
>>1
長い間新聞を読んできたからこそ、ここ10年ちょっとの内容の変質
(具体的に言うと、権力を監視するという名目の権力そのものになっている)
が鼻につくんだろうね。


20:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)21:56:32 ID:e9U
>>14
記者の質が壊滅的にダメになったと思う
結論ありきで説得力皆無


17:名無しさん@おーぷん:sage New! 2018/01/07(日)18:11:54 ID:coJ
もりかけ。


18:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)18:34:09 ID:BdW
進次郎の発言は面白いな
全部引用したいくらい


15:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)17:26:12 ID:h6x
>そのメディアそのものは権力じゃないんですか。
>メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。

この種の啓蒙活動は、政治家ではなくて、
公共放送とか国営放送が、本来は担うべきなんじゃないの。

いまのNHKはぜんぜん役にたっていないけど。


13:名無しさん@おーぷん:New! 2018/01/07(日)17:17:23 ID:s4Q
海外では誤報や捏造がバレれば即解雇になるだけマシな状況だけど日本は自浄作用の真似事すら放棄してるから確信犯だよね
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(1) | 国内ニュース

この記事へのコメント
  1. Posted by at 2018年01月08日 07:39
    おまいう
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ