2006年08月05日

男子中学生、女性教諭を「イケメン」と冷やかす→男性教諭が体罰→ショックで授業欠席…長崎

教師体罰:生徒、ショックで授業出られず 長崎の中学校(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 長崎市立片淵中学で、バレーボール部員の3年男子生徒が、顧問の男性教諭(43)の体罰で精神的ショックを受け、部活動ができず、教諭が担当する体育の授業にも出席できなくなった。峯脇成彬校長は「体罰ではなく、行き過ぎた指導だった。生徒と親には謝罪した」と説明するが、生徒は「殺されるかと思った」と話している。教諭は今年1月に別の生徒にけがをさせたとして傷害容疑で書類送検され、市教委は文書訓告にする方針だった。

 学校の説明によると、生徒は6月16日、給食室で下級生や女性教諭を「イケメン」などと冷やかしたという。女性教諭がたしなめ、バレー部の顧問教諭に伝えた。教諭は昼休みの練習中、生徒に「そんなことをしてはつまらんやろ」と言って首をつかんで押した。

 生徒は、6月下旬から学校を休んだり遅刻するようになってバレーの練習にも参加しなくなった。7月に入ってからは体育の授業にも出ずに保健室などにいた。

 教諭は謝罪したが、生徒や親は「首は断続的に3、4回数秒ずつ押されて持ち上げられ、息が出来なくなった。本当に殺されると思った」と話している。生徒側によると、昨年から何度も殴られ、口を切って食事ができないこともあった。

 教諭は今年1月、当時3年の男子生徒をたたいて目にけがをさせたとして傷害容疑で長崎区検に書類送検された。区検は6月30日付で起訴猶予処分としていた。

 市教委は教諭の処分について「検察の処分を見て対応することにしていた。教諭の指導は学校に任せていた」と話している。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年07月29日

「眉毛をそってるから」負け 鹿児島の中学総体

「眉毛をそってるから」負け 鹿児島の中学総体(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 鹿児島県中学校総合体育大会バドミントン競技女子団体戦の準々決勝で、眉毛をそっていたことを理由に、試合に勝った生徒を負けたことにしていたことが28日、わかった。その結果、団体戦の勝敗も覆ったという。教育関係者からは「スポーツと生活指導を一緒にしている」と疑問の声があがっている。

 同県中学校体育連盟によると、25日に開かれた大会の女子団体戦準々決勝で、鹿児島市内の伊敷台中と伊敷中が対戦した。

 団体戦はダブルス、シングルス、ダブルスの計3回対戦し、先に2勝した方が勝ち進む。伊敷中が2―0で勝ったが、試合後、伊敷台中の選手が「眉毛をそっている生徒がいる」と県中体連側に訴えたという。

 県中体連は大会前に、髪を染めたり、眉をそったりするなど「周りに不快感を与える服装」をした場合は、出場を認めない場合もあると、各校に知らせていた。

 生徒指導を担当する「専門部」が協議し、眉をそっていた最初のダブルス戦の選手を「負け」とし、1―1としたうえで、3試合目をさせることにしたという。その結果、伊敷台中が勝ち、準決勝に進んだ。

 県中体連の吉ケ島隆良会長(59)は「眉をそった生徒には、守るべきものがあるということを確認してほしかった。本人も認めており、人権侵害ではない」と話した。

 教育評論家の尾木直樹・法政大学教授の話 スポーツの大会では考えられない話。身だしなみは試合と全く関係がなく、生活指導が先行しすぎている。あいまいな規定を根拠に、主催者が権限を乱用したと言わざるを得ない。指導は大会の外でやるべきだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 16:42 | Comment(3) | TrackBack(1) | 教育ニュース

2006年07月28日

上司紹介 呼び捨てに抵抗感

上司紹介 呼び捨てに抵抗感(NHK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
これは、文化庁が、日本人の敬語に対する考え方を調査するために、16歳以上の男女2100人余りを対象に行ったものです。この中で、自分が会社の受付だったとして上司の鈴木課長のことを外部の人にどう紹介するか聞いたところ、名字で「鈴木」と呼ぶと答えた人は40%でした。一方、「鈴木さん」とさんづけで呼ぶべきと答えた人は5%でしたが、呼び捨てにせずに「課長の鈴木」や「鈴木課長」というように名字と役職名を合わせて呼ぶべきと答えた人は52%と半数を超えました。これまでは、上司を含め身内を外部に紹介する場合は呼び捨てで敬称や役職をつけるのはふさわしくないというのが一般的とされてきました。文化庁は、呼び捨てに抵抗がある人が半数を超えたことを踏まえて、現在作成を進めている敬語の使い方の指針に反映させたいとしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年07月26日

医学部シフト過熱 志願者急増、少子化でも10万人 「医師免許は年齢制限ないし、更新制もない。一生食べていける」(19歳女性)

医学部シフト過熱 志願者急増、少子化でも10万人突破(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
大学受験で今、「医学部シフト」が起きている。少子化で受験者が減る中、医学部志願者数は約10万人(延べ人数)を超え、東大、京大などの理系学部よりも国公立大の医学部へという志向が強くなっている。医師という将来安定した生活が保証される学部というのが理由だ。同時に医療現場では、診療科や地域で医師偏在が起きるという皮肉な現象が起きている。

 今春、関東の私立大医学部に入学した女性(19)は、「一生食べていけるのかは大事。医師免許は年齢制限もないし、更新制もない。病気はなくならない。高校生には利点ばかりが見える」と話す。 (以下略)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

部室荒らしで県警が捜査協力要請 甲府一高生ら指紋採取 保護者らから批判の声

部室荒らしで県警が捜査協力要請、甲府一高生徒91人から指紋採取
学校側応諾、保護者ら「教育的配慮欠く」と指摘も(山梨日日新聞社)


引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 甲府一高(高瀬孝人校長)で今月中旬、弓道部の部室と野球部の監督室が荒らされる被害があり、甲府署からの指紋採取の協力要請に同校が応じ、生徒九十一人、顧問三人が校内で指紋を採取されていたことが二十四日、分かった。同校は「事前に父母らに任意ということを周知した」と説明しているが、保護者や識者からは「疑われているようだ」「人権上の配慮が欠けていた」などの指摘が上がっている。一方、同時期に巨摩高(岩間敏雄校長)も同様の被害に遭い、南アルプス署から指紋採取への協力を求められたが、同校は「生徒への精神的な影響が大きい」と断っていて、同じ県立高校で対応が分かれた。
 甲府一高などによると、十二日午前八時半ごろ、野球部員が、監督室のドアに穴が開けられ、室内が荒らされているのを発見。弓道部の部室もドアが壊され、室内を物色された形跡があった。盗まれたものはなかった。
 甲府署は学校の被害届を受けて捜査を開始。同校に指紋採取の協力を求め、「現場で採取した複数の指紋の中から、部屋に出入りする生徒ら学校関係者の指紋を排除するため。照合を終えた指紋は削除し、リストに残すことはない。任意なので拒否しても構わない」と説明したという。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年07月23日

「今すぐクラス移して」…教師に無理難題、理不尽な親急増

「今すぐクラス移して」…教師に無理難題、理不尽な親急増(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「あの子の親と仲が悪いから、今すぐうちの子を別のクラスに移して」「うちの子がけがをして学校を休む間、けがをさせた子も休ませろ」…。保護者が教師に無理難題を言うケースが各地で急増している。教師が頭を悩ますこうした「理不尽な親たち」について、大阪大の小野田正利教授(人間科学、教育制度学)は、文部科学省の科学研究補助金を受けて教育関係者や弁護士、精神科医らによる「学校保護者関係研究会」を発足させ、原因究明と対策に乗り出した。
 「基本料金を日割りで払え」。持ち込み禁止の携帯電話を生徒から取り上げた中学教師は、保護者にこう言われ、言葉が見つからなかった。

 ある幼稚園では、おもちゃを取り合う園児を見た親が「取り合うようなおもちゃを置かないでほしい」と申し入れた。小学校の1学年全クラスの担任配置表を独自に作成し、「この通りでなければ子供を学校に行かせない」と要求した保護者もいる。

 小野田教授のもとには、信じがたい親たちの実態が全国の教育現場から続々と集まっている。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年07月19日

洛南高教諭が体罰 生徒7人を平手でたたく

洛南高教諭が体罰
生徒7人を平手でたたく(京都新聞)


引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 京都市南区の洛南高の男性教諭(33)が12日、修学旅行先のホテルで、校則に反して携帯電話を持っていた2年生計7人の顔を平手で繰り返したたくなどしていたことが18日、分かった。同高は体罰の事実を認め、同教諭を処分する方針。

 同高によると、男性教諭は修学旅行最終日の12日午前1時すぎ、札幌市内のホテルで、持参を禁じていた携帯電話を持っていたり、自室と異なる部屋に出入りしていた男子生徒計7人を発見。廊下に正座させ、顔を平手でたたいた。7人にけがはなかったが、いずれも何回もたたかれ、10回ほどたたかれたと話す生徒もいるという。

 男性教諭は「再三の事前指導にもかかわらず違反した生徒の行動に、カッとなった」と話しているという。

 同高は、行き過ぎた指導だったとして男性教諭を戒告処分にする方針で、21日の保護者会で事実を説明し、謝罪する。修学旅行に同行した柴垣弘巌校長は「私の管理不足で申し訳ない。生徒としっかり向きあうよう教職員への指導を徹底する」と話している。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年07月15日

3+2×4=20? 四則計算、小6の4割誤答

3+2×4=20? 四則計算、小6の4割誤答(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
≪小中生、数学的思考が苦手 学力テストで明らかに≫
 一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手な小中学生が多いことが14日、国立教育政策研究所が実施した学力テスト(特定の課題に関する調査)の結果で明らかになった。「3+2×4」(正答は11)という基本的な四則混合計算では小5の3分の1、小6の4割強が誤答し、深刻な計算力不足がうかがえる。国際調査で学力低下を示す結果が相次ぐなか、現在進められている「ゆとり教育」(現行の学習指導要領)の見直し作業にも影響を与えそうだ。

 調査は昨年1月と2月、全国の国公私立の小学4年から中学3年までを対象に、各教科・学年ごとに3000人強ずつ実施。国語では漢字(読み・書き)と長文記述、算数・数学では「数学的に考える力」と「計算に関する力」を探った。従来の調査では把握できない、特定の学力に焦点を絞った調査は初めて。同研究所ではホームページで公表し、教育現場で活用してもらう。

 国語の漢字では、読み・書き各50問ずつを出題し、うち10問は複数の学年にまたがる共通問題とした。日常生活で使用頻度が高い漢字は定着していたが、「挙手」「改行」の読み方は小4の8割強が誤答するなど、使用頻度が低い漢字の定着は不十分だった。

 長文記述では小学生で400〜600字、中学生で600〜800字の記述量を求めた。自分の考えを明確にできるよう相互関係を考えて段落分けしたり、一貫した文章を書いたりする点で正答率が低かった。

 算数・数学の場合、「数学的に考える力」で、グラフ化をはじめとして日常事象の考察に算数・数学を生かす力に問題があった。また、論理的に反証する力や数量関係の法則を発見する力、発展的に考える力が不十分だった。「計算に関する力」では、四則計算で、掛け算や割り算を足し算や引き算より優先させる決まりについての理解不足が目立った。

 特定の課題に関する調査は、義務教育の指導改善策についての中央教育審議会答申(平成15年10月)を受けて、カリキュラムの見直しに反映させるために実施する。17年度には英語(中学のみ)と理科を行っており、現在集計中。今年度は社会を対象に行う。(後略)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育ニュース

2006年06月01日

かみ合わせの異常「おしゃぶりが原因」 母親らがメーカー提訴

かみ合わせの異常「おしゃぶりが原因」 母親らがメーカー提訴(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 おしゃぶりが原因でかみ合わせが悪くなったのはメーカーの責任として、横浜市の女児(6)と母親(40)が31日、ベビー用品販売会社「コンビ」(東京都)に約1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴えによると、女児は生後2カ月ごろから、おしゃぶりを使い始めたが、徐々にかみ合わせの異常が見られるようになり、16年2月に歯科医から「おしゃぶりが原因」と診断された。女児がおしゃぶりの使用をやめたところ、かみ合わせはほぼ改善されたが、現在も発音に影響があるという。

 おしゃぶりの使用をめぐっては、小児歯科などの学会で、かみ合わせに悪影響があるとする提言がされているという。原告側は「おしゃぶりがかみ合わせに悪影響を与えていることは明らかで、メーカーは製造物責任を負う」と主張している。

 コンビ社は「現在、事実確認中でコメントは控えたい」としている。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(3) | 教育ニュース

2006年05月30日

元高校教諭に罰金刑、卒業式の君が代斉唱で不起立求め

元高校教諭に罰金刑、卒業式の君が代斉唱で不起立求め(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 東京都立板橋高校の卒業式で、出席した保護者らに国歌斉唱時に起立しないように求め、式を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた同校の元教諭・藤田勝久被告(65)の判決が30日、東京地裁であった。
 村瀬均裁判長は「被告の行為は厳粛であるべき式典に悪影響を与えるだけでなく、実際に式の進行を一時停滞させ、非難は免れない」と述べ、罰金20万円(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。藤田被告は、即日控訴した。
 弁護側は「卒業式を混乱させた事実がない」と無罪を主張したが、判決は「教頭の制止や校長の退場要求に従わずに大声を上げ、開式が2分遅れた」と指摘。その上で、「式の妨害が直接の目的ではなく、式はほぼ支障なく行われた」として、罰金刑を選択した。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育ニュース

2006年05月23日

<問題行動>児童、出席停止も…厳格化へ報告書 文科省など

<問題行動>児童、出席停止も…厳格化へ報告書 文科省など(毎日新聞)

abare.jpg

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 児童生徒の指導のあり方を調査・研究していた国立教育政策研究所生徒指導研究センターと文部科学省は22日、問題行動を起こした小中学生を出席停止とするなど厳格な対応を求める報告書を公表した。高校生には退学や停学などの懲戒処分を実施して学校秩序の維持を図る内容。全国の公立小中高校生の暴力行為が98年度以降約3万件前後で推移するなど問題行動が相次いでいるのを受け、センターなどが生徒指導の厳格化を軸に見直しを進めていた。
 報告書では、生徒指導の基準や校則を明確化し、入学後の早い段階で児童生徒や保護者に周知徹底する。そのうえで、学校側は毅然(きぜん)とした指導を粘り強く行うよう提言。具体的な指導方法として、小さな問題行動から注意するなど、段階的に罰則を厳しくする「段階的指導」を挙げている。
 現在の公立小中学校では、学校の秩序が維持できないほどの問題行動を起こす児童生徒がいたとしても、停学や退学などの処分は認められていない。このため、報告書は「居残り」「清掃」「訓告」などの懲戒や出席停止制度の活用、高校などでは停学・退学処分の適切な運用を求めている。
 小中学校の出席停止制度は、問題行動を繰り返す児童・生徒がいる場合、他の子どもの学習権を保障するため、市町村教委が適用する。学校教育法の改正(02年1月施行)で出席停止の要件が明確化されるなど適用しやすくなったが、中学校での適用は02年度37件、03、04年度ともに25件。小学校では02年度以降、1件もない。(※後略)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む:【政治】 あばれ小学生、出席停止も…他の子の"学習権"守るため、厳格化へ向け報告書スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育ニュース

2006年05月22日

栄養失調児:校長見かねて、こっそり牛乳飲ます

栄養失調児:校長見かねて、こっそり牛乳飲ます(毎日新聞)

kyuushoku.jpg

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 家で与えられる食事はコンビニエンスストアの期限切れのおにぎり、菓子パン−−。栄養失調が疑われる児童に、校長がこっそり牛乳を飲ませている小学校がある。校長は「家庭のしつけまで学校が引き受けるのはどうかと思うが、(劣悪な食事の)限度を超えている」と嘆く。食育基本法が昨年夏施行され、国は朝食を取らない小学生をなくそうと呼びかけるが、法の理念とかけ離れた現実に学校現場から悲鳴が上がっている。
 この学校は東京都内の公立小。校長によると、04年春の新入生に体がやせ細り、元気のない男児がいた。授業中きちんとした姿勢を保てず、ぼんやりしていることも少なくなかった。
 昨年4月、男子児童に話を聞くと、コンビニを営む両親から販売用のおにぎりや菓子パンを毎日のように与えられているという。校長は栄養を補うために、給食の牛乳を冷蔵庫に保管、他の児童に知られないよう校長室で毎日飲ませた。
 その後も児童の食生活に改善は見られず、賞味期限切れの食品を与えられていることも分かった。児童も好き嫌いがあり、校長がスープを与えても飲まなかった。栄養失調も疑われたため、見かねた校長は今年3月、保護者を学校に呼び出し、「今は成長期で、脳がつくられる大事な時期。きちんとした食生活をさせないと困る」と諭した。
 母親は「(食事を)作っても食べない」と戸惑った。「食べるように(食材を)小さく切るなど工夫していますか」とたたみ掛けると、両親は互いに責任をなすり合い、けんかを始めたという。
 同校には数年前、「一日の食事はおにぎり1個」という児童がいたが、栄養状態が切迫したため施設に保護してもらったという。校長は「家庭の機能低下は現場で実感している。状況は悪化の一途だ」と憂える。今も男児と別の児童計2人に牛乳を飲ませている。(※後略)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む:【社会】栄養失調児に校長見かねて、こっそり牛乳飲ます…「食事はおにぎりと菓子パン」の“無責任親”はコンビニ経営スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年05月19日

性同一性障害男児『女児』で受け入れ

性同一性障害男児『女児』で受け入れ(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 兵庫県内で小学校二年の男児(7つ)が、心と体の性が一致しない「性同一性障害(GID)」と診断され、女児として学校生活を送っていることが分かった。GID学会(神戸市、理事長=大島俊之・神戸学院大学法科大学院教授)によると、低学年の児童がこうした形で受け入れられるのは全国的に極めて珍しい。 
 保護者や関係者によると、男児は一歳のころからスカートやぬいぐるみが大好きだった。母親は「幼い子の興味の範囲内」と思っていたが、五歳のとき、兄と同じ少年野球教室に入れられることをかたくなに拒絶。ほとんど食事をとらなくなる日が続いたという。
 このため、母親が自宅近くの病院に相談したところ「男女と区別せず、子どもが望むように育ててあげては」とアドバイスされた。小学校入学を控えた昨年一月、祖母が教育関係者に「女児で受け入れてもらえないか」と相談。大阪の病院で専門的検査を行い、GIDとする診断書を学校に提出した。教育委員会や学校側と面談した結果、女児としての異例の受け入れが認められた。
 男児の名はどちらの性でも通用するもので、入学後は出席簿のほか、トイレや身体測定も女児扱い。水泳の授業には女児の水着で参加している。
 教育委員会は「医師が『本人が生活しやすいようにしていくことが基本』としたことが決め手となった」と説明。母親は「できれば普通の女の子として接してほしい」と話している。(※後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む:【兵庫】小学2年の性同一性障害男児 「女児」として小学校で生活 低学年では異例スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年05月06日

インド警察、キリスト教カルト集団の子供を保護

インド警察、キリスト教カルト集団の子供を保護(exciteニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
住民の大半がキリスト教徒のインド・ミゾラム州で、警察がカルト集団に属するメンバーの子供13人を保護した。この集団は、学校に登校すると子供たちが悪魔の力にさらされると信じているという。
小規模だが狂信的なメンバーで構成されるこのカルトは、インド北東部に位置する同州の州都アイゾールにあり、州が行うあらゆる活動は悪魔の誘惑を強くするものだと主張する。
警察は、州の教育プログラムの責任者からの訴えを受けて今回の措置を行った。強制的に保護したのは6歳から13歳までの子供で、かれらは全寮制の学校に入れられる。
ミゾラム州は近年、大規模な読み書き能力向上キャンペーンを行っている。
キリスト教長老派の指導者の一人は同カルトについて「彼らは分離派のグループです。何か悪事にかかわっています」と語った。(exciteニュース)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む:【インド】「学校に行くと悪魔の力にさらされる」…インド警察、キリスト教カルト集団の子供を保護[05/05]スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年04月23日

地殻を掘るDrilled Through the Crust

地殻を掘る
Drilled Through the Crust(Science Highlight)

(2006/4/21のハイライトより)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 地球の地殻全層を貫くボーリングを行い、固まったマグマでできた原始の火成岩の層まで到達することに初めて成功した。この「斑糲(はんれい)岩層」は地球上のほぼ全ての海底下に存在する。同層の深度を測定することは、大洋中央海嶺で形成された地殻の形成・進化を解明する上で有用である。Douglas Wilsonらは斑糲岩に到達すべく、東太平洋海膨近くの地殻に深さ1.6kmに及ぶボーリングを行った。この区域は急速に広がる大洋中央海嶺に近いことから、地殻は薄い位置にある。斑糲岩層の深度を測定することで、マグマ溜まりが非常に速い速度で広がりながら地殻の浅いレベルで形成されること、また斑糲岩は下からこれらのマグマだまりへと持ち上げられていることを確認したと著者らは述べている。また、地震波の速度は岩の種類よりもむしろその多孔性による支配をより大きく受けている可能性が示唆された。(Science Highlight)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

マグマで機械が溶けたりしないんですか?

人気blogランキングへ

続きを読む:【地学】地殻を掘る――地殻全層を貫き深さ1.6kmの固まったマグマでできた原始の斑糲岩層まで到達スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年04月21日

センター試験リスニング、一部受験生が操作法を勘違い

センター試験リスニング、一部受験生が操作法を勘違い(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
今春の大学入試センター試験で起きた英語・リスニング(聞き取り)テストのトラブルのうち、一部は受験生がICプレーヤーの操作を誤った疑いが強いことが20日、大学入試センターの調査で分かった。
 音声を再生するにはICプレーヤーの再生ボタンを1秒以上押す必要があるが、それを知らずに故障と勘違いしたとみられる。同センターは月内にもトラブル原因の調査結果をまとめるが、来春の試験では、ICプレーヤーの操作方法の周知徹底も課題になりそうだ。(※一部略)(読売新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


だいぶ不評でしたよね>ICプレーヤ
来年も同じ機械使うんでしょうか??

人気blogランキングへ


続きを読む:【社会】 "操作法間違い、故障と勘違い" センター試験リスニングトラブルで、一部受験生スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年04月17日

全寮制の子ども向け囲碁道場、元日本棋院生が長崎に開設へ

全寮制の子ども向け囲碁道場、元日本棋院生が長崎に開設へ(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 プロ棋士を志しながら夢破れた長崎県島原市宮の町、福祉施設職員永代(ながよ)和盛さん(22)が囲碁の全寮制道場を計画し、同県雲仙市国見町で建設工事を進めている。
 8月に完成予定で、子どもたち10人前後を受け入れ、自分が果たせなかった夢を託す。永代さんは「地方から強い棋士を送り出し、囲碁界を活性化させたい」と意欲を燃やしている。
 雲仙市国見町に建設中の自宅兼道場 道場は木造平屋で、永代さん家族の住宅部分と合わせ、約400平方メートル。32畳の部屋を道場とし、寮生を寝泊まりさせる。寮生は学校に通いながら修業を積む。
 囲碁の道場は元アマ名人の菊池康郎氏が主宰する緑星囲碁学園(東京)が有名。目指すは「九州の緑星学園」だ。多くのプロやプロ希望者が競い合う都市部に比べハンデはあるが、永代さんは「ここからプロを送り出し、革命を起こしたい」と夢を膨らませている。(※抜粋)(読売新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


最近「ヒカルの碁」を読んだもんで。
作中では日本は中国、韓国に圧されてましたが
今はどうなんでしょうか?

人気blogランキングへ

続きを読む:【囲碁】全寮制の子ども向け囲碁道場、元日本棋院生が長崎に開設へ・「囲碁界を活性化させたい」スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

給食費滞納に少額訴訟  宮崎市

給食費滞納に少額訴訟 宮崎市(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎市の小中学校で、生徒や児童の給食費を滞納している保護者らに対し、少額訴訟を起こす動きが広がっていることがわかった。判決を受け、給与を差し押さえる事例も出ている。市教委が少額訴訟を「督促手段の一つ」と位置づけ、徴収役のPTAを指導していることが背景にある。教育現場に裁判を持ち込むやり方には、保護者らから「やりすぎではないか」と戸惑いの声も上がっている。(※一部略)(朝日新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


払ってください。支払い能力がある方なら当たり前の話です。

人気blogランキングへ

続きを読む:給食費滞納に少額訴訟 宮崎市スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年04月16日

塾に通えぬ小中学生に“公立塾”

塾に通えぬ小中学生に“公立塾”(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。
 通塾する子どもとの学力格差を解消するのが狙いで、放課後や土・日曜に国語や算数・数学などの補習授業を行う。
 来年以降、団塊世代の教員が相次ぎ定年を迎えることから、文科省では「経験豊富なベテラン教師たちに今一度、力を発揮してもらいたい」と話している。
 教員OBによる学習指導は、希望する小・中学生を対象に、放課後や土・日のほか、夏休みなどの長期休暇を利用し、小・中学校の教室や公民館、児童館などで行う。受講は無料とし、テキスト代などは参加者に負担してもらう方向で検討する。
 教員OBの確保は、講師希望者を事前登録する「人材バンク」のような制度の整備を目指しており、計画が固まり次第、各都道府県教委などに協力を呼びかける。講師への謝礼などについては、今後さらに協議する予定だ。
 文科省は、長崎市で2003年7月に起きた少年による男児誘拐殺人事件などを受け、地域住民と子どもたちが一緒に遊びやスポーツを楽しむ「地域子ども教室」を推進している。教員OBによる学習指導は、この事業を拡大する予定で、各都道府県を通じ、市区町村に運営費用を支援する。(読売新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


学校が駄目だから塾に全部任せですか?
その前に学校で何とかしようという考えはないんでしょうか?
教師免許の更新制にして質を高めるとか

人気blogランキングへ

続きを読む:【教育】"学力格差の解消が狙い" 経済的理由で塾に通えぬ小中学生に「公立塾」…文科省スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年04月14日

「男女の走力差にはジェンダーが影響」

「男女の走力差にはジェンダーが影響」
(正論)


引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日教組は今年二月二十日付の機関紙「日教組教育新聞」で、男女共同参画基本計画改定について次のように書いている。《「ジェンダー」の用語は残ったものの「『ジェンダーフリー』という用語を使用しての性差否定は『国民が求める男女共同参画社会と異なる』」と明記するなど、国際的流れに逆行する表現が盛り込まれている》
 政府の基本計画に反して、性差否定のジェンダー・フリー教育を今後も公教育の場で続けていく意向表明とも受け取れるような見解である。
(※抜粋)(正論)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


なんというか日教組は解体されなきゃ駄目ですね。

人気blogランキングへ

続きを読む:【教育】 「"専業主婦"は男女差別だ」と小学生が。止まらぬ日教組のジェンダー・フリー教育…雑誌"正論"★3スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ