2013年08月06日

【沖縄】「またか」「怖い」「オスプレイも無くしてほしい」 米軍ヘリ墜落に周辺住民から怒りの声

■「またか」「怖い」=続く事故に憤り―オスプレイへの不安増大(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 米軍ヘリが墜落した5日、海兵隊基地キャンプ・ハンセンのある沖縄県宜野座村の住民らから、度重なる事故に「またか」「絶対に許せない」と憤りの声が上がった。普天間飛行場に配備が進む新型輸送機MV22オスプレイについても、改めて不安視する言葉が聞かれた。
 基地近くにあるゴルフ場の支配人照屋唯志さん(36)が煙に気付いたのは午後5時ごろ。客に聞いてクラブハウスの外に出たところ、1キロほど北西の山中から白煙がもくもくと上がっていた。火は見えず砲弾演習だと思い込み、プレーしていた70人以上の客に避難は呼び掛けなかった。村からの連絡で事故と知ったといい、「正直言ってまたかという感じ。(事故は)いつ起きてもおかしくない」と話した。
 村中心部にある村立保育園の女性職員(36)は、「煙が見えるので、墜落が近くに感じた。子供に何かあったらと思うと、とにかく怖い」。自らも2人の子供を持つ母親といい、「もう二度とあってほしくない。落ちるかもしれないのでオスプレイもなくしてほしい」と訴えた。
 1959年に米軍戦闘機が墜落し児童11人を含む17人が死亡した石川市(現うるま市)立宮森小の臨時職員だった豊浜光輝さん(77)は「基地の中であれ外であれ沖縄県の土地。県民として絶対に許せない。(宮森小の)遺族は今涙を流してテレビを見ていると思う」と語気を強めた。
 悲劇を繰り返さないよう事故を語り継ぐ活動を続けながら、オスプレイ配備に反対してきた豊浜さんは「(訓練を)やめろと言ってもやめないのだから、これは事故ではなく事件だ」と強調。普天間飛行場周辺の小学校では児童が墜落に備えて避難訓練をしているとして、「こんな実態を許せるものか。政府は沖縄を軽く見ている」と批判した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【沖縄】「またか」「怖い」「オスプレイも無くしてほしい」 米軍ヘリ墜落に周辺住民から怒りの声の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年08月05日

【茨城】「救急車を呼んだら大学に怒られる 生徒が死んでも構わない」 熱中症の野球部員を救急搬送しなかった流通経済大の監督

■<流通経済大>熱中症の野球部員、救急搬送せず 監督を謹慎(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
流通経済大(茨城県龍ケ崎市)の硬式野球部で7月、練習中に熱中症になった部員4人の病院への搬送が遅れ、うち1人が一時意識不明になっていたことが3日分かった。部員はいずれも回復したが、同大は指導していた監督(41)について「救急車を手配しないなど、対応が極めて不適切」として謹慎処分にした。保護者からは「一歩間違えば大変なことになっていた」との批判が出ている。

 同部の大場敏彦部長らによると、7月7日午後2時ごろ、茨城県牛久市のグラウンドで練習をしていた1年生が過呼吸症状となり、監督の指示で救急車で同市内の病院に搬送された。練習を続けたところ、さらに4人が午後3時過ぎ〜4時半ごろ相次いで不調を訴えた。

 監督は4人を冷房付きの部屋で休ませた。しかし、症状は改善せず、午後5時ごろまでに順次、部員の運転する車で龍ケ崎市内の病院に向かったが、意識がなくなった1年生が集中治療室に運ばれたほか、3年生1人も入院。2人は翌日退院した。水戸地方気象台によると、7日の最高気温(同県土浦市)は34度を超えていた。

 その後複数の部員が、当日は居合わせなかった部長に対し、監督が救急車を手配しない理由を「これ以上救急車を呼んだら大学に怒られる」と話したことや、病院の医師から搬送の遅れを批判された際に「死んでも構わないぐらいのつもりで練習させた」と言った、と証言。監督も事実関係を認めたという。

 大学は監督を7月14日から31日まで謹慎処分にし、今月1日に復帰した。大場部長は「監督は『同じことを繰り返さない』と反省している。大学としては熱中症への対応マニュアルを作るなど対策を取った上で、監督を続けてもらうことにした」と説明した。監督に取材を求めたが応じてもらえなかった。

 同大野球部は1977年創部。東京新大学野球連盟1部リーグに所属し、今年の春季リーグは6チーム中4位だった。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【茨城】「救急車を呼んだら大学に怒られる 生徒が死んでも構わない」 熱中症の野球部員を救急搬送しなかった流通経済大の監督の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年08月01日

【政治】「オスプレイを撤退させてほしい」 沖縄の小中学生ら豆記者団が安倍首相に面会

■「真実見定め、立ち向かう」沖縄豆記者が宣言(沖縄タイムス)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
【東京】沖縄の小中学生が政府や北方領土問題を取材する第52次沖縄豆記者団が30日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、代表であいさつした昭和薬科大付属中3年の石川美咲生(みさき)さんが「戦後68年たっても変わらない米軍基地問題や、失業率の高さ、学力格差など多くの問題を抱えている」と沖縄の現実を強く訴え「真実を見定め、立ち向かう力を培うことができればと思う」と堂々とあいさつした。
 安倍首相は「確かに、さまざまな問題があり、さまざまな地域でそれぞれの問題がある。私たちの世代で解決するために全力を尽くす」などと述べた。
 対面後、全国の取材陣に囲まれた石川さんは「沖縄の課題をどうにかしてほしいと思うことも大事だし、私たちもできることがあれば、子どもでもやることが大事。首相には、オスプレイも増えているので撤退させてほしい」と語った。団員は小学5年から中学3年までの50人。「てぃんさぐぬ花」の合唱や琉球舞踊「かぎやで風」を披露した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【政治】「オスプレイを撤退させてほしい」 沖縄の小中学生ら豆記者団が安倍首相に面会の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(18) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年07月29日

【国際結婚】日本の農村部に嫁ぐ外国人女性「夫を全く愛してない」「逃げ出したいが、祖国の家族を思えば」…必ずしも幸福に至らず

■農村部に嫁ぐ外国人女性「夫を全く愛してない」例も(アメーバニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
総務省の統計によると、国際結婚が増えている。そのうち、夫が日本人で妻が外国人の婚姻件数は2009年で26747件。1970年には3438件で、30年近くで8倍近く増加している。数字だけを眺める限り、グローバル化は進んでいる。

 妻の国籍を見ると、韓国・北朝鮮籍が4113人。中国籍は12733人。フィリピン国籍は5755人。タイ国籍は1225人。09年の総数は26747人で、アジア人が2万人以上を占めている。

 地方の農村部では、アジア圏から嫁いでくる外国人は珍しくない。その全てが幸福な形で結婚に至ったかというと、必ずしもその限りではない。

 結婚市場において、農家の男性はあまり人気がないのは周知の通り。時折、農村部を抱える自治体が婚活をサポートするという報道を見掛ける。農村部の男性は「農業の基本はやはり家族経営。愛とか何とかよりもまず、労働力として妻がほしい」と話す。

 ある農村部の有志はアジア各国で見合いをしている。だが、そのやり方の中には、年頃の女性がいる貧困家庭を回り、両親に金銭を渡し、結婚の手続きを取るというものの。入管では偽装結婚を警戒しているため簡単に通るとは思えないが、ある手法で結婚にこぎ着けるという。方法の詳細については犯罪を助長する可能性があるので、ここでは省略する。

 地方の農村部に嫁いできた女性は「夫を愛しているかと言われると、全く愛してはいない。毎日馬車馬のように働かされ、逃げ出したい気持ちもある。だが、祖国の家族を思えばそれもできない」と語った。

 豊かな田園など、多くの美辞麗句が飛び交う21世紀の日本。しかし、前時代的な行為がその一部を支えているのが実情だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際結婚】日本の農村部に嫁ぐ外国人女性「夫を全く愛してない」「逃げ出したいが、祖国の家族を思えば」…必ずしも幸福に至らずの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【大阪】露天で当たり無しのくじ引きを販売した男を逮捕 1回300円のくじを14000円分引き続けた客が警察に相談して発覚

■露店で当たりなしのくじ引き=詐欺容疑で男逮捕―大阪府警(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
外ればかりのくじを客に購入させたとして、大阪府警阿倍野警察署は28日、詐欺容疑で大阪市西成区天下茶屋の露店アルバイト毛利川強容疑者(44)を逮捕した。「当たりくじが入っていないのは分かっていた」と容疑を認めているという。
 くじは1回300円だったが、約1万4000円分引き続けた客が「当たりが入っていないのでは」と同署に相談し、発覚した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【大阪】露天で当たり無しのくじ引きを販売した男を逮捕 1回300円のくじを14000円分引き続けた客が警察に相談して発覚の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年07月25日

【沖縄】市民の抗議活動を妨害する為ではないのか?-普天間基地前のフェンス設置工事に批判の声

■鉄柵設置が完了 普天間基地野嵩ゲート(琉球新報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
宜野湾市の米軍普天間飛行場野嵩ゲートで22日午後8時ごろから始まった新たなフェンス(境界柵)の設置工事は、23日午前3時40分までに完了した。沖縄防衛局の今岡利通土木課長は工事現場を訪れた糸数慶子参院議員らに対し、設置の目的について「(市民らが)中に侵入する」などと説明し、抗議行動の阻止であることを示唆した。
 米海兵隊の垂直離陸輸送機MV22オスプレイの配備に反対している市民らは23日未明から午後にかけて抗議行動を断続的に展開、反発を強めている。
 工事現場で糸数参院議員と金高望弁護士がフェンスを設置する目的を聞いたのに対し、今岡課長は「境界ラインを明確化するため」と説明。これに金高弁護士が「本当にそれだけか。境界を明確にするためだったら線を引けばいい」と追及すると、「そうすると中に侵入する。安全を確保するためにも必要」と答えた。
 このほか、8月のオスプレイ追加配備を前に「住民の抗議行動を妨害するためではないか」との質問や参院選投開票日の翌日に工事を実施した理由について、今岡課長は「日米合同委員会の合意があったので実施している」と繰り返した。
 小野寺五典防衛相は23日の会見で、参院選投開票の翌日に工事を実施し、住民らの反発が起きていることについて、参院選との関係は「意識しているわけではない」と述べるにとどめた。また、工事の随意契約を結んだのは8日だったことを明らかにした。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【沖縄】市民の抗議活動を妨害する為ではないのか?-普天間基地前のフェンス設置工事に批判の声の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年07月23日

【社会】アレルギー児童の給食お代わり禁止…事故防止策

■アレルギー児童の給食お代わり禁止…事故防止策(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都調布市の市立小学校で昨年12月、食物アレルギーのある5年生の女子児童が給食後に死亡した事故を受け、再発防止策を議論してきた市の検討委員会は最終報告書をまとめた。

 全教職員対象の共通研修の実施や、食物アレルギーの児童の「お代わり」を暫定的に禁止するなどの提言を盛り込んでおり、23日に市長と市教育委員長に提出する。

 報告書の提言では、市立小20校の教職員全員に、アレルギーの基礎知識を習得する研修や、児童に症状が出た際の対応法を学ぶ実技研修を義務付ける。校長や養護教諭、栄養士、若手教員など、各職層に応じた研修も設け、役割分担の明確化を図る。

 さらに、給食の時間や授業などを通じて児童への指導を強化し、アレルギーへの理解を深める。例えば、クラスにアレルギーのある児童がいる場合、何を食べられないかなどの情報を同級生全員で共有し、事故防止につなげていく。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【社会】アレルギー児童の給食お代わり禁止…事故防止策の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【横浜】刃物を持って暴れた男、警官3人から銃弾7発を撃ち込まれ重傷★2

■逮捕の際に警察官が発砲 “刃物男”腹撃たれ重傷(ANN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
横浜市の住宅街で、警察官に切り付けたとして38歳の男が現行犯逮捕されました。逮捕の際、3人の警察官が合わせて7発、発砲し、男は重傷です。

 近所の住民:「花火みたいな爆竹みたいな音で、4回ぐらい『パンパン』というような音だった」
 自称・大串広樹容疑者は21日午後3時すぎ、鶴見区の路上で、男性警察官(39)に包丁で切り付けて軽傷を負わせた疑いなどが持たれています。「男がコンビニ店で客とトラブルになり、刃物を持って逃げた」と通報があり、警察官らが現場で大串容疑者を発見しました。そこで、いきなり包丁で警察官に切り付けて逃げたため、警察官3人が合わせて7発、発砲したということです。大串容疑者は腹などを撃たれて重傷です。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【横浜】刃物を持って暴れた男、警官3人から銃弾7発を撃ち込まれ重傷★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年07月21日

【社会】自分の好きな仕事のときだけ元気になるなどの特徴「新型うつ病」排除しないで 適切な診断訴え 日本うつ病学会★2

■新型うつ病「排除しないで」 学会、適切な診断訴え (朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本うつ病学会は20日、北九州市で開いた総会で、自分の好きな仕事のときだけ元気になるなどの特徴がある、いわゆる「新型うつ病」について、企業は患者を排除せず適切な診断が必要だと訴えた。

 新型うつ病の特徴は(1)自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる(2)「うつ」で休職することにあまり抵抗がなく、休職中の手当など社内制度をよくチェックしている(3)自責感に乏しく会社や上司のせいにしがち――などと紹介。同学会は昨年7月に初めてうつ病の治療指針をまとめた際、「医学的知見の明確な裏打ちはない」と新型うつ病を指針の対象外としたが、悩んでいる患者は少なくなく、うつ病や適応障害、人格障害など、適切な診断が必要とした。

 総会会長を務めた中村純産業医科大教授は「患者はコミュニケーションが下手な傾向があり、精神療法が効果的なことが多い。企業は患者を職場で排除的に扱わないで欲しい」と話した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【社会】自分の好きな仕事のときだけ元気になるなどの特徴「新型うつ病」排除しないで 適切な診断訴え 日本うつ病学会★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2013年07月19日

【裁判】日本国籍の子供がいる不法滞在フィリピン人を強制退去させるのは裁量権の乱用だ-名古屋地裁が入管に処分取り消しを命じる

■「家族関係軽視」名古屋地裁、退去処分取り消し(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本国籍を持つ子供がいるのに、名古屋入国管理局が強制退去処分としたのは違法だとして、日本に不法滞在していたフィリピン人男性(34)が、国を相手取り、処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決が18日、名古屋地裁であった。

 福井章代裁判長は「強制退去処分は家族関係を軽視するもので、入管の判断は裁量権の逸脱、乱用で違法だ」と述べ、処分を取り消すよう命じた。

 判決によると、男性は2006年3月、15日間の在留期間で入国し、期限が来ても出国せずに不法滞在となった。10年3月に日本国籍を持つ男児(9)のいるフィリピン人女性と結婚したが、11年10月に入管難民法違反(不法残留)容疑で逮捕され、退去処分を受けた。

 福井裁判長は判決で、男児が日本での生活を希望していると指摘した上で、「母子だけでの生活は困難で、母親も帰国すれば、男児はフィリピンで生活することとなるため、(男性に)在留特別許可を与えるべき事情として積極的に考慮すべきだ」とした。

 名古屋入管は「判決内容をよく確認し、今後の対応を法務省と協議して決めたい」とコメントした
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【裁判】日本国籍の子供がいる不法滞在フィリピン人を強制退去させるのは裁量権の乱用だ-名古屋地裁が入管に処分取り消しを命じるの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ