2009年12月06日

【調査】"飛び込み出産"するノラ妊婦、75%がハイリスク出産…未受診の理由は、1位:お金ない、2位:妊娠に気付かなかった

■飛び込み出産:8カ月で106件 経済的理由3割(毎日jp)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
掛かり付けの産科がなく、妊婦健診を十分に受けずにいた妊婦が、出産時に医療機関に運び込まれる「飛び込み出産」(未受診妊婦)が今年1〜8月に大阪府で106件あったことが、府と大阪産婦人科医会の調査で分かった。医師の処置などが必要なハイリスクの出産はうち80件を占め、新生児集中治療室(NICU)の利用が必要となったケースも38件あった。経済的理由を挙げたのがうち約3割にのぼる。「飛び込み出産」についての都道府県レベルでの調査は全国初めてという。

 5日午後、大阪市で開かれる研修会で発表される。「受診回数3回以下、未受診期間が3カ月以上」の妊婦を未受診妊婦と定義し、府内の医療機関160カ所に受け入れ経験の有無をたずねた。回答した95カ所のうち、26カ所で未受診妊婦を受け入れた実績があった。

 寄せられた106件を分析したところ、出産時の体重が2500グラム未満の低体重児が27件あり、死産も3件あった。未受診の理由については「経済的理由」が34件▽「妊娠に気付かなかった」が19件▽「未婚のため」などが12件▽「育児のため」が9件−−としている。

 調査をまとめた大阪府立母子保健総合医療センターの光田信明・産科主任部長は「年間では府内で150件程度の未受診妊婦が発生していると推計され、産婦人科医不足の中で、医療現場にも負担になっている。出産が本来危険なものであることを教育によって妊婦側に認識してもらうなど、支援のあり方を検討する必要がある」と指摘している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【調査】"飛び込み出産"するノラ妊婦、75%がハイリスク出産…未受診の理由は、1位:お金ない、2位:妊娠に気付かなかったの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:34 | Comment(64) | TrackBack(3) | 国内ニュース

2009年12月01日

【岡山】「人権に気を使わなければならない立場」 女性との婚約を不当な差別で破棄した消防局父子を処分…倉敷市

■人の模範とならねばの消防局父子を「結婚差別」で処分(スポニチ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 岡山県倉敷市は30日、交際していた女性との婚約を不当な差別で破棄したとして、倉敷市消防局の一般職男性職員(26)を懲戒免職にした。

 同消防局によると、2007年、この女性から相談があり内部調査した結果、結婚差別による人権侵害があったことが判明。職員の父で同消防局の課長補佐級(53)も婚約破棄に影響を与えたと判断し、停職6月の懲戒処分と一般職に降格する分限処分にした。

 同消防局は「通常より人権に気を使わなければならない立場にあるため結果は重大と判断した」としている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【岡山】「人権に気を使わなければならない立場」 女性との婚約を不当な差別で破棄した消防局父子を処分…倉敷市の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:21 | Comment(62) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2009年11月22日

【社会】 道に張られたロープでバイク横転、23歳女性殺されかける→少年少女(米兵の子供)4人立件へ…東京

■ロープでバイク横転、米兵の子ら立件へ 殺人未遂容疑(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都武蔵村山市で8月、故意に道路に張られたロープにバイクの女性(23)が引っかかって転倒し、頭蓋骨(ずがいこつ)が折れる重傷を負った事件があり、在日米軍横田基地所属の米兵の子の少年少女4人が当時現場にいたことが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は少年らが関与した疑いがあるとして近く殺人未遂容疑で立件する方針を固めた。

 捜査関係者や東大和署によると、同市伊奈平1丁目の市道で8月13日午後11時半ごろ、同市内に住む会社員の女性がバイクを運転中に、道路に張られたロープにバイクの前部が引っかかり、転倒した。現場は運送会社の倉庫前で、ロープは幅約6.5メートルの市道を斜めに横断するように張られていた。普段はこの倉庫の入り口に張られていたが、何者かによって同社敷地内にあるポールの高さ1.4メートルのところと、道路反対側の電柱の高さ約70センチのところに結びつけられていた。

 捜査関係者によると、第1発見者が車で現場を通りかかった際、女性が倒れているそばに外国人とみられる少年少女4人がいた。駆けつけた警察官が4人から事情を聴いたが、偽名を名乗るなど不審な点があった。さらに近くの防犯カメラに、事件直前に4人が映っていたという。

 現場付近は倉庫が立ち並び、街路灯は道路の片側にしかなく、夜間は見通しが悪い。同庁は、ロープが見えにくいため、バイクや自転車が気づかずに引っかかって転倒すれば死亡するおそれがあることを判断できたはずだとして、殺人未遂容疑での立件を目指す。

 同庁は、横田基地の憲兵隊とも協力して捜査。4人のそれぞれの具体的なかかわりについて調べている。

 また、現場近くの交差点2カ所に複数の円錐(えんすい)型のコーンが並べられていた。現場の道路に車が進入しないように置かれていたといい、同庁が関連を調べている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】 道に張られたロープでバイク横転、23歳女性殺されかける→少年少女(米兵の子供)4人立件へ…東京の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:57 | Comment(41) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2009年11月21日

【護衛艦衝突】「海自は国民に謝罪せよ」「自衛艦は関門海峡を通るな」 社民党や労組が申し入れ

■関門海峡・護衛艦衝突:謝罪と原因究明、海自に申し入れ−−労組など /長崎(毎日jp)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
関門海峡で海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦「くらま」と韓国船籍のコンテナ船が衝突した事故で、佐世保地区労と社民党佐世保総支部、全日本港湾労組は20日、海自佐世保地方総監部の加藤耕司総監あてに謝罪や原因究明を求める申し入れ書を提出した。

 申し入れ書は、昨年2月のイージス艦「あたご」の漁船衝突事故に触れ「教訓が全く生かされていない」と指摘。早急な原因究明▽国民と港湾利用者への謝罪▽自衛艦の関門海峡通航停止あるいは夜間などの通航停止▽佐世保港湾での安全航行の具体策の明示−−の4項目に文書での回答を求めている。

 20日は、組合員や社民党市議ら約10人が総監部を訪れ「事故で4時間にわたり通航止めとなり、港湾関係者は多大な損害を被った」「全国でも有数の難所を通航する必要があるのか」といった声が上がった。応対した宇仁健一郎総務課長は「迷惑をかけ遺憾に思う。安全には十分に注意していきたい」と述べる一方、上司に報告し正式に回答すると答えた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【護衛艦衝突】「海自は国民に謝罪せよ」「自衛艦は関門海峡を通るな」 社民党や労組が申し入れ続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:54 | Comment(16) | TrackBack(1) | 国内ニュース

2009年11月19日

【医療】「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国

■「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本とインドネシアの経済連携協定に基づき来日した看護師研修生1人が、「資格や業務の内容、賃金水準が、インドネシア側で聞いていた説明と違う」と不満を募らせ、研修を打ち切って帰国したことがわかった。

 厚生労働省は、現地で誤解を与える説明があったとみて、正確を期すよう、近くインドネシア政府に要請する。

 帰国したのは、第1陣(208人)として昨年8月に来日した20歳代女性。語学研修を経て、今年2月に九州の病院に赴任。患者の食事や入浴の介助などを任され、入所者からは好評だったという。

 しかし、来日前にインドネシア側から受けた説明のうち▽日本の看護師資格は、他国でも働ける国際ライセンス▽資格取得前から注射などの看護業務ができる▽賃金20万円以上を保証――などが事実と異なっていたとして9月に帰国した。

 厚労省によると、看護師資格は日本国内でのみ有効。「20万円以上」の保証はしておらず、賃金は受け入れ施設ごとに異なる。同省は「インドネシア政府には十分な情報を伝えている」とするが、仲介機関の国際厚生事業団によると、同様の説明があったと訴える研修生がほかにもいるという。

 大野俊・九州大学アジア総合政策センター教授(東アジア研究)は「来日第1陣は募集期間が短く、2国間の連携が不足していたため、研修生に正確な情報が伝わらなかったのではないか」と指摘。別の専門家は、「研修生の募集にブローカーが介在するケースもあり、誤った情報が独り歩きした可能性もある」とみる。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【医療】「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:34 | Comment(41) | TrackBack(1) | 国内ニュース

2009年11月17日

【社会】失業給付切れ、23万人が越年支援必要

■失業給付切れ、23万人が越年支援必要(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 解雇や雇い止めなどで職を失った人のうち、今年6〜12月に雇用保険の失業給付が終了するのは約39万人と推計されることが、厚生労働省の調べで分かった。


 同省は、このうち約6割が3か月以上、収入が途絶えた状況が続くとみており、「年末年始に支援が必要な人数は23万人以上となる可能性がある」としている。

 今回の調査は、昨年末から今年初めに東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」を作らせないという政府の緊急雇用対策の目標を踏まえ、年末年始に生活支援が必要となる人数を把握するため、初めて実施した。6〜9月分は実績値を積み上げ、10〜12月分は現在の受給者数などから推計した。

 同省によると、6月は受給終了者が約2万7000人だったが、7〜12月は毎月6万人前後が受給終了を迎えるという。失業給付の受給期間は最長330日だが、派遣労働者や契約社員といった非正規雇用労働者の場合、90〜180日のケースが多い。このため、同省は、昨年秋から今年3月に非正規雇用労働者の失職が相次いだことが、7月以降の受給終了者の倍増に結びついたと分析している。

 受給終了後2か月以内の再就職は、過去の実績でも約4割にとどまる。今年9月の有効求人倍率は0・43倍と過去最悪の水準で、再就職が難しい状況が続いていることから、同省では、受給終了者の6割以上が無収入のまま年末年始を迎える可能性があるとみている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】失業給付切れ、23万人が越年支援必要の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(27) | TrackBack(1) | 国内ニュース

2009年11月16日

【社会】高校生とみられる4人、車いすの男性の生活費8万2千円奪う - 兵庫

■高校生?4人、車いすの男性から8万円奪う(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
15日午後2時45分頃、兵庫県伊丹市鴻池7の路上で、電動車いすで散歩をしていた同県宝塚市の無職男性(83)が、4人組の男に取り囲まれ、肩からかけたポーチを奪われた。


 男性が「(身体障害者)手帳だけは返して」と頼むと、男の1人が約8万2000円入りの財布を抜き取ってポーチを投げ返し、4人は自転車で東へ逃走。男性にけがはなかった。

 伊丹署は強盗事件として捜査。発表によると、4人は高校生ぐらいで、うち3人は制服姿とみられる。自転車2台に2人乗りし、「あれ、やろか」と声をかけ合った後、自転車から降りて男性を取り囲んだという。男性は足が不自由で、奪われた金は生活費だった。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】高校生とみられる4人、車いすの男性の生活費8万2千円奪う - 兵庫の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:52 | Comment(68) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2009年11月13日

【社会】暴走族「流絆」と「魔死夢雲」解散式

■◇◇暴走行為 絶対にしません◇◇(OTV)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
名護市を拠点とする2つの暴走族グループが名護警察署できのう解散式を行いました。

解散したのは、「流絆」と「魔死夢雲」の2つの暴走族グループで、8月には暴走行為に加え警察官に対する暴行などで逮捕者も出ています。解散式ではメンバーの少年が、「今後絶対に暴走行為をしない」「これまで名護市民に大変な迷惑と危険を及ぼしたことを深く反省し、地域社会に貢献できる人間になることを目指します」という、宣誓書と決意文を読み上げました。解散した元暴走族の少年「こうなった以上自分が後輩とかに言っていきたい。自分のやっていることに気付いてほしい。」名護署では暴走族の壊滅向けて引き続き取り組むことにしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】暴走族「流絆」と「魔死夢雲」解散式の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:07 | Comment(17) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2009年11月09日

【鳥取不審死】死亡した読売記者、段ボール詰め状態で列車にはねられていた事が明らかに

■読売記者、段ボール詰めだった…鳥取詐欺事件(サンスポ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 鳥取県で男性が相次ぎ不審死している事件で、元スナック従業員の女と交際し、2004年5月に死亡した読売新聞鳥取支局の男性記者=当時(42)=が、段ボールの中に入った状態で列車にはねられていたことが7日、捜査関係者の取材で分かった。

 男性記者は、やはり女と金銭トラブルがあり、周囲に「子連れの女につかまった」などと漏らしていた。段ボールには、遺書らしき記述もあったが、不自然な点が多く、鳥取県警は再捜査する方針を固めた。

 また、約4年前に同居していた警備員、古田新一さん=当時(27)=に金を要求し、払わないため熱湯をかけるなど暴行していたとみられることが7日、男性の親族への取材で判明した。

 男性はその後、女らと海水浴に出掛けて水死している。鳥取県警は、睡眠導入剤などの成分が検出され不審死した3人(円山秀樹さん、田口和美さん、矢部和実さん)について殺人容疑で捜査する一方、古田さんへの暴行容疑などについても慎重に裏付け捜査する。

 古田さんの親族によると、古田さんは女が経営していたスナックで知り合い、2005年前後、女からアパートで同居するよう持ち掛けられて引っ越した。しかし、女は次第に古田さんに生活費や家賃の支払いを要求するようになった。

 女は徐々に要求をエスカレートさせ、応じられない古田さんに熱湯をかけるなど暴行。同居を始めて半年後には自宅アパートから追い出した。

 古田さんは07年8月18日、女らと一緒に朝から鳥取市の砂丘海水浴場に出掛けたが、正午ごろ、海底に沈んでいるのが発見された。8日後の27日に死亡している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【鳥取不審死】死亡した読売記者、段ボール詰め状態で列車にはねられていた事が明らかにの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:20 | Comment(49) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2009年11月02日

【社会】デフレの恐怖…「安い買い物」がめぐりめぐって自分の給料を下げる

■【デフレの恐怖】(上)「安い買い物」が給料下げる(Business i )

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 「これが一番いいと思うんだけど」
 東京都北区の主婦、畑上ゆかりさん(45、仮名)は帰宅した夫に、チラシの大手電機メーカー製の冷蔵庫を指さした。冷却力が弱くなった古い冷蔵庫の買い替えを考えていた。
 容積が500リットル以上で、きれいな氷をつくれて、省エネで…。希望の商品を求めてゆかりさんはインターネットの価格比較サイトやテレビ通販、量販店のチラシを懸命に見比べ、結論を出した。決め手は20万円を大きく下回る価格だった。
 「それにしよう」と同意した夫(46)は表情が硬かった。そして言いにくそうに、勤務先の会社が毎週金曜日を休みとする一時休業を始め、超過勤務手当がなくなり、月給の手取りが減ることを切り出した。
 夫は電機大手グループの部品メーカーに勤める会社員だ。昨年9月のリーマン・ショック以降、会社の業績は急落した。景気は最悪期を脱したといわれるが、勤務先にはまだ恩恵は届かない。冷蔵庫は、夫のグループ会社製品なら割安で買える。でも、それより安ければ他社製でもかまわないと思っていた。
 ゆかりさんは「大丈夫。安い買い物は得意だから」と明るい笑顔をみせたが、ふと悪循環への不安が脳裏をよぎった。
 消費者が安さを求めると、それを売る会社は売り上げが落ちる。そうなるとその会社の社員の給料が減らされ、さらに安い買い物を迫られる。ひょっとしたら安い買い物がめぐりめぐって夫の給料を引き下げているのではないか−。
 それでもゆかりさんは「生活防衛のため」と、チラシに目を落とす毎日だ。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】デフレの恐怖…「安い買い物」がめぐりめぐって自分の給料を下げるの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(47) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ