2008年10月20日

【社会】 「日本は冷たい…」 日本で働く日系外国人、一斉解雇の懸念も…「外国人同士で職奪い合い」

■日系人、一斉解雇の懸念も 「外国人同士で職奪い合い」(福島民友)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
世界同時不況という最悪のシナリオもささやかれる中、日本のモノ作りを支える日系人らが「切り捨て」の不安を抱えている。時給がより安い外国人労働者に差し替えられたり、外国人同士で職を奪い合ったりするケースも。「一斉解雇も起きかねない」。支援者からも懸念する声が出始めている。

 「仕事はないか」「日本語ができないと駄目みたい」。外国人が人口の約16%を占める群馬県大泉町。10月中旬の休日の昼下がり、日系人向けの商品を取り扱うスーパーでは、職のない日系ブラジル人らがポルトガル語で情報交換していた。

 1人は、日系ブラジル人のエドガル・ロペスさん(45)=仮名。大泉町にある大手家電メーカーの工場で、冷蔵庫の組み立てをしていたが、1カ月前に「明日から来なくていい」と言われた。8年前に来日。工場を転々とし、失職は15回を数えた。

 別の工場で働く妻の月収約18万円だけでは、長男を高校に進学させられない。「来年はブラジルに帰る。日本は冷たい」と唇をかんだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】 「日本は冷たい…」 日本で働く日系外国人、一斉解雇の懸念も…「外国人同士で職奪い合い」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:56 | Comment(29) | TrackBack(8) | 国内ニュース

2008年10月17日

【北九州】飲み会で「タッチ」を歌っている女性教諭に自分の下半身「タッチ」強要 中学校校長(57)を停職6ヵ月の懲戒処分

■校長「タッチ」歌う教諭に下半身タッチ強要(ニッカンスポーツ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
北九州市若松区の市立中学の男性校長(57)が職場の飲み会で、30代女性教諭がカラオケのテレビアニメの主題歌「タッチ」を歌っている際、曲の歌詞に合わせて、自分の下半身などを触らせるセクハラ行為(性的嫌がらせ)を繰り返したとして、停職6カ月の懲戒処分を受けた。同市教育委員会が15日、発表した。

 市教委によると、校長が女性教諭に下半身をタッチさせたのは7月4日、職場の飲み会の2次会。女性教諭は校長の隣に座り、アニメ主題歌「タッチ」を熱唱。カラオケが「お願い タッチ タッチ ここにタッチ」の曲のサビの部分に差し掛かると、校長は左手で女性教諭の右手を持ち、自分の胸と下半身を2度タッチさせた。

 女性教諭はその場では抗議しなかったが、同7日に上司に当たる学年主任に相談。翌8日に校長は女性教諭に謝罪した。ところが、女性教諭が欠席した7月18日の飲み会で、ほかの教諭らに「あいつはつまらん」「来年飛ばす」などと発言した。

 市教委が聞き取り調査すると、校長はこれまでにも他の女性教諭らにセクハラやパワーハラスメント行為を繰り返していたことが分かった。女性教頭に「ばあさんになったなあ」と、別の女性教諭には「お互いメタボやな」などと発言を繰り返していた。校長も小太り。校長は一連の言動について「コミュニケーションの一環としてやった」と話しているという。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【北九州】飲み会で「タッチ」を歌っている女性教諭に自分の下半身「タッチ」強要 中学校校長(57)を停職6ヵ月の懲戒処分の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2008年10月15日

【農薬インゲン】 ニチレイ社長「中国との取り引きやめない」…一方、袋には「穴」発見されず

■【農薬インゲン】 ニチレイ社長「中国との取り引きやめない」…一方、袋には「穴」発見されず(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2008/10/15(水) 14:30:13 ID:???0
・《流通段階でのチェック体制について、記者からの質問が相次いだ》
−−当該の商品からは、流通段階では問題となるような物質は検出されなかったということか
ニチレイの責任者「現地の工場では、必ず輸出前検査を行い、商品の梱包をして問題がないと確認されないと出荷できないと聞いている」

−−問題発生後にも検査が行われていたことを確認したのか
ニチレイ側の責任者「現地の工場からはそう報告があった」

−−当該の商品番号の商品については、日本でも検査をしたのか。頻度はどのくらいか
ニチレイ側の責任者「日本でも検査をしています。頻度については、一概にいえません」

−−ニチレイは北海食品が作っている食品について、当該のインゲン以外については販売し続ける意志があるのか
ニチレイの責任者「はい」

−−煙台北海食品との付き合いをやめるという考えはないか
相馬社長「煙台北海食品の仕事の中身、一緒にやって培われたノウハウなど、互いに有用になってきた。互いの信頼関係の上で続けていきたい」(抜粋)
 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000548-san-soci

・中国産冷凍インゲンから食品衛生法の残留農薬基準(0・2ppm)の3万4500倍にあたる有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出された問題で、警視庁が商品の包装袋を調べた結果、袋に穴が開けられた形跡がないことがわかった。
 同庁は、輸入業者や販売店の関係者らから事情を聞き、国内外のどこで混入されたか特定を急いでいる。また、厚生労働省は15日、製造した中国の工場による全食品の輸入手続きを保留した。(抜粋)
 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000029-yom-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【農薬インゲン】 ニチレイ社長「中国との取り引きやめない」…一方、袋には「穴」発見されずの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2008年10月14日

【社会】「滑りやすい石のせいで転んで骨折した」…東京の女性が損害賠償を求め新潟県を提訴

■女性が損害賠償求め県を提訴(新潟日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
魚沼市の奥只見レクレーション都市公園の通路に滑りやすい石が敷き詰めてあったため、自転車が転倒し、左ひじを骨折したとして、東京都練馬区の女性が公園を管理する県を相手取り、治療費など約300万円の損害賠償を求める訴訟を14日までに、新潟地裁に起こした。

 訴状によると、女性は2006年8月、公園の通路を自転車で走っていたところ、滑って転倒し左ひじを骨折。07年9月まで治療を受けた。

 女性側は「事故は、県が安全な物を設置し管理する義務を怠ったことで発生した」と主張。県は「訴状を検討した結果、争うことにした」としている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】「滑りやすい石のせいで転んで骨折した」…東京の女性が損害賠償を求め新潟県を提訴の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:55 | Comment(11) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2008年10月13日

【社会】 経団連、「日本への移民受け入れ・定住」提言。人口減対策で…一方で労働条件の悪化や治安の悪化懸念も

■経団連:移民受け入れ提言…人口減対策 定住前提に(毎日jp)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本経団連は少子高齢化に伴う人口減少対策として、定住移民の受け入れを提言する。労働力不足や内需の縮小などが、日本の経済社会を不安定にする恐れがあると判断して「期間を限定した外国人労働者の受け入れ」という従来の方針を転換、14日に発表する。だが、移民については労働条件の悪化や治安の悪化につながるとの反発も強く、提言が論議を呼ぶのは必至だ。

 国立社会保障・人口問題研究所によると、2055年の総人口は現在より約30%減の8993万人で、15歳以上65歳未満の生産年齢人口はほぼ半減の4595万人になると推計される。その場合、高齢者1人を働き手1.3人で支える計算となり、若い世代の負担増で社会保障制度は破綻(はたん)し、医療や介護、教育、治安などの経済社会システムが脆弱(ぜいじゃく)化する。また、個人消費の長期低迷も懸念される。

 経団連は「人口減対策に早急に取り組まなければ、若い世代の将来不安は解消しない」として、移民による人口の維持が必要と判断した。日本は現在、日系人や専門技術者、技能研修などで外国人労働者約65万人を受け入れている。しかし、定住化を前提に受け入れることで、国際的に優秀な人材の確保にもつながることや、働き手世代の増加で人件費上昇を抑えられるとの期待もある。

 提言は移民促進のための法整備や担当相の設置の必要性に言及するとともに、定住後も行政と地域、企業が連携し、日本語教育の充実、社会保障制度の適用を進めることを盛り込む。移民には反対も根強いことから、経団連は提言を議論のたたき台に国民の合意形成につなげたい考えだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】 経団連、「日本への移民受け入れ・定住」提言。人口減対策で…一方で労働条件の悪化や治安の悪化懸念もの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:31 | Comment(34) | TrackBack(1) | 国内ニュース

2008年10月11日

【社会】奈良の病院で死亡した妊婦の遺族らが、インターネット上の中傷被害について講演

■「憶測で中傷しないで」 死亡妊婦の遺族ら講演(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
奈良県の病院で2006年8月、分娩中に意識不明となり、転院を断られた末に死亡した高崎実香さん=当時(32)=の夫晋輔さん(26)らが10日、奈良女子大(奈良市)で遺族が受けるインターネット上の中傷被害について講演。「憶測で書き込むのではなく、遺族の話を聞いてほしい」と訴えた。

 晋輔さんは医師専用掲示板で「脳出血を生じても母体も助かって当然と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と非難された。「ネットに何が書かれたか気になるが、見たら傷つく」と話した。

 また1999年7月、割りばしがのどに刺さり病院で受診後に死亡した東京都の杉野隼三ちゃん=当時(4)=の母文栄さん(51)は「子どもを放って飲みに行った」と中傷された経験を紹介。

 「『あんな親がいるから日本の救急医療が崩壊する』と言われた。真実を知りたい遺族を攻撃することが日本の医療改善につながるのか」と語りかけた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】奈良の病院で死亡した妊婦の遺族らが、インターネット上の中傷被害について講演の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:18 | Comment(22) | TrackBack(7) | 国内ニュース

2008年10月08日

【社会】 生活保護費の不正受給、過去最悪に…総額92億円、件数も過去最悪

■生活保護費の不正受給、過去最高に(TBS)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 収入があることを隠すなどし、不正に受給された生活保護費が、過去最高の92億円となったことがわかりました。

 厚生労働省によりますと、昨年度不正に受給された生活保護費は前の年より2億円増えて92億円となり、件数も1万6000件と金額、件数とも過去最高となりました。

 不正受給の手口で最も多かったのは働いて得た収入を全く申告しなかったケースで、およそ8900件(56%)と半数を超え、年金収入を申告しなかったケースも2100件(13%)に上りました。

 このうち、当初から詐欺目当てだったなど、悪質性が高いと判断された12件については刑事告発されました。

 所得格差などを背景に、昨年度は生活保護世帯の件数自体が過去最高となっていて、これに比例して不正受給も増加しているものとみられます。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】 生活保護費の不正受給、過去最悪に…総額92億円、件数も過去最悪の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:04 | Comment(24) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【社会】事故米加工の会社告発断念へ 証拠の決め手となる事故米入りでんぷんを発見できず…農林水産省

■事故米加工の会社告発断念へ 証拠発見できずと農水省(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
新潟県長岡市の「島田化学工業」が工業用の事故米をでんぷんに加工し、食用に販売した問題で、農林水産省が証拠の決め手となる事故米入りでんぷんを発見できず、検討していた食品衛生法違反容疑の刑事告発を事実上断念したことが5日、分かった。

 新潟農政事務所の吉田竹志所長が同日までの共同通信の取材に、全国の取引先への調査を縮小したことを明かし「これ以上深追いできないとなると、あきらめざるを得ない」と話した。

 農水省は流通ルートの解明を進めてきたが、島田化学工業は製品番号と出荷先を照合する記録を取っておらず、調査は難航。同社は2003年からの5年間で事故米でんぷん約148トンを製造したが、既に消費され残っていないとみられる。

 捜査当局は「事故米でんぷんがなければ告発は受けられない」「事故米の実物が残っていた三笠フーズ(大阪市)のケースとは違う」と話し、立件は困難との見方を示している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】事故米加工の会社告発断念へ 証拠の決め手となる事故米入りでんぷんを発見できず…農林水産省の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:58 | Comment(21) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【裁判】 「公園のホームレス"テント"、住所と認められぬ」 大阪のホームレス、敗訴確定

■ホームレス男性「住所は公園」認めず 最高裁が判決(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪市北区の公園でテント生活をしているホームレスの男性が、公園を住所とする転居届を不受理とした処分の取り消しを区長に求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷は3日、上告を棄却した。

 これに伴い、届け出を認めないとする2審判決が確定する。

 同訴訟では、1審の大阪地裁が住民登録を認めたが、大阪高裁は「テント生活は社会通念に反しており、住所とは認められない」として訴えを退けていた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【裁判】 「公園のホームレス"テント"、住所と認められぬ」 大阪のホームレス、敗訴確定の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:32 | Comment(4) | TrackBack(1) | 国内ニュース

2008年10月07日

【社会】管理人「誤作動だと思った。うるさいので非常ベルのスイッチを消した。」…個室ビデオ店放火事件 - 大阪

■管理人「非常ベル止めた」 誤作動と判断 ビデオ店放火(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
15人が死亡した大阪の個室ビデオ店放火殺人事件で、店が入る雑居ビル6階に住む男性管理人が大阪府警の調べに対し、「(事件時に)非常ベルを止めた」と述べていることが、府警への取材でわかった。火災が起きた時、いったん鳴った非常ベルがすぐに止まったと、従業員や客が証言していた。

 府警は業務上過失致死傷などの容疑で防火体制に問題がなかったか捜査する方針で、非常ベルの停止が多くの死傷者を出す結果につながったのかどうかについても慎重に調べる。

 捜査1課の浪速署捜査本部や大阪市消防局などによると、男性はこのビルの元所有者で、今は管理人として6階に住んでいる。消防法で指定が義務づけられているビルの「防火管理者」にもなっている。

 火災があった1階の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」内には、32ある各個室に熱感知器が設置されているほか、通路などに煙感知器が3カ所設置されており、火災を感知すればビル全体に非常ベルが鳴る仕組み。自動火災報知設備をコントロールする「受信盤」は6階の管理人室にあり、府警や市消防局が調べたところ、火災後、受信盤のスイッチが切られていた。

 管理人は府警に対し、ベルが鳴った後に切ったことを認めており、市消防局に対しても、「誤作動だと思った。うるさいのでベルのスイッチを消した」と説明したという。ビル関係者によると、これまでも何度か誤作動があり、そのたびにベルを止めていたという。

 市消防局は従業員や客の証言などから、ベルが鳴っていた時間は5分前後とみている。火災で亡くなった15人の客のうち、11人は個室内で死亡していた。管理人は事件後、今のビル所有者に「防火管理者を辞めたい」と申し出ているという。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】管理人「誤作動だと思った。うるさいので非常ベルのスイッチを消した。」…個室ビデオ店放火事件 - 大阪の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:29 | Comment(13) | TrackBack(1) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ