2006年11月16日

【社会】 "日本で36年ぶり発症" 狂犬病で重体の男性、フィリピンで犬に噛まれたことが判明…すでに幻覚症状

男性が狂犬病で重体=フィリピンでかまれ感染−国内の発症は70年以来・厚労省(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 厚生労働省は16日、京都市在住の60代の男性がフィリピンで犬にかまれ、狂犬病を発症したと発表した。男性は重体。国内で人が狂犬病を発症したのは、1970年にネパールで感染した日本人男性が帰国後に発症して以来。
 厚労省は同日、都道府県や旅行業界団体に対し、狂犬病の流行地域への渡航者に注意を呼び掛けるとともに、万が一動物にかまれた場合はすぐにワクチンを接種するよう通知した。
 また、臓器移植などの例外を除き、人から人への感染をすることはなく、同省は「男性から感染が拡大する恐れはない」(結核感染症課)としている。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【研究】 旧日本軍「特攻作戦」、命中効果率は56%。予想以上の戦果…米軍機密文書で判明

旧日本軍の航空特攻作戦、命中効果率は56%=予想以上の戦果−米軍機密文書(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 太平洋戦争末期、劣勢の旧日本軍が多用した航空機の体当たりによる米艦への特攻作戦で、米軍が至近自爆を含む特攻機の命中効果率を半年間で56%と算定し、日本側推定を大幅に上回っていたことが、米国立公文書館に保管されている米軍機密資料で分かった。日本側は特攻初期のフィリピン海域での特攻命中率を26〜28%と推定していた。
 戦史家の原勝洋氏が入手したこの資料は、未公開分を含む米側撮影の特攻写真340枚とともに、15日発売の「写真が語る『特攻』伝説」(原勝洋著、KKベストセラーズ社)で公表される。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【裁判】在日韓国人への年金不支給、2審も合憲 裁判長は一義的には所属する国家(韓国)が負うべきだと指摘 大阪高裁

年金不支給、2審も合憲 在日高齢者めぐり大阪高裁(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 外国籍を理由に国民年金制度から除外され、老齢年金を受給できないのは違憲として、大阪府の在日韓国人5人(うち1人死亡)が国に1人当たり1500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は15日、国会の広い裁量権を認めた1審大阪地裁判決を支持、原告の控訴を棄却した。
 原告側は「国籍による制限条項の撤廃後も年齢などを理由に対象外とされた。国が立法で救済措置を取らなかったのは違法」と主張していた。
 渡辺安一裁判長は、こうした救済措置は一義的には所属する国家(韓国)が負うべきだと指摘し、「原告らに保障されている権利を違法に侵害することが明白とはいえず、立法の義務までは認めがたい」と判断した。
 判決によると、国民年金法の国籍条項は1982年に撤廃されたが、原告の金徳葉さん(84)=大阪市=ら5人は支給対象から排除され救済もされなかった。86年の改正法施行の際も、当時60歳以上の外国人は制度の対象外のままだった。
 在日外国人の年金をめぐる同様の訴訟は、京都地裁でも係争中。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2006年11月15日

【奈良・部落解同市職員】 "5年休んで給与2700万"DQN元職員、強要で逮捕

奈良市の「病欠」元職員を強要容疑で逮捕(Sankei Web)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 奈良市の元職員が長期の病気休暇を繰り返しながら建設会社を実質的に経営していた問題で、奈良県警は14日、職務強要の疑いで、元奈良市職員、中川昌史容疑者(42)を逮捕した。

 調べでは、中川容疑者は今年8月に市が入札制度改革を公表した直後、市の担当職員に「対象を個人業者にまで広げるのは話が違う」と制度を変更しないよう要求。自身が幹部を務めていた部落解放同盟奈良市支部協議会と市長らとの交渉を引き合いに出して「質問させてもらわんといかんな」と話し、圧力をかけた疑い。



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2006年11月14日

【いじめ問題】石原知事あてに自殺予告はがき 「その内容が自分をさらに追い詰めることになりました」

石原知事にいじめ自殺予告=「都立高2年」名乗るはがき届く(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都教育庁は14日夜、石原慎太郎知事あてにいじめ自殺を予告するはがきが届いたと発表した。差出人は「都立高校2年」を名乗り、「新宿区東京都庁 石原慎太郎都知事殿」のあて先で12日の日付と新宿の消印があった。同庁は、該当する事例があれば連絡するよう各都立高校長に指示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース

2006年11月13日

【社会】 "月191時間残業" 技能実習の中国人3女性、労基署に「劣悪労働」訴え

技能実習の中国人3女性、労基署に「劣悪労働」訴え(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 外国人研修・技能実習制度で約2年前に来日し、青森県三沢市の縫製工場で働いていた実習生の中国人女性3人が13日朝、工場の宿舎から抜け出し、十和田労働基準監督署に劣悪な労働実態を訴えた。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【PS3騒動】 "互換性に不具合" PS2ソフトで200タイトル…SCE「一部だし、非互換問題は業界として知られてること」

PS3、互換性に不具合のPS2ソフトが200タイトル(ZDNet Japan)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型ゲーム機「PLAYSTATION3」(PS3)において、互換性のある「PlayStation2」(PS2)の一部のソフトで動作に不具合が発生することが、11月13日までに分かった。不具合が発生するソフトは11月11日時点で少なくとも約200タイトル存在しており、画像表示や音声再生が正常にできないなどの現象が見られる。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【調査】 日本の「豊かさ」7位にアップ…国連報告、1位はノルウェー

日本の「豊かさ」7位に 国連報告、ベストテン復帰(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
国連開発計画(UNDP)は9日、経済的尺度だけでは測れない国民生活の豊かさを示す2006年版「人間開発報告書」を発表、日本は初めてベストテン圏外に落ちた前年(11位)から持ち直し、1999年版報告(4位)以来の高順位となる7位につけた。日本経済の回復が反映されたとみられる。首位は6年連続でノルウェー。
 90年から始まった同報告は、世界177カ国・地域を対象に、平均寿命や就学率、成人識字率、1人当たり国内総生産(GDP)などから「人間開発指数」を割り出し、国別に比較した。
 2位はアイスランドで、オーストラリア、アイルランド、スウェーデン、カナダ、日本、米国、スイス、オランダと続いた。日本の女性の社会進出度は42位(前年は43位)、女性議員比率は10・7%(同9・3%)で、ともに上位10カ国の中で最も低かった。
 このほかの主要国はフランス16位、イタリア17位、英国18位、ドイツ21位、韓国26位、ロシア65位、ブラジル69位、中国81位、インド126位など。最下位は前年に続きニジェール。
 核問題を抱えるイランは96位、欧米が軍事政権による民主化運動弾圧を批判しているミャンマーは130位。混迷を深めるイラク、核実験を実施した北朝鮮はリストに含まれていない。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース

【国内】中国が3割高で買占め…食卓からマグロが消える!?

魚食ブーム中国台頭…食卓からマグロが消える!(イザ!)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 世界規模の“フィッシュウオーズ”が過熱している。健康志向やBSE(牛海綿状脳症)などによる食肉への不安を背景に世界的に魚食ブームが高まる一方で、資源保護を目的とした漁獲量規制の動きが拡大しているためだ。これまで水産物貿易は、世界最大の輸入国である日本の“買い手市場”だったが、最近は中国や欧米諸国に競り負け、十分な輸入量を確保できないケースも増えている。食卓や回転ずしからマグロが消える日がやってくるのか…。
 
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内ニュース

【社会】 "電気vsガス" オール電化住宅、180万世帯超に普及…ガス業界、危機感

オール電化住宅、180万世帯超に普及 攻める電力会社(イザ!)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 家庭用の熱源を電気で賄うオール電化住宅の普及件数が9月末で180万世帯を超えた。平成18年度の上半期(4〜9月)だけで22万6000世帯がオール電化住宅を導入しており、今年度末にも200万世帯を突破する勢いをみせている。対するガス会社も防戦に躍起だが、広告宣伝費や営業力など体力で勝る電力会社の攻勢をとめるのは容易ではなく、オール電化住宅の普及はさらに進みそうだ。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ