2013年05月20日

【赤旗】韓国に野蛮な支配を行った帝国日本。日韓両国民の友情は過去に誠実に向き合う事によって始めて可能となる

■きょうの潮流(しんぶん赤旗)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本共産党の書籍が韓国語に訳され、きょう韓国で出版されます。志位委員長の著書を訳したもので初の試みです。日本の植民地支配と侵略戦争を美化する発言が相次ぐなかで、反対を貫いてきた政党の姿を多くの人に知ってほしい▼1910年の「韓国併合」以来、35年間にもおよんだ帝国日本の野蛮な支配。その痛みや傷痕は、いまなお消えません。土地を奪われ、生きる糧をもとめて日本に渡ってきた大勢の韓国・朝鮮の人々。労働者不足を補うための強制連行もありました▼きつく、汚い、危険な職場で、奴隷のように働かされ、命を削ってきた家族。在日一世と呼ばれる人たちです。彼らは社会から疎外され、女性のほとんどは読み書きもできない暮らしがつづきました▼川崎市にある「ふれあい館」では、そのハルモニ(おばあさん)たちを中心に識字学級を開いてきました。名称は「ウリハッキョ」。韓国語で「みんなの学校」という意味だそうです▼読み書きや絵を学ぶ場をえた彼女たちの喜びが伝わる作品がいま、新宿の高麗(こうらい)博物館に展示されています。しっかりとした文字、野菜や魚、景色を色鮮やかに描写した個性あふれる絵―。一つ一つから、その人の人生が伝わってくるようです▼教えるボランティアも彼女たちから歴史を学ぶ共同学習者。相手を知ることでさらに交流が深まる。先の本の序文で志位さんもいいます。「未来にわたる日韓両国、両国民の友情は、過去に誠実に向き合うことによって、初めて可能になる」と。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【赤旗】韓国に野蛮な支配を行った帝国日本。日韓両国民の友情は過去に誠実に向き合う事によって始めて可能となるの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:28 | Comment(16) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【環球時報】「なぜ高級品を買い漁る中国人観光客だけ海外で批判され差別される?日本人や韓国人も同じような時代あった」

■高級品“買い漁る”中国人に海外から批判も 「日本人や韓国人も同じような時代あった」(XINHUA.JP)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
世界的なショッピングブームの中で、中国人消費者は無視できない存在となっている。にもかかわらず、海外では中国人消費者をターゲットにしながら、その習慣を理解しようとせず、批判する現象もみられる。だが、「お客様は神様」だ。遠路はるばる買い物にやってきたのに、中国人はなぜ「差別」されなければならないのか。環球時報が伝えた。

5月の東京。銀座の商店街を、中国人観光客の団体が押し寄せている。大きなかばんを持ちながら、意気揚々と練り歩く彼ら。旺盛な購買力を受けて、多くの高級百貨店では、中国語を話せるショッピングガイドを配置するほどの力の入れようだ。だが、熱烈歓迎ムードの商店側に対し、日本の庶民はあまり歓迎していない様子。

記者の知り合いである日本人の友人が、自らの体験談を話してくれた。友人は中国語がペラペラだ。松屋銀座で、中国人客がシャツを手にしながら、日本人店員に英語と中国語で試着してよいかどうか尋ねている。だが、日本人店員は聞き取れない。見かねた友人が通訳を買って出た。ところが、中国人女性は試着を終えた後、数万円もの値札を見た途端、服を投げ捨てるようにして去ってしまった。残された日本人店員と友人は、あ然とするばかり。買わなくても構わないが、せめて「ありがとう」くらいは言えなかったのか。これをきっかけに、友人は「二度と中国人の通訳はしない」と決めたそうだ。

インターネット上では「中国人は公共秩序を守らない」「不衛生」「謝らない」などの批判も見られる。東京の名高い寺・浅草寺は近くのすべての公衆トイレで「使用後は流して下さい」とわざわざ中国語で呼びかけている。香港では、本土からの観光客が子どもにディズニーランドの花壇でおしっこをさせている写真がネット上に流され、非難を浴びている。だが、その一方で香港紙「信報」によると、香港の高級品店で店員が真っ先に話す言葉は、地元民が話す広東語ではなく中国本土客が話す標準語だ。本土からの観光客は、「神様」と尊ばれる反面、そのマナー違反行為が批判されている。

実は、日本人や韓国人も、中国人と同じような時代があった。1960年代以降、日本経済が高度成長を迎え、日本人も海外旅行をするだけの経済力を持つようになった。だが、価値も分からずに高級品を買い漁るだけの日本人に、欧米では批判も出ていたという。ある日本の地方公務員は「来日してショッピングする今の中国人は、30年余前の日本人を見ているような気がする」と話していた。

韓国メディアも、高級品かぶれの国民を批判している。「朝鮮日報」によると、ソウルの街頭を歩いてみると、3秒または5秒おきに、数百万ウォンのバッグをもつ人が目に入る。そのため、「3秒バッグ」、「5秒バッグ」と呼ばれているという。韓国人は、中国人に追随して、高級品専門店の主要な消費者層になっているが、実は外国企業にふっかけられる「カモ」になっている。全身を高級品で固めた人たちは、単なる成り上がりで、見栄っ張りなだけだと同紙は警告する。

香港紙「新報」のコラムニスト林風氏によると、海外でお金を撒き散らす中国人が批判の的になっている情況は、昔の日本と同じようだ。当時の日本人は世界中でショッピングに走り、自信過剰だった。だが、バブル経済の崩壊で、日本人は「失われた20年」を経験。こうした日本人の経験は中国の「Gucci(グッチ)」族に、「一つの国の経済の高度成長は、永遠に続かない」と警告する。中国がソフトパワーを見せるには、まず国民の素養を高めねばならない。外国人の批判に対し、「差別だ」「中国の台頭を羨ましがっているだけ」と叫びながら、「思い込みによる自己満足」に浸っているばかりではだめだ、と同紙は呼び掛けている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


【環球時報】「なぜ高級品を買い漁る中国人観光客だけ海外で批判され差別される?日本人や韓国人も同じような時代あった」の続きを読むの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【聯合ニュース】「在米韓国人の抗議に謝罪し旭日旗使用禁止を制約のニューヨーク市、妄言繰り返す日本と大違い」

■「旭日旗のイメージを使用」在米韓国人の抗議にニューヨーク市が謝罪(韓フルタイム)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
旭日旗をめぐる騒動が再び米ニューヨークで発生した。

在米韓国系住民による市民団体は16日、ニューヨーク市が広告のデザインに旭日旗のイメージを使用したことについて正式に謝罪したと発表した。ニューヨーク市のナズーリ・パビジ地域社会担当官の名義で書簡を送ってきたという。

報道によると、ニューヨーク市は毎年2回「レストランウィーク」を開催。しかし、今年の広報用に制作したデザインに放射状の模様が入っていたことから騒動となった。韓国系住民らは、デザインは旧日本軍の旭日旗を彷彿とさせるとして、ニューヨークのマイケル・ブルームバーグ市長に謝罪と再発防止を求める抗議書簡を送った。

ニューヨーク市は謝罪文で、「レストランウィーク」はバラエティ豊かで躍動的なニューヨークの文化を広めるために開催しているとし、広報のデザインを通じて旭日旗を連想させる意図は全くなく、イメージが偶然一致してしまったのだと釈明した。その上で、韓国人社会で起きた反応にとても留意しており、今回の広報の不注意で皆様に苦痛を与えたことについて謝罪するとの内容を伝えた。

ニューヨーク市は今後、デザインを新しく作り、物議を醸した今回のデザインは二度と使用しない方針という。

一方、ニューヨークでは今年1月にも旭日旗をめぐる騒動が発生している。ニューヨーク現代美術館(MoMA)で2012年11月から今年2月まで開催された「TOKYO 1955-1970 :新しい前衛」で、出品作家の横尾忠則氏の作品に、旭日旗のデザインが使われているとして韓国系住民が抗議を行った。韓国系住民による抗議デモは、MoMAだけでなく、在ニューヨーク日本国領事館、国連の前でも行われた。

今回、「レストランウィーク」で起きた旭日旗をめぐる騒動について、韓国メディアの聯合ニュースは「歴史問題について妄言を繰り返している日本の態度とはあまりにも違う」と伝え、ニューヨーク市の対応を高く評価した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【聯合ニュース】「在米韓国人の抗議に謝罪し旭日旗使用禁止を制約のニューヨーク市、妄言繰り返す日本と大違い」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年05月19日

【国際】慰安婦の人数は70万人 日本の民間団体が橋下氏の発言を国連に訴える

■日本の権利擁護団体が橋下氏の発言を国連に訴える(人民網日本語版)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本の権利擁護団体が現地時間17日、国連拷問禁止委員会に対して、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の「慰安婦」問題発言について来週の審議で取り上げるよう求めた。新華網が伝えた。

 共同通信の18日付報道によると、「女たちの戦争と平和資料館」など民間の権利擁護団体はジュネーブで行なわれた国連拷問禁止委員会の専門家との会合で橋下氏の発言を強く批判し、同様の発言が繰り返さないよう対策を取るよう日本政府に要求した。

 国連拷問禁止委員会は国連人権条約に基づき設置。21、22両日に拷問等禁止条約の日本の実行状況を審議する。以前も「慰安婦」問題について討議し、性的奴隷と暴力の被害者への日本の賠償は不十分だと認定した。橋下氏の発言について委員会は審議で日本政府に立場の表明を求めることができる。

 橋下氏は13日、「『慰安婦』制度は当時軍の規律を維持するために必要だった。日本の政府または軍が『慰安婦』を直接連行、脅迫したと裏付ける証拠はない」と放言。各界から激しく非難された。

 「慰安婦」とは第2次大戦中に日本軍人に性的サービスを提供し、性的奴隷となることを余儀なくされた女性を指す。日本の民間調査団体の推算によると「慰安婦」の人数は70万人にも達する。(編集NA)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】慰安婦の人数は70万人 日本の民間団体が橋下氏の発言を国連に訴えるの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:16 | Comment(25) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【慰安婦問題】 韓国人元慰安婦 「強制連行の証拠がない? 血の涙がにじむ経験をした本人がいる、それ以上の証拠があるのか」

■「自分の娘を送れるか」 元慰安婦 橋下氏に面会へ(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と二十四日に面会予定の韓国人元従軍慰安婦金福童(キムボクトン)さん(87)と吉元玉(キルウォンオク)さん(84)が十八日、沖縄県西原町と広島県福山市でそれぞれ集会などに出席した。金さんは「自分の娘を(慰安婦として)送ることができるのか」と憤り、吉さんは「暴言を吐いてはいけないと伝えたい」と話した。

 沖縄県西原町の沖縄キリスト教学院大で講演した金さんは、十四歳で従軍慰安婦になり、中国やインドネシアなどの前線を旧日本軍と転々とした経験を話し、橋下氏の発言を「妄言」と批判。「過去の歴史を変えることはできない」と述べた。

 講演後に記者会見した金さんは、強制連行について「血の涙がにじむ経験をした本人がいるのに、どうして証拠がなかったと言えるのか。それ以上の証拠があるのか」と語気を強めた。

 吉さんは、支援者を対象とした福山市内での講演会で、平壌に住んでいた十三歳の時に「工場で稼がせてやる」とだまされて連れ出され、ハルビンなどの慰安所を転々とした経験を語った。

 日本の政治家から相次ぐ従軍慰安婦に関する発言については「被害に遭った人間がまだ生きているというのに、ひどいことを言うのは聞くに堪えない」と訴えた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【慰安婦問題】 韓国人元慰安婦 「強制連行の証拠がない? 血の涙がにじむ経験をした本人がいる、それ以上の証拠があるのか」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:50 | Comment(14) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年05月18日

【飯島参与訪朝】韓国「懸念」を表明→北朝鮮「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない」

■北朝鮮 飯島氏訪朝巡り韓国非難(NHK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問に韓国が懸念を表明したことについて、北朝鮮は「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない」と非難し、南北対話の糸口をつかみたい韓国に揺さぶりをかけるねらいがあるとみられます。

小泉元総理大臣の政務秘書官を務めた飯島勲内閣官房参与は、今月14日から北朝鮮のピョンヤンを訪問して指導部のメンバーらと会談し、17日夜、経由地の中国・北京に戻りました。
今回の飯島氏の北朝鮮訪問を巡って韓国政府は16日、国際社会が北朝鮮への対応で緊密に連携することが重要だとして懸念を表明しました。
これについて北朝鮮は、17日国営のウェブサイトに論評を掲載し「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない。同じ民族のことなら何でも中傷する南の醜い本性の表れだ」と韓国を非難しました。
そのうえで「情勢が先鋭化しているときに、関係国が諸懸案を協議することはあらゆる意味でよいことだ」と強調し、中国が朝鮮半島の緊張緩和につながるとして飯島氏の北朝鮮訪問を肯定的に評価したことに言及しています。
北朝鮮としては、韓国と共同で運営するケソン工業団地の操業停止が続いているなかで、南北対話の糸口をつかみたい韓国に対し、日朝関係が先行していると印象づけ、揺さぶりをかけるねらいがあるとみられます。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【飯島参与訪朝】韓国「懸念」を表明→北朝鮮「どこの国の誰がどこへ行こうと第三者があれこれ言うことではない」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年05月17日

【中央日報・コラム】東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない[05/16]

■【コラム】東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない(1)(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
5月2日から12日までベルリンでは「韓国映画の今日」というテーマで韓国映画の連続上映があった。13日には韓独修交130周年を記念する国立舞踊団「コリアファンタジー」の公演があった。観客の反応は「衝撃的」「幻想的」という言葉に集約される。

「韓国映画の今日」行事の開幕作品は、済州4・3事件を扱った「Jiseul」で、2番目の作品はキム・グンテ拷問事件を扱った「南営洞1985」だった。国際的・国内的に大きく注目された2作品とも歴史性と社会性が濃厚な映画で、集団虐殺と人権じゅうりんをテーマに建国前後と全斗煥(チョン・ドゥファン)独裁時代を批判的に扱った内容だった。過去なら海外上映どころか、制作自体が不可能なテーマだった。

こうした点で、現代韓国の痛みと影を直視した映画が、政府と文化領域の主要機関が共同主催した公式海外行事で上映されるというのは示唆的だった。それは韓国社会の成熟さを反映するためだ。長くダブー視されながら過酷な抑圧を受けてきた済州4・3の集団虐殺問題は、真相究明のための政府機構の設置を含め、済州と韓国社会内部の努力がなかったとすれば、今日、世界の人々との文化的共有は想像することもできなかった。

軍部独裁時代の残酷な拷問問題を正面から扱った「南営洞1985」も同じだった。当時は真実を話すだけで弾圧を受けた状況だったことを考えると、私たちは自分たちが実現した一世代の韓国社会の歴史発展と文化変動に一定の自負心を感じてもよくはないだろうかと思う。世界的な韓流ブームが韓国の民主化以後という点は、自律と創意に基づく自己反省のない文化の発展は不可能であるためだった。

個人であれ国家であれ、人間は誰でも自分の弱みを見せまいとするが、私たちは過去の過ちを反省しただけに未来に進むことができる。すなわち私たちが過去の痛みを省察した文化を世界に出せるという点は、未来の発展と希望の兆候と見なしてもよいだろう。過去直視と自己反省の大きさは希望と可能性の大きさであるからだ。患部を治療しなければ全体の体は決して健康になれない。私たちが“外に”見せて疎通できる程度は、自ら“中から”表して克服した健康性と同じ程度だ。 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【中央日報・コラム】東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない[05/16]の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年05月16日

【国際】 元慰安婦 「日本に行って私たちの真実を明らかにしたい」

■韓国の元慰安婦と団体、橋下氏に面会申し込む(TBS)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国・ソウルの日本大使館前では、元従軍慰安婦の女性や支援団体が水曜日恒例の集会を開きました。

 参加者たちは「歴史を歪曲する妄言が日本社会を駆け巡っている」として、橋下氏の発言や「侵略の定義は定まっていない」などとした安倍総理の発言に抗議しました。

 「卑劣な言葉が発せられあまりに悔しい。今回、日本に行って私たちの真実を明らかにしたい」(元慰安婦)

 元慰安婦の女性と団体は18日から日本を訪れ、沖縄や大阪、東京など7都市を回り「巡回証言集会」を行うということで「27日に橋下氏への面会を申し込んだ」と説明しています。こうした中、韓国のシン・ガクス駐日大使が2年間の任期を終えて帰国するのを前に東京都内で会見しました。

 「日本の指導者レベルの政治家の歴史認識と女性の人権を尊重する意識が、こんなに貧弱なのかととても失望した」(シン・ガクス駐日韓国大使)

 一方でシン大使は、橋下氏の発言は日本社会全体の見方を反映したものではないという認識を示した上で「一般国民と乖離(かいり)した歴史認識を持っている政治家が慰安婦の苦痛と女性の人権について、もう一度考えるきっかけになるよう望む」と述べました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】 元慰安婦 「日の続きを読む本に行って私たちの真実を明らかにしたい」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:21 | Comment(14) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年05月15日

【アベノミクス】 韓国 「円安で隣国が苦痛を受けようが受けまいが知ったことではないのか、日本経済が生き返りさえすればいいのか」★2

■【コラム】アベノミクスがうらやましいって?=韓国(1)(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
毅然とした対北朝鮮政策と訪米外交の成果で60%近くに上がった朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の国政遂行支持率(リアルメーター調査)は先週起きた尹昶重(ユン・チャンジュン)前報道官のセクハラ問題で一気に吹き飛んでいってしまった。外交的成就を基にこれから本格的に政策を展開しようとしていた構想も側近の不正を収拾するため後回しにされてしまった。朴大統領があれほど強調してきた「信頼」が、最も信頼できると考えた青瓦台(チョンワデ、大統領府)内部から崩れたのでどんな政策もやる気が湧かない。中では飼い犬に手を噛まれている間、信頼できない隣国日本からは円安空襲という直撃弾が飛び込んだ。沈んでいく日本経済を再生すると公言してきた安倍晋三首相の約束は1ドル=100円の突破で現実化されたのだ。韓国の輸出企業から悲鳴が続き、韓国の株価は暴落した。不動産対策と追加補正予算編成で下半期には経済が生き返るだろうという期待も一緒に薄れていく。これ以上の内憂外患はない。

◆日本経済回復の最後の必殺技

相次ぐ侵略否定と極右の歩みで韓国では憎まれるだけ憎まれた安倍首相だが、日本では今月支持率が72%(読売新聞調査)と人気が急上昇している。安倍首相が日本経済を救う必殺技として持ち出したいわゆるアベノミクスのおかげだ。日本企業の輸出が活気を取り戻し株価と不動産価格が一度に上がっているのでそうなるだろう。いったいどれだけぶりに聞く経済回復のラッパの音なのか。円安で隣国が苦痛を受けようが受けまいが知ったことでではない。こうして日本経済が生き返りさえすれば何でもできないことはないという勢いだ。主要先進7カ国(G7)財務長官と中央銀行総裁はアベノミクスを「景気回復対策の一環」と規定し公式的な免罪符を与えた。世界経済がすべて沈滞に陥っているというのに日本経済だけでも生き返る方法があるならやってみろということだ。こうした状況で日本の人為的な円安が近隣窮乏化政策にすぎないという韓国の不満の声は受け入れられる余地はない。事実主要輸出品目が日本と重なる韓国を除くと日本の円安攻勢に打撃を受ける国はあまりない。国際社会で日本の円安攻勢を阻止するほどの同調勢力を探すのは難しいという話だ。

アベノミクスは日本経済回復の目標をデフレ脱却と円高是正ととらえ、手段と方法を選ばずこの目標を達成するという政策だ。具体的な手段としては無制限の量的緩和を通じた通貨増発と大規模公共事業を通じた財政支出拡大、そして民間投資拡大と競争力向上を通じた成長を提示している。アベノミクスは結局日本が動員できる最後の極限措置であるわけだ。安倍政権は日本銀行総裁を入れ替えることすらしながら無限通貨増発に出て円を30%近く下げるのに成功した。そしてその効果がある程度現れているようなので日本国民がアベノミクスに熱狂しているのだ。ここに調子を合わせるように国際投資銀行も先を争って今年の日本の経済成長率見通しを上方修正し始めた。こうなると韓国からもアベノミクスにうらやましい視線を投げる人たちが現れている。韓国も何かアベノミクスに類似したものでもやってみるべきではないかということだ。 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【アベノミクス】 韓国 「円安で隣国が苦痛を受けようが受けまいが知ったことではないのか、日本経済が生き返りさえすればいいのか」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:05 | Comment(17) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【日韓】飯島内閣参与の北朝鮮訪問 韓国政府には事前通告せず[05/14]

■飯島内閣参与の訪朝 韓国政府には事前通告せず(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
北朝鮮の非核化を目指し、韓国と米国が中国との連携を強める姿勢をみせているなか、飯島勲内閣官房参与が14日に訪朝したことが分かり、韓国政府が神経をとがらせている。

 北朝鮮問題で韓国政府と協力してきた日本政府は、韓国側に飯島氏の訪朝を伝えなかったもようだ。外務省は訪朝したのが内閣官房参与のため、事前に把握できなかったと釈明したという。韓国政府消息筋は「外務省も知らなかったし、われわれも知らなかった」と述べた。韓日間系が冷え込んでいることが背景にあると懸念する声もある。

 米国も飯島氏の訪朝を把握していなかったようだ。来韓中のデービース北朝鮮担当特別代表は林聖男(イム・ソンナム)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と会談後、飯島氏の訪朝に関する記者団の質問に対し、「聞いていない。日本のカウンターパートと会談する時に議論する」と語った。

 韓国政府は今回の訪朝は日朝間の懸案となっている日本人拉致問題を議論するためで、日本国内でも秘密裏に進められた可能性が高いとみている。日朝間の拉致問題をめぐっては、昨年11月の局長級会合を最後に協議が中断している。

 韓国政府では北朝鮮の核問題解決に向けた国際的な連携が必要な時期に日本が単独行動をとることを警戒している。安倍政権が拉致問題解決のため、大規模な北朝鮮支援を行えば、北朝鮮の態度変化を引き出すための韓米両国の圧力が弱まる可能性もある。また、今回の訪朝は7月の参院選を控えて行われており、訪朝の結果が北朝鮮の核問題に与える影響に注目している。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【日韓】飯島内閣参与の北朝鮮訪問 韓国政府には事前通告せず[05/14]の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ