2012年08月22日

【論説】 「竹はないのに『竹島』…日本よ、脳がないね!日本人は加害者のくせに原爆で被害者意識強く、妄想強くなった」…ソウル大教授

■【コラム】竹島に竹はない(1)(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
今年の夏はとりわけ暑く騒々しい。猛暑が去り、普通と違った五輪も終わり、ちょっと奥ゆかしく座って秋を待ってみようかと思ったところ領土問題で極東3カ国が騒々しい。国土を登記する世界登記所があるわけはないものの、他人の土地を自国の文書に堂々と載せて土地を差し出せとワンワン吠える隣国日本の無知な騒がしさに晩夏を待ちこがれた観照の時間は台無しになった。竹島は日本の土地という。竹島! 自分勝手に名前を付け自分の土地だと言い張ればそうなると思っているようだ。最近流行している『ギャグコンサート』のギャルさんに尋ねれば明らかなはずだ。「脳がありません」「脳がなければそれは人なの?」「人ではありません」これが答だ!

日本の被害意識は韓国の光復節に合わせ極に達する。1945年8月15日朝、裕仁天皇が3分間の重大放送をした。題名は「大東亜戦争終結に対する詔書」だった。このように話した。「朕は帝国政府をして米英中ソ4カ国に対しその共同宣言を受諾する旨通告せり。(中略)他国の主権を排し領土を侵すが如きはもとより朕が志にあらず(中略)敵は新たに残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し惨害の及ぶところ真に測るべからざるに至る(中略)なお交戦を継続せんが終いにわが民族の滅亡を招来するのみならず、人類の文明をもまた破却すべし」(金允植、『私が生きてきた20世紀文学と思想』より)

加害者の降伏宣言は被害意識で埋まっている。8月6日の広島、9日の長崎への原爆投下で9万人と6万人がそれぞれ死んだ。エノラ・ゲイのポール・ティベッツ大佐は自身の母の名前を付けたB−29を操縦し何かわからない新型爆弾を広島に投下した。絶対に振り返るなという司令部の命令を破りポールは振り返った。キノコ雲がわきあがり暴風が吹いた。原爆だった。ポールは自身もわからなかったその原爆の加害で一生苦痛を受け、「他国の主権を蹂躪した」日本は被害者として残った。終戦宣言には「降伏」という単語はなかった。「残虐な爆弾」に殺傷された被害意識だけ残った。それでこの時期になると日本は「民族の滅亡を防いだ」天皇の戦士らを賛えようと靖国神社を参拝し、「朕の一億万民の領土」を回復しようともがくのだ。

自分の土地だと言い張るには名前もしっかり呼ばなければならない。日本の幕府が天然の資源の宝庫とうらやんだ独島の本来の名称は松島(ソンド)であり、竹島(チュクト)は鬱陵島(ウルルンド)だった。日本の漁民は松島に棲息するセイウチを捕まえようと遠い航路をいとわず行き来した。朝鮮政府が海を封鎖すると1696年1月に徳川幕府は政府文書「朝鮮通交大紀」にこのように記録した。「竹島(鬱陵島)と松島(独島)がその国の土地であることを疑うことはできない」と。1877年に明治政府はこれを再確認した。「竹島と松島は私たちと関係ない」(本邦関係無之)と。 (後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【論説】 「竹はないのに『竹島』…日本よ、脳がないね!日本人は加害者のくせに原爆で被害者意識強く、妄想強くなった」…ソウル大教授の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(30) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月21日

【国際】中国企業「北朝鮮への投資は悪夢。技術を覚えた途端、我々を国外に追い出した」

■「北朝鮮への投資は悪夢」、中国企業がネット上で恐るべき実態を告発―中国メディア(レコードチャイナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
2012年8月16日、中国東北部最大の民営企業、西洋集団(遼寧省)が北朝鮮で2億4000万元(約30億円)もの巨費を投じて進めていた鉄鉱石プロジェクトが突然、中止に追い込まれていたことが分かった。同社は中国版ツイッターで「北朝鮮への投資は悪夢」と不満をぶちまけている。一体、何が起きたのだろうか?21世紀経済報道が伝えた。

西洋集団は今月2日、中国版ツイッター「微博」に「北朝鮮への投資の悪夢」と題した6000字にも及ぶ長い文章を掲載した。それによると、同社は北朝鮮で2007年から2011年の4年間に計2億4000万元を超える巨費を投じ、採掘場や選鉱場などを建設。昨年4月にはようやく選鉱場での生産が始まり、150人の中国人技術者を投入して500人の北朝鮮工員に手取り足取り技術を教えながら3カ月が経過した。

ようやく軌道に乗り始めた矢先。北朝鮮側の態度が一変し、借地料や工業用水代の値上げを含む16項目に及ぶ「契約の修正」を突き付けられた。選鉱場は操業がストップ、中国側は留守要員の10人を残し、技術者全員を帰国させる羽目に。ところが、この10人も停電や断水などの嫌がらせを受け、最後には夜中に押し掛けてきた警察官に無理やりバスに押し込められ、中国に移送された。

両者の出資比率は中国側が75%、北朝鮮側が25%。50年の契約を結んでいた。「北朝鮮側は技術を習得し、自分たちだけでやっていけるという自信がついたのではないか。それで、我々が邪魔になったのだろう」と西洋集団側は語る。

だが、西洋集団側も投資が一銭も回収できないままでは終われない。現地の中国大使館などに助けを求め、交渉を続けた結果、今年4月になり、北朝鮮側の合弁パートナーである嶺峰連合会社が西洋集団側に3124万ドル(約24億円)支払うことで合意した。だが、いまだに一銭の支払いもないまま、電話とファクス以外での接触を拒まれている状態だという。(翻訳・編集/NN)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【国際】中国企業「北朝鮮への投資は悪夢。技術を覚えた途端、我々を国外に追い出した」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:43 | Comment(21) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月19日

【竹島問題】 日韓関係悪化の陰に北朝鮮の動きが? 「北朝鮮が、日米韓の間に亀裂をつくろうとしている可能性は排除できない」と専門家

■日韓関係悪化の陰に北朝鮮の動きが?(ザ・リバティ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国の李明博大統領が竹島に不法に上陸した事件は、日韓関係を急速に悪化させた。日本と韓国とのやり取りに注目が集まりがちだが、北朝鮮の動きにも目を向ける必要がある。日韓関係悪化の背後に、日米韓の関係を引き裂こうとする北の動きがある可能性があるからだ。

「北朝鮮が、東京、ワシントン、ソウルの間に亀裂をつくろうとしている可能性は排除できない」。16日のコリア・タイムズはこうした専門家の分析を紹介している。

実際に、最近の日韓関係は北朝鮮が有利になるように展開してきた感がある。6月には、北朝鮮情報を共有する日韓軍事協定の締結が、世論の反発を受けた韓国側のドタキャンで延期される騒動があった。北朝鮮側が「千秋に許しがたい逆賊行為」と呼び、猛烈な嫌悪感を示しているこの協定の延期に、北朝鮮は喜んだことだろう。

今回の竹島不法上陸事件については、北朝鮮は李明博政権の人気取りと批判している。しかしこの事件を報じた朝鮮中央通信は、いつもなら激烈な筆法で展開する大統領への個人批判は控えている。

北朝鮮はこのところ、強硬派の将軍を解任するとともに、一定の割合で農民が農作物を売買できようにする、実質上の計画経済放棄を打ち出した。また張成沢 ( チャン・ソンテク ) 国防委員会副委員長が中国を訪問して、経済特区での中朝共同開発について協議を行うなどしている。

4月のミサイル発射以降、核実験を行うか注目された北朝鮮は、近ごろ対外的に目立った動きを見せていない。一連の日韓関係悪化は、国内問題のために時間を稼ぎたい北朝鮮側が、韓国をけしかけて日本と争わせたという見方もできなくはない。

北朝鮮は日本に対しては、終戦前後に死亡した日本人の遺骨返還についての協議を持ちかけるなど、歩み寄りのポーズを示している。

ここのところ急激に反日色を強めた韓国政府だが、そのスタンスが誰を利するのかをよく考えるべきである。北朝鮮対策をはじめとする東アジアの安定には、日米韓の連携が必要だ。(呉)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【竹島問題】 日韓関係悪化の陰に北朝鮮の動きが? 「北朝鮮が、日米韓の間に亀裂をつくろうとしている可能性は排除できない」と専門家の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:01 | Comment(14) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月18日

【社会】「日本は韓国の最も重要な友邦のひとつ。韓日間の対立をこれ以上あおる措置は取らない方針と語った」

■日本は友邦 対立あおる措置とらないと韓国高官(サーチナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
朝鮮日報は18日、韓国大統領府高官の話として「日本は韓国の最も重要な友邦のひとつ。韓日間の対立をこれ以上あおる措置は取らない方針と語った」と報道した。

  李明博(イ・ミョンバク)大統領は日本の植民地支配から解放された記念日とする「光復節」で従軍慰安婦問題に触れて以来、日本への言及を控えており、これを裏付ける発言として注目される。

  また、韓日関係の軋轢をこれ以上拡大しては両国にとってプラスでないとする声も政治家らからあがりつつあり、朝鮮日報は国会国防委員長は来月予定の独島(日本では竹島)の防衛合同機動訓練に「外交・安全保障の責任を担う各長官には、少々慎重に(訓練を)行っていただく必要があると指摘した」と日本を刺激し過ぎないよう配慮する必要を語った旨を伝えている。

  朝鮮日報はさきの社説でも韓日間の対立が政治から経済、国民感情に拡大するのは両国にとってマイナスとし、両国の指導者、政治家に「理性的な判断と行動が必要な時」と熱くならないよう、冷静な判断を提起していた。(編集担当:森高龍二)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】「日本は韓国の最も重要な友邦のひとつ。韓日間の対立をこれ以上あおる措置は取らない方針と語った」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:25 | Comment(38) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月17日

【政治】日韓通貨スワップ拡充は韓国側からの要望だった!日本政府高官がロイター通信に明かす★2

■UPDATE1: 昨年10月の日韓通貨スワップ拡充、韓国側が先に提案=日本政府高官(ロイター)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日韓両国が昨年10月に決めた通貨交換(スワップ)協定の枠拡充について、日本政府高官は17日、韓国側の要請に応じたものであったことを明らかにした。同日付の読売新聞朝刊によると、韓国高官は枠拡充を「日本側が先に提案した」と主張しており、これに反論した。今年10月に期限を迎える拡充措置について「市場など総合的に判断して決める」と述べるにとどめた。

 急激なウォン安・円高など市場が混乱した際に日韓で通貨を交換するため、政府・日銀と韓国側は2005年に同協定を開始。昨年10月には欧州危機を背景としたウォン安を背景に上限額を130億ドルから700億ドルへ5倍に拡充した。拡充措置は今年10月末が期限となっている。

 安住淳財務相は17日の閣議後の記者会見で、日韓財務対話の延期について、李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸や天皇陛下に謝罪を求める発言は「日本の国民感情を逆なでするもの。この時期の訪問は適切ではないと韓国側に伝えた」と述べた上で、通貨スワップ協定の拡大措置について「延長するかを含め白紙だ」と、見直しを示唆していた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】日韓通貨スワップ拡充は韓国側からの要望だった!日本政府高官がロイター通信に明かす★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:34 | Comment(10) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【政治】韓国政府「状況悪化、野田首相に期待できない」「通貨スワップがなくても、韓国ウォンの価値が不安定になる状況ではない」★2

■韓国政府「状況悪化、野田首相に期待できない」(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
17日付のソウル新聞(早版)は、韓国大統領府の高官が16日、竹島の領有権や歴史問題での日本の対応を批判した上で、韓国政府が「野田首相にはこれ以上、期待することはできないとの結論に至った」と述べたと報じた。

 この高官は同紙に対し、野田政権の発足当初、李明博(イミョンバク)政権は「発言を自制して未来志向で行くことを望んだが、むしろ状況が悪化した」と語ったという。歴史問題とは、いわゆる従軍慰安婦問題を指すとみられる。

 さらに、日本が韓国への対抗措置として、日韓の通貨交換(スワップ)協定の見直しも検討しているとされる点に関し、同高官は「日本との通貨スワップがなくても、韓国ウォンの価値が不安定になる状況ではない」と強調。「(同協定は)両国の相互利益のためのもので、(昨年10月に)スワップ枠を拡充した際も日本側が先に提案した」などと説明した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】韓国政府「状況悪化、野田首相に期待できない」「通貨スワップがなくても、韓国ウォンの価値が不安定になる状況ではない」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:49 | Comment(10) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月16日

【国際】 韓国・李大統領 「私に自由に発言させてくれるならば、国賓としての日本訪問したい」★3

■自由に発言なら国賓で訪日したい 韓国大統領(サーチナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 竹島問題や従軍慰安婦問題で日韓関係がギクシャクする中、韓国の李明博大統領が天皇陛下の訪韓案件を取り上げ「天皇が韓国を訪問したいのであれば独立運動に携わり亡くなった方々のもとを訪ね、こころから謝罪してほしい」と発言したとする報道に対し、玄葉光一郎外務大臣は「そうした報道があったのは承知しているが、内容の話は一切聞いていない」とそれ以上の発言を避けた。

  一方、朝鮮日報によると「李大統領は天皇が痛惜の念などといった単語ひとつを口にするだけなら(韓国に)来る必要はない」と語ったと報じた。

  その一方で、李韓国大統領は「日本とのシャトル外交(首脳の定期的な相互訪問)は続けていくが、日本の国会が私に自由に発言させてくれるならば、国賓としての訪問もしたい」と語り、国賓での訪日を望んでいることも伝えている。(編集担当:森高龍二)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【国際】 韓国・李大統領 「私に自由に発言させてくれるならば、国賓としての日本訪問したい」★3の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:21 | Comment(21) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月15日

【韓国】「連日の対日強硬メッセージ」「2連続の対日直撃弾 日王への謝罪要求」…メディア報道

■<韓国>「連日の対日強硬メッセージ」…メディア報道(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国の主要メディアは14日、李明博(イ・ミョンバク)大統領による天皇訪韓に関する発言を「李大統領、連日の対日強硬メッセージ」(聯合ニュース)、「2連続の対日直撃弾 独島(竹島の韓国名)訪問に日王(天皇)への謝罪要求」(中央日報電子版)などと伝えた。

 ただ、韓国メディアは総じて、竹島上陸や慰安婦問題での対日要求といった従来の強硬姿勢の延長線上といった受け止め方。天皇陛下に対する直接的な謝罪要求が、日本国内にどの程度の波紋を広げるかという点に言及した報道を見つけるのは困難だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【韓国】「連日の対日強硬メッセージ」「2連続の対日直撃弾 日王への謝罪要求」…メディア報道の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:49 | Comment(14) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月14日

【国際】李明博大統領が15日の記念式典で日本に謝罪要求演説か 韓国紙報道★2

■15日の記念式典で日本に謝罪要求演説か 韓国紙報道(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国紙、文化日報は13日、李明博(イミョンバク)大統領が日本統治からの解放を祝う15日の記念式典で、歴史問題について日本側に「謝罪の最後の機会だ」として謝罪を迫る演説を予定していると報じた。青瓦台(大統領府)高官の話としている。

 報道によると謝罪の対象には(1)日本統治時代の慰安婦問題(2)日本の教科書の歴史歪曲(わいきょく)−などが含まれ、日本に対する総括的な謝罪要求となるとみられる。

 李大統領は昨年8月15日の演説では謝罪要求はせず、今年3月の反日抗議運動記念日の演説で、元慰安婦への賠償を求めた。しかし歴史認識全般に踏み込んで日本に謝罪を要求するのは初めて。演説が実際に行われれば竹島上陸で冷え込んだ日韓関係がさらに悪化することは避けられない。

 また報道によると李大統領は10日の竹島上陸の際にも日本の歴史認識に言及し、「悪い戦争を起こして真摯(しんし)に謝るべきなのに、日本が謝罪しないから問題が解決しない」と日本を強く批判。青瓦台高官は同紙に対し、大統領が竹島に上陸したのは「日本にはこれ以上何も期待しないという心情からのことだった」と述べたという。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【国際】李明博大統領が15日の記念式典で日本に謝罪要求演説か 韓国紙報道★2
posted by nandemoarinsu at 00:55 | Comment(10) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2012年08月13日

【佐賀】温泉旅館で接客学ぶ、日本語も上達 日韓草の根交流 韓国大統領の竹島訪問の件も「感情を抑えて、理解し合うことが大事」

■温泉旅館で接客学ぶ、日本語も上達 日韓草の根交流(佐賀新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国・馬山(マサン)大学などで観光業や日本語を学ぶ学生ら8人が11日、16日間に及ぶ嬉野市内の温泉旅館での接客実習を終えた。学生らは礼儀作法など日本流のもてなしを体得。外交問題で日韓関係がぎくしゃくする中、草の根交流の絆を示した。

 参加したのは、馬山大学観光通訳部の学生と系列高校の生徒。民間団体の交流をきっかけに1999年から毎年、嬉野市で学んでいる。この縁で嬉野温泉観光協会と韓国・釜谷(ブコック)温泉は昨年、観光PRでの協力関係も実現させた。

 11日の修了式では嬉野市日韓親善協会の池田榮一会長が証書を手渡した。学生らは実習での苦労話や旅館スタッフへの謝辞を日本語で述べた。引率したイ・ジェソン教授は「社会に役立つ人材になることが嬉野の人たちへの恩返しになる」と励ました。

 馬山大1年のビョン・ハンセンさん(21)は「きれいな街で足湯が心地よかった」と嬉野の印象を振り返り、「接客も日本語も上達した」と手応えを感じた様子だった。

 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島(トクト))を韓国大統領が訪問したニュースも飛び込んできたが、学生たちは「感情を抑えて、理解し合うことが大事」と冷静。池田会長も「長年にわたって信頼関係をつくってきた。国同士が緊張関係にあっても、草の根の交流には強さがある」と話した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【佐賀】温泉旅館で接客学ぶ、日本語も上達 日韓草の根交流 韓国大統領の竹島訪問の件も「感情を抑えて、理解し合うことが大事」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(21) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ