2013年06月30日

【大阪】 中国人住民ら府営団地で勝手に菜園造成 「日本で売っていない野菜を食べるため」「空き地がもったいない」…府は対応苦慮

■中国人住民ら勝手に菜園造成 大阪府営団地、居直りも 府は対応苦慮(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
昭和40〜50年代に建てられた中層の大阪府営団地で、住人が敷地を勝手に占拠して菜園をつくるケースが相次ぎ、府が対応に苦慮している。日本人の住民もいるが、大半は中国人住民とみられ、府は日本語と中国語で警告を記した看板を設置するなど対策を強化。一部の団地では撤去に応じ始めているが、「空き地が放置されるのはもったいない」と居直る中国人も。府による強制撤去は費用負担の問題などで難しく、粘り強く説得に当たらざるを得ないのが実情だ。

 堺市南区の団地(45棟)で無許可の菜園が増え始めたのは約5年前。ウサギの飼育小屋までつくられ、府が平成23年6月に行った実態調査で、149カ所の耕作地を確認。住民の目撃情報で、耕作者の多くは中国人住民とみられることが判明した。

 府住宅供給公社は看板や回覧板で「早急に元に戻してください」と警告。自治会も23年秋から耕作者への説得を始めた。特定できた中国人約10人に接触し、当初は「日本語が分からない」と耳を貸さなかったが、次第に種や苗の植え付けをやめるようになり、現在は数カ所に減少した。

 一方で、撤去に応じない住民も。耕作を続ける中国人男性(65)は、中華料理に欠かせない中国野菜やセロリを育てているといい、「日本で売っていない野菜を食べるために作っているだけだ」と主張する。

 自治会役員の男性(76)は「中国人なりの文化や考えがあるが、互いに話せば分かるもの。継続した説得が必要だ」と話す。

 一方、同区の別の団地(16棟)では、駐車場や空きスペースに菜園が点在。住民の男性(68)によると、6年ほど前に約15カ所が出現、自治会が耕作者に注意したり、同公社が看板を設置したりして対応してきた。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【大阪】 中国人住民ら府営団地で勝手に菜園造成 「日本で売っていない野菜を食べるため」「空き地がもったいない」…府は対応苦慮の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:37 | Comment(12) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【NHK】 韓国のパク・クネ大統領「韓国と中国がパートナーとなって新しい東アジアを作っていこう」★2

■パク大統領「中韓で新しいアジアを」(NHK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国を訪れている韓国のパク・クネ大統領が、29日、北京の大学で学生に演説し、歴史認識問題で対立する日本の存在を指摘して、「韓国と中国で新しい東アジアを作っていこう」と呼びかけました。

27日から中国を訪れている韓国のパク・クネ大統領は、29日午前、北京の清華大学で学生に演説しました。
パク大統領は、冒頭と最後に中国語であいさつし、「きょう、このように皆さんと共に韓国と中国が開く未来について話すことができ、うれしく思います」などと述べて会場から拍手が送られました。
演説でパク大統領は、東アジア情勢について、「域内の国家間で経済的な相互依存関係は広がっているが、歴史と安全保障問題を取り巻く摩擦と不信によって、政治や安保での協力はそれに及んでいない」と述べて、北朝鮮に加え、名指しは避けながらも、歴史認識問題で対立する日本の存在を指摘しました。
そのうえでパク大統領は、「今後、韓国と中国がパートナーとなって新しい東アジアを作っていくことを期待している」と述べ、これに中国の若者が加わるよう呼びかけました。
パク大統領は、このほか、中韓両国の文化的なつながりの深さを指摘するだけでなく、「個人的にも中国の賢人たちの本をたくさん読み、中国の歌も好きだ」と述べるなど、中国への親近感を最大限にアピールしていました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【NHK】 韓国のパク・クネ大統領「韓国と中国がパートナーとなって新しい東アジアを作っていこう」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 14:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月29日

【産経新聞】中国は朝鮮戦争で韓国を侵略した。なのに韓国は何故「謝罪と反省」を要求しないのか?韓国マスコミに聞いてみた

■韓国侵略には目を瞑り… 中国と過去抜き“蜜月ムード”(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
朴槿恵(パク・クネ)大統領の中国訪問は韓国では「中国が異例の厚遇」「中国に朴槿恵ブーム」「朴大統領が華麗なファッション外交」「“経熱政冷”から“経熱政熱”へ」などと大々的に伝えられている。

 「経熱政熱」とは、これまで経済に比べ政治はいまひとつだった両国関係が、今後は経済も政治も緊密になるという意味だ。見栄えのいい女性大統領の人気もプラスアルファになっているが、今や中国と韓国は“蜜月ムード”だ。

 韓中は1992年の国交正常化以来、21年たつ。しかしこれまで多くの首脳会談が行われてきたにもかかわらず不思議なことに両国の“過去史”が問題になったことはない。

 韓国にとって中国は過去、朝鮮戦争(1950〜53年)の際の侵略者であり、南北分断固定化の元凶である。当時の毛沢東は北朝鮮の金日成(キム・イルソン)の韓国侵略戦争を支持、支援した。さらに韓国・国連軍に反撃された後、中国の軍事介入がなければ韓国主導による南北統一も可能だった。

 韓国は当然、その戦争責任、侵略責任を中国に問うべきなのに終始、黙っている。今回の大統領訪中に際しても、政府はもちろんマスコミも識者も誰もこの“過去”を語ろうとはしない。6月は朝鮮戦争開戦63周年だったにもかかわらず。

 日本に対し“植民地支配”の過去を限りなく追及し続ける態度とは対照的だ。

 韓国は日本が公式に「謝罪と反省」を繰り返しているのに執拗(しつよう)に日本との過去史を追及し「謝罪と反省」を求めてきた。この違いは何なのか。

 韓中国交正常化の際、このことを韓国当局者に質問したことがある。回答は「中国の戦争責任と日本の植民地支配とは違う」といい、「日本の方が責任が重いから」といわんばかりのものだった。

 しかし戦争被害や南北分断、統一妨害など現代韓国への悪影響を考えれば中国の戦争介入責任の方が重いという見方も可能だ。それに韓国にとって日本の支配は近代化というプラスの副産物(?)ももたらしたが、中国の韓国侵略戦争には何のプラスもなかったではないか。

 今回、朴大統領訪中を前に、韓国マスコミの中国専門家を囲むセミナーでこれが話題になった。筆者の質問に対し彼は、中国に過去を追及しない理由として「中国と日本とは体制と価値観が違うから」といい、さらに韓中関係の基本として「求同存異」を挙げた。

 つまり、日本は自由民主主義体制の国だから「謝罪と反省」はちゃんとすべきで、かつしてくれるはずが、中国は体制が違うので要求しても応じないから、という趣旨の答えだった。

 韓国は中国が侵略戦争責任を追及しても応じないと分かっているので黙っているのだ。とすると結果的に日本のように応じると限りなく追及される?

 韓国は中国とは朝鮮戦争の評価(侵略かどうか)を含む歴史認識がまったく異なる。しかしだからといって中国を非難、糾弾などしない。経済や政治など実利のためには中国と仲良くし、ご機嫌をうかがわなければならないからだ。

 それが「求同存異」−日本でいう「小異を残して大同につく」である。現在、歴史認識問題をはじめ日韓の過去がらみの対立もいわば「小異」である。すぐに解決できないものにはこだわらずお互い棚上げすればいいのだ。セミナーでは日本に対しても「求同存異」でやってほしいものだ、と言っておいた。(ソウル・黒田勝弘)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【産経新聞】中国は朝鮮戦争で韓国を侵略した。なのに韓国は何故「謝罪と反省」を要求しないのか?韓国マスコミに聞いてみたの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:12 | Comment(12) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月28日

【国際】朴大統領、伊藤博文を暗殺した安重根の記念碑をハルビン駅に設置したいと中国に要請

■朴大統領と習主席 昼食会で高まる友好ムード(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
【北京聯合ニュース】中国を国賓訪問中の朴槿恵(パク・クンヘ)韓国大統領は訪問2日目の28日、北京の釣魚台迎賓館で習近平国家主席夫妻らとの昼食会に出席した。前日の首脳会談で両国関係の発展と朝鮮半島非核化実現に向けた「韓中未来ビジョン共同声明」を発表した両首脳は、和気あいあいとした食事会で友好ムードを高めた。

 韓国青瓦台(大統領府)の朱鉄基(チュ・チョルギ)外交安保首席秘書官によると、昼食会は午前11時半から約2時間にわたって行われた。習主席は韓国初の女性大統領になった朴大統領に対し、「中国には朴大統領の熱烈なファンが多い。テレビなどの報道を通じ、特に女性や若者に深い印象を与えている」と声をかけた。

 習主席は朴大統領が掲げる政策についても言及。「『朝鮮半島信頼プロセス』(対話や人道支援を通じ南北の信頼構築を目指す政策)を楽観的に見ている」とした上で、朝鮮半島の南北問題解決のため韓中両国が緊密な協力関係を維持し、朴大統領が進める北東アジア平和協力構想(非政治的分野から協力を重ねる地域の新たな枠組み)の実現に向けて中国も協力すると述べた。

 また韓中で新政権が誕生し、朴大統領が中国を訪問したことについて、「多くの成果を生み出し、明るい未来を提示した。お互いの理解も深まり、いい時間になった」と高く評価した。

 朴大統領は習主席の言葉に好意を示しながら、「朝鮮半島と東アジアの平和と安定に寄与する未来をつくろう」と呼びかけた。

 また、朴大統領は初代韓国統監を務めた伊藤博文を中国・ハルビン駅で暗殺した安重根(アン・ジュングン)について、韓中両国民にとって尊敬すべき歴史的人物だと述べた上で、ハルビン駅に安重根の記念碑を設置するための協力を要請。これについて習主席は関係機関に検討するよう指示すると答えた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】朴大統領、伊藤博文を暗殺した安重根の記念碑をハルビン駅に設置したいと中国に要請の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【国際】朴氏、日本が北東アジア対立の原因との認識で新協議体構想を提案

■日本念頭に歴史問題で憂慮表明、朝鮮半島非核化で協力(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
国賓として中国を訪問した韓国の朴槿恵大統領は27日、北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席と会談した。両首脳は戦略的協力パートナーシップ関係を強化し、北朝鮮の非核化に向けて協力していくことを確認。中韓関係の未来像を示す共同声明の中で、日本を念頭に歴史問題に憂慮を示した。

 共同声明で両首脳は、「最近、歴史問題などにより(北東アジアの)国家間の対立と不信が出現し、状況はさらに悪化している。これに対し、憂慮を表明する。国家間の信頼と協力を構築するために努力する」と主張した。

 韓国歴代大統領が就任後、日本より先に中国を訪問するのは初めて。中韓と日本の関係が冷え込む中、朴氏は、北東アジアの政治的対立が解消されない原因は日本にあるとの認識を、中国と共有することを望んでいた。共同声明で示した「憂慮」が、日本を念頭に置いたものであることは明らかだ。直接の日本批判を避けたのは、米国に対する配慮が働いた可能性がある。

 また、首脳会談の中で朴氏は、北朝鮮の挑発に断固とした態度で対応するとした上で、対話を通じて緊張緩和を図り、非核化を導くとする自らの対北朝鮮政策「朝鮮半島信頼プロセス」について説明。習氏は支持を表明した。中韓自由貿易協定(FTA)交渉を加速することなども話し合われたという。

 4日間の日程で訪中している朴氏は28日に、李克強首相らと会談する。29日からは陝西省西安に移動し、現地の韓国企業や遺跡を訪れる。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】朴氏、日本が北東アジア対立の原因との認識で新協議体構想を提案の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月26日

【中央日報】「竹島の日式典反対・外国人参政権賛成」東京都議選、共産党の突風…民主党抜いて第1野党に跳躍

■東京都議選、共産党の突風…民主党抜いて第1野党に跳躍(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
万年“ビリ野党”だった日本共産党が突風を起こした。

日本共産党は23日に投開票が行われた東京都議会議員選挙で17議席を確保、連立与党の自民党(59議席)・公明党(23議席)に続き第3党に躍り出た。いまだ執権与党のように右往左往している民主党は43議席から15議席に墜落した。共産党の以前の議席数は8だった。

東京都議選は衆・参議院選挙のような国政選挙ではない。だが参議院選挙(7月21日)をわずか1カ月ほど後に控えた前哨戦という点で、共産党の躍進は大きな意味を持つ。

ほんの6カ月前の衆議院選挙の時でさえも共産党は自民(294)−民主(57)−日本維新の会(54)−みんなの党(18)−日本未来の党(9)に続き最下位グループにとどまっていた。衆・参議院あわせて全体の2%前後の勢力に過ぎない。そのような政党が今回の選挙で“第1野党”に跳躍したのだからそれこそ“事件”だ。志位和夫委員長はこの日、「選挙期間に取りまとめた景気回復と憲法遵守など、東京都民たちの風を政策に反映していく」と約束した。

読売新聞は24日、「安倍政権に批判的な票が、民主党を冷遇して共産党に流れた」と分析した。

民主党は昨年末、野党に転落した後に求心力を失って事実上瓦解した状態だ。党内に保守・進歩勢力が入り混じって党内衝突が絶えることがない。平和憲法改正問題をめぐってもまだ改憲に明確に反対するという公約を出せずにいる。与党なのか野党なのか識別もうまくできない。海江田万里代表については「人は良いが、戦闘力が落ちる」という評価が支配的だ。2009年の政権交替の主役だった小沢一郎、鳩山由紀夫の両氏はすでに党から追い出されたり政界引退をしたりしたような状態だ。

このような状況で日本の野党圏を指向する有権者は、より確実で鮮明に安倍政権に対立点をたてている共産党側に傾いている。

日本共産党の指向するところは、ほかの政党よりも明確で簡潔だ。“アベノミクス反対”“原子力発電所反対”“平和憲法改正の反対”だ。党名が与える語感とは違って日本共産党は北朝鮮に対しても強硬だ。1980年代のアウンサン・テロ事件と大韓航空爆破事件以降、北朝鮮との関係を断絶した。

志位委員長は「2005年、島根県の“竹島〔独島(ドクト)の日本名〕の日”制定当時、最初に反対し始めたのも共産党」と強調した。共産党はまた、在日同胞に外国人参政権を付与して慰安婦問題解決のためにも精力を傾けている。

22年に創立した共産党は、2004年の綱領改正を通じて“前衛党”“労働者階級の権力”などの戦闘的な文面を削除した。私有財産制も認めた。79年には衆議院議席数が41に達するなど全盛期を送ったが90年代の社会主義圏没落と小選挙区制導入によって“変わらなければ生き残ることができない”という危機意識から現実路線に切り替えた。

ただしほかの政党と違い、企業からの政治資金と国民の税金から出る政党交付金は一切拒否している。代わりに31万人の党員のうち25万人(約80%)の正規党員が出す党費と機関紙(赤旗:平日・週末版合わせて145万部)の購読料で党を運営する。

市田忠義書記局長は23日に選挙結果が出た後「この勢いに乗って来月の参議院選挙で“自(民党)−共(産党)対決”で選挙構図を推し進めるだろう」と話した。 .
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【中央日報】「竹島の日式典反対・外国人参政権賛成」東京都議選、共産党の突風…民主党抜いて第1野党に跳躍の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月25日

【国際】ソウルには行くな!日本とは“異次元”の電力危機にある韓国 偽造部品事件で原発4割が停止する凄まじき状況

■韓国の電力不足、なぜこんなに深刻化しているのか?―中国報道(XINHUA.JP)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国電力取引所が7日、「電力供給1級注意報」を発表した。同取引所は今週に入って4回、2013年に入ってからは5回の電力注意報を発表している。6月5日には2級注意報を出した。韓国の電力供給注意報は4段階あり、1級注意報は「全国の電力消費量が増加し、備蓄電力を500万〜400万キロワットまで減少させる」状態を指す。2級注意報は「備蓄電力が400万〜300万キロワットまで減少」することを意味し、備蓄電力が100万キロワットを割り込むと、最も緊急を要する4級警報が発表される。中国網が伝えた。

真夏の電力使用のピーク期を控え、韓国で電力供給注意報が頻繁に発表される事態は尋常ではない。2013年に入り、連続して発表された電力注意報が気温上昇による電力消費の増加に関係しているのはもちろんだが、なによりも大きいのは韓国の電力供給システムの問題だ。現在、韓国の原子炉23基のうち、10基が停止しており、発電量が例年に比べて急減している。原子炉23基の2013年1〜4月の発電量は4785万5000メガワット時で、発電利用率は79.16%にとどまり、過去20年間の平均を大幅に下回った。問題なのはこうした状態が短期的に改善することが難しい現状だ。一層の電力消費増加への対応として、韓国当局は電力消費の多い大企業に電力消費の15%削減を求め、国民に節電を呼び掛けている。

韓国の原子炉がこれほど停止している原因は信じられないもので、直接の原因は部品の質が基準をクリアできないことだ。部品仕入に伴う腐敗を背景に、劣悪な部品が原発分野に流入している。2012年以降、原子炉のトラブルが頻発したため、関連の原子炉を止め、点検を徹底したところ、韓国政府は今年5月28日、ある電気ケーブルメーカーが2008年、合格証偽装の手口を使い、原発に電気ケーブルを納品していたことを発見し、原子炉3基の閉鎖を命令。点検中の原子炉の再稼働を延期させた。原子炉10基がストップしたことが韓国の原子力発電に大きな影響を及ぼしている。

原発建設は非常に複雑な工事だ。韓国メディアによると、1基の原子炉を建設するのに300万点以上の部品が必要で、サプライヤーの数は2000を超える。監督管理がいかに難しいかが分かるだろう。仕入れや納品の過程で違法行為や腐敗がたびたび起こる。韓国原発安全委員会が2012年11月に行った調査では、韓国で過去10年間、原発建設のために仕入れられた部品のうち、1万900点超の品質合格証書が偽造された疑いがあることが分かった。

混入した不良部品は韓国の原発にとって隠れたリスクだ。長期的にはこれらのリスクが韓国の電力供給を混乱させ、更に大きな惨事を招く可能性もある。朴槿恵大統領は6月3日の大統領府会議でこの問題に関して、「私利を貪るため、国民の生命の安全を損なう行為は決して許さない。原発分野の腐敗を洗い出し、原発建設における腐敗の連鎖を断ち切る」と強調した。

韓国検察当局は電気ケーブルメーカーの合格証書偽造に加担した品質検査当局の責任者を拘束し、取り調べを開始している。検察当局はこれをきっかけに原発分野の違法・腐敗現象を厳罰に処す決心を固めた。それでも韓国の世論は原発の安全性を不安視している。腐敗摘発は容易だが、原子炉の安全問題を突き止めることは難しいからだ。韓国政府の事後対応がすぐ功を奏するよう願い、韓国の教訓が世の中に警鐘を鳴らすよう期待している。

(編集翻訳 恩田有紀)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】ソウルには行くな!日本とは“異次元”の電力危機にある韓国 偽造部品事件で原発4割が停止する凄まじき状況の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月24日

【赤旗】 共産党「在日朝鮮人、韓国人に対するヘイトスピーチ許されない」 「朝鮮学校の高校授業料無償化を」

■日本共産党 ヘイトスピーチ許されない “国が厳格な対応を”(赤旗)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京・新宿や大阪・鶴橋などで問題になっている在日朝鮮人、韓国人に対するヘイトスピーチ・デモについて日本共産党は、「民族差別を助長するヘイトスピーチを許さない社会の建設を」と呼び掛けています。

 特定の人種や民族、国民にたいする常軌を逸した攻撃は、たとえ憲法上、「集会・結社の自由」や「表現の自由」の保障があるといっても「絶対に許されない」ことです。日本共産党は、国と行政の厳格な対応を求めています。

 この立場は、参院選の各分野政策の「いのち・人権の保障」の項でも明確に掲げています。同政策では、ヘイトスピーチが公然化している背景に、「それを許す政治的土壌が存在している」とも指摘。安倍晋三首相や橋下徹・大阪市長など政治指導者、公人による侵略戦争美化・合理化の歴史認識や、朝鮮学校を高校授業料の無償化から除外していることなどを批判しています(党ホームページに掲載)。

 ヘイトスピーチの法的規制や差別禁止法については、日本共産党は「検討・議論が必要」との立場で、在日の青年団体などからのアンケートに回答しています。また新宿区議会では、党区議が3月、6月の議会で行政としての認識と対応をただし、区長は「こうしたデモは大変残念」として、住民に危害が及ばないよう厳重な警戒を警察に要請していると答弁しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【赤旗】 共産党「在日朝鮮人、韓国人に対するヘイトスピーチ許されない」 「朝鮮学校の高校授業料無償化を」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2013年06月22日

韓国サッカー界は誰とでも喧嘩する…イランの“非礼”を責める韓国の“非常識”

■韓国サッカー界は誰とでも喧嘩する…イランの“非礼”を責める韓国の“非常識”(ZAKZAK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
【北川信行のサッカーなんでやねん】

 挑発しておきながら、それに乗った相手に「非礼」とかみつく。“けんか好き”の韓国サッカー界にも困ったものだ。

 コンフェデレーションズカップ真っ最中の今月18日に韓国のホームで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、韓国はイランに0−1で敗れながら、辛くも得失点差でウズベキスタンを上回り、イランとともにW杯出場を決めた。

 勝ってW杯切符を手にし、ピッチ上で喜ぶイラン選手の姿がよほど憎らしかったのだろうか。試合後、両チームの間で一触即発の事態が勃発した。

 両者の言い分が異なるので真相は判然としないが、韓国メディアによると、イランのカルロス・ケイロス監督が韓国ベンチに近づき、ガッツポーズなどを行って挑発。さらに、観客席から投げつけられたゴミを投げ返すなどの行為もあったという。一方で、ケイロス監督は「韓国の崔康煕監督が先に挑発した」と話しているという。

 また、別の報道によると、喜びを爆発させたイラン選手の1人が落胆している韓国ベンチに近づいたところ、怒った韓国チームのスタッフがその選手に暴行を加えたとされる。動画投稿サイト「ユーチューブ(You Tube)」でも、この場面を映した映像が話題となっており、確かに韓国チームのスタッフが殴るようなしぐさでイラン選手を追い払っている。韓国側はそのイラン選手が崔康煕監督に故意に体当たりしたと主張している。

 実は、この小競り合いには伏線があった。AFP通信などによると、対戦前に崔康煕監督が「(昨年10月にイランで行われた)アウェーではひどい扱いを受けた。苦痛を与えてやる」などと発言。ケイロス監督は「恥知らず」と応じ、崔康煕監督の顔をプリントしたTシャツ姿を短文投稿サイト「ツイッター」などを通じて披露した。すると、崔康煕監督は「彼はテレビでW杯を見ることになるだろう」と“舌戦”をヒートアップさせ、韓国選手も会見で「イランの主将には血の涙を流させてやる」と過激な言葉を口にし、泥仕合の様相を呈していた。

 ところが、ホームでの敗戦で国内から非難を浴び、悔し涙を流させられてしまったのは韓国側。すると、赤っ恥の矛先をイランの非礼に向けようとするあたりは韓国ならではだろう。韓国協会の役員は「(スポーツマンシップに欠けた)イランの非礼を国際サッカー連盟(FIFA)やアジア・サッカー連盟(AFC)に訴える」と話しているという。

 しかし、「けんか両成敗」ではないが、双方に非がある気がする。スポーツマンシップに欠けていたのは、試合前の発言から始まったことだからだ。あまり鼻息荒くイランを指弾すると、韓国は恥の上塗りになるのがオチだろう。(北川信行)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

韓国サッカー界は誰とでも喧嘩する…イランの“非礼”を責める韓国の“非常識”の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【国際】日韓スワップ協定延長「日本側からは必要ない」 菅官房長官[06/21]

■日韓スワップ協定延長「日本側からは必要ない」 菅官房長官(J-CAST)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
菅義偉官房長官は2013年6月21日夕方の定例会見で、日本と韓国の通貨スワップ協定の130億ドルの交換枠のうち、7月3日に30億ドル分の期限が切れることについて、

「(期限を)迎えるまでの間に必要があれば延長はするが、韓国側においてあまり必要でないということであれば、日本として判断する」
と述べ、韓国側の要請があれば延長を検討する考えを示した。

記者の

「具体的には日本側から積極的な必要があるということではない、ということか」
という質問に対しては、

「日本側はそう思っています」
と答えた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

【国際】日韓スワップ協定延長「日本側からは必要ない」 菅官房長官[06/21]の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 04:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ