2007年02月22日

【社会】 竹島問題で、韓国側の主張を覆す古地図見つかる

竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つかる(山陰中央新報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、韓国側が自国領とする主張を覆す韓国の古地図が見つかった。二十二日の島根県の「竹島の日」を前に、韓国で竹島問題を研究する米国人のゲーリー・ビーバーズ氏(51)が、山陰中央新報社に投稿した。日本で初めて紹介される地図もあり、専門家も注目している。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月19日

在日韓国・朝鮮人が国有地を不法占拠…大阪空港隣接の伊丹で新住宅の鍵渡し式

大阪空港隣接の伊丹・中村地区 新住宅の鍵渡し式(神戸新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪空港に隣接する伊丹市の中村地区(約三・四ヘクタール)の移転問題で、移転補償に合意した住民の新居となる市営桑津住宅の第一期(五十戸、同市桑津四)がこのほど完成し、十六日午前、同住宅集会所で藤原保幸市長から住民に鍵が渡された。

 同地区は、戦前の空港拡張工事を契機に在日韓国・朝鮮人労働者らが定住。国有地の“占拠状態”を解消するため、二〇〇一年に国と地元自治会が集団移転に合意し、補償交渉を進めてきた。

 伊丹市によると、対象の二百八棟のうち、二百三棟が移転補償に合意。残る五棟も契約に応じる意向を示しているといい、近く全棟の移転がまとまる見通し。

 鍵渡し式には住民ら約四十人が出席。藤原市長が「中村地区整備問題の大きな節目になる。協力に感謝します」とあいさつ。住民らでつくる「中村地区移転対策委員会」の丹山判同会長(63)は「長年の問題に区切りがつき感無量。この日を待たずに亡くなった住民のためにも、新居での生活をよりよいものにしたい」と話していた。

 市営桑津住宅の第二期は来年春に完成し、四十五世帯が入居する予定。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月15日

【北朝鮮】 「核臨時停止で重油100万t」北朝鮮が勝手な解釈〜早くも履行に暗雲

「核臨時停止で重油100万t」北朝鮮が勝手な解釈(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
北京で開かれていた6か国協議で13日に採択された共同文書について、北朝鮮が同日、自らに都合のいい一方的な解釈を打ち出し、早くも履行に暗雲が差している。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月14日

【国際】 山を緑化しようと、緑のペンキを数千平方mに塗りまくる→除去不可能に…中国

【中国】雲南:ペンキ塗って「山を緑化」に非難・失笑・落胆(サーチナ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
雲南省昆明市内の富民県で、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたことが明らかになった。新華社は13日付で「周辺住民も当惑を隠せない」などと報じた。

 現場は石の採掘場跡で、約10人の作業員が20日以上かけてペンキの塗布を行ったという。周辺は冬期であるために、低木などがくすんだ色を見せているが、「緑化作業」の対象地帯だけは鮮やかな緑色だ。

 低木地帯と岩肌の境目では、岩石の灰色を少しでも出さないよう、低木の枝や葉にも丁寧にペンキが塗られており、放置された空き缶が転がっている。ペンキの成分の環境への影響は明らかになっていないが、除去するのは不可能だという。

 新華社は「漫才のネタにもあった『ペンキで緑化作業』。失笑してしまうような話が、現実に行われていた」と批判。「それだけの費用があれば、山全体に植樹することも可能だったはずだ」という周辺住民の憤りの声を紹介している。

 このニュースに接した中国人からは「森林を保護し、植樹などを率先して行うべき林業関連部門が、緑化の大切さを理解していない。レベルの低さにがっかりしてしまう」といった声も聞こえる。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東亜ニュース

【6カ国協議】 「6カ国合意あっても、拉致問題に進展なければ支援はしない。他4カ国も理解している」 塩崎官房長官

政府、対北支援分担応ぜず=首相「各国の理解」強調−圧力路線問われる事態も(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
6カ国協議が北朝鮮へのエネルギー支援などで合意に達したことについて、政府は拉致問題の進展が資金負担の条件との方針を変更せず、引き続き厳しい姿勢で北朝鮮に解決を迫る考えだ。ただ、核問題に焦点を合わせる各国と日本の間には温度差もある。日朝国交正常化に関する作業部会がこう着状態に陥れば、他の4カ国からの資金分担要求が高まることも予想され、安倍政権の「圧力路線」そのものが問われる事態も予想される。
 安倍晋三首相は13日夕、首相官邸で記者団の質問に答え「合意に達したのは本当に良かった」としながらも、「拉致問題が前進しないなら日本は支援できない」と重ねて表明。これに先立つ衆院予算委員会では「日本が重油を供給しなくてもまとまる。そういうスキーム(枠組み)をつくっていくことに了解を取ることができた」と述べ、支援見送りは各国も了解済みだと強調した。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月13日

【コラム】「正義の実現は日本のためにもなる」と強調するマイク・ホンダ議員の真心を日本政府も受けとめるべきだ…朝鮮日報

【萬物相】米下院議員マイク・ホンダ(朝鮮日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 同時多発テロによって米国内のイスラム教徒が極度に委縮していた2001年10月、米国ムスリム連盟の総会が開かれた。そこで招待客として演台に立ったマイク・ホンダ下院議員はこう忠告した。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月11日

【6カ国協議】北朝鮮、さらに重油数十万トン要求

さらに重油数十万トン要求(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
北朝鮮が核問題をめぐる6カ国協議で、核放棄に向けた初期段階措置の見返りとしての重油年間200万トンと2005年9月の共同声明で韓国が提案した電力200万キロワットの供給だけでなく、さらに初期段階措置の履行期間中にも重油数十万トンに相当するエネルギー支援を要求していることが11日分かった。複数の協議筋が明らかにした。

 新たに判明した北朝鮮の要求は重油50万トンを意味するとみられ、寧辺の実験用黒鉛減速炉の稼働中断を直接穴埋めする代替エネルギーとしての位置付けという。

 6カ国は4日目の同日、釣魚台迎賓館で議長国中国を中心に2国間協議や首席代表協議を行い、最大の争点となったエネルギー支援をめぐり大詰めの調整を続けた。米朝協議も行われた。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東亜ニュース

【国際】 近親相姦すると小人さんが生まれます 近親結婚で生まれた子供に成長障害・・・中国

近親結婚で生まれた子供に成長障害―甘粛省天水市(Record China)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
2007年2月10日甘粛省天水市秦安県にある片田舎の山村の話題だ。この村に双子がいる。名前は程紅雲と程小テイ。もう15歳になるが4年前に背丈が伸びなくなって、身長はわずか1.03mと1.05mで止まってしまった。今年12歳になる妹も同じように小柄で1.08mだ。同じ年の子供たちと比べるととても背が低い。しかし、両親の身長は普通なので、なぜ子供たちが小人のようになってしまったのか、不思議に思っていた。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 05:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【政治】 「日本、若い女性を性奴隷に」「首相は公式謝罪を」 米の"日本非難"決議阻止で、自民党が議員団派遣

「慰安婦」対日非難決議阻止へ 米に議員団派遣(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党は9日、米下院で慰安婦問題に関する対日非難決議案が提出されたことを受け、採択阻止を働きかける議員団を月内にも米国に派遣する方針を決めた。党本部で開かれた「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の会合で、中山泰秀慰安婦問題小委員長が明らかにした。

 同決議案は1月31日、日系のホンダ下院議員らが提出、「若い女性を日本帝国軍隊が強制的に性奴隷化した」などと指摘し、「公式に謝罪する日本の首相が声明を出すべきだ」としている。

 米下院外交委員会の小委員会は15日、元慰安婦らを呼んで公聴会を開く予定。このため自民党は、採択阻止に向け関係議員らへの早急な働きかけが必要と判断した。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年02月07日

【国際】 "ブス差別?" 就職できない女子短大生、怒りの訴え…中国

ブスお断り!?就職できない女子短大生が怒りの訴え―河南省(Record China)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
2006年7月、河南省東部の短大を卒業する23歳の女子短大生・秋子(チウズー)さんが、自分の顔立ちが問題となって、就職ができなかったと訴えでた。

教師の資格を持っていた秋子さんは、ある学校に教師として働くことが内定していた。しかし、その後いくら待っても正式契約がなされない。秋子さんは、学校の人事部がいつまでもぐずぐずして契約しないのは、差別であるとして、怒りをあらわにしている。

秋子さんは、近日中に上海の労働紛争の仲裁委員会に訴えを申請する予定だ。さらにコンサルティング会社に頼んで、労働契約に関する違約金と一連の損失費用などを支払うように求めていくという。もし仲裁機関がこの提訴を取り上げた場合は、全国第1号の「ブス差別事件」になるかもしれない。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:03 | Comment(1) | TrackBack(2) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ