2007年06月06日

【脱北船】平均収入の16年分の軽油200リットルを準備…捜査当局、生活苦にあえぐ一方で、周到に準備できた背景に関心

脱北船「軽油200リットル準備」 平均収入の16年分(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 青森県・深浦港で保護された脱北家族4人が乗っていた小型船に、燃料として軽油が約90〜100リットル積まれていたことが、捜査当局の調べでわかった。北朝鮮では軽油は非常に高価で、簡単には入手できないとされる。船はエンジンも2基載せていた。捜査当局は、一家が生活苦にあえぐ一方で、周到に脱出を準備できた背景事情に関心を示している。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年06月04日

【脱北家族】「食事は1日おきだった」脱北家族、切々と北朝鮮での困窮ぶり訴える

「食事は1日おきだった」脱北家族、切々と困窮ぶり訴える(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 「1日おきにパンを食べるのがやっとだった」。青森・深浦港で2日、保護された脱北者夫婦と息子2人の4人は、青森県警の事情聴取に、北朝鮮での生活の困窮ぶりを切々と訴えた。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:32 | Comment(12) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年06月02日

【国連】国連総長、ダルフール問題での中国の役割を賞賛

国連総長、ダルフール問題での中国の役割を賞賛(China Radio International)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 国連のパン・ギムン事務総長は1日、ニューヨークの国連本部で、「スーダンのダルフール問題の解決過程で中国は有益的な役割を果たした。私は中国政府がこのために払った努力を賞賛する」と表明しました。

 パン・ギムン事務総長はこの中で、「ダルフール問題を解決する過程で、中国政府は最大の努力を尽くしている。今年の2月、中国の胡錦涛国家主席はスーダンを訪問し、また、中国は高官を何度も派遣してスーダン政府と関連問題を討議した。しばらく前、中国は特使を任命してこの問題解決のため活動している」と述べました。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【在日】 民団、いまだ届かぬ韓国政府からの補助金〜中央も地方もやきもき

民団 いまだ届かぬ政府補助金(統一日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中央も地方もやきもき

 在日韓国民団に対する韓国政府の今年度補助金の執行の遅れが民団をやきもきさせている。今年度初回分が中央本部にも各地方本部にもまだ執行されていないためだ。「大きい地方本部はまだしも、小さな地方本部はどこもやりくりに大変でしょう」。地方団長から嘆きともつかない声が聞こえてくる。昨年につづく執行遅延事態について、大使館関係者は「やり方の変更や、民団側からの要求に対する調整のため遅れている。6月には執行される」と明らかにした。(社会部・金総宰)



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【中国】まさに天才?!とんちで泥棒撃退

まさに天才?!とんちで泥棒撃退―北京市(Record China)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
発想の転換で、泥棒の撃退に成功したマンションが話題となっている。

北京市朝陽区のあるマンションは長年泥棒に悩まされてきた。問題はマンションを囲む壁が低いこと。南側の部分は高さがわずか1.5mしかなく、簡単に乗り越えられてしまう。住民の李(リー)さんによると、この低い壁の存在はおそらく北京中のこそ泥の間に知れ渡っており、毎日のようにマンションには泥棒が侵入していたという。李さんも自転車3台を盗られた。まさに「泥棒天国」状態だった。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年05月30日

【国際】 “ぬいぐるみに注意” 産業廃棄物が詰まった、触るとかゆくなる?ぬいぐるみ販売…中国

産廃抱える“腹黒”縫いぐるみ 中国の工場が製造販売(中日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国河北省の複数の工場が産業廃棄物を詰めた縫いぐるみを製造、販売していることが分かった。二十八日付の日刊紙・新京報が伝えた。北京市当局は玩具市場の検査に乗り出したが、食品や医薬品の安全性が問題になっている中国製品への懸念がさらに広がりそうだ。

 縫いぐるみには、紡績工場から横流しされた未消毒のカーペットの切れ端や綿毛、紙くず、インスタントめんの袋などが詰められている。接着部分が弱く、内部が出やすいという。

 広東省深セン市の検査機関は「子どもが縫いぐるみに触ると、かゆくなる恐れがあり、縫いぐるみの中で有害な雑菌が繁殖し、健康に悪影響を与える可能性もある」と指摘した。

 縫いぐるみの製造期間や数量は明らかにされていないが、北京市をはじめ全国の安売り卸市場で販売されているという。輸出されているかどうかは不明。
(注)深センのセンは土ヘンに川
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年05月27日

【社会】 中国から飛来の「黄砂」+「光化学スモッグ」、深刻…炎症患者急増、運動会短縮、汚れる車

大気汚染生活に“影” 光化学スモッグ+黄砂 鼻炎、のど炎症患者急増 西日本一帯、運動会短縮も(西日本新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 中国大陸から飛来する汚染物質との関連が指摘されている光化学スモッグの発生と、同じく偏西風に乗って西日本一帯に降り注ぐ黄砂。この大気汚染のダブルパンチが市民生活に大きな影響を及ぼしている。のどの痛みやせき、鼻水など花粉症に似た症状を訴える患者が急増しているのをはじめ、27日に運動会を予定している小学校では、午前中だけの開催にするなど対応に苦慮している。 (社会部・坂本信博)

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年05月26日

【国際】 “生きた牛をトラに食べさせる所”を見せる中国動物園、「残酷だ」との反発に反論

生きた牛をトラに食べさせる中国動物園 「残酷だ」との反発に反論(J-cast)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国でのサファリパークに対して非難の声が上がっている。生きたままの牛や鳥を「エサ」としてトラに食べさせていることが「残酷だ」というのだ。J-CASTニュースでは中国のサファリパークの担当者を電話で直撃取材したところ、「動物ショーではなく、自然に戻すための訓練の一環だ」という反論が返ってきた。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

【北朝鮮ミサイル】北朝鮮ミサイル発射に「日本の我慢にも限界がある」…安倍首相

北朝鮮ミサイル発射に対し「我慢にも限界」、安倍首相が警告(AFP)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
北朝鮮が25日朝に行ったミサイル発射について、安倍晋三首相は、今回の発射による危険を否定しながらも、日本の我慢にも限界がある、と警告した。

 同日朝のミサイル発射に関しては、、「(得ている情報について)詳しくは言えないが、日本の安全保障にとって重大なことだという認識はしていない」と語った。

 しかし、北朝鮮に対する強硬路線で知られる同首相は、常に述べている警告を繰り返し、 北朝鮮は6か国協議での合意事項である核施設の閉鎖を実行しなければならない、と再強調した。

 日本は北朝鮮に新たな制裁を課す可能性があるかと質問された首相は、「我々の我慢にも限界があると(北朝鮮に)伝えてきた」とし、「北朝鮮が国際社会の懸念に答えずに、また逆の行動をとるということになれば、われわれもいろいろと考えていかなければならないと思っている」と述べた。

 また、6か国協議の合意事項を完全履行しない限り、北朝鮮の抱える問題は何も解決しないばかりか、悪化するだろうという点を北朝鮮は認識すべきだ、と述べた。

 北朝鮮は今年2月、同国の核問題をめぐる6か国協議で、欠乏に悩むエネルギーの支援と引き換えに同国の核施設を停止、封鎖することに合意した。しかし、マカオの銀行口座に凍結されていた北朝鮮関連資金の凍結解除と返還が進まず、北朝鮮側は4月に設定された初期段階措置の実施期限を満たさなかったため、非核化プロセスは暗礁に乗り上げている。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2007年05月25日

【社会】輸入土鍋:鉛・カドミウム漏れ 中国製、全国に2万個

輸入土鍋:鉛・カドミウム漏れ 中国製、全国に2万個(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 札幌市で販売された中国製の土鍋から調理中に鉛やカドミウムが漏れ出し、鍋を輸入した新潟県の陶磁器業者が在庫として残っていた300個を自主回収していたことが24日分かった。しかし、問題の鍋は04年から今年2月までに2万2000個輸入されており、全国に出回ったまま。鉛を摂取しすぎた場合、筋肉の衰弱、脳や腎機能の障害などの被害につながる恐れがあるが、明確な法律違反ではないため回収命令は出せないというのが札幌市や新潟県の見解。購入した同市の男性(47)は「知らずに鉛を口にしている人がいるわけで、放置は許されない」と憤る。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:49 | Comment(10) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ