2006年09月11日

"事前審査と許可を義務づけ" 中国政府、外国通信社のニュース配信に規制

中国 外国通信社の配信に規制(NHK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国政府は、外国の通信社が中国国内で記事を配信する際には、国営新華社通信の許可を得ることを義務づけ、中国の安定を損なうような記事の配信を禁止するなどとした新たな規則を公布しました。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月09日

「韓国への美しい誤解」が解けたとき、日本が韓国を見る目は冷めたそして突き放したものに一気に変わる 鈴置高史・日経新聞

新・華夷秩序と韓国(9/8)(日経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
(前略)
新しい東アジア像

 韓国人の頭の中では、東アジアの華夷秩序観ともいうべきものが復活したように見える。「世界の中心にある中国。中国と隣接し、その優等生たる韓国。その外側には、韓国と比べ軍事力は強大かもしれないが、倫理性で劣る日本」―――。最近の様々な動き、たとえば経済的にも国際政治的にも超大国に生まれ変わる中国。長期の低迷で普通の国に戻ったように見える日本。そして、「相変わらず倫理性を欠く日本の首相」。こんな具体的事例により、彼らの古典的世界観はしっかり裏打ちされたのだろう。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月08日

「日本、70%が"女性天皇"容認」「"男子"主張は、日本を戦前に回帰させたい勢力だけ」…中国紙

保守勢力に望外の喜び 中国紙(山陰中央新報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
7日付の中国紙、環球時報は、秋篠宮妃紀子さまのご出産について「男子の皇位継承にこだわる保守勢力にとって望外の喜びとなった」と伝えた。
 同紙は、日本の世論調査で「70%の市民が『女性天皇』を認めている」とした上で「男子継承にこだわっているのは日本を戦前に回帰させたい極端な保守勢力だけ」と説明。今回のご出産により皇室典範をめぐる論争が当面棚上げとなったことで、日本の政界は「一息ついている」と述べた。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


70%!!??
凄い数値が出てますね。
でも女系と女性では全然意味合いが違うのですが・・・

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

「韓国の本では日本人は礼儀がないと書いてあったが間違いだった」高月でホームステイしたソウルの高校生

「親切で楽しかった」 高月でホームステイしたソウルの高校生(中日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
高月町雨森のまちづくりグループ「雨森まちづくり委員会」の交流事業で同町を訪れ、ホームステイした韓国・ソウルの高校生のアンケート結果がまとまった。

 交流事業は1986年から始まり毎年、夏休みを中心に実施。これまでに延べ約1800人が訪れている。今年は7月15日から3泊4日の日程で訪れ、町内などでホームステイした。アンケートは最終日の18日に行い、訪れた32人のうち体調不良の2人を除く30人から回答を得た。




続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月06日

【北朝鮮】核保有宣言でアメリカが「頭下げる」 人民軍内部資料で主張…韓国紙

核保有宣言で米が「頭下げる」=北朝鮮、内部資料で主張−韓国紙(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国紙・朝鮮日報は5日、北朝鮮人民軍が内部向けに今年配布したとみられる思想教育用資料「学習提綱」を入手したと報じた。昨年2月の北朝鮮の核保有宣言を受けて、「(米国が)窮地に追い込まれ、突然態度を変え、われわれに頭を下げ始めた」などの記述もあり、最近の思想教育の一端がうかがえる。
 学習提綱では、韓国が昨年6月に政府代表団を北朝鮮に派遣したことなどに触れつつ、「南朝鮮(韓国)かいらいもわれわれに気に入られるよう努めている」と主張。一方で、こうした行動は「われわれをだまして内部から崩壊させるための敵のずる賢い欺まん術策以外の何物でもない」と指摘している。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月05日

【韓国】高句麗象徴する『三足烏』韓国の代表ブランドに 「日本の『三足烏』は韓民族の風習が伝えられたもの」

高句麗象徴する「三足烏」、韓国の代表ブランドに(中央日報)

san.jpg

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「高句麗(コグリョ、B.C.37〜A.D.668)」のブームが広がるなか、「三足烏」が浮上している。高句麗を背景にしたドラマから始まった高句麗のブームは、琉璃(ユリ、高句麗の第2代王)王を主人公にしたミュージカルの大ヒットや、朱蒙(ジュモン、高句麗の始祖)と柳花(ユファ、朱蒙の母親)夫人のキャラクターが登場するモバイルゲームなどにつながっている。

その中で最も注目されるのは高句麗の象徴となっている「三足烏」を用いた各商品。LG電子がこの夏制作した「三足烏」文様入りのエアコンは、某マスコミが調べた今年前半の消費者満足度調査で第1位の商品に選ばれた。三足烏を素材にしたアクセサリーを作り、韓流ブームが広がっている地域で売る予定の企業もある。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月04日

潘基文長官「韓日関係のカギは日本が握っている…国連事務総長選では最後まで支持してくれることを個人的に期待」

潘基文長官「韓日関係のカギは日本が握っている」(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官は1日、最近の韓日関係について、靖国神社参拝や歴史教科書問題、独島領有権問題は韓国側が扱うものではないとの考えを強調した。これらの問題は日本政府と日本国民の心にかかっており、結果的に問題を起こしているのは日本との考えを示した上で、「日本が黙っていれば解決できるものではないのか。問題のカギは結果的に日本が握っているが、心を決めればきょうあすにでも解決できるもの。現実的に問題を解消できる方法を取るよう申し上げたい」と述べた。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

「今では日本が私たちをコピーする時代だ」 … サムスン電子の社長がドイツで記者団に

【韓国】「今では日本が私たちをコピーする時代だ」 … サムスン電子の社長がドイツで記者団に [09/02] (2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :犇@犇φ ★ :2006/09/03(日) 16:02:21 ID:???
■「今では日本が私たちをコピーしている」

「ほんの10年前でも、日本に付いて行くことので精一杯でした。日本が私たちをコピーしています。デジタル大爆発時代の先頭に立つ真の『デジタル・イノベーター』になります。」

サムスン電子の崔志成(チェ・ジソン)社長は、9月1日(現地時間)にドイツのベルリンで開かれた世界最大規模の国際家電ショー「IFA 2006」の基調演説後の記者懇談会で、このように語った。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年09月01日

2007年安保理非常任理事国選出馬を断念、事務総長選に総力

2007年安保理非常任理断念、事務総長選に総力(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
政府はこれまで推進してきた2007年から2年任期の国連安全保障理事会非常任理事国進出について、諸般の外交政策的状況を考慮し時期を延期することを決定した。政府当局者は31日、こうした決定を8月末に国連加盟国に通知したことを明らかにした。延期は「遠くない時期に」としており、再立候補年度は決定次第各国に伝え支持を求める計画だ。
 政府は10月に選挙が行われる国連安保理非常任理事国への進出と、外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官の国連事務総長出馬を同時に進めることは困難だと判断し、事務総長選挙に集中するため今回の延期を決定したとしている。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

10人の日本市民が訪朝「百聞は一見にしかず」「日本の報道がどれだけ偏っているかを知った」

10人の日本市民が訪朝 「百聞は一見にしかず」(朝鮮新報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
高井伸夫弁護士をはじめとする日本人10人が8月12〜16日、朝鮮を訪問した。訪朝期間、一行は平壌市内をはじめ妙香山、板門店、開城などの各地を参観した。朝鮮のミサイル発射を口実に日本当局やマスコミが「反朝鮮キャンペーン」を展開し、訪朝を見合わせるよう圧力が加わる中で実現した。メンバーの高井伸夫氏、山下靖典氏(有限会社Y&Y代表)、中原亨氏(銀座メディカルセンター院長)に訪朝の感想を聞いた。

報道とは全く違う

 今回訪朝したきっかけについて、高井氏は「97年4月28日から5月3日にかけて朝鮮を訪問した際に再訪朝を約束した。その後、さまざまな事情から訪朝することができず、今回ようやく約束を果たすことができた」と語った。



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ