2006年08月13日

次の総理大臣、「最初の1回だけなら参拝OK」…中国・韓国両政府が妥協案 自民党や政府に非公式に提示?

靖国参拝1回限り容認 中韓「安倍首相」念頭に(西日本新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国、韓国両政府が、ポスト小泉の最有力候補である安倍晋三官房長官を念頭に、次期首相の靖国神社参拝について「在任中は再び参拝しない」との方針を明確にすることを条件に、就任後の最初の1回に限り容認する意向であることが12日、分かった。複数の日中、日韓関係筋が明らかにした。中韓側はこうした「共同対応」について水面下で意見交換した上、既に日本政府や与党側に非公式に打診しているもようだ。

 安倍氏は靖国参拝に強いこだわりを示しており、「条件」を受け入れる可能性は低いとみられるが、靖国参拝については事実関係を明確にしない戦略を取ろうとしている。今回の中韓による打診は一定の軟化と言え、今後の中韓と日本の対応によっては、悪化した日中、日韓関係の局面打開につながる可能性もある。

 中韓は北東アジアの安定、発展のためにも、小泉純一郎首相の靖国参拝で悪化した対日関係を、次期政権下で早急に改善する必要性があると認識。A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への首相参拝に反対しながらも、参拝の意向が強い安倍氏が次期首相に就任する可能性が高い以上、一定の「譲歩」による現実的対応が不可欠と判断したようだ。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年08月10日

「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示

「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示(読売新聞

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国の江沢民・前国家主席(前共産党総書記)が在任中の1998年8月、在外大使ら外交当局者を一堂に集めた会議の席上、「日本に対しては歴史問題を永遠に言い続けなければならない」と指示し、事実上、歴史問題を対日外交圧力の重要カードと位置付けていたことが、中国で10日発売された「江沢民文選」の記述で明らかになった。

 中国は胡錦濤政権に移行した後も一貫して歴史問題を武器に対日圧力をかけ続けており、江氏の指針が現在も継承されているとすれば、歴史問題をめぐる中国の対日姿勢には今後も大きな変化が期待できないことになりそうだ。

 同文選(全3巻)は江氏の論文、演説などを集大成したもので、これまで未公開だった重要文献を多数収録。江氏は同年8月28日に招集した在外使節会議で国際情勢について演説、この中で対日関係に言及し、歴史問題の扱いをめぐる指針を示した。

 それによると、江氏は「日本の軍国主義者は極めて残忍で、(戦時中の)中国の死傷者は3500万人にも上った。戦後も日本の軍国主義はまだ徹底的に清算されていない。軍国主義思想で頭が一杯の連中はなお存在している。我々はずっと警戒しなければならない」と述べ、日本の軍国主義はなお健在との認識を表明した。

 さらに、台湾問題との関連で「日本は台湾を自らの『不沈空母』と見なしている」と批判、「日本に対しては、台湾問題をとことん言い続けるとともに、歴史問題を終始強調し、しかも永遠に言い続けなければならない」と指示した。

 江氏は同会議の3か月後の同年11月に日本を訪問。滞在期間中は歴史問題を再三とりあげ、強硬姿勢を印象付けた。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

盧大統領「作戦統制権こそ自主国防の核心、自主国防こそ自主国家の花…韓国軍の力量も十分。韓米同盟は揺るぎない」

盧大統領「作戦統制権移譲は平沢基地移転時に」(聯合ニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は9日、戦時作戦統制権の移譲時期に関連し、「合理的な時期は平沢基地に米軍が移転したとき」だとの見解を示した。同日青瓦台(大統領府)で行われた聯合ニュースとの特別記者会見で述べたもの。「移譲は2009年」とする話が出ているのはそうした意味を持っていると明らかにした。
 作戦統制権の移譲時期について、韓国が2012年、米国は2009年を目標としていることに対し、盧大統領は「2009〜2012年の間いつでも構わない」と述べ、韓国の防衛力の増強は継続していると強調した。今すぐ移譲されても作戦統制権を十分行使できるとした上で、「韓国軍は世界最高水準の軍隊を作ろうとしているため、2012年を目標としている」と説明した。しかし、移譲がそれ以前に行われても大きな支障はないとの考えだ。

 移譲に伴う在韓米軍の撤収や追加削減の可能性については、「作戦統制権が移譲されれば技術的な調整に伴う削減要因が発生する可能性はある」とした上で、さほど懸念する必要はないと述べた。在韓米軍は駐留を続けると明言し、数字が決定的意味を持つものではなく、質的能力が重要だと力説した。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年08月09日

「裏切りだ!」中国外務省に大使館員11人が乗り込み3時間余り荒々しく抗議〜無視される

「国連安保理決議直後朝中関係険悪」(中央日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「中国が国連安全保障理事会の対北決議案に賛成したのは信頼と義理を忘れた裏切行為だ。朝鮮労働党と政府は怒りを抑えることができない。中国政府はきちんと弁明しなければならない」−−。

先月16日早朝、北朝鮮外務省は武東和平壌(ピョンヤン)駐在中国大使を召喚し、こう述べたという。ミサイル発射実験について国連駐在北朝鮮代表部から決議案通過の知らせを聞いた直後だった。

香港の時事月刊誌争鳴8月号と外交消息筋によると北朝鮮指導部は安保理の対北決議案に中国が賛成したことに大きな衝撃を受けた。以後血盟と呼ばれた両国関係は絶たれ、緊張関係が続いているという。

◆「中国は裏切り者」=北朝鮮外務省幹部の怒りに武大使は「本国に確認してみる」とだけ繰り返した。北朝鮮の抗議はここで終わらなかった。同じ日の朝、チェ・ジンス北京駐在北朝鮮大使は中国外交部に李肇星外交部長との面談を要請した。中国側は日程が忙しく、面談はできないと伝えた。するとチェ大使を含む11人の北朝鮮大使館職員たちが3台の車に分乗して外交部に直行した。チェ大使一行は3時間余り荒々しく抗議したが、中国外交部は無視した。怒りを抑えられなかった北朝鮮外交官らは「裏切り者」という言葉を繰り返し、お昼ごろになってようやく帰った。

香港のある中国消息筋は「そのときの様子はあまりにも険悪で、警察を呼ぶ話もあったと聞いている」と話した。(後略)

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

島根県の竹島問題研究会に出席した崔長根氏が寄稿:「日本側の主張に根拠が無いことが次々明らかに

【日韓】島根県の竹島問題研究会に出席した崔長根氏が寄稿:「日本側の主張に根拠が無いことが次々明らかに」[08/08] (2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :犇@犇φ ★ :2006/08/08(火) 23:56:13 ID:???
■[寄稿] 「タケシマ問題研究会」に出席して

筆者は、日本の島根県が設置した独島問題研究会である「竹島問題研究会」(以下「研究会」)の招きで先月25日、松江市の島根県民会館で開かれた非公開会合に参加した。今回の第9回会合は、初めて韓国側の学者を招待した席だった。

筆者は非公開会議に先立つ公開講義で、「日本の独島資料解釈に対する批判」というテーマで日本側の論理の虚構性を批判し、非公開講義では「韓国側の主張は史料的論証になっていない」という日本側学者らの質疑に答えた。

研究会は昨年3月25日に島根県議会が「竹島の日」条例を制定して以後、島根県が議会の要求に応じるために設置した機構だ。委員長と副委員長を含めて史学・地理学・法学専門家と職員など10人で構成されている。会合は2ヶ月に一回ほど開かれ、その成果は今年5月に中間報告書の形で島根県に提出されており、来年3月には最終報告書を出す予定だ。設立目的は一次的には韓国の独島領有権主張に反駁すること、二次的には竹島が日本領土であると強調して政府と県に対し領土政策を督励して、国民の領土意識を鼓吹することである。

研究会の委員らは皆、「竹島は日本領土」という強い信念を持っていた。その根拠は、1905年に無主地を先行獲得して領土に編入した後アシカ漁で実効的占有をしたから国際法的に合法な措置だ、いというものだ。現在の日本領土のうち沖縄・小笠原諸島・尖閣諸島もこれと同じようにして領土に編入されている。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東亜ニュース

2006年08月07日

韓国国民の周辺諸国に対する好感度、最高は中国、最低は日本。日本の常任理事国入りに70%が反対

【日韓】韓国国民の周辺諸国に対する好感度、最高は中国、最低は日本。日本の常任理事国入りに70%が反対 [08/06](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :犇@犇φ ★ :2006/08/06(日) 22:21:57 ID:???
■[韓日国民意識] 韓国・日本の周辺国に対する好感度は?

韓日両国民は周辺アジア諸国に対してどんな印象を持っているのだろうか。韓国国民が日本に対して感じる感情は相変らず周辺5ヶ国中で一番悪いが、昨年に比べると小幅好転したことが分かった。一方、日本国民の韓国に対する好感度は昨年より大きく落ち込んだという調査結果が出た。また両国民とも、今後のアジアで一番大きい影響力を行使する国家として中国を挙げた。

今回の調査では韓国・日本国民に、それぞれアメリカ、中国、日本(韓国)、北朝鮮、ロシアの重要隣接5ヶ国に対する心情的好感度を聞いた。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年08月06日

30歳以上の世代にとって「地理」が退屈な暗記科目だった理由は、「日本植民地時代の遺産」

[オピニオン]面白い地理学(東亜日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
地理は多くの30歳以上の世代にとって退屈な暗記科目だった。「タングステンの産地でない地域は?」といった問題を解くために、見慣れない地名を暗記したことも記憶に新しい。地理が面白くなかった理由についてソウル大学の柳佑益(ユ・ウイク)教授は、「日本植民地時代の遺産だ」と分析する。当時、国語と国史は迫害の対象だったが、学問的研究まで禁じられていたわけではない。反面、地理は「風水地理」と格下げされ、学問の芽がつまれた。地理を知れば知るほど愛国心が育つという理由からだった。
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東亜ニュース

2006年08月05日

「隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ」 王毅駐日中国大使、新潟県でのパネルディスカッションで牽制発言

【靖国参拝】「隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ」 王毅駐日中国大使、新潟県でのパネルディスカッションで牽制発言(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :早よ説教部屋に来栖川芹香 m9( ゚д゚) → ネットナンパ師φ ★ :2006/08/05(土) 05:22:31 ID:???0

中国の王毅駐日大使は4日、新潟県長岡市で開かれたパネルディスカッションの中で、「隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ」と述べ、安倍長官の靖国参拝を事実上、批判しました。

王毅大使は、今月10日に一時帰国することになっていて、本国でこの問題への対応も協議するものと見られます。

また、韓国の外交通商部は「国際社会の懸念にもかかわらず、参拝したことは大変遺憾だ」とのコメントを発表しました。テレビでは、4日朝から、安倍長官の靖国参拝が一斉に報じられています。いずれも、参拝したことを淡々と伝える一方で、秋の自民党の総裁選挙では、靖国参拝問題が大きな焦点になるだろうとの見方を示しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年07月31日

「在韓米軍、2008年以降に朝鮮半島から全面撤収へ」 …中央日報・米Yahoo!ニュースも報道

【韓米】「在韓米軍、2008年以降に朝鮮半島から全面撤収へ」 …中央日報・米Yahoo!ニュースも報道 ★5 [07/29](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :犇@犇φ ★ :2006/07/31(月) 00:38:53 ID:???
■在韓米軍、2008年以降「全面撤収」  〜「韓国政府のアメリカ不信・反米主義が原因」

リチャード・ハロラン(Richard Halloran)前ワシントンポスト紙軍事専門記者は28日、ウェブサイト「Real Clear Politics」への寄稿文を通じて、「在韓米軍は2008年以降には小規模の象徴的な部隊だけ残すか、全面撤収を検討している」と明らかにした。ハロラン記者は2003年に在韓米軍縮小に最初に言及した記者だ。当時彼の記事が報道された後、米軍側は「在韓米軍の兵力規模縮小は論議していない」という論評を出した。しかし彼の記事は、やや経って事実であることが立証されたのだ。《訳者注》

<前略>ペンタゴンは既に、2008年9月までに在韓米軍兵力を2万5000人ラインで維持すると発表している。しかしアメリカは現在、2008年以後に小規模の象徴的な部隊だけを残すか完全撤収を考慮している。ある米軍高官は、現在のベル在韓米軍司令官に言及して、「彼の任務は、韓国で火を消すこと」と述べた。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東亜ニュース

2006年07月28日

「日本が独島を奪いに攻めてくる!」マインドコントロールされつつある国民…今や仮想敵国は北より日本〜黒田勝弘

【韓国】「日本が独島を奪いに攻めてくる!」マインドコントロールされつつある国民…今や仮想敵国は北より日本〜黒田勝弘[7/27](2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 :ポリリーナφ ★ :2006/07/27(木) 19:21:40 ID:???
黒田勝弘のソウルの風
第34回 「北の脅威」より「独島防衛」で韓国の仮想敵国は今や「日本」

近年、韓国社会の安保観に微妙な変化が見られる。まず北朝鮮に対する軍事的な脅威感、つまり「北の脅威」は、1980年代後半からのいわゆる民主化と、金大中政権(1998-2003年)以降の対北宥和策「太陽政策」によって、大幅に後退してしまった。

その背景には韓国の経済力増大と、逆に北朝鮮の”飢餓情報”などで北朝鮮をバカにし、軽く考えるようになったということもある。したがって韓国国民にとって北朝鮮は、もはや安保上の関心の対象ではなくなったというわけだ、ところがその北朝鮮に代わって日本が安保上の関心になりつつある。

「北の脅威」に代わる「南の脅威」だ。その象徴が「独島」に対する異常な関心である。韓国国民はマスコミや政府によって「北がいつかまた攻めてくる!」ではなく、「日本が独島を奪いに攻めてくる!」とマインドコントロールされつつある。

たとえば、この4月や7月の竹島・独島周辺での海洋調査をめぐる日韓摩擦では、今にも武力衝突が起きるかのような興奮状態だった。韓国国民の安保観は北から南に方向転換しているのだ。

そういえば韓国ではこれまで、クリスマスとか新年ともなると、「国の安全を守って最前線でガンバる国軍将兵」といって、南北軍事境界線をパトロールする姿や、西海岸沖の海軍警備艇の雄志がマスコミによく登場したものだ。

ところが近年、その風景が「独島」に変わった。マスコミは、南北休戦ラインで北に備える将兵に代わって、日本海の「独島」で、南の方をキッと見すえる武装警備隊の姿を好んで伝える。学校教育でも、子どもたちが書かされる慰問と激励の作文は、「休戦ラインの国軍のおじさんたち」ではなく、「独島の警備隊のおじさんたち」がテーマになっているという。


ソース:SAPIO8月9日号 34ページ
Web上では見ることができないため、記者が確認してテキスト化しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東亜ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ