2006年03月28日

トレンドマイクロの営業資料がWinnyに流出

トレンドマイクロの営業資料がWinnyに流出(INTERNET WATCH)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
トレンドマイクロは27日、同社の営業資料などがP2Pファイル共有ソフト「Winny」のネットワーク上に流出していたことを明らかにした。トレンドマイクロによれば、2005年3月の時点ですでに確認しており、営業先の企業などには個別に連絡し、「ご理解していただいた」という。
 トレンドマイクロでは流出した情報の詳細は明らかにしていないが、社内向けの報告書や提案資料といった営業用データであり、顧客リストなどは含まれていないという。同社によれば、トレンドマイクロの社員が上記データを自宅PCに保存。その後、ウイルスに感染して情報が流出したとしている。
 なお、この社員は自宅PCにウイルス対策ソフトを利用していなかった。トレンドマイクロによれば「当時はデータの社外持ち出し禁止などの通達は行なっていたが、具体的な行為を禁ずるガイドラインは存在していなかった」という。同社では、2005年3月以降に具体的なガイドラインを定めた。この社員に対しては「社内規定に基づいた処分を行なった。その後、2005年中に処分とは別の理由で退職した」としている。(INTERNET WATCH)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


結構前の話なんですね。
しかしながらウィルス対策ソフト会社の社員が
対策ソフトを入れてないなんて。
続きを読む:【紺屋の】トレンドマイクロの営業資料がWinnyに流出【白袴】 スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年03月09日

■ウィニー開発の元東大院助手 「逮捕なければ、情報流出防げた」

■ウィニー開発の元東大院助手 「逮捕なければ、情報流出防げた」(MBS)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
相次ぐ警察の捜査情報の流出で問題視されているファイル共有ソフトウィニーの開発者で、ネット上での違法コピーを手助けした罪に問われている元東大大学院助手は、9日の裁判で、「ウィニーをバージョンアップしていれば被害は防げた」と話しました。(一部略)(MBS)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


今、恐るべきスピードで企業情報の流出が発覚しています。
捌きを受けるべき人間はwinnyの作成者ではなく、使用者であると思います。
作者を逮捕した京都県警の人はどうなったんでしょうか?
もちろん起訴されてますよね!?

2ちゃんねる:【47氏】 「逮捕なければ、情報流出防げた」より
posted by nandemoarinsu at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース
人気記事