2006年09月02日

暗号解読マシンが可能に? 128けたの素因数分解が可能なコンピューターを開発

暗号解読マシンが可能に? 128けたの素因数分解(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
富士通研究所(神奈川県川崎市)と情報通信研究機構は1日、素因数分解専用の並列コンピューターを開発、128けたという大きな数を2つの数に素因数分解することに成功したと発表した。
 現在、インターネット商取引などで広く使われている「公開鍵暗号」という暗号の手法は、大きな数の素因数分解が難しいことを利用して作られており、将来の「暗号解読マシン」に向けた可能性を示す成果といえそうだ。
 同研究所は、素因数分解を効率的に行うための専用チップを試作。これを組み込んだ特殊なコンピューターを開発し、まだ素因数分解できていない128けたの数を約1カ月かけて計算したところ、62けたと65けたの2つの数に分解できた。
 ただ標準的な公開鍵暗号は300けた以上の数を用いており、解読には同様なコンピューターが数億台も必要となる。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


> ただ標準的な公開鍵暗号は300けた以上の数を用いており、解読には同様なコンピューターが数億台も必要となる。

数億台って・・・
最近の科学は桁が大きいですねぇ
しかし暗号化の技術がそんなに凄いとは思いませんでした。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年08月31日

Winnyで流出してしまった情報を除去する技術研究に16億円を要求

ウィニー対策に本格着手 総務省、16億円を要求(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「ウィニー」などファイル交換ソフトによる情報の漏えいや流出が相次ぎ、社会問題化していることを受け、総務省は30日まとめた2007年度概算要求で16億円を新規要求、本格的な対策に乗り出した。
 漏えいした場合の被害を最小限に抑えるため、不正流出した情報を探し出し、ネットワークから除去できる技術の研究開発などを進める。
 政府は「情報セキュリティー政策会議」(議長・安倍晋三官房長官)を設置し、情報流出を防ぐ高度な機能を備えた次世代基本ソフト(OS)に関連するシステムの独自開発を進める方針を決定。企業や病院の顧客情報や原子力発電所の検査、捜査情報など官民で被害が深刻化している情報漏えいへの対策を急ぐ。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


ようやく対策をはじめますか。
でも流出者の処罰をきちんとしたほうが効果的かと

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

携帯電話でも“無線LAN”使って無料IP電話の時代に 米では「スカイプ」搭載携帯も発売

携帯電話に定額IP化の波 米で「スカイプ」搭載型発売(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 話した分だけ払う携帯電話の通話料制度が、遠からずなくなる――。そんな「未来図」が通信業界でささやかれ出した。インターネットでデータを運ぶように音声を伝えるIP(インターネット・プロトコル)電話技術が、これまでの「通話時間で稼ぐ」という発想を吹き飛ばしかねないからで、既存の携帯電話会社の幹部たちは不安げだ。

 ●将来は定額化?

 米カリフォルニアのIT(情報技術)企業、ネットギアが今月売り出した携帯電話が注目を浴びている。無料でIP電話をかけられるパソコンソフト「スカイプ」を搭載し、自宅や会社、駅や喫茶店などの無線LANを通じておしゃべりができる。日本での発売は未定だが、日本支社にも「工場のなかでの連絡に使えないか」などの問い合わせが相次いでいる。林田直樹支社長は「いずれ、携帯電話における『台風の目』になる」と話す。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年08月29日

「匿名掲示板で好きな事を書くだけが"日本のネット文化"ではない」 オーマイニュース・鳥越俊太郎さん

オーマイニュース日本版が稼働 市民記者1145人登録(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 韓国最大のインターネット新聞「オーマイニュース」の日本版サイトが28日、開設された。一般から募集した「市民記者」の書いた記事を掲載するのが特徴で、同日昼までに1145人が登録した。年内に登録数を5000人に増やすことを目指すという。

 東京都内で開かれた記者会見で呉連鎬(オ・ヨンホ)最高経営責任者(CEO)は「市民記者は資本からも権力からも編集部からも自由にニュースを発信してもらう」。日本版編集長に就任したジャーナリストの鳥越俊太郎さんは「匿名の掲示板で好きなことを書くだけが日本のネット文化ではないことを見せたい」と語った。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年08月27日

ドコモ、昨年から電池無償交換 FOMA12機種で電池パック膨張

ドコモ、昨年から無償交換 FOMA12機種で電池パック膨張(フジサンケイ ビジネスアイ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
ソニー製のリチウムイオン電池のリコール(回収・無償交換)問題が拡大する中、NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA(フォーマ)」合計12機種で、買ってから数カ月以内という短期間にリチウムイオン電池パックが膨らんで本体に装着できなくなったり、充電してもすぐに切れてしまう事象が発生していることが25日、分かった。
 ドコモでは使用開始後1年以内にそうした事象が発生して相談に訪れたユーザーに対し、アフターサービスとして昨年10月から電池を無償交換しているが、同社広報部によると「あくまでアフターサービスであり、不具合ではない」ために公表していなかった。
 交換の対象としている機種は、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の電池パック「P−06」を搭載している7機種、シャープ製の「SH−04」「SH−05」を搭載する計4機種、NEC製の「N−09」を搭載する1機種。この12機種あわせて、すでに数百万台から1000万台が普及しているとみられる。これまでに電池パックを交換した台数についても明らかにしていない。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年08月24日

【ネット】 JASRAC、「ネットCM」の著作権利用料を設定

JASRAC、「ネットCM」の著作権利用料を設定(+D LifeStyle)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本音楽著作権協会(JASRAC)は8月22日、同協会の管理楽曲について、インターネット上のポータルサイトなどを媒体としてCMに利用される際の音楽著作権使用料を設定したと発表した。これによって、ネットCMでも一般楽曲が利用しやすくなる。

 料率については、視聴回数ごとに課金が発生する「媒体費単価による方法」と、視聴回数に関係ないく月単位で課金が発生する「媒体費総額による方式」を用意した。前者では視聴1回あたり広告料金の5%、後者はCMの月間広告料の7%を徴収金額とするが、いずれもに5000円の月額最低利用料金が設定されている。

 料率については権利者団体であるネットワーク音楽著作権連絡協議会との合意もなされており、協会では「(この合意によって)インターネット上でのCM配信が促進されると期待する」とコメントしている。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年08月23日

ネットで囁かれる 「ソニータイマー」の正体

ネットで囁かれる 「ソニータイマー」の正体(J-CASTニュース)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
・ノートPCに搭載されたソニー製バッテリーのリコール問題をきっかけに、「ソニータイマー」 というあやしい造語がネットを賑わせている。ソニー製品は、使い始めてから一定の期間が 過ぎると、タイマーがセットされているように故障するという噂だ。真相はともかく、掲示板などでは、「新型のソニータイマーは派手だな」などという皮肉まじりの声もあがっている。

 2005年8月15日、米PC最大手のデルは、ノート型PCに内蔵されたソニー製バッテリーに発火のおそれがあるとして、リコール(回収・無償交換)に乗り出した。
 リコール対象は約410万台で、情報家電では史上最大規模と見られており、「またソニータイマーか」という声が上がっている。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年07月16日

ゲームの聖地日本で働きたいあるインド人学生の夢

【コラム】ゲームの聖地日本で働きたいあるインド人学生の夢(NIKKEI NET)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 私は国際ゲーム開発者協会(IGDA)という、ゲーム開発者国際コミュニティーの運営に関わっているため、海外でゲームに関連する仕事や活動をしている方に会ったり、メールで問い合わせを受けたりする機会がよくある。その際に、年に何回か必ず聞かれる質問がある。「日本で、日本のゲーム会社で働きたいのだけど、どうすればいいのでしょうか?」

 現役の開発者からも、学生からも問い合わせを受ける。その質問を受けるたびに、少し顔をしかめざるを得ない自分にいつも困る。

 「仕事をするうえで日本語という言葉が障壁になるので、容易に仕事を得るのは難しいと思います。アメリカなどに現地法人を持っている企業の支社に入って、そこから日本の本社に渡るキャリアパスを探すというのがお勧めのやり方です」と、たいてい答える。

 この答えに対して、ため息混じりでがっかりした表情を浮かべる相手の顔を見ると、相手の期待とはかけ離れていることがわかる。

 いつも思う。日本のゲームが持つ国際的な影響力である「ソフトパワー」を、日本人自身も企業も、かなり過小評価しているのではないだろうかと。そして、日本という国が、人材という面で重大な機会損失をしているのではないだろうかと。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータニュース

2006年07月01日

ネットの中傷書き込み、発信者突き止めへ指針 総務省

ネットの中傷書き込み、発信者突き止めへ指針 総務省(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 インターネットの掲示板の書き込みで被害を受けた人が書いた人を見つけられるように、発信者情報開示の指針をつくるべきだ――。そんな内容の報告書案を総務省の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会」が30日まとめた。

 名前を明かさずに参加できるネットの掲示板では、中傷されたりプライバシーを侵害されたりして損害賠償を請求しようとしても、相手が誰か分からない。02年施行のプロバイダー責任制限法では正当な理由があればインターネット接続業者などに開示を請求できるとしているが、請求が受け入れられる例は少ない。

 総務省は業界団体にどういう場合に開示すべきかの指針作りを求める。うその医療ミスや異性関係を書き込まれるなど、裁判所に開示を求められた過去の判例をもとに、年内にも指針ができそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:54 | Comment(1) | TrackBack(3) | コンピュータニュース

2006年06月12日

ウィニー利用者を特定、海賊ファイルの検索ソフト開発

ウィニー利用者を特定、海賊ファイルの検索ソフト開発(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 使用者がわかりにくく、匿名性が高いとされてきたファイル交換ソフト「ウィニー」について、使用パソコンを突き止める分析ソフトが開発された。

 この分析ソフトを使うと、映像や音楽など、ウィニーを介して手に入れた海賊版ファイルの所有者を割り出すことが出来るという。著作権保護に取り組む関係団体は近く、この分析ソフトを導入し、違法なファイル交換防止に役立てていく方針だ。

 無数のパソコンがファイルを転送し合うウィニーのネットワーク上では、情報のやり取りが暗号化される。このため、誰がどのようなファイルを交換しているかを特定することは極めて難しいとされてきた。

 これに対し、米カリフォルニア州在住の日本人エンジニアの鵜飼裕司さん(33)が4月、ウィニーの暗号を解読する分析ソフトを開発した。例えば、「A」という違法ファイルを保存しているパソコンを探すには、分析ソフトに「A」と入力。すると当該パソコンのネット上のアドレスが分かり、プロバイダーの協力を得て、アドレスを手がかりに使用者を割り出すことが出来る。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


posted by nandemoarinsu at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ