2019年09月06日

【研究】中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功

■【研究】中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 樽悶 ★ sage ▼ 2019/09/05(木) 23:21:50.21 ID:Z6gM8c359.net
世界初!歯のエナメル質を修復
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190904-00010004-newsweek-000-1-view.jpg

──世界初!歯のエナメル質を修復

国際歯科連盟(FDI)によると、未治療の虫歯がある人は世界で39億人と、世界人口の44%を占めている。歯冠を覆うエナメル質は、体内で最も硬い組織だが、自己修復力はなく、複雑な構造ゆえ、人工的に複製できないものだと考えられてきた。

現在、虫歯の治療では、レジンやセラミック、アマルガムといった素材で代替するのが一般的だ。しかしこのほど、歯のエナメル質を修復できるジェル状の素材が世界で初めて開発された。

■ 48時間で、厚さ2.5マイクロメートルのエナメル層を修復

中国の浙江大学の唐睿康教授らの研究チームは、独自に開発したジェル状の素材によって、虫歯で損傷したエナメル質を48時間以内に修復させることに成功した。一連の研究成果をまとめた研究論文は、2019年8月30日、学術雑誌「サイエンスアドバンシズ」で公開されている。

研究チームは、アルコール溶液の中でエナメル質に含まれるカルシウムイオンとリン酸イオンを有機化合物のトリエチルアミンと混ぜると、歯と同一の構造を有するエナメル質ができることを発見した。虫歯になったヒトの歯にこの混合物を適用したところ、48時間で、厚さ2.5マイクロメートルのエナメル層を修復できた。このエナメル層は、天然のエナメル質と同じ階層構造と機械的性質を有していたという。

■ 2年以内に、ヒトを対象とした臨床実験に......

研究チームでは、今後、ヒトを対象に、この手法で歯のエナメル質が再生するかどうか実証する計画だ。研究論文の共同著者でもある浙江大学の劉昭明博士は、米ニュース専門局「スカイニュース」で「順調にいけば、今後2年以内に、ヒトを対象とした臨床実験に着手できるだろう」と述べている。また、唐睿康教授は、自身の歯のうちの1本が欠けていることがわかり、「自ら『モルモット』となって臨床実験に協力したい」と意欲を語っている。

英キングス・カレッジ・ロンドンのシェリフ・エルシャークウェ博士は、英紙ガーディアンの取材に対して、「手法はシンプルだ」と研究チームの成果を評価したうえで、「臨床的に検証する必要がある」とし、歯科治療に用いられるまでにはあと5年程度を要するとの見通しを示している。また、エルシャークウェ博士によれば、虫歯の治療には、エナメル層の厚さを0.5ミリから2ミリ程度まで拡張させる必要があるという。(松岡由希子)

9/4(水) 18:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00010004-newsweek-int

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(4) | 科学ニュース

2018年12月10日

【研究】絶対音感に優れるが相対音感が弱い日本の音楽学生/新潟大学の国際比較

■【研究】絶対音感に優れるが相対音感が弱い日本の音楽学生/新潟大学の国際比較(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ニライカナイφ ★ New! 2018/12/09(日) 22:12:14.32 ID:CAP_USER9.net
新潟大学の宮崎謙一名誉教授を中心とした日本・中国・ポーランド・米国の国際研究チームは、音楽専攻学生を対象とした絶対音感と相対音感の国際比較研究を行い、日本の学生は絶対音感の能力が優れている反面、相対音感の能力が弱いことを明らかにした。

決まった周波数に対応する音の高さをとらえる能力を絶対音感といい、ある音階をもととした音の高さをとらえる能力を相対音感という。

本研究では、日本・中国・ポーランド・ドイツ・米国の音楽専攻学生1,000人余りを対象に、絶対音感テストと相対音感テストを行った。その結果、音楽大学で正確な絶対音感を持つ学生の割合は、日本では6割近くいたが、他の国々ではずっと少なく、中国では1/4、ポーランドでは1割程度だった。一方、同じ音楽大学で正確な相対音感を持つ学生の割合は、中国では1/4、ポーランドでは7割を超えていたが、日本では1割にも達しなかった。

この結果から、日本の音楽学生が絶対音感は優れているが相対音感が弱いこと、逆に欧米の音楽学生では絶対音感はほとんどないが、相対音感が優れていることがわかった。

この背景には、日本独特の社会的状況と、それに由来する音楽教育がある。人間は個々の音をばらばらに聞くのではなく、音の流れの中で音の高さを関係づけて聞いている。つまり、音楽で本当に大切なのは絶対音感ではなく、相対音感であると言える。ところが日本では、絶対音感を音楽的に価値ある能力だとする見方が広く受け入れられ、社会通念に近いものとなってしまっている。

ここから生じた日本独特の絶対音感教育と、歪んでしまった相対音感(ソルフェージュ)教育を見直す必要があることを、本研究結果は示唆している。

https://univ-journal.jp/23895/?show_more=1

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(2) | 科学ニュース

2018年10月25日

【健康】老化を左右するのは実年齢より「主観年齢」 健康にも影響か

■【健康】老化を左右するのは実年齢より「主観年齢」 健康にも影響か(2ちゃんねるSC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 みつを ★ sage New! 2018/10/25(木) 04:18:05.73 ID:CAP_USER9.net
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45219760

老化を左右するのは実年齢より「主観年齢」 健康にも影響か
2018年10月24日

デイビッド・ロブソン、科学ライター

もしあなたに出生届がなく、自分自身で感じる年齢がすべてだったとしたら、今のあなたは何歳だろうか。

身長や靴のサイズのように、この世に生まれてから何年たったのかは、変えようのない事実だ。しかし、誰もが同じように年を取るわけではないというのは、自分の日々の経験からもうかがえる。人によっては実年齢より若い気持ちでいるし、人によっては実年齢より上だと感じている。

なぜ感じ方が違うのか、科学者の注目が高まっている。年を取っても元気に見える人と枯れて見える人がいる理由を理解するのに、この「主観年齢」が重要な役割を果たすのではないかというのだ。

米バージニア大学のブライアン・ノセク氏は、「中高年の主観年齢が実年齢と比べてどれだけ若いかは、次に何をするかという、日常や人生に関わる重要な決定を左右するかもしれない」と話した。

主観年齢の重要性はこれにとどまらない。死の危険を含む重要な健康問題が、主観年齢によって予測できることが、複数の研究から判明している。現実問題として、あなたの歳は「自分で感じている年齢」そのもの。自分は年寄りだと思った人が年寄りなのだ。

この興味深い結果を受けて、多くの研究者が個人の老化体験を形成するさまざまな生物学的、精神的、社会学的要因を突き止め、より長く健康的に生きるための応用方法を探している。

て作られたものだ。個人が感じる年齢と実年齢の差を示した最初期の研究は1970〜1980年代に登場した。
当時はささいな興味に過ぎなかったが、今は大きなうねりとなっている。過去10年間で膨大な量の研究が、この実年齢と主観年齢の落差がもたらす、精神的・肉体的な影響を検討した。
最も興味をそそられる要素のひとつは、主観年齢と性格の相互作用だ。

年を取るにつれて性格が丸くなる一方で、社交性が低下し、新しい経験に消極的になることはよく知られている。こうした性格の変化は主観年齢が若い人ほど小さく、主観年齢が高い人ほど顕著に表れるという。
一方で、主観年齢の低い人も通常の加齢に伴う前向きな変化を見せる。若いころより良心的になり、神経質でなくなる。つまり、主観年齢が低くても人生経験による賢さは、体得できるようだ。しかも、だからといって若々しいエネルギーや情熱は失われていない。つまり、主観年齢が低いからといって、永久に未成熟な状態にあるわけではないのだ。

老いても健康で

実年齢より若く感じていると、うつのリスクを下げるとともに、年を取っても精神的に健康でいられる可能性が高まるようだ。また認知症のリスクを軽減したり、入院の可能性を低めたりと、身体的な健康にも影響している。
モンペリエ大学のヤニック・ステファン博士は、合計1万7000人以上の中年・高齢者を追跡調査した3件の長期研究データを検証した。
それによると、調査に参加した多くは、自分は実年齢より8歳若いと感じていた。一方、実年齢より年を取ったと感じている人の結果は深刻なものだった。教育や人種、結婚歴といった要素を排除しても、主観年齢が実年齢より8〜13歳上の人は、対象期間中の死亡リスクや病気による負荷が、通常の18〜35%高かった。
(リンク先に続きあり)
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(3) | 科学ニュース

2018年03月27日

【宇宙】NASA 宇宙船50回ぶつければ小惑星を弾き飛ばせる?

■【宇宙】NASA 宇宙船50回ぶつければ小惑星を弾き飛ばせる?[H30/3/26](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆dy5OJynnfTQj sage 2018/03/26(月)11:53:06 ID:2h2
 地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。

 もっと大きな小惑星が飛来したり、地球への衝突直前に見つかったりすると、重い物をぶつけるだけでは対処できない可能性もあり、チームは「核爆弾を検討する必要がある」としている。

(省略)

毎日新聞2018年3月26日 09時42分(最終更新 3月26日 10時05分)
https://mainichi.jp/articles/20180326/k00/00e/040/165000c

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:02 | Comment(1) | 科学ニュース

2018年01月31日

【ナショジオ】蚊は叩こうとした人を覚えて避ける、はじめて判明

■【ナショジオ】蚊は叩こうとした人を覚えて避ける、はじめて判明 [H30/1/30](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/01/30(火)08:44:06 ID:???

 今度、蚊が血を吸おうと腕に止まっているのを見つけたら、絶対によく狙った方がいい。
もし叩き損ねたとしても、その蚊が次にあなたを狙わなくなる可能性があるからだ。
 蚊に刺されそうなときに叩くと、蚊は死にそうになった体験とその人の匂いを結びつけて覚え、
将来その人を避けられるようになるという研究結果が発表された。
1月25日付けの学術誌「Current Biology」に掲載されたこの論文は、刺す相手についての学習能力が蚊にあることをはじめて示したものだ。

「パブロフの蚊みたいなものです」。
論文の主要な筆者であるジェフ・リッフェル氏は、合図があると条件反射でヨダレを出すようになった有名な犬の実験になぞらえる。

 実際のところ、米ワシントン大学の神経生態学者のリッフェル氏が試したのは、この犬の場合と同じ
「古典的条件付け」という学習だった。

 蚊は、人間などの美味しい獲物から漂うある種の匂いに引き寄せられる。
そこで、蚊には非常に魅力的な人間の匂いが漂う中で、ネッタイシマカが刺すのを邪魔するように、
叩いた際に腕を伝わるのと同程度の小さな振動を20分間にわたり繰り返した。
 すると、蚊はその後24時間以上もこの匂いを避けるようになることがわかった。
その効果は、害虫忌避剤ディートを用いた市販の虫よけスプレーと同じくらいの強さである。

 さらに、古典的条件付けによる関連性の学習には、脳内の神経伝達物質ドーパミンが関わっていることがわかっている。
続けてドーパミンが機能していない蚊で実験を行ったところ、予想通り、このグループの蚊は特定の匂いが
危険を意味することを覚えられず、以前と同じように飛び込んでいった。

「学習能力のおかげで、蚊は信じられないほど柔軟に行動しています」とリッフェル氏。
「蚊は、刺されるのを防ぐのがうまい人とそうでない人を学習できます。もしその仕組みがわかって、
逆手にとることができれば、もっと効率よく蚊を追い払えるようになるでしょう」

(以下略)

ナショジオ/1月30日
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/012900040/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(1) | 科学ニュース

2018年01月09日

【食べ物】宇宙ステーションで焼いたピザ、その味は? イタリアの飛行士が「無重力での調理」に挑戦

■【食べ物】宇宙ステーションで焼いたピザ、その味は? イタリアの飛行士が「無重力での調理」に挑戦 [H30/1/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=15,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/01/08(月)14:46:16 ID:???

(*画像や動画はリンク先にてご覧下さいませ!!)

国際宇宙ステーションに搭乗しているイタリア人宇宙飛行士が、仲間たちと一緒にピザをつくった。
無重力のため厄介な作業だったとはいえ、予想外においしいピザが出来上がったようだ。
彼らがいかに宇宙でピザを楽しんだのか、写真と動画でご紹介。

(以下略)

wired/2018.01.07 SUN 17:00
https://wired.jp/2018/01/07/pizza-in-space/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(2) | 科学ニュース

2017年11月19日

【研究】 夜間の傷は治りが遅い、体内時計に関連か 英研究

■【研究】 夜間の傷は治りが遅い、体内時計に関連か 英研究 [H29/11/18](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/18(土)22:53:09 ID:???

【11月9日 AFP】夜間に負った外傷は日中に負ったものよりも、治りがはるかに遅いとの研究結果が8日、発表された。
傷の回復速度を制御する体内時計が、日中の方がより効果的に機能するためだという。

 米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)に掲載された論文によると、
切り傷ややけどを昼間に負った場合、夜間に負った場合に比べて傷の回復が約60%速いことが分かったという。

 研究チームは、体内時計(概日リズム)が原因でこの差が生じているとしている。体内時計が睡眠、代謝、ホルモン分泌などを
含む重要な生体プロセスを調節しているからだ。

 論文の主執筆者で、英MRC分子生物学研究所(Medical Research Council Laboratory of Molecular Biology)の
科学者のジョン・オニール(John O'Neill)氏は、「人の皮膚細胞が外傷に対してどのくらい効果的に反応するかは、
細胞内の体内時計によって決まる。今回の研究は、そのことを初めて示した」と話す。

 また「体内時計の昼と夜との間で創傷治癒速度に約2倍の差があることが一貫して確認される」としながら、
「人体は外傷が発生する可能性がより高い日中に最も速く回復するように進化してきたのかもしれない」と述べた。

(以下略)

AFP/2017年11月9日 11:01 発信地:マイアミ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3149867

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:26 | Comment(0) | 科学ニュース

2017年11月06日

【科学】長期滞在の宇宙飛行士、脳が「圧搾」状態に 米研究

■【科学】長期滞在の宇宙飛行士、脳が「圧搾」状態に 米研究[H29/11/5](タ)(おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=4,くさったしたい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. sage New! 2017/11/05(日)01:06:44 ID:AlZ
◆長期滞在の宇宙飛行士、脳が「圧搾」状態に 米研究
[CNN 2017.11.02 Thu posted at 12:57 JST]


(CNN) 長期間の無重力状態を経験した宇宙飛行士は、脳に変化が起きて
締め付けられたような状態になっているという研究結果が、1日の医学誌に
発表された。

米サウスカロライナ医科大学などの研究チームは、宇宙へ出発する前と地球に
帰還した後の宇宙飛行士の脳を、磁気共鳴断層撮影(MRI)で検査した。
その結果、長期滞在した宇宙飛行士の大部分は脳に変化が起きていることが分かった。

同様の研究を行っているフロリダ大学の研究者は、「脳脊髄(せきずい)液が増え、
脳が頭蓋骨(ずがいこつ)内部で上方に移動しているようだ」と指摘。
「脳脊髄液の増加によって脳が『圧搾』され、脳の領域間の空間が
縮小しているように見える。さらに研究を行って、こうした変化が
どのくらい続くのか調べる必要がある」と話す。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35109789.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(0) | 科学ニュース

2017年09月10日

【スプートニク】「吸血鬼」はどうして誕生したか? 科学的に解明

■【スプートニク】「吸血鬼」はどうして誕生したか? 科学的に解明 [H29/9/10](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=7,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/09/10(日)06:36:35 ID:???

スプートニク日本
この新たな学説は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌に掲載された。

ポルフィリン症患者には様々な症状がみられる。一例としてはポルトフィリン症またはギュンター病など、
慢性的に光に対する過敏性がみとめられたり、皮膚がかぶれやすい、血液細胞が壊れやすいなどの症状がある。

(以下略)

スプートニク/2017年09月09日 10:17
https://jp.sputniknews.com/science/201709094068292/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:25 | Comment(0) | 科学ニュース

2017年04月03日

【科学】スペースX、ロケット再利用に成功 コスト100分の1めざす

■【科学】スペースX、ロケット再利用に成功 コスト100分の1めざす [H29/4/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/04/02(日)10:36:12 ID:???
スペースX、ロケット再利用に成功 コスト100分の1めざす

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米宇宙開発ベンチャーのスペースXは30日、打ち上げ後に回収した
ロケットの再利用に成功した。ロケットの再利用で宇宙への輸送コストを大幅削減するという同社の
構想が実現可能と立証した。ベンチャーが宇宙開発の促進へ歴史的な一歩を踏み出した。

 同社のロケットは2段階式。1段目のロケットで地上から打ち上げ、燃料の大半を使った後に切り離す。
その後は2段目のロケットがさらに高度を上げていく。切り離した1段目のロケットは地球に落下しながら
残りの燃料を逆噴射に使い、速度を緩め着地する。

続き 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK31H07_R30C17A3000000/



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ