2007年05月20日

【髪】 唐辛子の「カプサイシン」と大豆の「イソフラボン」を同時に摂ると育毛効果

唐辛子と大豆で育毛効果 名古屋市立大教授ら実証(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」と大豆に含まれる「イソフラボン」を同時に摂取すると育毛に大きな効果があることを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明講師らのグループが実証し、米科学誌に近く論文が掲載される。岡嶋教授は「1日に、小さじ2杯の唐辛子と半丁の豆腐を食べると効果が出る」としている。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2007年05月14日

【研究】 カラスの頭の良さ、科学的に裏づけ…脳を輪切りにして脳地図作製

<カラス>「頭がよい」 脳地図作製で科学的に裏付け(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 カラスの脳は思考や学習、感情をつかさどる大脳が大きく、その中でも知的活動に関する部分がよく発達していることを、慶応大の研究グループがカラスの脳地図を初めて作製して突き止めた。カラスは体重に占める脳の重さの割合がサル並みに高く、木の枝の一部を曲げて幹の中にいる虫をひっかけるようにして捕るといった、道具を作る場面も観察されている。これらの行動などからカラスは頭がよいと言われていた。今回の研究は、それを科学的に裏付けた。

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:53 | Comment(3) | TrackBack(3) | 科学ニュース

2007年03月05日

【動物】1000万円の人工尾ひれをプレゼントされたイルカ、再び手に入れた自由はプライスレス

人工尾ひれをプレゼントされたイルカ、再び手に入れた自由はプライスレス(ロイター)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
皮膚病で尾ひれを切断された日本のイルカに、人工尾ひれがプレゼントされた。きっと喜んでいるに違いない。

うれしいプレゼントを受け取ったのは沖縄の美ら海(ちゅらうみ)水族館で飼育されているイルカの「フジ」。飼育員によると、尾ひれを切断したため運動不足となり、危険なまでに体重が増えていたが、人工尾ひれがイルカの命を救うことになったという。



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2007年02月21日

【話題】寿命は「数百年」・・・バクテリアにデータを保存する技術を開発 - 慶応大

バクテリアを記録媒体に? 慶大が技術(NEKKEI NET)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
慶応大学先端生命科学研究所は20日、バクテリア(細菌)にデータを保存する技術を開発したと発表した。生命の設計図であるゲノム(全遺伝情報)に手を加え、残しておきたい情報を埋め込む。実用化には時間がかかるが、CD―ROMなど既存の記録媒体より格段に小さく何百年も長持ちする“生物メモリー”が将来登場するかもしれない。

 保存したい情報をDNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列の形に変換、バクテリアの一種である枯草菌(こそうきん)のDNA配列に複数個所組み入れた。枯草菌1個に最大フロッピーディスク(FD)1枚分のデータを保存可能なことが分かった。

 バクテリアを記録媒体に活用する試みはこれまでにもあった。ただ枯草菌だと約30分で世代交代するため、そのたびDNA配列が少しずつ変化しデータが壊れてしまうのが難点だった。

 複数の個所に同じ情報を組み入れることで、データの一部が壊れても修復できるよう工夫した。データ保存は数百年間可能だという。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 科学ニュース

2007年02月20日

【技術】歯や毛を再生、成功率100% 東京理科大・阪大マウス実験

歯と毛再生、成功率100% 東京理科大・阪大マウス実験(FujiSankei Business i)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 東京理科大と大阪大の共同研究グループは、歯を再生したり、薄くなった毛髪の復活に道を開く新たな治療法の技術開発に成功した。マウスによる実験では、正常な歯と同じ構造の歯を100%の確率で再生し、何度繰り返しても同じ結果を得られた。毛の実験でも毛が発生し、伸びることを確認したという。これまで歯の組織の断片をつくったり、歯の再生確率が20%程度の技術は開発されていたが、確実に再生できる技術は世界で初めてとしている。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2007年01月28日

【軍事】電子レンジで人間をチン 米国防総省がマスコミ関係者を集めて「苦痛光線」の公開実験を開催

米国防総省、マスコミ関係者を集めてADSの公開実験を開催(テクノバーン)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米国防総省は24日、ジョージア州ムーディー空軍基地にマスコミ関係者を集めて同省が開発を進めてきた高周波を利用した暴徒鎮圧用システム(ADS: Active Denial System)を公開した。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年12月31日

【医療】「魚鱗癬」という病気を知っていますか…進学や就職で差別 患者・家族ら「特定疾患(難病)に指定を」

魚鱗癬:進学や就職で差別 患者・家族ら「難病指定を」(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 「ぎょりんせん」という病気を知っていますか−−。難治性の皮膚疾患である魚鱗癬(ぎょりんせん)の患者と家族が「魚鱗癬の会」を作り、病気に対する理解を全国に広めようと活動している。全身の肌が赤くただれた状態になるため、進学や就職で差別を受けるケースも少なくない。決定的な治療法が確立されておらず、同会は治療費の公費助成を受けられる「特定疾患」(難病)への指定を目指している。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年12月06日

【科学】人間の赤ちゃんは「生後5カ月」で人の顔を認識する

赤ちゃん:生後5カ月で人の顔認識 愛知・生理研が初実証(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の柿木隆介教授(神経生理学)らと中央大の共同研究グループは、生後5カ月の赤ちゃんが、人間の顔を認識しているということを世界で初めて科学的に証明した。今月中に米国の神経画像専門誌「ニューロイメージ」で研究結果を発表する。脳血流の変化を測定する機器を使用することで、脳の活動部位を客観的に検査する実験でわかった。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年12月04日

【紀元前】機械式天球儀「アンティキテラの歯車」は技術史上の驚異…ネーチャー誌に論文が掲載

「アンティキテラの歯車」は技術史上の驚異、ネーチャー誌に論文が掲載(テクノバーン)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
紀元前の古代ギリシャの沈没船から発見された「アンティキテラの歯車」と呼ばれる機械式の天球儀を最新の3次元X線カメラで分析した結果、その天球儀で使われた技術はその後、1000年間に渡って見出すことはできない、非常に高度な技術力で作られていることが判明した。

最新号のネーチャー誌に欧米の研究者による共同研究論文として掲載されたもの。



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年12月01日

【宇宙】「人類は別の惑星に移住を」…車椅子の天才、ホーキング博士 宇宙を語る

「人類は別の惑星に移住を」 ホーキング博士(CNN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
ロンドン(ロイター) 英ケンブリッジ大のスティーブン・ホーキング博士(64)は30日、英BBCラジオとのインタビューで、人類の未来について語り、「滅亡を避けるためにはどこか別の惑星に移住しなければならない」と話した。博士はまた、自ら宇宙旅行に参加してみたいと述べ、新たな挑戦への意欲を示した。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年11月17日

【研究】 宇宙の「謎の暗黒エネルギー」、90億年前には存在

90億年前には存在 宇宙の暗黒エネルギー(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米航空宇宙局(NASA)は16日、宇宙に存在する謎のエネルギー「暗黒エネルギー」が90億年前にはあったことがハッブル宇宙望遠鏡による超新星の観測で分かったと発表した。
 暗黒エネルギーは、宇宙を収縮させる方向に働く重力に反発して、宇宙の膨張を加速させている力とされる。宇宙の膨張速度が減速から加速に転じた50億−60億年前より古い時期からあったことが確認できたことで、NASAは「謎の多い暗黒エネルギーを解明するのに役立つ」としている。
 ある種の超新星は爆発時にほぼ同じ強さの光を出すため、光の弱まり方と波長の変化で超新星までの距離と遠ざかるスピードが分かる。
 NASAによると、ハッブル宇宙望遠鏡が発見した24個の超新星を詳しく分析した結果、90億年前には既に膨張を加速させる力が働いており、その強さは時間がたってもあまり変わらないことが分かった。
 最近の研究で、宇宙は約5%の星やガスなど目に見える物質と約25%の見えない「暗黒物質」、そして「暗黒エネルギー」で構成されることが分かってきた。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



続きを読む
posted by nandemoarinsu at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年08月31日

超巨大ブラックホール、127億光年先で発見…すばる望遠鏡

初期の超巨大ブラックホール=127億光年先で発見−すばる望遠鏡(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
地球からかに座の方向に約127億光年も離れた所にある超巨大ブラックホールに、周辺の物質が飲み込まれて周囲が光っている様子を、宇宙航空研究開発機構の後藤友嗣研究員がすばる望遠鏡(米ハワイ島)を使って観測した。国立天文台が30日発表した。これまでに観測された超巨大ブラックホールでは、世界で11番目に遠く、日本人研究者の発見では最も遠いという。
 この超巨大ブラックホールの質量は、太陽の約20億倍とみられる。宇宙が約137億年前と推定されるビッグバンで誕生してからわずか10億年で、これほど大きいブラックホールが存在したことは、ブラックホールの形成過程を解明する手掛かりになる。
 また、この超巨大ブラックホールの周囲から放たれる光のうち、特定の波長の残光が観測されたことから、周辺の宇宙空間では水素などの原子核と電子が電離していたことが分かった。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


なんか何億倍って言われても全然実感がありません。
桁違いすぎて・・・

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年08月24日

【科学】宇宙の暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表

暗黒物質の存在示す「直接証拠」とらえた NASA発表(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米航空宇宙局(NASA)は21日、宇宙に満ちた正体不明の「暗黒物質」の存在を示す「直接証拠」をとらえた、と発表した。宇宙形成の理論や観測から、宇宙の重さの4分の1は暗黒物質が担っていると考えられているが、存在の具体的な様子はこれまで、とらえられたことがなかった。

 観測グループはNASAのチャンドラX線観測衛星などで、二つの星団が過去に衝突した現場を詳しく観測した。両星団は超高速で衝突したのにバラバラにならず、いまも独立した星団の形を保っている。グループは膨大な暗黒物質に包まれていて、その重力で形を維持できているのではないかと考えた。

 膨大な重さをもつ天体や星団は、その重力で付近を通る光を曲げる「重力レンズ」効果を及ぼす。この効果の大きさを観測した結果、両星団の周辺に暗黒物質が広がっている様子がわかった。

 宇宙の重さのうち、星やガスなど正体がわかっている物質の割合はわずか4%で、残りは暗黒物質と、アインシュタインが存在を予言した正体不明の「暗黒エネルギー」が占めているとされる。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年08月14日

ヘリから撮った!1時間に60ミリの集中豪雨の「柱」

ヘリから撮った!1時間に60ミリの集中豪雨の「柱」(ANN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
真夏の首都圏を襲う集中豪雨の瞬間を、テレビ朝日のヘリコプターのカメラがとらえました。
rain.jpg
 14日午後4時前、埼玉県富士見市上空に、激しい夕立をもたらす巨大積乱雲が発生しました。雲の高さは、上空1万メートルに達しています。カメラがとらえた映像は、雲の中で成長したたくさんの雨粒が、強烈な下降気流とともに一気に地上に落ち始めた瞬間です。これは、雲が発生してから30分ほどの出来事です。地上では、1時間に60ミリ前後の非常に激しい豪雨となりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 科学ニュース

2006年04月02日

前法王の最後の求めは「聖書を読んで」、枢機卿明かす

前法王の最後の求めは「聖書を読んで」、枢機卿明かす(CNN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
バチカン市国(CNN) 昨年4月2日の前ローマ法王(教皇)、ヨハネ・パウロ2世の死去で、同法王の臨終の間際、病床にいた個人秘書、最も親密な友人とされた枢機卿などは3月31日、法王が最後に求めたことの一つは「聖書を読んで」の依頼だったことを明らかにした。
また、自分の最期が迫っていることをしっかりと認識しながらも、サンピエトロ広場などに多数の信者が集まり、快復を願う祈りを捧げていることに勇気付けられていたという。40年来の友人だったという枢機卿は、「前法王は独りで、死期に向かっているのではない、と考えていた」と振り返っている。
求めに応じ、サイズの大きい聖書を取り出し、読み上げられたが、前法王自身も聖書の一節を唱和するような口の動きを見せたという。居室の外にあるホールでは、身の周りを世話していた使用人らが涙にくれていた。
前法王は昨年2月初期にインフルエンザをこじらせ、3月31日に容体が急変。4月2日夜に死去していた。在位期間は約26年半で、84歳だった。(CNN)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


法王として亡くなったのですね。
ちなみに人は死による周りの人の感情によって
その人の人生の価値が決まると思います。

人気blogランキングへ


続きを読む:【宗教】前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世、最後に求めたことは「聖書を読んで」スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース

*エイプリルフール中止のお知らせ*

*エイプリルフール中止のお知らせ*(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
本年度、ITバブル崩壊の余波、またライブドア事件の混迷、楽天ゴールデンイーグルスぶっちぎり最下位など、悪条件の重なりによる株価低迷が2ちゃんねる運営費にも多大なる影響を与え、火の車である今の財務状況を鑑みるに、エイプリルフールの全面中止もやむなしという判断にあいなりました。
ご期待されていた皆様には大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくご理解いただければ幸いです。
また、妄言民族と呼ばれ、近隣アジア諸国に多大なる苦痛を与えている日本国民としてこれを良い機会と考え、例えエイプリルフールだとしても嘘を無くし、世界平和に貢献できる公明正大な言論の場を標榜すべく襟を正しつつ、2ちゃんねるはエイプリルフールの根絶に今後とも邁進していく所存でございます。(2ちゃんねる)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


毎年恒例のエイプリルフールネタですね
すぐには気づきませんでしたよ

人気blogランキングへ

続きを読む:【2chニュース】2ちゃんねる運営費がピンチ?なのでエイプリルフールが全面中止へスレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 科学ニュース

2006年03月30日

空に火の玉?関東で目撃情報、宇宙の塵落下の可能性

空に火の玉?関東で目撃情報、宇宙の塵落下の可能性(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
29日午後8時半ごろ、関東地方の上空を火の玉のようなものが横切るのが目撃され、「オレンジや青に光る玉が西から東に動いていた」といった情報が天文台などに寄せられた。
 目撃情報は、群馬、茨城、千葉、東京、静岡などに及んだ。群馬県立ぐんま天文台(同県高山村)では、「宇宙の塵(ちり)が地球に落下する際には大気中で明るく光るが、その中でも特に大きく明るい『火球』である可能性が高い」と話している。(読売新聞)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


普通に見たらびっくりしますよね。
小学校のときに見たことがあります。
あの時はUFOかと思ってすごい興奮しました。
あ、火球って確定してないですね

人気blogランキングへ

続きを読む:【気象】空に火の玉?関東で目撃情報 宇宙の塵落下した"火球"の可能性スレより(2ちゃんねる)
posted by nandemoarinsu at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース
人気記事