2010年04月25日

【政治】 鳩山首相 「日本をもっと開かれた国にしないと」…外国人の生活改善対策検討へ

■外国人の生活改善対策検討へ(NHK)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
鳩山総理大臣は、24日、町の人口の15%を外国人が占めている群馬県大泉町などを視察し、今後、日本に住む外国人の医療や教育の問題の改善に向け、政府として対策を検討したいという考えを示しました。

鳩山総理大臣は24日群馬県を訪れ、特産のこんにゃく畑や、世界遺産への登録を目指している旧富岡製糸場などを視察したあと、町の人口のおよそ15%を外国人が占めている大泉町を訪れ、ブラジル人が経営するスーパーなどを見て回りました。そして鳩山総理大臣は、ブラジルで親しまれている食品などが並んだ店内を見たあと、経営者らと意見を交わし、「日本で暮らすうえで、教育や社会保障、医療や年金などの問題もあると思う。こうした問題の解決に向け努力していきたい」と述べました。視察を終えたあと、鳩山総理大臣は記者団に対し、「日系ブラジル人がたくさん住んでいる地域の方の声を聞いて、実情を勉強させていただいた。将来的に、この国をもっと開かれた国にしていかなければならず、政府が何をすべきか考えさせていただきたい」と述べました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 鳩山首相 「日本をもっと開かれた国にしないと」…外国人の生活改善対策検討への続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:44 | Comment(36) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月24日

【政治】鳩山首相「埋め立ては自然への冒涜」…普天間移設現行案決着を明確に否定

■鳩山首相「埋め立ては自然への冒涜」=現行案決着を否定−普天間移設(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行案で決着させる可能性について「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜(ぼうとく)と感じる。受け入れるという話はあってはならない」と述べ、明確に否定した。
 首相は既に、米側が最善とする現行案を容認しない考えを示していたが、5月末の決着期限を控え、立場に変更がないことを確認した。視察先の群馬県大泉町で記者団の質問に答えた。 
 移設先をめぐる日米間の調整は現在、岡田克也外相とルース駐日大使との間で主に行われており、米紙ワシントン・ポストは23日に両氏が会談し、外相が現行案の一部修正を検討していることを伝えたと報じた。
 これに関し、岡田氏は24日、長崎県佐世保市内で記者団に、会談は認めながらも「そういう事実はない」と報道内容を否定。また、「重要な(沖縄の)県民大会を控えて(米紙報道は)極めて遺憾だ」と語った。
 首相も米紙報道について「内容は必ずしも事実ではない」と強調し、「政府案を真剣に検討している最中で、まだ結論が出ていない」と述べた。
 北沢俊美防衛相も24日、長野市内で記者団に「現行案に戻ることはあり得ない」と指摘した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】鳩山首相「埋め立ては自然への冒涜」…普天間移設現行案決着を明確に否定の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:43 | Comment(47) | TrackBack(1) | 政治ニュース

【普天間問題】 政府が辺野古沿岸部に移設するとした、日米合意案に近い形の修正案を米側に打診

■普天間問題 政府、辺野古沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案を米側に打診(FNN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
沖縄のアメリカ軍普天間基地移設問題で、政府が名護市辺野古沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案を、最近、水面下で打診していることが明らかになった。
日米の複数の関係者によると、政府は、鹿児島・徳之島への一部部隊の移設などを柱とした当初の検討が、地元の反対などで実現が困難になった情勢を受け、あらためて、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした日米合意案に近い形の修正案をアメリカ側に水面下で打診していることが明らかになった。
修正案には、現行案を沖合に50メートル移す案や、2本として想定されていたV字型滑走路を1本に縮小する案などが検討されており、訓練の一部などを徳之島など県外に移すことも引き続き検討されているという。
政府は4月25日に沖縄・読谷村で予定される県外移設を求める県民大会の結果を見て、近くアメリカとの本格的な協議に入る意向。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【普天間問題】 政府が辺野古沿岸部に移設するとした、日米合意案に近い形の修正案を米側に打診の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:00 | Comment(25) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 舛添代表 「自民党総裁になりたかったか?腐りきった政党の総裁になったって話にならない」

■「新党改革」舛添代表生出演 「腐りきった政党の総裁になったって話にならない」(FNN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「新党改革」を立ち上げた舛添要一代表が、「スーパーニュース」に生出演した。

(改革クラブと合流せずにいられなかったというのは、もう自民党にこれ以上いられないというタイミングだったという指摘があるが?)
皆さんの誤解はね、「追い詰められてしょうがなく」っていうのは、まったくの誤解であって、これだけの1つの政党をつくりあげるというのは、大変な作業なんです。だから、いろんな選択肢をつくりつつあった。これもそのうちの選択肢です。ただ、わたしが申し上げているのは、民主党、鳩山内閣の支持率がどんどん下がっても、自民党の支持率はもっと下がっている。民主党に全然、1回も勝ったことがない。これは執行部の責任であるし、古い自民党を引きずったままだから、「改革をしなさい」、「体制を一新しなさい」と何度も言った。しかし、それができなかった。そして、新しい政党をつくる。参議院選挙を目の前にしていますから、タイムリミットがあるんですよ。当然、誰がやっても、この工程表で、ほぼデッドラインがここなんです。それまでぎりぎりの努力を、党の執行部に対して要求したけれどもできなかったので、こうなったということなんです。

(本当は自民党の組織をそのまま使って、総裁になりたかったと繰り返し言われているが?)
1つの政党の総裁になるために、わたしは政治をやっていません。厚生労働大臣の時に、自民党のためにやった気持ちはまったくありません。C型肝炎でもハンセンでも、原爆症でも新型インフルでも、国民全体のために働いたわけですから、そんなけちくさい考え方を持っていない。ですから、日本の政治を変えたいということなんで、その腐りきった政党の総裁になったって、話にならないじゃないですか。そういうのを「鶏口となるとも牛後となるなかれ」というわけです。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 舛添代表 「自民党総裁になりたかったか?腐りきった政党の総裁になったって話にならない」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:30 | Comment(53) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月23日

【政治】 「ポスト鳩山」に、田中真紀子氏が急浮上

■囁かれる鳩山内閣「5月退陣説」 「ポスト鳩山」に田中真紀子が急浮上(MONEYzine)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「ポスト鳩山」の条件

FX会社最新順位と比較 今、永田町で叫ばれているのが鳩山由紀夫内閣の「5月退陣説」だ。自身の偽装献金事件や幹事長の小沢一郎による「陸山会」土地購入事件をきっかけに支持率が急落。仮に普天間基地移設の結論が出せなかったら、一気に「鳩山降ろし」の風が吹くであろう。

 すでに「ポスト鳩山」を睨んだ動きも加速しており、今のところレースの先頭を走るのは財務大臣の菅直人で、次いで総務大臣の原口一博が後を追う展開だ。

 そんな中、にわかに浮上しているのが元外務大臣の田中眞紀子である。仮に眞紀子が首相となれば、日本初の女性宰相の誕生となる。

 眞紀子は、元首相の角栄の長女で、自民党時代の2001年4月の総裁選では、小泉純一郎の応援を買って出て、二人三脚で「小泉旋風」を巻き起こし小泉内閣で外務大臣に起用された。ところが、就任直後から外務省の事務方とのバトルが絶えず、やがて日本外交が機能不全に陥り、わずか9ヵ月で更迭されている。

 2002年8月には自らの秘書給与流用疑惑が浮上し議員辞職に追い込まれ、その後、2003年11月の衆院選に無所属で出馬して復帰し、前回の衆院選直前に夫で参院議員の直紀と、夫婦揃って民主党入りした。

 今の民主党で「ポスト鳩山」を狙うには小沢から寵愛されることが重要だ。しかし、昨年12月には、小沢が角栄の17回忌法要に出席して、眞紀子の案内で角栄の墓前に立ち手を合わせおり、永田町ではすでに小沢の「お墨付き」を得たと声も囁かれている。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 「ポスト鳩山」に、田中真紀子氏が急浮上の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(56) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月22日

【普天間】北マリアナ諸島上院議会が移設先にテニアン島を検討するよう求める決議を全会一致で可決していたことが判明

■テニアン誘致を決議 北マリアナ上院議会 日米政府に要求へ(沖縄タイムス)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米自治領北マリアナ諸島の上院議会が16日、米軍普天間飛行場の移設先として同諸島のテニアン島を検討するよう日米両政府に求める決議を全会一致で可決していたことが分かった。あて先は米国防総省、日本政府など。27日には下院議会で同様の決議が行われる見通し。

 決議は普天間の移設先を検討する日米両政府に対し、東南アジアの防衛の拠点として北マリアナ諸島とテニアンを移設地として検討することを求めている。

 米国防総省がすでにテニアンの3分の2を租借していることや、東南アジアの防衛の観点からも地理的な優位性があると指摘。米軍人と家族に近代的な生活・娯楽施設が提供できることにも触れ、「北マリアナ諸島は普天間の移設を心から歓迎することを宣言している」としている。

 今月9〜11日にテニアンを訪れ、テノリオ下院議長やデラクルス・テニアン市長から在沖海兵隊受け入れの意思を伝えられていた社民党の照屋寛徳国対委員長は「決議は住民の強い意思表示。日米両政府は重く受け止め、北マリアナ移設を交渉してほしい」と述べ、同地域への移設の実現可能性を強調した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで




【普天間】北マリアナ諸島上院議会が移設先にテニアン島を検討するよう求める決議を全会一致で可決していたことが判明の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:56 | Comment(20) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【党首討論】 鳩山首相 「私は愚かな総理かもしれない。…が、『エイヤ』と辺野古移転決めてれば、日米安保はおかしくなったはず」

■【党首討論詳報】(2)「愚かな総理かもしれません」と首相(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
首相「確かに、ワシントンポストのいわれるように、私は愚かな総理かもしれません。それを、昨年の12月において、もし、『エイヤ』と、辺野古という場所に新たな普天間の移設先を決めていれば、どんなに楽であったか、はかりしりません。そしてそのことでオバマ大統領との間で、日米関係が一見、良くなったようにみえたかもしれません。しかし果たしてそうでしょうか。私はそうは思わなかった。決して、愚かだったから、愚直だったから、あるいはそうかもしれません。しかし、結果として辺野古の海、果たして工事が進んだでしょうか。私は結果としてあと数年間、何も動かなくなる。結果として日米関係が一見よくなったにもかかわらず、結局は日米安保、おかしくなったね。あの結論、間違いだったじゃないか、そのようにいわれたかもしれない」


【党首討論】 鳩山首相 「私は愚かな総理かもしれない。…が、『エイヤ』と辺野古移転決めてれば、日米安保はおかしくなったはず」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(22) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月21日

【普天間】 「鳩山首相は、日本の政治史上まれにみる知識人宰相。どのタイミングで決断するのが有利かを探っている」…元外務省分析官

■2010年4月20日(火)(東奥日報)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜

 鳩山由紀夫さんは優柔不断で何を考えているのかわからない宇宙人か。「違う。名門スタンフォード大で博士号をとった正真正銘の学者。日本の政治史上まれにみる知識人宰相だ」と元外務省主任分析官の作家佐藤優さんはいう。

 鳩山博士は、与えられた条件の中で最も効率的な態勢を築くオペレーションズ・リサーチ(OR)の専門家。ロシアの天才数学者マルコフの確率理論に基づき「どのタイミングで決断するのが最も有利か」を研究してきた。その力量を佐藤さんが「本の窓」(小学館)の連載「勉強術」で紹介している。

 第2次世界大戦で劣勢の英国がドイツを撃退したのは、自国の欠陥を修正しながら最大の力を導き出したORの勝利だった。鳩山政権の事業仕分け哲学も同じ。国家の部品の総取り換えはできないので、不具合個所を整理し、故障部品である官僚を異動させ、構造改革を進める。

 普天間問題では日米同盟を最大限に強化するという目的関数を設定する。これに沖縄の人々の反発、米国の反発、中台関係、米朝交渉、小沢問題といった制約条件を組み込んだ方程式を立て、時間とともに変化する事態をにらみながら最適解を探ろうとしている。

 「足して2で割る」永田町の算数に慣れきったジャーナリストに微分方程式は理解できないのだ、と佐藤さんはいう。だが、議論の平行線を交わらせようとするのは高等数学をもってしても難しい、と算数あたまは考えてしまう。決断の大家が解を出せずにもがいている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【普天間】 「鳩山首相は、日本の政治史上まれにみる知識人宰相。どのタイミングで決断するのが有利かを探っている」…元外務省分析官の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(66) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月20日

【政治】 自民党、公約に「国民安心税」…参院選で

■参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党は20日、消費税の大半を目的税化し、医療や福祉に充てる「国民安心税」(仮称)の創設を参院選の公約に盛り込む方針を固めた。導入時期や税率の引き上げ幅について調整し、5月の大型連休明けにも決定する。一方、法人税の実効税率(現行約40%)は20%台に大幅に引き下げる。
 また、新卒者の完全雇用を目指し、就職先が決まらなかった高校・大学の新卒者を試行的に2年程度雇った企業に年間100万円の助成金を支給する「トライアル雇用制度」の導入も盛り込む考えだ。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 自民党、公約に「国民安心税」…参院選での続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:33 | Comment(52) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年04月19日

【普天間問題】 米がキャンベル氏来日見送りを日本側に通告 5月末までの米側との合意取り付けは絶望的に

■徳之島で1万5千人が移設反対集会 米、キャンベル氏来日見送りを通告 普天間移設問題(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、政府が移説先として検討している鹿児島県・徳之島で18日、反対集会が開かれ、政府に移設断念を求める決議文を採択した。集会には主催者発表で目標の1万人を超える1万5千人が参加した。一方、米政府は4月下旬に予定していたキャンベル米国務次官補の来日見送りを日本側に通告。首相が5月末までとする移設先、米側との合意取り付けは絶望的な状況となった。

 徳之島で行われた反対集会は島内の天城、伊仙、徳之島3町や民間約60団体でつくる「徳之島への米軍基地移設反対協議会」が主催した。集会では同島の3町長や島民代表らが移設反対を訴え、「政府が断念するまで戦う」との決議文が表明された。

 集会後、大久保明伊仙町長は「集会で首相が気持ちを動かさないはずはない。政府はもう島に打診できないと確信している」と述べた。

 反対集会を受け、民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員は18日夕、首相公邸で鳩山由紀夫首相と会い、県連として「白紙撤回」を求めていく方針を伝え、首相は「分かった」と述べた。

 一方、日米関係筋は18日、ワシントンで12日(日本時間13日)に行われた非公式の日米首脳会談で、オバマ米大統領が首相に「最後までやり通せるのか」と述べたことを明らかにした。政府当局者はこの発言について、「首相が5月末までの決着への協力を求めたのを受け、確認する意味で述べたものだ。決して首相への不信感を表明したものではない」と説明した。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【普天間問題】 米がキャンベル氏来日見送りを日本側に通告 5月末までの米側との合意取り付けは絶望的にの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:00 | Comment(24) | TrackBack(1) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ