2010年09月01日

【政治】小沢氏の選対本部顧問に鳩山前首相を起用へ 民主党代表選 

■民主党代表選 小沢前幹事長側の選対本部顧問に鳩山前首相を起用へ(FNN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
9月1日告示の民主党代表選挙で、31日夕方、菅首相と小沢前幹事長が会談を行ったあと、両者がそれぞれ出馬会見を行った。これにより代表選は菅首相、小沢前幹事長の全面対決となる構図が固まった。
30日夜の菅・鳩山会談以降、「挙党態勢」での一致を図り、代表選での対決を回避しようと調整が続けられてきたが、最後はポストで折り合いがつかなかったことも決裂の一因となったもよう。
菅首相の周辺によると、30日夜の菅首相と鳩山前首相との会談前から、鳩山前首相や輿石参院会長らは、直接、菅首相に「人事はフリーだから、トロイカを大切にしてくれ」と要請があり、こうした要請を受ける形で、挙党態勢を目指すとする30日夜の会見を行ったということ。
31日の昼にその会談の報告を小沢前幹事長、輿石参院会長に行った鳩山前首相は、その席で、菅首相に直接電話を入れ、「一時的に密室談合を言われても合議で決めましょう。その方が、ゆくゆくは政権が安定する」と語り、小沢前幹事長を重要ポストで処遇するよう直接要求したという。
それに対し、菅首相は、「人事の話をするのは、たとえ首相としての職が続いても、わたしという政治家が続かない。今までそういう政治はしてこなかった」と語り、再三早く結論を出すよう求める鳩山前首相との話は暗礁に乗り上げ、事実上ここで決裂したという。
夕方から行われた菅首相と小沢前幹事長の直接会談では、小沢前幹事長から直接ポストの要求はなかったと語った菅首相だが、「ほかの方から、ポストについての意見はいろいろあった」と、水面下で圧力があったことを認めている。
一方の小沢前幹事長の決断の背景には、人事だけでなく、小沢前幹事長自身が「菅首相のもとでは、経済が立ち行かなくなる」などと、一貫した思いがあったいうことで、そのように周辺がもらしており、鳩山前首相らの調整を横目に、着々と出馬への準備を進めていたとみられている。
代表選で全面対決の構図が固まったことで、選挙後にいずれの陣営が勝利しても、党分裂や政界再編の可能性をはらんだ展開となることが予想される。
小沢前幹事長側の選対本部の顧問に、鳩山前首相が就くことが固まったという。
また、選対本部長には輿石参院会長の起用が検討されているといわれている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】小沢氏の選対本部顧問に鳩山前首相を起用へ 民主党代表選 の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:48 | Comment(27) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月31日

【政治】菅・鳩山両氏、「トロイカ体制」維持で一致

■首相と鳩山氏、挙党重視で一致 31日に菅・小沢会談へ(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
9月1日に告示される民主党代表選をめぐり、菅直人首相は30日夜、首相公邸で鳩山由紀夫前首相と約1時間会談した。両氏は小沢一郎前幹事長も加えたトロイカ体制を重視して政権運営を進めることで一致した。鳩山氏は首相と小沢氏の会談を31日に設定する考えを示しており、小沢氏の対応が焦点だ。

 代表選をめぐっては、首相が「脱小沢」路線の徹底を目指し、挙党態勢を掲げた小沢氏との一騎打ちの構図が強まっていた。ただ、首相が鳩山氏とともに「トロイカ体制の重視」を打ち出したことで、直接対決が回避される可能性が出てきた。

 会談終了後、首相と鳩山氏は公邸前で記者団とのやり取りに応じた。鳩山氏は「経済的にも円高などで大変対策が急がれている。こういう時こそ挙党態勢を築くことが重要だ」と強調。さらに「挙党態勢とは、小沢先生が(民主党に)加わってからいわゆるトロイカ体制で今日までやってきた、その原点に立ち戻ること」と語った。

 菅首相は3氏のほかに輿石東参院議員会長の名前を挙げた上で、「基本的な考え方はまったく異存がない。その体制を大事に考えて活動を進めていくという鳩山さんからの提案に同意した」と述べた。




【政治】菅・鳩山両氏、「トロイカ体制」維持で一致の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:57 | Comment(13) | TrackBack(1) | 政治ニュース

2010年08月28日

【ゲンダイ】「小沢首相」なら1ドル=100円、株価1万2、3000円の期待も出てくるので待望されるのも当然と日刊ゲンダイ

■「小沢首相」なら1ドル=100円、株価1万2、3000円の期待も出てくる(日刊ゲンダイ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
小沢前幹事長が首相になれば、政治、経済、社会システムは劇的に変わる。官僚依存、庶民増税、対米追随という自民党政治への回帰が目立つ菅政権から百八十度転換し、「国民生活第一」が実現する。円高、株安の悪い流れを断ち切れるのも、菅首相ではなく小沢だ。

 経済政策は民主代表選の大きな争点だ。為替市場は1995年の1ドル=79円台が目前に迫り、株式相場は9000円前後の低空飛行を続けている。この難局を政治がどう乗り切るか。これは国民の最大関心事だが、専門筋は「菅首相より小沢氏のスタンスが正しい」で一致する。
 明大教授の高木勝氏(現代経済)が言う。
「小沢氏は政治とカネなどの問題を抱えているが、経済政策だけをみれば、すべての面で菅首相を上回っています。国債発行の上限を決めて財政再建を急ぐ菅首相は、現状認識が甘過ぎます。平時の場合はそれでもいいでしょう。しかし、これほど景気やマーケットが危機的状況にあるときに、政策の手足を縛るようでは経済が死にます。今は、思い切った景気対策のためになら、大規模な財政出動も辞さない小沢氏のような考えが必要なのです。どれだけ財務官僚が反対しようとも、それを抑えつける小沢氏の剛腕に期待したい」

●出馬表明で株式は2日連続上昇
 マーケットも、慎重な菅ではなく、腕力のある小沢を望んでいる。実際に「小沢出馬表明」のあと、株式市場は2日連続で上昇した。「小沢氏の出馬で素人の菅首相が退陣するのでは、と安心感が広まった」(証券大手)という。
“小沢首相”の場合、財政出動論者の亀井静香・国民新党代表が財務大臣に抜擢される可能性も指摘されている。景気はカンフル剤が打たれ、息を吹き返す公算が大きいのだ。
「小沢氏なら、日銀にもにらみが利きます。今回の局面でも、白川総裁を官邸に呼び、金融緩和などの必要な対策を打つように迫ったはず。菅首相のように電話会談でお茶を濁すような愚かなマネはしなかったと思います」(高木勝氏=前出)
 菅は27日に「必要なときは断固たる措置を取る」と談話を発表し、白川総裁と官邸で会うと言い出した。経済対策にも言及し始めている。さすがにヤバイと思ったのだろう。しかし、猛烈に批判されてからでないと動けないところが、菅の限界である。
「為替相場の急激な円高を止め、低迷する株価を持ち直すのは、菅首相にはムリ。1ドル=100円、リーマン・ショック前の水準である平均株価1万2、3000円の回復は、“小沢首相”にしかできない芸当です」(証券エコノミスト)
 小沢が待望されるのも当然だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【ゲンダイ】「小沢首相」なら1ドル=100円、株価1万2、3000円の期待も出てくるので待望されるのも当然と日刊ゲンダイの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:56 | Comment(30) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】民主党内に「鳩山氏は出しゃばりすぎ」との声

■党内に「鳩山氏は出しゃばりすぎ」との声も(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党代表選をめぐって菅首相と小沢一郎前幹事長の間を仲介した鳩山前首相に対し、党内で期待と不信の双方が広がっている。


 菅―小沢対決の回避に向け、鳩山氏による再調整を望む声の一方、「鳩山氏は出しゃばりすぎだ」といった冷ややかな見方もある。鳩山グループも、党内の「視線」を意識し、鳩山氏の意向通りには「小沢氏支持」を決めきれないでいる。

 ロシア訪問中の鳩山氏は27日、代表選で小沢氏を支持すると表明した理由について、モスクワ市内で記者団に「小沢氏は政権交代を導き、私を首相へと導いた。その恩には恩返しするべきだ」と説明した。

 「国民に政策論争を見せ、その後、党内が結束を固めていけるように(自分の)役割があればと思っている」とも語り、代表選後の挙党態勢構築に一役買う意向も示した。

 だが、党内では「代表選前」の調整を望む声が広がっている。小沢氏出馬が「党分裂につながり、民主党政権が瓦解するのでは」といった懸念につながっているためだ。小沢氏側近の松木謙公国会対策筆頭副委員長は28日のテレビ東京の番組で、小沢氏が離党した場合、「私はついて行く」と言い切った。

 一方、国民の支持を失って6月に首相退陣に追い込まれたばかりの鳩山氏が代表選に関与していることを苦々しく思う議員も多い。

 首相を支持する前原国土交通相グループの26日の会合では、「鳩山氏は『首相支持』を表明しながら、平然と手のひらを返した」などの批判が相次いだ。

 鳩山グループの中山義活前首相補佐官は28日のテレビ朝日番組で、「グループは鳩山氏との人間的なつながりでやってきた。鳩山氏が『頼みます』と言えば(従う)」と述べたが、「鳩山氏の考えは尊重しないといけないが、そうでないこともある」(五十嵐文彦衆院議員)との声もある。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】民主党内に「鳩山氏は出しゃばりすぎ」との声の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:14 | Comment(21) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月27日

【小沢氏出馬】 「鳩山前首相…昨日は菅支持だったのに今日は小沢支持…あり得ない」…"風見鶏発言"鳩山前首相に批判集中

■小沢氏出馬表明で、風見鶏発言の鳩山前首相に批判集中(リアルライブ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
また鳩が風見鶏になった!? 民主党の小沢一郎前幹事長(68)が9月14日の党代表選挙への出馬を表明したが、永田町では出馬を「後押し」したとされる鳩山由紀夫前首相(63)への風当たりが激しくなっている。

 菅直人首相(63)の前では「続投を支持する」と言っていたのに、26日朝に小沢氏と会談すれば「これが大義だ。応援する」と、どちらにもいい顔をしたがる態度に呆れる党員まで出る始末だ。

 ある民主党の新人議員は「きのうまで菅続投を支持していたのに、一夜明ければ小沢さん支持に前言を翻すなんて、党の領袖として有り得ないこと。新人議員の多くは、きょうの鳩山さんの発言で一体どちらにつけば(投票すれば)いいのか困惑しています」と話す。

 民主党の国会議員数は412人。うち150人が小沢支持派、50人ほどが、いわゆる「鳩山派」とみられている。「鳩山派が小沢さんにつくとなると、数の上ではかなり小沢さんに有利。もっとも、支持派の数字自体も浮動票のように流れる可能性もありますが」(民主党関係者)

 鳩山氏の風見鶏ぶりは首相在任中にも米軍普天間基地問題に関する発言がコロコロ変わっていった「前科」がある。今回の発言も民主党の中には、「小沢氏に寝返った」「いや、何か思惑があるのかも」と憶測を呼ぶばかり。前出の党関係者は「9月14日の投開票の直前に、鳩山さんはもう一度どちらを支持するか公式に発言するのではないか。ただし、もう一度前言を撤回すると、小沢氏が党を割る可能性も出てくる」と危惧する。

 永田町では「総理を辞めた人が影響力を行使するのは、いかがなものか? と苦言を呈し、次の衆議院選挙に立候補しないと言っていた3か月前の言葉はなんだったのか」との批判の声まで出ている。鳩山氏は午後には海外に出発したが、外遊先でもまたぞろ「風見鶏発言」をして国民を困惑させないことを祈るばかりだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【小沢氏出馬】 「鳩山前首相…昨日は菅支持だったのに今日は小沢支持…あり得ない」…"風見鶏発言"鳩山前首相に批判集中の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(31) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月25日

【経済】円高・株安、身動きできず=民主党代表選を優先−政府・日銀

■円高・株安、身動きできず=民主党代表選を優先−政府・日銀(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜円高・株安に歯止めが掛からない。24日の東京市場で円相場は1ドル=84円台に上昇し、株価は1年3カ月ぶりに9000円台を割り込んだ。前日の菅直人首相と白川方明日銀総裁の電話会談では円高対策など市場が期待した具体的な行動が取られず、今の混乱に政府・日銀は身動きできないと市場に見透かされつつある。
 欧米の理解が得られぬ為替介入には高いハードルがある上、財政再建路線下での大規模な景気対策は容易ではない。加えて「政策対応よりも民主党代表選挙の日程優先となっている面がある」(政府関係者)ことも、混乱への対応に機動性を欠く一因となっている。
 政府は民主党案を踏まえ、9月上旬にも追加経済対策を策定する方向だ。だが、民主党内の関心は9月の代表選に集中しており、詰めた論議を行うのは難しいのが実情。
 財務省などの動きも鈍い。「経済対策は9月以降に出る各種の経済指標を見極めてからでもよい」(主計局幹部)との指摘も多く、日本の首相を決める民主党代表選挙の成り行きや連立与党の枠組みが固まるまでは動くべきではないと考えているようだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【経済】円高・株安、身動きできず=民主党代表選を優先−政府・日銀の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:21 | Comment(53) | TrackBack(1) | 政治ニュース

2010年08月24日

【思想】「日本には筋の通った左翼が必要」「共産主義を求める波は今後も繰り返し訪れる」 マルクスが再び注目されている

■今、再びマルクスに光 入門・解説書や新訳、相次ぎ刊行(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
冷戦終結とともに葬り去られたはずのカール・マルクス(1818〜83)が、このところ相次ぐ入門書や解説書、新訳の刊行で、再び注目されている。現実政治への影響力は薄れたが、経済のグローバル化や環境問題、個人の生き方など、21世紀の課題に向き合う思想として新たな光を放ちつつある。

■現代の課題に向き合う

 「強靱(きょうじん)な論理でぐいぐい読者を引っぱりながら、瞬間的な目くらましで跳躍する。作家・マルクスのドライブ感あふれる文体について、書きたいと思っていた」

 内田樹(たつる)・神戸女学院大教授(フランス現代思想)が熱を帯びた口調で語る。

 同僚の石川康宏教授(経済理論)との共著『若者よ、マルクスを読もう』(かもがわ出版)を6月に出した。『共産党宣言』『経済学・哲学草稿』などマルクス青年期の著作を往復書簡の形で解説。今後も『資本論』など続編を発表していくという。

 「座標軸をなくした日本社会には、一本筋の通った左翼の存在が必要だと思う。今の若者は左翼アレルギーが強いが、ブルジョアジー出身のマルクスが弱者への友愛から連帯の思想を紡いでいったように、本来の左翼的知性とは熱くて柔軟なものだ」

 とはいえ、礼賛だけの本ではない。「マルクスにどっぷりつかってきた」という石川教授と、違いを認め合いつつ進める対話は、左翼につきものだった党派対立をこえる実践の書としても読める。


【思想】「日本には筋の通った左翼が必要」「共産主義を求める波は今後も繰り返し訪れる」 マルクスが再び注目されているの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:14 | Comment(45) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月23日

【政治】民主党・鳩山前首相「小沢、菅の両氏は(個性が)強すぎる。そこでやさしい私が仲介に入る」と意欲

■「やさしい私が仲介に」鳩山氏、代表選で意欲(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党の鳩山前首相は23日夜、BSフジの番組で、党代表選で菅首相と小沢氏の仲介役を果たすことに意欲を示した。


 鳩山氏は「2人を会わせるために、それぞれ私が会わないといけないかなと思う。私の出番がないのが一番だが、そうでなければ、やってみたい。小沢、菅の両氏は2人とも(個性が)強すぎる。そこでやさしい私が仲介に入る(こともありうる)」と語った。鳩山氏の発言の背景には、菅、小沢両氏の陣営の対立が強まれば、党分裂の危機を招きかねないとの判断があると見られる。

 一方で、「『まあまあ』と言って、選挙をやらない方がいいのか、私も迷いがある。『まあまあ』で収めてしまって、党内はいいが、国民はどうか」とも語り、代表選が無投票に終わることへの疑問も示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】民主党・鳩山前首相「小沢、菅の両氏は(個性が)強すぎる。そこでやさしい私が仲介に入る」と意欲の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:46 | Comment(25) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月19日

【政治】「最終的には私が責任を取るが、私の代理として鳩山前首相の力をお借りして前進させたい」 菅首相、今度は北方領土に意欲

■「戦後最大の懸案の一つ」 菅首相、今度は北方領土に意欲(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 菅直人首相は18日、首相官邸で北方領土の元居住者らで作る千島歯舞諸島居住者連盟の小泉敏夫理事長らの表敬訪問を受けた。首相は北方領土の返還について「戦後日本における最大の懸案の一つだ。最終的には私が責任を取るが、私の代理として(北方領土問題に取り組んできた)鳩山由紀夫前首相の力をお借りして前進させたい」と意欲を示した。

 首相は7月27日、首相官邸を訪問した元居住者の3世らの中学生と面会せずに非難を浴びたが、今回は、北方領土の早期一括返還や元居住者の権益の保護、後継者の育成など12項目の要望書を自ら受け取った。

 小泉会長は面会後、「菅首相から意欲的な回答を得た。帰って元島民に話したい」と述べた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】「最終的には私が責任を取るが、私の代理として鳩山前首相の力をお借りして前進させたい」 菅首相、今度は北方領土に意欲の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(23) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2010年08月18日

【鳩山会談】温首相、菅首相の早期訪中を招請…鳩山氏は「温室効果ガス」削減技術の中国供与を表明

■環境分野で日中の連携推進 鳩山氏と温首相が一致(中日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
中国を訪問中の民主党の鳩山由紀夫前首相は17日、温家宝首相と北京市内で会談、地球温暖化対策など環境分野で連携を進めていくことで一致した。温氏は菅直人首相の早期訪中を招請した。

 鳩山氏は河北省唐山市の工業都市視察を踏まえ「環境への配慮が行き届いている。こういうところで協力するのは大変意義がある」と指摘。進出する日本企業の支援策を日本政府と民主党で検討していく考えを伝えた。温氏は「日中協力の要として、ぜひお願いしたい」と応じた。

 鳩山氏は温室効果ガス削減に向けた技術供与を中国向けに行い、協力拡大を目指す意向も伝達。多数の被災者が出た中国の大規模土石流災害に哀悼の意を表明した。両氏は鳩山氏が首相在任中に提唱した「東アジア共同体」構想を推進していく方向も確認した。

 鳩山氏は民主党議員でつくる「日中環境協力推進議員懇談会」会長として訪中した。温首相との会談は、鳩山氏が首相を辞任する直前の5月31日以来で、この日は唐家セン元国務委員とも会談。温氏との会談には中山義活前首相補佐官らが同席した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【鳩山会談】温首相、菅首相の早期訪中を招請…鳩山氏は「温室効果ガス」削減技術の中国供与を表明の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:48 | Comment(30) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ