2009年12月16日

【政治】特例会見問題、沈静化したい鳩山首相→前原国交相の「自民党の元首相が・・」発言で泥仕合の様相と読売新聞

■特例会見、沈静化したい首相に野党批判(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を特例的に実現するよう指示し、「皇室の政治利用だ」などと指摘された鳩山首相は、15日に会見が行われたことを受けて事態を沈静化したい考えだ。


 ただ、野党からは厳しい批判が続いており、波紋は収まっていない。

 この問題では、指示に懸念を示した宮内庁の羽毛田信吾長官を、民主党の小沢幹事長が14日に非難した。

 首相は15日夕、首相官邸で記者団に、「和やかに会談されたことは両国関係にとって良かった。幹事長の発言もあるが、私は(会見実現の)事実だけを受け止め、よしとしたいと思っている」と語った。平野官房長官も同日午前の記者会見で、羽毛田長官の懸念表明について、「長官としての見識での発言だろう」と述べ、容認姿勢を示した。

 政府・与党には、陛下と外国要人との会見に関し、「1か月前までに文書で申請する」という慣行の見直しを求める声もある。松野官房副長官は15日夕、首相官邸に宮内庁の岡弘文審議官を呼び、「1か月ルール」の経緯などの説明を求めた。ただ、大勢は事態の早期収拾を望んでいる。「議論すればするほど、事態が悪化する可能性がある」と見ているからで、小沢氏が言及した羽毛田長官の辞任論も下火になっている。

 しかし、自民党の石破政調会長が15日、「(ルールが)時の政府の意向で左右されることであってはいけない」と述べるなど、政権を批判する声は依然強い。

 前原国土交通相は15日の記者会見で、「会見ができないかという話は『元首相』からあったと聞いている。自民党の方から首相官邸に届いた」と自民党をけん制した。これに対し、自民党の谷垣総裁は「わが党の首相経験者も中国側から働き掛けがあれば、『(会見)できないか』と言うことはあると思う。しかし、『1か月ルールがある』と説明を聞けば、すぐ理解されると思う」と反論するなど、対立が続いている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】特例会見問題、沈静化したい鳩山首相→前原国交相の「自民党の元首相が・・」発言で泥仕合の様相と読売新聞の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(65) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【論説】 「習副主席、天皇陛下にオバマ大統領のようにお辞儀を、とは言わないが…」…西日本新聞(お辞儀比較画像あり)

■中国の官僚体質を露呈(西日本新聞)


引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 中国では、法律やルールなどあってなきもの。北京での取材を通じて、中国の官僚体質や市民のマナー無視には腹をたてないよう心掛けてきた。だが、天皇陛下との特例会見が認められた習近平国家副主席の訪日前の動きには、さすがにひと言、言いたくなる。

 そもそも、次期最高指導者とみられる習氏の訪日は、今夏には調整が始まっていた。胡錦濤国家主席も副主席時代の訪日で天皇と会った、との前例を中国が踏襲したいなら、「1カ月前」といわずもっと早く申請できたはずだ。

 中国の外務次官は、今月初め「(天皇との)会見実現は訪日の成否にかかわる」と語ったそうだ。だが、自分たちの怠慢を棚に上げ、中国官僚特有の特権意識で「日本の慣例など何とかなる」と押し切ったとすれば、何と高圧的な態度か。民主党も自民党を「対米追従外交」と批判していたが、今回の対応はまるで「対中追従外交」だ。

 出足でつまずいた形の今回の訪日で、習氏は滞在中、何を語るのか。「オバマさんのように天皇には深くお辞儀を」とは言わないが、官僚意識を捨ててよほど頑張らないと、中国への悪いイメージは改善できない。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【論説】 「習副主席、天皇陛下にオバマ大統領のようにお辞儀を、とは言わないが…」…西日本新聞(お辞儀比較画像あり)の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:52 | Comment(42) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2009年12月15日

【政治】 民主・小沢氏 「外国人参政権法案、反対でも賛成しろ」「憲法、金科玉条のような考え方は戦前と同じ。変えてもいい」

■参政権法案、反対でも賛成を=民主小沢幹事長(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「(党内に)賛否があるのは承知しているが、自分たちの政府が提案したことには賛成するのが普通だ」と述べ、反対の立場の党所属議員にも、採決の際は賛成を求める考えを示した。党議拘束を掛けるか否かは明言しなかった。
 一方、憲法に関して「金科玉条のように神様から授かった(という)ような考え方は、戦前の憲法観と同じだ」と指摘。「みんなが変えた方がいいと思えば変えればいい」と述べた。
 日本外交については「日米関係、日中関係の二つが最も重要だ」と強調した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 民主・小沢氏 「外国人参政権法案、反対でも賛成しろ」「憲法、金科玉条のような考え方は戦前と同じ。変えてもいい」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(60) | TrackBack(1) | 政治ニュース

【普天間】 鳩山政権 「『どこに移設するかは当分決めない!』と決めました」…与党幹部が見通し

■普天間移設先「当分決めず」=与党幹部が見通し(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
与党幹部は14日夜、政府が15日午前の基本政策閣僚委員会で決める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題での対処方針について、(1)移設先は与党3党で協議して決める(2)移設先は当分決めない(3)現行計画に基づく移設関連費用は2010年度予算に計上し、同県名護市辺野古沿岸部の環境アセスメント(影響調査)は継続する−との内容で合意するとの見通しを示した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【普天間】 鳩山政権 「『どこに移設するかは当分決めない!』と決めました」…与党幹部が見通しの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:54 | Comment(46) | TrackBack(1) | 政治ニュース

2009年12月14日

【政治】「天皇陛下面会許可は日本が中国との友好をどれだけ重視しているかの表れだ」 民主党議員、副主席の訪日に期待

■民主党議員、習近平副主席の訪日に期待(CRI)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜

民主党と中国共産党の政党間交流で10日から13日まで訪中した民主党の議員は、中国の習近平副主席の14日からの訪日について、戦略的互恵関係を広めてほしいなどの期待を寄せました。

 衆議院議員で民主党の国会対策副委員長を務める石関貴志氏は、「戦略的互恵関係を広めてほしい」と期待を示しました。その上で、習近平副主席が特例の短い手続きで日本の天皇陛下との面会を許可されたことについて、「日本が中国との友好をどれだけ重視しているかの表れだ」と述べました。

 また、主浜了参議院議員は「日中両国の戦略的互恵関係をさらに深め、また、そのための取り組みの具体的な方向性も示してほしい」と期待を寄せました。

 なお、中国の習近平副主席は14日から16日にかけて日本を訪問し、鳩山総理大臣や天皇陛下と会談する予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】「天皇陛下面会許可は日本が中国との友好をどれだけ重視しているかの表れだ」 民主党議員、副主席の訪日に期待の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(35) | TrackBack(2) | 政治ニュース

2009年12月13日

【普天間】鳩山首相「何でそんなに急ぐのかなあ…」 がけっ縁の首相 危機感なし?

■普天間問題、がけっ縁の首相 危機感なし?18日期限「正式に聞いてない」 (MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 米軍普天間飛行場の移設問題で、米政府が日本政府に対し、18日までの結論を求めてきたことで、鳩山由紀夫首相はいよいよがけっ縁に追い込まれてきた。

 普天間飛行場の県外・国外移転を主張する社民党に配慮し、日米同盟よりも連立政権維持を優先する鳩山首相にとって、与党との調整を考えれば18日までの回答などほとんど不可能に近いためだ。

 だが、米政府の不満が限界点に達しつつある中、首相の言動からは危機感が伝わってこない。

 「米国の思いは事実関係も含めて勉強させていただくが、(米政府から)正式にうかがっていない。コメントはこれ以上言わない」

 首相は12日夕、視察先の都内で記者団の質問にこう答えた。11月の日米首脳会談以降、移設問題の決断時期について、「越年」「年内」と揺れる発言を繰りかえしてきた首相だが、本音は「問題の先送り」(民主党関係者)とされる。

 「何でそんなに急ぐのかなあ…」

 岡田克也外相が「年内決着」に向けて米側との折衝を続けていた11月、首相は周辺にこう漏らし、岡田氏の言動に批判的な視線を向けていたという。


【普天間】鳩山首相「何でそんなに急ぐのかなあ…」 がけっ縁の首相 危機感なし?の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(64) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 民主・小沢氏 「天皇陛下の韓国訪問、韓国の皆さんが歓迎してくれるなら結構なこと」

■「韓国国民が歓迎するなら結構」=小沢氏、2010年の天皇訪韓で(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国訪問中の民主党の小沢一郎幹事長は12日午後、ソウル市内のホテルで記者団の質問に答え、天皇陛下の訪韓について「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と語った。
 李明博大統領は9月、日韓併合100年となる2010年の節目に天皇陛下が訪韓することに期待を示している。韓国国内には植民地支配に対する反省を求める声などがあり、日本国内には天皇訪韓の反対論も根強くある。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 民主・小沢氏 「天皇陛下の韓国訪問、韓国の皆さんが歓迎してくれるなら結構なこと」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:11 | Comment(51) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2009年12月10日

【友愛】初「鳩山イニシアチブ」はインドネシア 気候変動対策に374億円支援

■鳩山首相、普天間問題で年内に方針(CBC)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
インドネシアを訪問中の鳩山総理は、普天間基地の移設問題をめぐって、「政府として方針を決めている段階ではない」としながらも、年内に日本政府としての方針を出す考えを示しました。

 「早晩、この年内にどういう方針でいくかということを決めてまいりたいとは、考えております」(鳩山首相)

 鳩山総理は、当初、今月18日にコペンハーゲンで開かれる国連の気候変動に関する会合までに政府の方針を決め、アメリカのオバマ大統領と会談して直接伝えたいという考えを示していましたが、首脳会談については「そう簡単な話ではない」と否定的な見方を示しました。しかし、年内には日本政府の方針を出したいという考えを示したものです。

 また、北澤防衛大臣が、普天間基地の移設先としてグアムは難しいという認識を示したことについては、「真意が分からないから、日本に帰ってしっかりと伺ってみたい」と述べるにとどまりました。

 一方、鳩山総理は10日、インドネシアのユドヨノ大統領との会談に臨みました。鳩山総理は、発展途上国の地球温暖化対策を支援する「鳩山イニシアティブ」の初めての具体的案件として、気候変動対策の支援のため、インドネシアに対し374億円余りの支援を行うことを表明しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【友愛】初「鳩山イニシアチブ」はインドネシア 気候変動対策に374億円支援の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 20:28 | Comment(55) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】若手・外国人研究者支援てこ入れ 科学技術予算で鳩山首相が表明

■若手、外国人研究者支援てこ入れ 科学技術予算で首相表明(共同通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
政府の総合科学技術会議が9日、首相官邸で開かれ、議長の鳩山由紀夫首相は「若手が冷遇され、外国人に狭き門となっている日本の特徴を克服しないと、科学技術で世界をリードできない」と述べ、行政刷新会議の事業仕分けで予算削減を求められた若手・外国人研究者の育成、支援にてこ入れする姿勢を明らかにした。

 この日の会議では、来年度計画されている科学技術分野の主要事業に関する有識者議員らの優先度判定を正式に了承。事業仕分けと対照的な判定が目立ち、会合後、菅直人科学技術担当相は「優先度判定の観点は、科学技術政策上の資源の適正配分。事業仕分けは事業の執行過程で無駄がないかを見ている。予算編成では両者を勘案し、関係閣僚が政治判断する」と説明した。

 今回の優先度判定では、SABCの4段階で評価する新規事業のうち、感染症研究の国際ネットワークづくりや、超小型人工衛星の研究開発などが最高のS評価。若手研究者育成のための競争的資金3種類(概算要求計626億円)は「優先」や「さらに充実」。外国人を招くための同資金2種類(同計141億円)も「優先」「着実」とされた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】若手・外国人研究者支援てこ入れ 科学技術予算で鳩山首相が表明の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:26 | Comment(85) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2009年12月09日

【政治】 アメリカ、同盟協議の「延期」を鳩山政権に通告…普天間問題、日米関係に深刻な悪影響

■米、同盟協議「延期」を鳩山政権に通告(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
来年の日米安全保障条約改定50周年に向け、「日米同盟の深化」を目指して日米両政府が始めることにしていた新たな協議について、米政府が「延期」の意向を日本政府に通告してきたことが8日、政府関係者の話でわかった。

 米軍普天間飛行場移設問題で、米側が強く求める日米合意の履行を鳩山政権が見直す姿勢を示していることが理由だ。「同盟深化」の協議は、将来の両国関係強化の象徴と位置づけられているもので、普天間問題の混乱は、日米関係全体に深刻な悪影響を及ぼし始めた。

 関係者によると、「延期」は、4日に都内で行われた普天間移設問題に関する閣僚級作業部会の後、日本政府に通告された。米側は「普天間移設問題が解決されるまでは協議に応じない」と理由を伝えたという。

 日本政府は4日の作業部会で、普天間移設の結論を来年まで先送りする意向を米側に伝えた。これに、米側が強く反発したものとみられる。

 日本政府は、普天間問題の作業部会とは別に、米側と外務・防衛担当閣僚級の同盟協議を年内に開始したい意向だったが、延期が不可避となった。

 同盟深化のための協議は、先月13日の日米首脳会談で鳩山首相が提案し、オバマ大統領が同意。来年11月に予定される大統領の再来日まで、1年間かけて議論を進めることになっていた。

 首相は大統領との共同記者会見で、「日米同盟は安全保障のみに限らない」と述べ、防災、医療、教育など幅広い日米協力を重視する形での同盟の再構築を目指すとした。また、日米地位協定や在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の見直しも日本側が提起するとみられていた。

 協議は、1996年の日米安保共同宣言に続く、新たな共同宣言を出すことを目指していたが、鳩山政権が普天間移設問題をこのまま先送りした場合、新共同宣言の策定も困難になる可能性が強まっている。

 オバマ政権の極めて厳しい姿勢が明らかになったことで、首相が望んでいる、コペンハーゲンでの国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合(17、18両日)の際の日米首脳会談の実現も、調整の難航が予想される。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 アメリカ、同盟協議の「延期」を鳩山政権に通告…普天間問題、日米関係に深刻な悪影響の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(39) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ