2012年11月26日

【政治】民主・前原氏「政権交代で雇用状況は確実に良くなった」

■2012衆院選:国家戦略担当相の民主・前原氏、実績を強調 瑞浪、多治見で演説 /岐阜(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 民主党の前原誠司・国家戦略担当相が24日、瑞浪市と多治見市で演説を行った。自民党などの政権批判に対して「雇用、経済面など数字を見れば成果は一目瞭然。批判は的外れだ」とアピール。「引き続き政権を担当させていただきたい」と訴えた。衆院選に立候補を予定している前職の応援に訪れた。
. 演説会は、瑞浪市寺河戸の市地域交流センターと、多治見市豊岡町の「まなびパークたじみ学習館」で開催。前原氏は「政権交代から3年3カ月で失業率は1・2ポイント下がり、有効求人倍率は0・43から0・82まで上がるなど雇用状況は確実に良くなっている」と実績を強調した。この後、JR多治見駅前で街頭演説をした。【小林哲夫】
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】民主・前原氏「政権交代で雇用状況は確実に良くなった」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月25日

【衆院選】「日本の政治をムチャクチャにした反省が無い。悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 共産・市田氏が自民公約を批判

■「悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 自民党公約 市田氏、会見で批判(しんぶん赤旗)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本共産党の市田忠義書記局長は22日の記者会見で、自民党が21日に発表した総選挙の政権公約について「『日本を取り戻す』をキャッチフレーズにしているが、日本の政治をむちゃくちゃにして3年前の総選挙で審判を受けたのは自公政権だった。そのことへの一かけらの反省もなく、自民党の悪政を取り戻されたら国民はたまったものではない」と批判しました。

 自民党が公約で、集団的自衛権の行使をできるようにすることや自衛隊の「国防軍」化を盛り込んだことについて「二度と戦争をしない、一切の戦力を持たないとうたった日本国憲法に真っ向から反する、まさに海外で戦争する国にする極めて危険な路線だ」と述べました。

 また、公約で「消費税の引き上げで財政の機動的対応が可能となる中で、成長戦略や事前防災等の分野に資金を重点的に配分する」としていることを指摘。「消費税増税という打ち出の小づちを手にして大型公共事業のバラマキをやるという宣言。彼らの本音がここに表れている」としました。

 その上で、社会保障分野で生活保護の給付水準の10%引き下げが打ち出されており、「社会保障の考え方を捨てて自助が中心、自分のことは自分でやれと、国の社会保障に対する責任は投げ捨てるというものだ」と強調しました。

 公約の原発・エネルギー政策では、「10年以内に新たなエネルギーの安定供給構造を確立」「(原発)再稼働の可否、3年以内の結論を目指す」としています。市田氏は「まったく福島原発事故の教訓から学んでいない」と批判しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】「日本の政治をムチャクチャにした反省が無い。悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 共産・市田氏が自民公約を批判の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(18) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 橋下氏が非難の応酬  「自公は野合の極み」 「渡辺喜美代表は好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」

■「自公は野合の極み」 橋下代行が応酬(スポニチ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は24日、2030年代までの原発全廃など主要政策が太陽の党との合流で後退したとする与野党の批判に対し「自民党は『国防軍』に賛成で公明党は反対だが選挙は一緒にやっている。これこそ野合の極みだ」と応酬した。遊説先の松山市内で記者団の質問に答えた。

 日本維新と太陽の党が合流した際に結んだ政策合意は、原発政策に関し安全基準などのルール構築と電力市場自由化だけにとどめた。橋下氏は「根本部分は変わっていない。標語を外し、表現方法が若干変わっただけだ」と反論。企業・団体献金全面禁止も撤回したが、これについても「法改正を目指すのは変わらない」と訴えた。

 太陽の党との合流に不快感を示すみんなの党の渡辺喜美代表にも矛先を向け「好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」と非難した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 橋下氏が非難の応酬  「自公は野合の極み」 「渡辺喜美代表は好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月24日

【政治】日韓通貨スワップ、再拡充の可能性も 城島財務相と朴企画財政相が会談-日韓財務対話

■財政・金融分野で協調維持=通貨協定、再拡充も―日韓財務対話(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本と韓国両国の財政当局による「日韓財務対話」が24日、ソウル近郊で開かれた。次官級の実務者協議に続き、城島光力財務相と韓国の朴宰完企画財政相が会談。欧州財務危機など下振れリスクを抱える世界経済の動向を注視し、両国がマクロ経済政策など財政・金融分野で協調を維持していくことを確認した。
 終了後に発表した声明では、10月末で終了した日韓通貨交換(スワップ)協定の拡充措置が「地域の金融市場の安定確保に貢献」したとの認識で一致。今後、金融危機などに直面すれば「適切に協力する」として、再拡充に含みを残した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】日韓通貨スワップ、再拡充の可能性も 城島財務相と朴企画財政相が会談-日韓財務対話の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:17 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】民主・安住氏「お金を返して」 離党議員に活動費返還要求へ

■民主、離党議員に活動費返還要求へ 「人間性問われる」(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
「お金を返してくださいとお願いしている」。民主党の安住淳幹事長代行が23日、離党した前衆院議員らに選挙資金として渡した300万円の返還を求める考えを示した。安住氏は「別の政党に行って、民主党から受け取ったお金を使ってはならない。人間性が問われる」と批判している。大分市内で記者団に語った。

 民主党は10月に小選挙区の立候補予定者に政策活動費300万円を支給。その後、13人の前衆院議員が離党したほか新顔で別の政党から出る人もいる。安住氏は返還請求書を送り、党の資金を引き出されないよう政党支部の口座の閉鎖も求めるという。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】民主・安住氏「お金を返して」 離党議員に活動費返還要求への続きを読む
posted by nandemoarinsu at 10:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 「留学生30万人計画」優秀な留学生を戦略的に獲得 生活支援など環境づくり 卒業・修了後の就職支援…自民党政権公約★4

■【政治】 「留学生30万人計画」優秀な留学生を戦略的に獲得 生活支援など環境づくり 卒業・修了後の就職支援…自民党政権公約★4(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★ 2012/11/23(金) 20:34:12.34 ID:???0
84 「留学生30万人計画」と学生・研究者の国際交流の積極的推進

「留学生30万人計画」の実現を目指し(当面20万人目標)、国・地域・分野等に留意しつつ、優秀な
留学生を戦略的に獲得します。東日本大震災の影響により、日本で学ぶ留学生や研究者が減少しないよう、
日本の学校や研究機関の教育研究活動に関する情報発信の強化、生活支援など在学時の受け入れ環境づくり、
卒業・修了後の就職支援など社会の受け入れの推進を図ります。

わが国の学生や若手の研究者が内向き指向にあると指摘されており、世界で活躍する優れた人材の育成を
強化するため、高校生を含む学生の留学機会を拡大するとともに、若手をはじめとする研究者の海外研鑽の
義務づけや機会の大幅拡大を推進します。

世界水準の教育研究活動を展開するためには、海外から優れた研究者を受け入れ、協働で研究活動に
取り組むことが不可欠であり、奨学金の充実や受け入れ機関の体制整備、周辺の生活環境の整備等を推進し、
優秀な留学生や海外からの研究者の受け入れを大幅に拡充します。

▽自民党政権公約
ttp://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/j_file2012.pdf
前スレ
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1353667968/


【政治】 「留学生30万人計画」優秀な留学生を戦略的に獲得 生活支援など環境づくり 卒業・修了後の就職支援…自民党政権公約★4の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:28 | Comment(16) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月23日

【政治】辻元清美氏「民主党を見捨てないで」 罵声浴び…政権公約「後始末」へ走る民主前議員

■罵声浴び…政権公約「後始末」へ走る民主前議員(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院解散から1週間。すでに走り始めた選挙戦では、2009年の前回選挙で民主党の政権公約(マニフェスト)の実現を訴えて当選した前議員らが「後始末」に追われている。

 同党に対する有権者の批判は強く、激しい“逆風”は慌ただしく離党した前議員にも吹き付けている。

 「力不足や経験の浅さを、皆様に率直におわびします」。野田首相の衆院解散表明から一夜明けた15日、新潟で選挙区から出馬予定の前議員、黒岩宇洋(たかひろ)氏は、早朝から新発田市内の街頭に立ち、通勤客に頭を下げた。最近は民主政権の成果も強調するようにしているが、「支持者から『なぜ応援しないといけないのか』と言われることもある」とこぼす。

 民主党は衆院解散後も各地で「政策進捗(しんちょく)報告会」を開き、マニフェストについて説明と謝罪を続けている。17日、高松市内で報告会に出席した江田五月参院議員は「マニフェストはウソの代名詞」「町で『民主党はウソつき』と罵詈(ばり)雑言を浴びせられる」と厳しい表情で反省。18日の金沢市での報告会では、批判の言葉に対し、蓮舫参院議員が「努力していきたい」と懸命に訴えた。

 街頭演説でも厳しい声が上がる。さいたま市で17日、枝野幸男経済産業相が「『優良可』で優を付けてくれとは言いませんが……」と民主政権の実績を訴えると、「ろくな仕事をしてない」「ふざけるな」などと罵声が上がった。大阪府内で17日、菅前首相と街頭演説に立った前議員の辻元清美氏は「民主党を見捨てないで」と声を張り上げたが、聴衆のヤジはやまなかった。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】辻元清美氏「民主党を見捨てないで」 罵声浴び…政権公約「後始末」へ走る民主前議員の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 16:14 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月20日

【政治】 鳩山元首相 「引退する」★2

■鳩山元首相、総選挙への出馬断念 後援会に「引退する」(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党の鳩山由紀夫元首相(65)は20日、総選挙への立候補を断念して引退する意向を固め、後援会幹部に伝えた。民主党は衆院選の公認にあたり、党方針に従う誓約書への署名を求めているが、鳩山氏は消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)の推進方針に反対しており、署名できないと判断した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 鳩山元首相 「引退する」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月18日

【衆院選】民主・輿石氏「莫大な借金を誰が作ったのか。負の遺産を作り上げたのは民主党政権ではない」

■野田首相が批判 政策不一致を指摘「野合だ」 (スポニチ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党代表の野田佳彦首相は17日、日本維新の会や太陽の党など第三極勢力合流の動きについて、環太平洋連携協定(TPP)などの政策不一致を指摘し「小異でないものまで捨てるのは野合だ」と批判した。「離合集散が続いている。小異を捨てて大同につく、と安易に使うが、経済政策をどうするのか」と苦言を呈した。都内で記者団の質問に答えた。

 首相周辺は14日の党首討論で衆院解散を電撃表明したことで、選挙に向けて「党首力」を売り込む考え。しかし、投開票日までわずか1カ月の短期決戦。劣勢が指摘される情勢を覆すための時間は少なく、焦りもちらついている。

 解散から一夜明けたこの日、与野党は街頭演説などで支持を訴えた。政権を懸けて戦う各党の幹部は「莫大(ばくだい)な借金を誰が作ったのか。負の遺産を作り上げたのは民主党政権ではない」(民主党・輿石東幹事長)、「民主党の存在自体が政治空白だ」(安倍氏)と双方の政権担当能力に疑問を投げ掛けるなど、早くも激しい批判合戦を展開した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】民主・輿石氏「莫大な借金を誰が作ったのか。負の遺産を作り上げたのは民主党政権ではない」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:44 | Comment(18) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 蓮舫氏が自民党を非難 「引き継いだ政権はボロボロだった」★2

■「信じられない」「約束実行を」=民主、自民訴えに有権者−衆院選(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院解散後、初の週末となった17日、民主、自民両党は党首らが街頭で支持を訴え、雨の中、有権者が耳を傾けた。一方、「第三極」勢力は既存政党との違いを強調、本格的な論戦が幕を開けた。
 さいたま市のJR浦和駅前では午後5時から、民主党の枝野幸男経済産業相らが演説。「3年半前と今の日本は方向が大きく違う」と主張した。
 蓮舫前行政刷新担当相は「引き継いだ政権はボロボロだった」と自民党を非難。経産相は「原発をゼロにするため、私たちに力を貸していただきたい」と声を張った。
 聞いていた同市の会社員鳥塚幸恵さん(50)は「前回衆院選のマニフェスト(政権公約)が実現されていないのに、どこまで信じていいのか。また同じことになってしまうのではないか」と話した。
 「間違った政策、間違った政治主導の結果、世の中は混乱し停滞している」。安倍晋三自民党総裁は熊本市東区のアーケード街で、民主党を厳しく批判。「なぜ3年前、政権を失ったのか謙虚に反省し、この日のために政策を磨き上げてきた」と、政権奪回への強い意気込みを語った。
 無職男性(70)は「昔の自民党を反省し、今後どうするかが分かって好感を持てた」と評価。別の無職男性(78)は「景気(回復)など約束したことは実行してもらいたい」と注文した。
 太陽の党と合流した日本維新の会の橋下徹代表代行は同日、「古いいすのままいす取りゲームをやっていては日本は動かない。いす自体を取り換えないと」と述べ、政界刷新をアピールした。(2012/11/17-20:09)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 蓮舫氏が自民党を非難 「引き継いだ政権はボロボロだった」★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:16 | Comment(23) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ