2012年12月04日

【衆院選】日本未来の党と社民党、選挙協力することで合意

■未来と社民が選挙協力=脱原発、反TPPに向け【12衆院選】(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本未来の党の森裕子副代表と社民党の又市征治副党首は3日、都内でそろって記者会見し、「脱原発」政策などを実現するため、両党が衆院選で協力することで合意したと発表した。
 合意内容は(1)脱原発基本法案の早期成立を目指し、原発再稼働は認めない(2)衆院選後に消費増税廃止法案を提出する(3)環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する−の3点を共通政策と設定。これらの実現に向け、両党は「衆院選で競合を極力避け、地域事情も考慮しつつ、可能な限り相互に支持・支援」するとした。(2012/12/03-15:28)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】日本未来の党と社民党、選挙協力することで合意の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月02日

【衆院選】年間31万円の子ども手当を支給-未来の党が公約を発表

■原発10年以内に廃炉=予算組み替えで財源捻出―未来公約【12衆院選】(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本未来の党の嘉田由紀子代表(滋賀県知事)は2日、都内のホテルで記者会見し、遅くとも10年以内の原発完全廃炉や消費増税法の凍結、年間31万2000円の児童手当支給などを柱とする衆院選公約を発表した。嘉田氏は「未来への安心を埋め込む政治をつくりだしていく」と強調。新規政策実現の財源は、予算の組み替えで捻出するとした。
 公約では、党の看板政策である「卒原発」に向け、10年間の工程を「卒原発カリキュラム」として策定。最初の3年間を「助走期」、その後の7年間を「離陸期」とし、助走期には、再稼働した関西電力大飯原発(福井県おおい町)を停止させるほか、原発新増設を禁止する。各原子炉の廃炉計画を定め、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)や青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場も即時に廃止する。
 原発廃止に伴う電気料金の値上げを抑制するため、値上げ相当分を交付国債で給付。その償還に関しては「送電料に上乗せして回収する」とした。廃炉・廃止に伴い財政支援措置も実施する一方、「再生可能エネルギーの普及、新しいエネルギー産業の創造の基盤をつくる」としている。 
 児童手当については、一部を「子育て応援券」として支給。高校授業料無償化は堅持する。また税財源による最低保障年金の創設と国民年金を含む年金一元化を掲げ、後期高齢者医療制度は廃止する。農業の戸別所得補償も維持する。社会保障などの課題では民主党との類似点が多いのが特徴だ。
 環太平洋連携協定(TPP)交渉参加には反対する一方、自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)には積極推進の立場を取った。安全保障面では、日本版NSC(国家安全保障会議)の創設や安全保障基本法の制定を提唱した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】年間31万円の子ども手当を支給-未来の党が公約を発表の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月01日

【政治】引退の民主・藤井氏「韓国や中国の人は殴られた人。それを、日本人は忘れてはならない」平和への思いを訴える★2

■民主・藤井裕久氏が引退表明、「世の中のために尽くす」(カナロコ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党の藤井裕久最高顧問(80)=衆院比例南関東=は30日、国会内で記者会見を開き、衆院選に出馬せず、引退することを正式に表明した。「もう80歳、それが最大の理由」と説明した。

 公示が迫る中での表明には、「今は大事なときだから、やめるなという声を党内外からもらった。が、物事にはけじめがある。そういう方に説明する時間がどうしても必要だった」。野田首相には解散前、党執行部には最近になって伝えたという。引退後は、「五十何年やってきた公のための仕事をしたい。議員でなくてもいろんな道がある。世の中のために尽くしたい」と語った。

 後見役として支えた野田首相については、「今の日本の政治家で、彼をおいて総理に値する人は絶無だ」と断言。民主党の迷走が目に付いた政権運営には、「政治主導とは役人をたたくことだと錯覚している人がいた。木を見て森を見ないような傾向があった」などと指摘した上で、「3年たって直ってきている」と位置付けた。

 蔵相、財務相を3度、今も党税調会長を務め、経済・財政政策の要だが、戦争体験から平和の追求に強い思いを持ち、戦争を二度と起こさないために若手らと近現代史を学んでいる。

 「官邸で仕えた田中角栄元首相は、『戦争を知っているやつが中心である限り日本は安全だが、戦争を知らないやつが中核になったとき怖い』と言っていた。若い人に戦争を知れといっても無理だから、勉強するしかない」「殴ったやつはすぐ忘れるが、殴られた方は一生覚えている。韓国や中国の人は殴られた人。それを、日本人は忘れてはならない」と会見を締めくくった。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】引退の民主・藤井氏「韓国や中国の人は殴られた人。それを、日本人は忘れてはならない」平和への思いを訴える★2の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:59 | Comment(20) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月30日

【政治】 丹羽・前中国大使 「日本の『尖閣』主張、世界の笑いもの。オチン○ン丸出しで騒ぐのと同じ」「尖閣、日中の核廃棄物処理場に」

■スクープ 丹羽宇一郎前駐中国大使送別会の問題発言をすべて書く 「中国の領海侵犯は仕方ない」「尖閣が領土問題ではないなんて、世界の笑い者」(現代ビジネス)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
11月15日、中国では習近平新体制が始動。日本より一足早く指導者が交代した隣国で、お役御免のあの人がハメを外した問題発言を連発していた。嗚呼、こんな人が「在中国特命全権大使」だったなんて。

ビデオで録画されている
「日本は裸の王様だ。尖閣諸島について領土問題は存在しないなどという主張は即刻止めるべきだ!」

 これは、11月14日に閉会した第18回中国共産党大会での、共産党幹部の発言---ではない。大会の終了と共に、ひっそりと北京を去った一人の日本人の発言だ。何を隠そう、一昨年7月に、初の民間駐中国大使として鳴り物入りで赴任した丹羽宇一郎前大使(73歳)がその発言主である。

 仮にも日本の特命全権大使を務めた人物の口から、なぜ、そしてどんなシチュエーションで、このような暴言≠ェ飛び出したのであろうか。

 丹羽大使が執務し、また住居としたのは、北京北東部の亮馬橋地区に建つ日本大使館と日本大使公邸である。このあたりは「リトル・トーキョー」と呼ばれ、9月の反日暴動デモで徹底的に破壊されたことをご記憶の方も多いに違いない。日本大使館及び大使公邸の南側には、日本料理店がズラリと軒を並べる「ラッキー・ストリート」がある。反日暴動から2ヵ月が経つというのに、各日本料理店はいまだに、日本人だけで入って日本語で会話していると襲われかねないという緊張感が漂っている。

 そのラッキー・ストリートの一角に、『大徳酒場』という看板のかかった居酒屋がある。この店も他店と同様、9月のデモ以来、しばらくは臨時休業状態だったが、10月に入って営業を再開した。

 11月3日午後6時、この『大徳酒場』の地下2階を貸し切りにして、日本人のある「極秘パーティ」が開かれた。主催者は、在北京日本人記者クラブ。主賓は、丹羽大使だった。参加した北京特派員の一人が語る。

「丹羽大使は月に1~2回、記者懇と呼ばれるオフレコ懇談会を開いていました。これは『発言を報道しない』という紳士協定のもと、夕刻に大使公邸などに各社の中国支局長らを集めて、夕食を共にしながら大使が内外の情勢について語るというものです。正直言って丹羽大使のオフ懇で役に立ったことはほとんどないのですが、2年4ヵ月のあいだ大使を務めたことを慰労しようと、記者クラブで送別会を催したのです。費用は一人300元(約4000円)で、大使はもちろん招待です」

 この日は、約40人の日本人特派員たちが一堂に集まり、丹羽大使を拍手で迎えたという。参加した北京特派員が続ける。

「丹羽大使は、二つあるうちの奥のテーブルの上座に座りました。奥のテーブルが支局長クラス、手前のテーブルが支局員クラスという席順でした。事前に、プレゼントの要望を確認したところ、『こんなに北京に長居するとは思わず、荷物をすでに日本に送ってしまったので、冬物の衣類が欲しい』とのことでした。それで11月の幹事社のフジテレビ特派員が、北京のユニクロで白のカーディガンと赤のマフラーを買って来て、プレゼントしたのです。『日本の国益を守ってくれたことに感謝して、日の丸をイメージしました』と言ったら、大使はご満悦でした。幹事社のフジテレビは、送別会の模様をビデオに撮る役目も務めました」(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 丹羽・前中国大使 「日本の『尖閣』主張、世界の笑いもの。オチン○ン丸出しで騒ぐのと同じ」「尖閣、日中の核廃棄物処理場に」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月29日

【政治】鳩山「未来の党の考え方こそ民主党の原点だ」 会場から拍手喝采 「拍手の誘惑は大変強い」と答え、政界復帰しかねない勢い★2

■【政治】鳩山「未来の党の考え方こそ民主党の原点だ」 会場から拍手喝采 「拍手の誘惑は大変強い」と答え、政界復帰しかねない勢い★2(2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 BaaaaaaaaQφ ★ New! 2012/11/29(木) 00:22:06.31 ID:???0
政界引退を表明した鳩山由紀夫元首相が28日夜、民主党を除籍され、新党「日本未来の
党」から出馬予定の初鹿明博前衆院議員(東京16区)の決起集会に出席した。「日本未来
の考え方こそ、民主党の原点だ」と持ち上げ、政界への未練もにじませた。

 民主党は同日、東京16区に新人の今野克義氏を追加公認したばかり。鳩山氏は事前に輿
石東幹事長の了承を得た上で集会に参加したと説明。「なぜ鳩山も新しい流れに合流しないの
かと思うだろうか」と問いかけると、会場から大きな拍手が湧き、「拍手の誘惑は大変強い」と答え
、政界復帰しかねない勢いだった。
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/121128/elc12112822360050-n1.htm

ttp://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1354109523/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月28日

【衆院選】みどりの風の福田衣里子氏ら3人、未来の党に合流

■滋賀知事、日本未来の党結成表明=生活・脱原発合流、みどり一部参加【12衆院選】(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日午後、大津市内で記者会見し、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」結成を表明した。嘉田氏は「卒原発」「脱増税」など六つの結集軸を掲げ、賛同する勢力と連携する方針を明らかにした。これに対し、国民の生活が第一は解党して合流する方針を決定。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)と、「みどりの風」に所属する前衆院議員3人も合流を決めた。
 既成政党とは一線を画す「第三極」陣営では、共闘を目指す日本維新の会とみんなの党にきしみが生じる一方、嘉田氏を中心に脱原発を旗印とした勢力の結集が急速に進展。衆院選の構図に大きな影響を与える可能性もある。
 会見で嘉田氏は「国民の信頼を取り戻し、希望を持てる未来への選択肢となる新しい政治軸を立てる」と訴えた。新党の代表には嘉田氏が、代表代行には橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策でのブレーン的な存在だった飯田哲也環境エネルギー政策研究所長が就く。嘉田氏は知事を続投し、自らは衆院選には出馬しない。 
 一方、生活は27日、小沢一郎代表も出席して党本部で常任幹事会を開き、嘉田氏の示した「卒原発」などの結集軸について協議。「政策面では全く一緒だ」(幹部)として未来への合流を決めた。
 また、「脱原発」の山田正彦共同代表は生活本部で小沢氏と会談、脱原発も未来に合流することを伝えた。小沢氏はこの後、記者団に「『脱原発』も未来の呼び掛けに応じる」と語り、山田氏は「合流して一緒に頑張ろうということになった」と述べた。
 みどりの風は都内で対応を協議。福田衣里子氏ら前衆院議員3人が未来に合流し、未来の公認候補として衆院選に出馬する一方、谷岡郁子共同代表ら参院議員4人はみどりの風に残り同党を存続させながら、選挙で未来を支援することを確認した。
 社民党に離党届を出した阿部知子前衆院議員も神奈川県藤沢市で記者会見し、未来への参加を表明した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】みどりの風の福田衣里子氏ら3人、未来の党に合流の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月26日

【政治】民主・前原氏「政権交代で雇用状況は確実に良くなった」

■2012衆院選:国家戦略担当相の民主・前原氏、実績を強調 瑞浪、多治見で演説 /岐阜(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 民主党の前原誠司・国家戦略担当相が24日、瑞浪市と多治見市で演説を行った。自民党などの政権批判に対して「雇用、経済面など数字を見れば成果は一目瞭然。批判は的外れだ」とアピール。「引き続き政権を担当させていただきたい」と訴えた。衆院選に立候補を予定している前職の応援に訪れた。
. 演説会は、瑞浪市寺河戸の市地域交流センターと、多治見市豊岡町の「まなびパークたじみ学習館」で開催。前原氏は「政権交代から3年3カ月で失業率は1・2ポイント下がり、有効求人倍率は0・43から0・82まで上がるなど雇用状況は確実に良くなっている」と実績を強調した。この後、JR多治見駅前で街頭演説をした。【小林哲夫】
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】民主・前原氏「政権交代で雇用状況は確実に良くなった」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月25日

【衆院選】「日本の政治をムチャクチャにした反省が無い。悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 共産・市田氏が自民公約を批判

■「悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 自民党公約 市田氏、会見で批判(しんぶん赤旗)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本共産党の市田忠義書記局長は22日の記者会見で、自民党が21日に発表した総選挙の政権公約について「『日本を取り戻す』をキャッチフレーズにしているが、日本の政治をむちゃくちゃにして3年前の総選挙で審判を受けたのは自公政権だった。そのことへの一かけらの反省もなく、自民党の悪政を取り戻されたら国民はたまったものではない」と批判しました。

 自民党が公約で、集団的自衛権の行使をできるようにすることや自衛隊の「国防軍」化を盛り込んだことについて「二度と戦争をしない、一切の戦力を持たないとうたった日本国憲法に真っ向から反する、まさに海外で戦争する国にする極めて危険な路線だ」と述べました。

 また、公約で「消費税の引き上げで財政の機動的対応が可能となる中で、成長戦略や事前防災等の分野に資金を重点的に配分する」としていることを指摘。「消費税増税という打ち出の小づちを手にして大型公共事業のバラマキをやるという宣言。彼らの本音がここに表れている」としました。

 その上で、社会保障分野で生活保護の給付水準の10%引き下げが打ち出されており、「社会保障の考え方を捨てて自助が中心、自分のことは自分でやれと、国の社会保障に対する責任は投げ捨てるというものだ」と強調しました。

 公約の原発・エネルギー政策では、「10年以内に新たなエネルギーの安定供給構造を確立」「(原発)再稼働の可否、3年以内の結論を目指す」としています。市田氏は「まったく福島原発事故の教訓から学んでいない」と批判しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【衆院選】「日本の政治をムチャクチャにした反省が無い。悪政を取り戻されたら国民はたまらない」 共産・市田氏が自民公約を批判の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(18) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【政治】 橋下氏が非難の応酬  「自公は野合の極み」 「渡辺喜美代表は好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」

■「自公は野合の極み」 橋下代行が応酬(スポニチ)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は24日、2030年代までの原発全廃など主要政策が太陽の党との合流で後退したとする与野党の批判に対し「自民党は『国防軍』に賛成で公明党は反対だが選挙は一緒にやっている。これこそ野合の極みだ」と応酬した。遊説先の松山市内で記者団の質問に答えた。

 日本維新と太陽の党が合流した際に結んだ政策合意は、原発政策に関し安全基準などのルール構築と電力市場自由化だけにとどめた。橋下氏は「根本部分は変わっていない。標語を外し、表現方法が若干変わっただけだ」と反論。企業・団体献金全面禁止も撤回したが、これについても「法改正を目指すのは変わらない」と訴えた。

 太陽の党との合流に不快感を示すみんなの党の渡辺喜美代表にも矛先を向け「好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」と非難した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 橋下氏が非難の応酬  「自公は野合の極み」 「渡辺喜美代表は好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年11月24日

【政治】日韓通貨スワップ、再拡充の可能性も 城島財務相と朴企画財政相が会談-日韓財務対話

■財政・金融分野で協調維持=通貨協定、再拡充も―日韓財務対話(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本と韓国両国の財政当局による「日韓財務対話」が24日、ソウル近郊で開かれた。次官級の実務者協議に続き、城島光力財務相と韓国の朴宰完企画財政相が会談。欧州財務危機など下振れリスクを抱える世界経済の動向を注視し、両国がマクロ経済政策など財政・金融分野で協調を維持していくことを確認した。
 終了後に発表した声明では、10月末で終了した日韓通貨交換(スワップ)協定の拡充措置が「地域の金融市場の安定確保に貢献」したとの認識で一致。今後、金融危機などに直面すれば「適切に協力する」として、再拡充に含みを残した。 
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】日韓通貨スワップ、再拡充の可能性も 城島財務相と朴企画財政相が会談-日韓財務対話の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:17 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ