2012年12月31日

【政治】 TPP…日本周回遅れの危機 取り残されれば日本提案のアジア包括的経済連携協定(RCEP)交渉でも影響力低下は必至★2

■TPP 日本周回遅れの危機(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
日本政府の通商協定は、明暗が分かれた1年だった。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加への国内論議が停滞する一方、11月には日本提案の東アジア包括的経済連携協定(RCEP)や日中韓自由貿易協定(FTA)が交渉入りを宣言。2013年は日・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)も交渉を開始する見通しだが、TPPへの慎重姿勢が通商政策全体の足を引っ張る可能性もある。

 「東アジアの経済成長を日本の成長に取り込みたい」

11月にカンボジアで開かれた東アジアサミットで、RCEP交渉開始を宣言した枝野幸男経済産業相(当時)はこう期待を示した。

 RCEPは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に加え、日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランドの6カ国で構成。参加国の貿易総額は10兆ドル(約840兆円)と、世界全体の約3割を占める広域貿易圏だ。

 日本は貿易総額に占めるFTA相手国の貿易額に占める比率が19%と、韓国(35%)などに比べて低い。15年末の妥結を目指すRCEPが発効すれば通商政策は大きく前進する。サミットでは、領土問題などで難航した日中韓FTAも、交渉開始を決定。11月末には、EU貿易相理事会が日本とのEPA交渉開始を合意し、自動車業界などの要望が強い日EU・EPAも動き出すこととなり、明るい兆しが見え始めた。

 しかし、“本命”ともいえるTPP交渉参加では出遅れが鮮明だ。11年11月には野田佳彦前首相が交渉参加に向けた事前協議入りを表明していたが、12年は消費税増税法案をめぐる政局の混乱などで国内論議は低調で、参加表明には至らなかった。12年6月にはほぼ同時期に事前協議入りしたカナダ、メキシコが交渉参加を決め、日本は“周回遅れ”になりつつある。

 米国主導のTPP交渉の進展は、「米国の影響力拡大を警戒する中国が、RCEPや日中韓FTAに積極な理由」(通商筋)とされる。日本がこのままTPP交渉から取り残されれば、RCEPなどの交渉でも影響力の低下は必至だ。TPPは13年中の妥結を目指しており、日本の決断に残された時間は少ない。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 TPP…日本周回遅れの危機 取り残されれば日本提案のアジア包括的経済連携協定(RCEP)交渉でも影響力低下は必至★2
posted by nandemoarinsu at 09:53 | Comment(22) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月29日

【金融】麻生氏「通貨安にはしていない。それに外国に言われる筋合いはない。米国はもっとドル高政策を取れ」

■麻生財務相:通貨安にしているわけではない (bloomberg)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
12月29日(ブルームバーグ):麻生太郎財務相は28日、同省内で行われたインタビューで、安倍晋三首相の金融・為替政策に関する積極的な発言で円安が進み、これが世界的な通貨安競争につながるとの見方に否定的な見解を示した。主要3通貨のうち円高は突出していると指摘。同時に米国に対してドル高政策を取るよう注文をつけた。

麻生財務相は自らが首相として出席した2009年4月の20カ国・地域(G20)首脳会談で、「通貨安競争はやらないという約束をしたが、その時の約束を守った国は何カ国あるのか。米国はもっとドル高にすべきだ。ユーロはいくらになったのか」と言及。1ドル=100円前後で推移していた当時に比べても円高水準にあると指摘した。

その上で、約束を守ったのは日本だけだとし、「外国に言われる筋合いはない。通貨安に急激にしているわけでも何でもない」と強調。さらに「通貨が安くなるといって良かったと言っているのは輸出している人達だけ。輸入している人は通貨が安くなれば迷惑する」とも述べ、日本が意図的に通貨安競争を促す立場にはないとの認識を示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【金融】麻生氏「通貨安にはしていない。それに外国に言われる筋合いはない。米国はもっとドル高政策を取れ」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:43 | Comment(11) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月28日

【政治】「生活の党」に党名変更 日本未来、嘉田氏離党へ 同党政党交付金8億6500万円の大半を小沢氏側が受け取る

■「生活の党」に党名変更 日本未来、嘉田氏離党へ(西日本新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 日本未来の党は27日、党名を「生活の党」とし、代表を嘉田由紀子滋賀県知事から森裕子副代表に変更すると総務相へ届け出た。森氏ら小沢一郎元民主党代表の系列議員が党に残る。嘉田氏は、社民党政審会長を務めた阿部知子衆院議員と共に党を離れる。「未来」の名称は嘉田氏側が引き継ぐ。阿部氏は当面、無所属で活動する。

 嘉田、森両氏が28日に大津市で記者会見し、事実上の分党を正式に発表する。小沢氏も同席する見通しだ。

 森氏は27日、党の分裂について記者団に「(有権者には)申し訳ない。円満に合意して分党の手続きに入る」と述べた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】「生活の党」に党名変更 日本未来、嘉田氏離党へ 同党政党交付金8億6500万円の大半を小沢氏側が受け取るの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:21 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月27日

【時事通信】 「第2次安倍内閣の閣僚人事…安倍、石破氏が暗闘。『また、お友達と右寄り内閣』と不満も」

■安倍、石破氏が暗闘=「また、お友達内閣」と不満も−閣僚人事(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
第2次安倍内閣の閣僚人事で、安倍晋三首相は「人物重視、実力重視の人事をした」と強調した。派閥の推薦を受け付けず、一部で調整は難航したが、最後は首相自身が決断。ただ、人事をめぐっては、水面下で首相と自民党の石破茂幹事長との激しい綱引きもあった。最後は石破氏が引き下がったが、石破氏を支持する議員はほとんど入閣せず、「石破外し」との不満もくすぶっている。
 「6年前、私は今よりも若く、志を同じくする人々を集めようと肩に力が入り過ぎて批判を受けた。今回は意見が一致する人ばかりでなく、幅広く参加していただいた」。首相は26日の就任記者会見でこう語り、第1次安倍内閣と今回の人事の違いを強調した。
 首相は、政権の最優先課題である円高・デフレ脱却に向け、盟友の麻生太郎元首相を副総理兼財務・金融担当相に、自らに近い甘利明前政調会長を経済再生相にそれぞれ据えた。内閣の要である官房長官には「懐刀」の菅義偉前幹事長代行を起用し、政権中枢を固めた。
 その上で、首相は党内バランスにも一定の配慮を示し、麻生氏のほか、派閥領袖(りょうしゅう)の岸田文雄氏を外相、石原伸晃氏を環境相に起用して閣内に取り込み、旧古賀派から分裂した議員グループのまとめ役である自民党の谷垣禎一前総裁も法相とし、内閣に重みを付けた。
 これに対し、不満を隠さないのが石破氏の支持グループだ。石破氏は自身に近い山口俊一元首相補佐官について、総務相起用を念頭に入閣を首相に求めたが、受け入れられなかった。党三役人事でも「小池百合子政調会長」を推したが、これも首相側近に阻まれた。
 結局、石破氏に近いのは額賀派の田村憲久厚生労働相1人にとどまり、石破氏周辺は「お友達と右寄りばかりで、石破系は冷遇された」と、唇をかんでいる。


【時事通信】 「第2次安倍内閣の閣僚人事…安倍、石破氏が暗闘。『また、お友達と右寄り内閣』と不満も」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:12 | Comment(21) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月25日

【政治】生活保護、毎年数%ずつ減らしていく段階的削減案が有力

■生活保護費、数%ずつ段階削減へ 自民政権復帰(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院選公約で生活保護費の「10%引き下げ」を明記した自民党の政権復帰に伴い、給付水準の引き下げが確実な情勢となっている。財務、厚生労働省関係者によると、年明けに本格化する平成25年度の予算編成の過程で下げ幅が決まる見通しだが、毎年数%ずつ減らしていく段階的な削減案が有力視されている。

 引き下げが検討されているのは、受給者の食費や光熱水費に充てる生活扶助の基準額。60歳以上の単身世帯では月額6万2千〜8万円が支給されているが、一般低所得者の生活費を上回っていることが消費実態調査などから指摘されており、自民党は「所得水準、物価、年金とのバランスを踏まえて引き下げる」としている。

 生活扶助の食費相当分について、自民党のプロジェクトチームは、食券などを想定した「現物支給」も提案。政策集では、自治体が現物か現金かを決められる選択制も打ち出している。また、保護費全体の半分を占める医療費についても、安価なジェネリック薬(後発医薬品)の使用を義務化する案を提示している。

 ただ、給付水準の引き下げや現物支給などの制度見直し案に対しては受給者や一部野党の強い反発が予想され、新政権がどこまで具体化できるかが焦点だ。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】生活保護、毎年数%ずつ減らしていく段階的削減案が有力の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月23日

【政治】 自民党、女性力活用で特例法案提出へ・・・女性積極登用の企業の備品、資材を国が優先発注

■自民、女性力活用で特例法案提出へ 積極登用の企業 備品、資材優先発注(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
自民、女性力活用で特例法案提出へ 積極登用の企業 備品、資材優先発注
2012.12.22 12:52 (1/2ページ)
 女性幹部の登用や雇用に積極的に取り組む企業を支援するため、自民党は21日、対象企業から国が優先的に備品、資材などの物品やサービスを購入する特例法案を来年1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。企業を制度面から優遇して「女性力」の活用を促し、経済活性化につなげる。政策誘導のため、補助金や税の減免などで優遇する例はあるが、こうした支援措置はめずらしい。

 法案は通称、ダイバーシティ(多様性)促進購入法案と呼ばれ、正式名称は「国等による男女共同参画事業者からの物品等の調達の特例等に関する法律案」。

 自民党は先の衆院選公約で、「平成32年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする目標を確実に達成する」と明記しており、公約実現に向けた取り組みの第1弾になる。

 法案は女性の役員や管理職の割合、出産と育児への取り組み度合いなどを基準に、首相が優れた企業を「男女共同参画事業者」に認定する。

 さらに、認定企業の受注機会が増えるよう、国や独立行政法人、特殊法人が優先的にコピー用紙や事務用品の調達、また、集配、清掃、調査などの委託を行い、実績を公表するという内容だ。(後略)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 自民党、女性力活用で特例法案提出へ・・・女性積極登用の企業の備品、資材を国が優先発注の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(15) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月22日

【竹島の日】 公明・斉藤幹事長代行「日韓関係が最悪の時に、あえてその関係を悪化させることをすべきかどうかは、十分考慮を」

■日韓関係「あえて悪化すべきか」 斉藤・公明幹事長代行(朝日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
■斉藤鉄夫・公明党幹事長代行

 竹島は日本の領土であることは当然だ。そのために、世界に向けたアピールをし、国際機関への訴えも努力する。これは当然のことだ。ただ、日韓関係が最悪の時に、あえてその関係を悪化させることをすべきかどうかは、十分考慮しなければいけない。相手にさらなる行動の口実を与えかねない。(2月22日の「竹島の日」を政府主催で祝うという考え方について)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【竹島の日】 公明・斉藤幹事長代行「日韓関係が最悪の時に、あえてその関係を悪化させることをすべきかどうかは、十分考慮を」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:18 | Comment(17) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【自民党】 「竹島の日」式典見送り 靖国参拝は「いま申し上げるのはつつしむ」 河野談話見直し「急がない」…当面は安倍カラー封印

■「竹島の日」式典を見送り 安倍自民、日韓関係改善に現実路線(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党は21日、島根県の「竹島の日」(2月22日)にあわせた政府主催の式典の開催を来年は見送る方針を固めた。先の衆院選の総合政策集に「竹島の日を政府主催で祝う式典を開催する」と明記していたが、竹島を不法占拠する韓国で2月25日に朴(パク)槿(ク)恵(ネ)氏の大統領就任式が予定されていることから、日韓関係の改善を優先すべきだと判断した。

 安倍晋三総裁は21日、都内で記者団に対し、「(朴氏は)韓国にとって初の女性大統領で、われわれも大変期待している。日韓関係を発展、改善させていきたい」と強調。竹島の日の式典については「総合的な状況を踏まえて考えていきたい」と述べた。

 自民党の石破茂幹事長も同日のTBS番組で、「式典をやることで日韓関係がものすごく悪くなって喜ぶのはどこか。北朝鮮はどうみているか。米国から見たら『日韓がガタガタするのはやめてくれ』ということはある」と指摘した。

 安倍氏は、日米同盟関係を再構築したうえで、中国や韓国、ロシアなどとの関係を緊密化させる方針を示してきた。日韓両国で首脳が交代することをきっかけに、まずは韓国との関係改善を急ぐ構えのようだ。

 安倍氏は衆院選後、靖国神社参拝について「いま申し上げるのはつつしむ」とし、根拠もなく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話の見直しも「急がない」などと慎重に発言している。外交でも当面は「安倍カラー」を封印し、安全運転に努めるようだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【自民党】 「竹島の日」式典見送り 靖国参拝は「いま申し上げるのはつつしむ」 河野談話見直し「急がない」…当面は安倍カラー封印の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:22 | Comment(30) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月20日

【毎日新聞】自民、派閥復活の序章? 新人囲い込み作戦

■<自民>派閥復活の序章? 新人囲い込み作戦(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院選で圧勝して政権を奪還した自民党で、派閥政治が復活の気配をみせている。3年間の野党時代に派閥は弱体化したが、衆院選で294人が当選し、浪人していた元議員が大量に派閥に復帰。党内での発言力拡大を狙い、新人議員119人の争奪戦も活発化している。安倍晋三総裁ら党執行部は、新政権発足に向けた閣僚・党役員人事などで派閥の影響力排除を打ち出しているが、各派閥から反発も出ている。

 党内最大派閥で、安倍氏の出身派閥でもある町村派の衆院議員は、解散前には引退議員を含めて17人だったが、選挙後は元議員17人と新人11人を加えて43人に急増。同派幹部は「最大派閥を維持し、総裁派閥として影響力を発揮できる」と笑顔で語り、組閣・党人事での同派議員の処遇に期待する。岸田派も衆院議員が13人から32人に増え、同派関係者は「党運営で無視できるのか」と気勢を上げる。

 新人議員の囲い込みも激しくなっている。「二つの派閥から入会の誘いを受けている。どこに入ればよいのか」。新人議員の一人は毎日新聞の取材に漏らした。北陸地方の別の新人を巡っても伊吹派と麻生派が奪い合ったが、双方の幹部の話し合いで伊吹派入りが決まった。

 派閥は、自民党の長期政権時代に、首相・党総裁を目指す派閥領袖が「カネとポスト」を所属議員に配分することで結束を高め、「数の力」を競い合った。党や閣僚人事では当選回数に応じた「派閥順送り人事」が横行。「派閥政治」との批判を招いた。

 安倍氏ら党執行部は11月、「脱派閥」を目指し、各派閥の事務所を順次廃止して党本部に移転するなどの改革案を発表。今回の組閣・党役員人事についても、菅義偉幹事長代行は19日、東京都内での講演で「(安倍氏が)派閥からの推薦を受け入れることは100%ない」と断言。派閥に対して「新人の囲い込みなどをやっていたら自民党への期待はなくなる」とけん制した。【坂口裕彦】
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【毎日新聞】自民、派閥復活の序章? 新人囲い込み作戦の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:41 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年12月18日

【安倍新政権】インド有力紙「インドの友人アベが日本で復権へ」 日印関係を急速に拡大させる絶好の機会

■「両国関係を急速に拡大させる絶好の機会」 インド有力紙(MSN産経)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院選の自民党の圧勝を受けて、17日付のインドの有力紙タイムズ・オブ・インディアは1面に自民党の安倍晋三総裁の写真とともに「インドの友人アベが日本で復権へ」との見出しを掲載し、国際面に、確実視される安倍氏の首相就任を歓迎する記事を載せた。

 安倍氏が以前、首相を任期途中で辞任したことを「インドは、とてもおいしい前菜の後で、メーンコースを奪われたようだった」と食事に例え、選挙結果を受けて「なかなか手に入らなかった主菜が今になってやって来る」と述べた。

 安倍氏を「気持ちの上でインドとつながっていることで知られる」と紹介。対インド外交重視の発言を引用し、「日印関係に大胆な理想を描き、(首相)復帰は両国関係を急速に拡大させる絶好の機会になるはずだ」との専門家の意見を伝え、日印原子力協定交渉の再開にも期待を示した。

 沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立については、「中国がアジア・太平洋地域で自己主張を強める中、世界の関心の的がこの地域に移ってきている時期において、安倍氏の中国に対するタカ派的な見解は、インドを害するものではない」と指摘した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【安倍新政権】インド有力紙「インドの友人アベが日本で復権へ」 日印関係を急速に拡大させる絶好の機会の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ