2012年03月17日

【政治】「AIJ投資顧問の年金消失、年金保険料で補填」 政府・民主党が検討

■AIJ損失:「厚生年金保険料で補填」政府・民主検討(毎日JP)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
AIJ投資顧問の年金消失問題を受け、政府・民主党は16日、厚生年金基金の公的年金部分の積み立て不足について、厚生年金加入者全体の保険料で補填(ほてん)する検討に入った。同社に委託している同基金は一つを除き、中小の同業者らでつくる「総合型」。加入企業の連鎖倒産が懸念され、救済措置が必要と判断した。前提として基金側の自助努力を求めるほか、救済対象範囲を慎重に検討する意向だが、当該基金とは無関係のサラリーマンらの反発は必至で、導入が難航することも予想される。

 厚年基金は国が運営する厚生年金の一部も国に代わって運用、給付している。加入者は厚生年金保険料の一部も厚年基金に納める。基金はその保険料も含めて運用する仕組みで、好景気のころは国より高い年金を支払うことができた。それが株価低迷、超低金利時代を迎え、厚生年金の給付に必要な資金さえ確保できない「代行割れ」の基金が続出。そこで大企業などは代行部分を国に返し、別の制度に移行を終えた。

 ただ、それには国から借りていた厚生年金の資金を返す必要があり、財政難の基金には困難だ。総合型基金では構成企業の1社が負担に耐えられずに倒産すると、残る加入社が分担して責任を負わねばならず、連鎖倒産につながりかねない。慎重論もあるが、政府・民主党内では「先送りはよくない」(民主党政務三役経験者)との声が大勢。「保険料で運営している厚生年金の問題に税を投入すべきではない」(厚生労働省幹部)として、財源は全額厚生年金の保険料とする意向だ。

 厚労省によると、10年度末時点で全厚年基金595基金中、213基金は代行割れし、不足額は総額6000億円超。同省は16日の参院予算委員会で、AIJに委託していた資金がすべて消失した場合、委託していた総合型基金(73基金)のうち、51基金が代行割れとなること、不足額は2134億円に上り、穴埋めには加入者1人当たり64万円が必要、とのデータを説明した。【鈴木直、石川隆宣】

 【ことば】厚生年金の代行

 民間サラリーマンの公的年金制度は定額の基礎年金の上に、支払った保険料によって給付額の決まる厚生年金が乗った「2階建て」になっている。さらに給付を増やすため上乗せされる「3階建て」部分が厚生年金基金などの企業年金。厚年基金は国が運営する2階部分の厚生年金保険料の一部を国に代わって徴収し、運用・給付を行わなければならない。これを「代行」と呼び、運用環境の良い時代は給付を増やせるメリットがあったが、景気低迷で積み立て不足の生じる「代行割れ」が厚年基金の足かせとなっている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】「AIJ投資顧問の年金消失、年金保険料で補填」 政府・民主党が検討の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:26 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月13日

【政治】 民主党「鳩山氏が外交担当、菅氏は新エネ担当に起用します」→自民党「悪い冗談だろ。国民の認識とずれている」

■鳩山氏が外交、菅氏は新エネ=民主担当に、自民「悪い冗談」(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 野田佳彦首相(民主党代表)は12日の参院予算委員会で、党の外交担当に鳩山由紀夫元首相、新エネルギー政策担当に菅直人前首相を起用したことを明らかにした。これに関し、自民党の山本一太前参院政審会長は同委で「国民の認識とずれている」と批判した。
 山本氏は「鳩山氏は普天間飛行場移設問題をむちゃくちゃにし、日米関係をガタガタにした張本人だ。菅氏は、(東京電力福島第1原発事故に関する)民間事故調査委員会の報告によれば、事故の人災の側面の中心を担った」と強調。「悪い冗談だと思った」と語り、首相に「撤回するつもりはないか」とただした。
 首相は「鳩山氏(の人事)には、党外交という側面もある。菅氏には厳しい評価もあったが、東電の撤退を阻んだこと、(政府と東電の)統合連絡本部を作ったことへの一定の評価もあった」と説明した。 (2012/03/12-16:02)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】 民主党「鳩山氏が外交担当、菅氏は新エネ担当に起用します」→自民党「悪い冗談だろ。国民の認識とずれている」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 政治ニュース

【追悼式典】首相、深く反省…追悼式で台湾代表が献花できず

■首相、深く反省…追悼式で台湾代表が献花できず(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
野田首相は12日の参院予算委員会で、11日の政府主催の東日本大震災追悼式で、台湾代表に献花の機会がなかったことについて、「本当に申し訳ない。行き届いていなかったことを深く反省したい」と陳謝した。


 自民党の世耕弘成氏への答弁。台湾からの震災義援金は官民合わせて約200億円と世界トップクラスだった。

 世耕氏は追悼式で、天皇、皇后両陛下がご退席になる際、場内が着席していたとして、「どこの国でも全員起立するものだ」と批判。藤村官房長官は「(議事進行は)事務方で詰めてきたものを直前に聞いた。おわびするしかない」と謝った。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【追悼式典】首相、深く反省…追悼式で台湾代表が献花できずの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:11 | Comment(9) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月12日

【国際社会】外務省「世界各国からの震災支援はODAの成果」、重要性訴える

■「震災支援はODAの成果」 外務省、重要性訴える(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 外務省は政府の途上国援助(ODA)の取り組みを報告する「2011年版ODA白書」を公表した。東日本大震災後に途上国を含む163カ国・地域から支援が寄せられた理由を「ODAで培われた日本への信頼と感謝の気持ち」と指摘し、国際協力の重要性を訴えている。

 白書では、アフリカ・シエラレオネの学生が自分たちの食料を売って500ドル(約4万円)の義援金を寄せたり、モンゴルの国家公務員全員が月給の一日分を寄付したりした例を紹介。ODA予算は13年連続減少しているが、「国際社会における積極的な貢献が日本自身の利益に結びつく」と成果を強調した。外務省ホームページで閲覧できる。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【国際社会】外務省「世界各国からの震災支援はODAの成果」、重要性訴えるの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 15:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月10日

【原発事故】 菅前首相 「見えない敵を相手にした戦争だった」

■菅氏「見えない敵との戦争」 震災1年で米誌に寄稿  脱・原子力依存が「再発防止の唯一の選択肢」(日経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」(電子版)は昨年3月11日の東日本大震災から1周年を迎えるのを前に当時の首相だった菅直人氏の寄稿を掲載した。東京電力福島第1原発での事故対応を巡り「見えない敵を相手にした戦争だった。最悪の場合には日本だけでなく、隣国にも甚大な被害を与えかねなかった」と振り返った。

 再発防止に向けては「どのような警戒的な措置を取ったとしても原子力を完全に安全なものにすることはできない。唯一の選択肢は原子力に依存しない社会を推進することだ」と指摘。自らが在任中に原子力への依存度を下げる政策に転換し、野田政権にも引き継がれていると説明した。

 今後の原子力政策に関しては高レベル放射性廃棄物の処理問題を挙げ「日本を含め多くの国が明確な解決策を持ち合わせていない」と提起。原子力発電と放射性廃棄物の処理に関する国際的な枠組みを早期に検討すべきだと呼びかけている。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【原発事故】 菅前首相 「見えない敵を相手にした戦争だった」の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:01 | Comment(11) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月09日

【政治】 岡田副総理、公務員採用7割減を指示

■岡田氏、公務員採用7割減を指示 各府省の反発必至(47NEWS)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
岡田克也副総理が国家公務員の2013年度の新規採用を09年度比で平均約7割減らし、計2500人程度とするよう各府省に指示したことが9日、政府関係者の話で分かった。6日の行政改革実行本部(本部長・野田佳彦首相)では「4割を超える削減」にとどめていたが、その後に総務省を通じて各府省へ上積みした具体的な削減幅を示した。

 消費税増税への理解を得る観点から、行政改革の進展を印象づける狙い。3月下旬に予定される増税関連法案の国会提出前に採用数を最終決定する段取りを描いているが、各府省の反発は必至だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで





【政治】 岡田副総理、公務員採用7割減を指示の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:29 | Comment(10) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月08日

【政治】村山元首相「東日本大震災、民主の政治主導が裏目、責任の所在が曖昧に。阪神大震災のときは組織と人の連携がうまくいった」

■責任の所在、明確化を=民主の政治主導が裏目―村山富市元首相・震災1年(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 ―1995年1月17日の阪神大震災の時は、いつ発生を知ったのか。
 (発生から約15分後の)朝6時のNHKのニュースで初めて知った。全然想定もしていないし、備えが不十分だった。当時は24時間態勢でいち早く対応できる仕組みがなかった。弁明の余地はなく、僕は初動の対応が遅れたと謝罪した。
 ―復旧・復興に向けた政治決断は速かった。
 責任の所在をはっきりさせ、各省が現地の状況を的確に把握して、それぞれの分野で責任を持って仕事をした。国会も行政も内閣も一体となって一つの目標に向かって取り組んだ。必要な法律の改正案も全て即座に可決された。そういう意味では大変うまくいった。
 東京電力福島第1原発の事故で、官房長官と原子力安全・保安院、東京電力がそれぞれ記者会見したが、国民は何を信じていいのか分からない。「直ちに被害はない」ということは、いずれ被害があるのかと疑念を持つ。一事が万事そんなふうだったから、国民はかえって不安に思った。専門の学者を抱え込んでも、どこに責任の所在があるのか、何をしているのか全く曖昧模糊(もこ)だった。
 ―民主党政権の「政治主導」が裏目に出た。
 官僚と政治家が全くばらばらの格好じゃろ。阪神大震災の時とは全然違う。現地で担当している人が一番よく事態を分かるわけで、臨機応変に判断してしっかりやってくれと言った。何かあったときは僕が責任を持つからと。
 阪神大震災を経験して、政治は「後追い」だと感じた。ああいうことを経験して、初めてこれが悪かった、足りなかったと補う。阪神大震災の前に今の体制ができていたら、もっと機敏に対応できたかもしれない。
 (東日本大震災では)整えたはずの官邸の危機管理態勢が生かされていない。菅(直人前首相)さんも本人なりに一生懸命やったと思うけどね。内閣と官僚が一体となって、それぞれの部署が連携しながら責任を持って推進していく体制ができたから、僕はうまくいった。やはり組織と人の連携じゃな。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】村山元首相「東日本大震災、民主の政治主導が裏目、責任の所在が曖昧に。阪神大震災のときは組織と人の連携がうまくいった」 の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 00:38 | Comment(24) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月07日

【復興交付金】 宮城・村井知事「あまりにもひどい」 初回配分額、申請の57%に抗議 一方、岩手の配分額は満額に近い95%

■東日本大震災:復興交付金で知事抗議 初回配分額、申請の57% 調整力不足の声も /宮城(毎日jp)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
村井嘉浩知事は3日、仙台市内で開かれた会合で同席した郡和子内閣府政務官(宮城復興局担当)に対し、東日本大震災の復興に向けた「復興交付金」の県への初回配分額が申請額の57%にとどまったことに抗議した。配分額が決まった2日以降、政府への怒りが収まらない村井知事だが、被災市町の関係者からは申請段階での県と市町の調整不足が背景にあるとの声も上がっている。

 「あまりにもひどい。これだと県も市町村もまったく何もできない」。被災者の「二重ローン問題」に対応する政府の東日本大震災事業者再生支援機構の発足式終了後、知事はその場で郡氏と数分間立ち話をし、強く抗議。郡氏は「重く受け止めたい」と述べるにとどめた。知事は6日、平野達男復興相に正式に抗議する考えだ。

 県への配分額が申請額の6割に満たなかったことについて政府は「十分中身が練られていない申請もあった」(平野氏)と理由を説明している。県内の自治体別では石巻市の交付率がわずか31%にとどまる一方、岩手県への配分額は約95%の798億円で、満額に近かった。

 南三陸町の職員は「とりまとめ役の県があまり力を発揮していない。問い合わせをしても県庁内をたらい回しにされることがある。復興庁からも『県と連携してるんですか』と言われた」と県の調整力不足を指摘している。【影山哲也】
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【復興交付金】 宮城・村井知事「あまりにもひどい」 初回配分額、申請の57%に抗議 一方、岩手の配分額は満額に近い95%の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 02:01 | Comment(17) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月05日

【原発問題】 SPEEDI予測 当時の高木文科相ら「一般には公表できない」「関東、東北地方に放射性雲が流れるとの結果出た」…文書記載

■文科相ら「公表できない」 SPEEDIの拡散予測(中国新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
東京電力福島第1原発事故5日目の昨年3月15日、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測について、当時の高木義明文部科学相ら政務三役や文科省幹部が協議し「一般にはとても公表できない内容と判断」と記した内部文書が作成されていたことが2日、同省関係者への取材で分かった。

 文科省は「事務方が作ったメモだが不正確。公表の具体的な判断はしなかった」と内容を一部否定している。

 事故直後のSPEEDIの試算公表をめぐる文科省の議事録などは公表されていなかった。予測は原子炉内の全ての放射性物質の放出を想定し、文書には「関東、東北地方に放射性雲が流れるとの結果が出た」と広範囲な流出も記載、文科省が最悪の事態を想定し計算を繰り返していたことが明らかになった。

 文書は昨年3月19日付。政務三役らが出席した15日の会議で、試算結果を三役が見て「一般には公表できない内容であると判断」と明記され、より標準的な内容のデータを用意することになったとしている。

 当時副大臣だった鈴木寛参院議員は共同通信の取材に「全量放出との前提は現実にはありえず、パニックを呼ぶ恐れもあった」と説明した。

 文書は、翌16日の三役会議の様子も記載。文科省はデータの提供に徹し評価はせず、今後は原子力安全委員会が公表すると鈴木副大臣が提案、合意された、としている。

 政府の事故調査・検証委員会の中間報告に、こうした経緯の概略は記されたが、詳細は分かっていなかった。

 民間の有識者でつくる「福島原発事故独立検証委員会」(民間事故調)は報告書で、SPEEDIの公表をめぐる文科省の対応を批判、データ公表が遅れた一因となったと指摘した。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【原発問題】 SPEEDI予測 当時の高木文科相ら「一般には公表できない」「関東、東北地方に放射性雲が流れるとの結果出た」…文書記載の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 12:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | 政治ニュース

2012年03月02日

【政治】秘密保全法案、野党議員にも守秘義務・・・岡田副総理[12/03/02]

■野党議員にも守秘義務=秘密保全法案−岡田氏(時事通信)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 岡田克也副総理は2日の記者会見で、政府が今国会に提出する方針の「秘密保全法案」に関し、「与野党の限られた議員が、外交機密を共有しながら議論することは必要だ。当然、守秘義務をかけるべきだ」と述べ、政府から機密情報の提供を受けた野党議員にも守秘義務を課すべきだとの考えを示した。
 岡田氏は「国会議員に守秘義務を一部課すのは私の持論だ。外交案件の機微な情報を共有する野党議員には、公務員と同じような守秘義務をかけるのはおかしなことでは全くない」と強調した。 
 秘密保全法案は、外交・防衛などの国家機密を「特別秘密」と指定。外部に漏らせば懲役10年以下の罰則を科す方向で調整している。(2012/03/02-19:32)
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【政治】秘密保全法案、野党議員にも守秘義務・・・岡田副総理[12/03/02]の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:34 | Comment(18) | TrackBack(0) | 政治ニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ