2018年02月17日

【社説】朝日新聞『尖閣諸島は日本の領土、などと偏った見方を教科書に記載する安倍 賛成できない』

■【社説】朝日新聞『尖閣諸島は日本の領土、などと偏った見方を教科書に記載する安倍 賛成できない』[H30/2/16](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=18,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/16(金)08:41:45 ID:???

◎記事元ソース名/《社説》高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ

「多面的・多角的な考察」が全体の基調なのに、こと愛国心や領土問題となると政府の立場を強く押し出す――。
2022年度から実施される高校の学習指導要領の改訂案は、木に竹を接いだような内容だ。

領土問題に関する書きぶりを見ても、たとえば「尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、
領土問題は存在しないことも扱うこと」などとなっている。

政府見解を知識として生徒に伝えることは大切だ。
だが「これを正解として教え込め」という趣旨なら賛成できない。
相手の主張やその根拠を知らなければ、対話も論争も成り立たない。他者と対話・協働して課題を解決する。
それが新指導要領の理念ではなかったか。

いま、政権批判や在日外国人の存在そのものを「反日」と決めつける風潮がはびこる。
それだけに、日本の立場をひたすら強調する方向での記述の変更には、危うさを覚える。
もっと教師を信じ、その自主性に任せていいはずだ。

(以下略)

2018年2月15日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S13359788.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(3) | マスコミニュース

2018年02月15日

【琉球新報】地元記者が伝える「沖縄フェイクの見破り方」 2月18日、那覇でトークイベント

■【琉球新報】地元記者が伝える「沖縄フェイクの見破り方」 2月18日、那覇でトークイベント [H30/2/15](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=18,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/15(木)06:35:19 ID:???
「沖縄の経済は基地で成り立っている」
「米軍は日本を守るために沖縄にいる」
「基地反対運動をするのは『プロ市民』」

そんな言説をいまだに信じていませんか?

インターネットや各種メディアには近年、沖縄に関する誤った情報や悪意に満ちたデマがあふれています。
そんな事実に基づかないフェイクニュースを見破るためには、適切なデータや歴史を知っておく必要があります。

沖縄の基地問題や政治情勢を長年取材してきた琉球新報社の記者たちが、「沖縄ヘイト」の実態や背景を読み解いた
書籍「これだけは知っておきたい 沖縄フェイク(偽)の見破り方」(高文研)が出版されました。

刊行を記念したトークイベントが2月18日(日)午後3時から、那覇市のジュンク堂書店那覇店で開かれます。
参加無料です。記者3人が登壇し、デマや偏見に巻き込まれないための技≠お伝えします。
皆さまのご参加をお待ちしています。

(以下略)

詳しくは
Yahoo!ニュース/2/14(水) 17:09配信 琉球新報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000017-ryu-oki
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:26 | Comment(1) | マスコミニュース

2018年02月11日

【文春】日経、読売、朝日、毎日……。新聞販売店主が次々と自殺していた!

■【文春】日経、読売、朝日、毎日……。新聞販売店主が次々と自殺していた![H30/2/11](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/11(日)11:15:42 ID:???

 昨年末、東京中心部のオフィス街・大手町のビルで火事が発生した。火元は日経新聞社東京本社ビルのトイレ。
この火事で男性が1人亡くなった。

1週間後、警視庁は男性の身元を発表。
亡くなる1カ月ほど前まで東京都練馬区で日経新聞の販売所長をしていた水野辰亮さん(56)だった。
水野さんは、焼身自殺をした可能性が高いという。新聞販売店関係者はこう推し測る。

「今、新聞販売店は本当に苦しい状況に追い込まれている。水野さんは本社に対して『抗議の自殺』を遂げたのだ」

 新聞の読者離れが言われ始めてもう20年近く経つが、特に直近10年は業界全体の凋落が激しく、販売店への重圧は増すばかり。
実は近年、表面化はしていないものの、新聞販売店主の自殺は多発している。前出の水野さんだけに限った話ではないのだ。

『小説 新聞社販売局』で、新聞業界の闇を描いた元全国紙社会部記者の作家・幸田泉氏が、多発する自殺の実態に迫った。

(以下略)


文藝春秋 2018年 03 月号 [雑誌]
2018年2月10日 発売
「文藝春秋」編集部
http://bunshun.jp/articles/-/6168


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:29 | Comment(0) | マスコミニュース

2018年02月09日

【マスコミ】産経、沖縄米兵の救出記事を削除 事実確認できず

■【マスコミ】産経、沖縄米兵の救出記事を削除 事実確認できず[H30/2/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆dy5OJynnfTQj sage New! 2018/02/08(木)12:28:16 ID:yhb
 産経新聞は8日付朝刊で、昨年12月1日に沖縄県沖縄市で発生した車6台が絡んだ事故について、巻き込まれた日本人を米海兵隊員が救出したとする記事を同12日付朝刊に掲載したが、事実が確認できなかったとして、記事を削除するとともにおわびした。

 また、同9日にインターネット配信した産経ニュースで、沖縄県内で発行されている新聞の琉球新報と沖縄タイムスが同様の報道をしなかったことを「報道機関を名乗る資格はない」などと批判したことにも、行きすぎた表現があったとして記事を削除し、両紙や読者に謝罪した。

 産経新聞の検証記事などによると、事故の記事はいずれも那覇支局長が執筆。
 ネット上の情報などを根拠に米海兵隊を取材したが、沖縄県警への取材を怠るなど事実関係の確認を十分しなかったことが原因としている。
 社内のチェックも不十分だったとした。

 琉球新報と沖縄タイムスは今年1月以降、米海兵隊員の救出について、米海兵隊や沖縄県警が確認していないとして、産経新聞の報道を否定していた。

(省略)

全文はこちら
共同通信47NEWS(2018/2/8 11:10)
https://this.kiji.is/334154590450844769?c=39546741839462401


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(0) | マスコミニュース

2018年02月08日

【名護市長選】 菅義偉官房長官「選挙は結果がすべて」結果を疑問視する東京新聞・望月衣塑子記者に反論

■【名護市長選】 菅義偉官房長官「選挙は結果がすべて」結果を疑問視する東京新聞・望月衣塑子記者に反論 [H30/2/8](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/08(木)15:05:42 ID:???

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者が、沖縄県名護市長選で
米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を進める安倍晋三政権が支援した新人が当選した結果を
疑問視したことに対し「選挙は結果がすべてではないか。相手候補は必死に(辺野古沖の)埋め立て阻止を
訴えたのではないか。住民が選ぶのが民主主義の原点だ」と述べた。

 望月記者は「(移設)反対の市民や県民の意向が全く政府には顧みられなかった。どうせ埋め立て工事が
進むならどのみちしようがない、結果として消極的ではあるが、目の前の生活を豊かにしてほしいという
思いで投票したという声が、報道でも出ていた」と述べた。その上で「これまで県民や市民に寄り添った判断が
行われていなかったのでは、というのが選挙結果をみても感じられる」と主張した。

 やりとりは以下の通り。(以下略)

産経web/2018.2.8 12:49
http://www.sankei.com/politics/news/180208/plt1802080019-n1.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:59 | Comment(5) | マスコミニュース

2018年02月05日

【沖縄タイムス】《社説》辺野古移設反対が64・6%に上った。選挙によって辺野古移設反対の民意が否定されたとはいえない。

■【沖縄タイムス】《社説》辺野古移設反対が64・6%に上った。選挙によって辺野古移設反対の民意が否定されたとはいえない。[H30/2/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/05(月)08:39:33 ID:???

◎記事元ソース名/社説[名護市長に渡具知氏]「基地疲れ」経済を重視

 名護市長選は、政府・与党が全面支援する前市議の渡具知武豊氏が、3400票余りの差をつけ初当選した。
 新基地建設に反対する翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力が推す稲嶺進氏は3選を果たすことができなかった。

 辺野古の海を切りさくように次々と護岸が造られる中で迎えた選挙である。

 「もう止められない」との諦めムードをつくり、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を争点から外し、
経済振興を前面に押し出すのが渡具知陣営の一貫した戦術だった。

 渡具知氏は選挙期間中、全くといっていいほど辺野古を語っていない。現職の失政が市の閉塞感を招いたとして
流れを変えようと訴え、暮らしの向上を求める市民の期待票を掘り起こした。
 勝利の最大の理由は、一にも二にも自民、公明、維新3党が協力体制を築き上げ、徹底した組織選挙を展開したことにある。(中略)

 注目すべきは期日前投票が2万1660人と過去最多となったことである。
有権者の44・4%に及ぶ数字は、企業や団体による働き掛け、締め付けが徹底していたことを物語っている。

■    ■

 前回選挙との大きな違いは、自主投票だった公明が、渡具知氏推薦に踏み切ったことだ。
渡具知氏が辺野古移設について「国と県の裁判を注視したい」と賛否を明らかにしなかったのは、公明との関係を意識したからだろう。

 両者が交わした政策協定書には「日米地位協定の改定及び海兵隊の県外・国外への移転を求める」ことがはっきりと書かれている。

 安倍政権が強調する「辺野古唯一論」と、選挙公約である「県外・国外移転」は相反するものだ。

 本紙などの出口調査では、辺野古移設反対が64・6%に上った。選挙によって辺野古移設反対の民意が否定されたとはいえない。(中略)

■    ■

 新基地阻止を強く訴えた稲嶺氏だったが、地域活性化や医療など生活に密着した課題への対応が見えにくかったという印象は否めない。

 稲嶺氏が敗れたことは、新基地建設反対運動だけでなく、秋の知事選に大きな影響を与えるのは確実だ。

 翁長知事による埋め立て承認撤回に不透明さが増し、一部で取り沙汰されている県民投票も見通せなくなった。
 翁長知事は今後、公約である新基地阻止をどのように実現していくのか。
 県議会与党とも早急に対応を協議し、新たな方針を打ち出す必要がある。

沖縄タイムス/2月5日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204905
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:15 | Comment(1) | マスコミニュース

2018年02月02日

【マスコミ】東京新聞が紙面で示す 「権力監視」の原点回帰

■【マスコミ】東京新聞が紙面で示す 「権力監視」の原点回帰 [H30/2/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/02(金)07:15:49 ID:???
東京新聞2018年元日紙面
「包容社会」を提起し 共謀罪を批判
[はじめに]以下に掲載するのは月刊『創』2017年3月号特集「新聞社の徹底研究」のなかの東京新聞についての記事だ。
新聞ジャーナリズムは、今、読売・産経と朝日・毎日・東京の2グループに鮮明に分かれてしまっているが、
そのなかでも東京新聞は独特な路線をまい進している。
権力監視こそがジャーナリズムの仕事だという原則を高々と掲げてもいる。
2017年話題になった望月衣塑子記者の官房長官会見追及問題も、そういう紙面方針を背景にしたものだ。
この東京新聞のありようを素材にして新聞とは、新聞ジャーナリズムとは何なのか改めて考えるために、この記事を公開する。
なおこの続きともいうべきこの1年間の同紙の動きについては、2018年2月7日発売の『創』3月号の
新聞特集をごらんいただきたい。(編集部)

 元旦の紙面というのは、その新聞のその年の方向性を示すような記事を1面トップに掲げるのが通例だが、
東京新聞の今年の元旦のトップは「包容社会 分断を超えて」というシリーズ企画だった。
 菅沼堅吾編集局長がこう語る。
「いま世の中が『分断社会』になっています。アメリカ大統領選で分断が顕著になったし、日本も分断が広がっている。
元旦の紙面は、その中で、東京新聞としてどんな警鐘を鳴らすか、問題提起をするか、というものです。
キーワードとして『包容社会』を掲げました。
 英語ではソーシャル・インクルージョン(social inclusion)という言葉があるのですが、なかなかいい日本語訳がなくて、
よく言われるのは『社会的包摂』です。しかしそれでは意味がよく分からないので、この考え方が世の中に広がらない。
そこで包容力ある社会を目指そうと、『包容社会』という言葉を作ったわけです。この時は上・中・下3回でやったのですが、
年間を通じてこういう問題提起をしていければと思っています」

 このところの東京新聞の紙面で目につくのは、政府がこの通常国会に提出予定の共謀罪に関する報道だ。
約10年前、この法案が大きな議論の末に廃案になった時も、東京新聞は特報面を中心に大キャンペーンを展開した。
「1月6日の『「共謀罪」通常国会提出へ』という記事は、東京新聞にとって象徴的だったと思います。
この時点で安倍政権はまだ共謀罪を通常国会に出すとは明言していないわけですが、取材をして、どうも出す方針だということが分かった。
だからその日、最終版でその記事を1面トップにしました。同時に3面で「新『共謀罪』を考える」という連載も開始したのです。
 これまで安保法制にしても特定秘密保護法にしても、権力をチェックする僕らの紙面化するタイミングが遅くて、
どうしても政権側のペースで進んだという感覚があるものですから、共謀罪については早めに『それは違うんじゃないか』と
警鐘を鳴らしたい。
権力の監視は新聞の果たすべき役割、使命だということを意識して今年はやっていこうと、この記事を1面トップにしたのです。

 この日はまた『オスプレイ類似事故懸念 陸自も空中給油想定』というスクープを1面に載せたのですが、
共謀罪とオスプレイと二つ載せているのが権力監視宣言になったようにも思います」(以下略)

Yahoo!ニュース/2/1(木) 14:37配信 創
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00010000-tsukuru-soci

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:51 | Comment(2) | マスコミニュース

2018年02月01日

【毎日新聞】《社説》 訪韓の意義は「開会式に同席」し、五輪のホスト国に【敬意を表す】ことにあるはずだ。

■【毎日新聞】《社説》 訪韓の意義は「開会式に同席」し、五輪のホスト国に【敬意を表す】ことにあるはずだ。[H30/2/1](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/02/01(木)07:18:46 ID:???
◎記事元ソース名/《社説》首相が平昌五輪で訪韓へ 主目的を取り違えぬよう

 安倍晋三首相が平昌冬季五輪の開会式に出席するため2月9日に韓国を訪問し、同じ日に文在寅(ムンジェイン)大統領と
会談する日程が固まったという。
 首相の出席を巡っては、文政権が慰安婦問題に関する日韓合意の根幹を否定する対処方針を発表したため、
この反発から欠席すべきだとの意見が強まっていた。(中略)

 首相は出席の意向をまず産経新聞のインタビューで明らかにした。その際、「現地で文大統領とぜひ会談したい。
慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。
この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と述べた。

 具体的な会談日程が決まらないうちにメディアを通じて首脳会談の意向を明らかにし、そこで慰安婦問題で直言することを強調している。
 慰安婦問題を主な議題とする首脳会談を行うことで、文政権に反発する国内右派に配慮するという意味があるのでは、とも受け取れる。
 しかし、訪韓の意義は、なにより開会式に同席し、五輪のホスト国に敬意を表すことにあるはずだ。

 慰安婦問題はあるとしても、政治問題と切り離すことで、日本の前向きな外交姿勢をアピールできる。韓国に対する立場を強めることにもつながる。
 もちろん首脳同士で意見が異なる問題を議論することは重要だ。しかし慰安婦問題が突出すれば、双方の対立が先鋭化し、
関係悪化を内外に露呈させてしまうおそれもある。そうなれば、せっかくの開会式出席も効果が減じてしまうだろう。

 平昌五輪・パラリンピック後の今春以降、北朝鮮情勢が再び緊迫することも予想される。
 政府は春に東京での日中韓首脳会談開催を調整している。対立ではなく協調に向けた訪韓にすべきだ。

毎日新聞/1月30日
https://mainichi.jp/articles/20180130/ddm/005/070/106000c

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:00 | Comment(0) | マスコミニュース

2018年01月31日

【テレビ朝日】 捏造だけでは飽き足らず書類の偽造に手を染める!相撲協会の映像許可書類が偽物と判明!

■【テレビ朝日】 捏造だけでは飽き足らず書類の偽造に手を染める!相撲協会の映像許可書類が偽物と判明![H30/1/30](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/01/30(火)10:03:27 ID:???
(*詳細はリンク先にてご覧下さいませ!!)

テレビ朝日は「ワイド!スクランブル」(月〜金曜・前10時25分、後0時50分)のADが、
日本相撲協会への映像使用許可書類を偽造していたとして、29日付で報道局次長兼情報センター長と
番組のチーフプロデューサー(CP)である報道局情報センターCPを減給1か月の懲戒処分とした。

ADは局内に保管されていた過去の承認書類を改ざんするなどして、書類の偽造をしていた。
最初に偽造が発覚した書類での映像は放送で使っていないが、テレビ朝日で調査したところ、過去に放送された
大相撲に関する映像でも複数の書類偽造が見つかり無断放映されていたことが判明している。

捏造放送の謝罪文に小細工の過去も
テレビ朝日では29日、「羽鳥慎一モーニングショー」でも相撲協会の不祥事について一切取り扱わなかった。
映像使用許可書類の偽造が発覚した以上、別番組でも日本相撲協会の「不祥事」を取り扱うわけにもいかなくなったのだろう。

(以下略)

ksl-live/1月30日
http://ksl-live.com/blog13524 

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(1) | マスコミニュース

2018年01月25日

【マスコミ】 福井新聞 『自身(トランプ大統領)の報道には「フェイクニュース」と決めつけメディアを攻撃する。「政治的正当性」の欠落が嘆かわしい。』

■【ポリコレ】 福井新聞 『自身(トランプ大統領)の報道には「フェイクニュース」と決めつけメディアを攻撃する。「政治的正当性」の欠落が嘆かわしい。』[H30/1/24](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2018/01/24(水)10:50:56 ID:???
◎記事元ソース名/「ポリティカル・コレクトネス」は…

 【越山若水】「ポリティカル・コレクトネス」は1980年代に米国で広まった用語。
「政治的正当性」と翻訳されるが、要するに人種や性別、宗教などによる差別表現をなくそうとする運動である

▼例えば「黒人」を「アフリカン・アメリカン」、「ビジネスマン」を「ビジネスパーソン」に言い換えた。
日本でも「看護師」「保育士」などが登場した

▼ただ行き過ぎると言論の自由を損なうとの意見もあった。
英国教育界では「失敗」の代わりに「成功の先延ばし」を使うべき―と提案されたが、議論の末に却下された

(中略)

▼世界のメディアが翻訳に困ったほど下品な言葉だ。
「くそったれ国家」「屋外便所のような国」「ごみの穴」など苦肉の訳語を用いて、トランプ氏の暴言を一斉に批判した

▼当然ながら名指しされた国々も大反発。「撤回と謝罪」を求める声明を発表した。
本人は発言を認めていないが、これまでも失言放言は数え切れない

▼トランプ大統領の就任から1年。
「米国第一」の掛け声の下、偏見に満ちた政策が目に付く。
一方で自身の報道には「フェイクニュース」と決めつけメディアを攻撃する。「政治的正当性」の欠落が嘆かわしい。

福井新聞/1月21日
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/284300


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(1) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ