2015年01月04日

【朝日新聞/社説】アジアへの侵略責任をお詫びした村山談話は近隣諸国との関係の礎。安倍首相が台無しにする事は許されない

■【朝日新聞/社説】アジアへの侵略責任をお詫びした村山談話は近隣諸国との関係の礎。安倍首相が台無しにする事は許されない[1/3](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2015/01/03(土)18:50:45 ID:OMc
戦後70年。アジアや太平洋の戦場で、灯火管制下の都会で、疎開先の田舎で、多くの人たちがあの戦争を経験した。
その人たちが少しずつ世を去るとともに、社会が共有してきた記憶は薄れ、歴史修正主義とみられる動きも出てきた。
だが、日本が国際社会で生きていく以上、そうした態度を押し通すことはできない。70年かけて築いてきた国内外からの信用を損なうだけだ。

 戦後70年にあたり、安倍首相は新たな談話を出すという。50年の「村山談話」、60年の「小泉談話」に続くものだ。
アジアだけでなく、欧米諸国も注目する談話の中身は、まだわからない。しかし、首相が繰り返し「未来志向」を強調するのが気がかりだ。

 首相は過去2年の全国戦没者追悼式の式辞で、90年代以降の歴代首相が表明してきたアジアへの加害責任に触れなかった。

もし、「安倍談話」が式辞のように戦争責任を素通りしてしまったら、どうなるか。
村山談話は、植民地支配と侵略によってアジアの人々に多大の損害と苦痛を与えたと認め、痛切な反省とおわびを表明。
以後、安倍内閣まで引き継がれてきた政府の歴史認識の決定版であり、近隣諸国との関係の礎となってきた。その価値を台無しにすることは許されない。

 「未来志向」がいけないというのではない。だが、過去と真剣に向き合ったうえでのことでなければ、
被害を受けた側からは「過去は忘れようと言っているのか」と受け取られるおそれがある。
 政府は談話づくりにあたって有識者の意見を聴くというが、まずは首相が歴史観を示し、国会で論じることが不可欠だ。

 日本は1951年のサンフランシスコ講和条約で東京裁判を受諾し、主権を回復した。
戦争責任をA級戦犯に負わせる形で国としてのけじめをつけた。この事実は否定しようがない。

首相は一昨年暮れ、A級戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社に参拝した。
昨春には戦犯として処刑された元日本軍人の法要に自民党総裁名で追悼文を送った。
 首相に喝采を送る人たちがいる。しかし、首相の行為は単なる追悼の意味を越えて、
様々な思いをのみ込みながら「けじめ」を受け入れてきた人たちをないがしろにするものである。

 あの戦争を問い続けた劇作家の故・井上ひさしさんは、東京裁判には問題が多いと認めたうえでこんな言葉を残している。

戦争責任問題は、明治以来みごとな近代化を成し遂げ、戦後の焼け野原から奇跡の経済発展と平和で安全で平等な社会を築き上げた日本が、
「それでも過ちも犯したんだよ」と自己反省するまたとない材料なのです。過ちを犯したからといって卑屈になる必要はない。
過ちを犯さない国家などというものは世界中どこにもないのだから。しかし、過ちを犯さなかったと強弁することは自己欺瞞(ぎまん)であり、自らを辱めることでもある。

 (『初日への手紙 「東京裁判三部作」のできるまで』)

このところ政界でも社会でも、東京裁判を全否定したり、旧軍の行為をひたすら正当化したりする声が大きい。まるで、大日本帝国の名誉回復運動のように。
戦前・戦中のすべてが悪いわけではないし、「いつまで謝り続ければいいのか」という反発が背景にあるのかもしれない。

 だが、私たちが重きを置くべきはそこではないだろう。海外での武力行使や武器輸出はせず、経済の力で途上国を援助する。
これまで積み重ね、国際社会に高く評価されている平和主義の歩みこそ、日本は誇り、守っていかねばならない。

 うわべだけの「帝国の名誉」を叫ぶほど、世界は日本の自己欺瞞を見て取る。この不信の連鎖は放置できない。断ち切るのは、いまに生きる者の責任だ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2015年01月01日

【毎日新聞/社説】嫌中嫌韓は「日本がアジアで一番」という意識が揺らいだ事が原因。日本は優越感廃し中国・韓国と和解・連帯を

■【毎日新聞/社説】嫌中嫌韓は「日本がアジアで一番」という意識が揺らいだ事が原因。日本は優越感廃し中国・韓国と和解・連帯を[1/1](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2015/01/01(木)15:51:16 ID:kd5
敗戦直後の日本を描いた写真集をどれか1冊、手にとってみるといい。そこにはまぎれもなく、戦後日本の原風景がある。
 貧しかったはずだが、子供も大人も表情に屈託がない。おびただしい死者を出した戦争が終わり、平和が戻ってきた安堵(あんど)感。
豊かさへの夢とあこがれ。前向きの明るさと希望がそこかしこに満ちていた。
 戦後70年の今はどうだろう。日本を覆っている気分は、えたいの知れない不安といらだちである。

 背景には隣国との長い不和と対立があることを、多くの日本人が感じとっているのではないか。
 内閣府が実施する世論調査では、中国、韓国に親しみを持てないと答えた日本人が昨年は過去最高を記録した。
中韓の反日感情と日本の反中・嫌韓感情が衝突し、相互の不安といらだちをあおっている。

要因はいくつかあろう。だがその根本は、中国の大国化にみられるパラダイムシフト、
つまり時代の大きな枠組みと秩序の変革に日本が直面している、ということだ。
 日本は国内総生産(GDP)で中国に抜かれ、世界第2の経済大国の座を明け渡した。軍事面でも尖閣諸島で中国から圧迫され続けている。
韓国も政治の民主化と経済発展、自意識の高まりなどで、臆せずに日本に向き合うようになった。

アジアの中でぬきんでた先進国だった日本は今、近現代史の中で初めて「強いアジア」と向き合う体験を迫られている。
「アジアで1番」という序列意識の揺らぎこそ、不安といらだちの正体であろう。
 
アジアでトップだという序列意識と自負心が日本の近現代史を支えてきた。
 だが、日本を追いかけるように成長してきた中国と韓国の興隆はいわば、歴史の必然でもある。
あと戻りできない東アジアの力関係の変化を受け止め、自らの立ち位置を見つめ直すことが、戦後70年を迎える日本の課題ではないだろうか。

序列意識は、進歩や発展に欠かせない。ただしそれは行きすぎれば相手への尊敬を失わせ、他者を否定することで自己を肯定する優越主義に陥りかねない。
昨今の反中・嫌韓感情やヘイトスピーチ(憎悪表現)などにも、古い序列思考からくる他者否定の排他意識が潜んでいないか、自問自答してみるべきだ。

一方、中国では中華思想に基づく「大国ナショナリズム」が高まりをみせる。韓国にも日本を道徳的文化的に下に見る序列思考がある。

 東アジアでは力の対決は当面避けられない、という見方もある。短期的にはそうかもしれないが、長い目で未来を見通すべきである。
「世界の真ん中で輝く日本」(安倍晋三首相)と「中華民族復興の夢」(習近平主席)がぶつかる構図は、
世界からは時代遅れの盟主争いにエネルギーを浪費しているとしか見えないだろう。それは、東アジアの潜在力とダイナミズムを失わせる。
 対立を繰り返してきた欧州は欧州連合(EU)を通じて「平和の制度化」に成功した。
単純には比べられないが、序列よりも並列という意識を定着させた過程には、東アジアも学ぶところがあるはずだ。
 
 日本の役割は「大国残像ナショナリズム」を振りかざし、過去の栄光を取り戻すことではない。
優越主義によるアジア観を排し、中国・韓国と共生できる地域の未来を考えながら、東アジアの和解と連帯に率先して取り組むことであろう。
序列思考の呪縛から解き放たれ、互いのナショナリズムを尊重しあう東アジアを展望していく。
その新たな地平を切り開くことが、本当の意味での戦後レジームからの脱却だと考える。

http://mainichi.jp/opinion/news/20150101k0000m070099000c.html
http://mainichi.jp/opinion/news/20150101k0000m070099000c2.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月30日

【朝日新聞・社説】日韓国交50年―歴史の節目に歩み寄りを

■【朝日新聞・社説】日韓国交50年―歴史の節目に歩み寄りを [H26/12/30](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/12/30(火)13:08:48 ID:???
いまだ晴れぬ歴史の情念が、日本と韓国の間に重い澱(おり)のように横たわっている。
戦時下で将兵たちの性の相手をさせられ、人権や尊厳を傷つけられた慰安婦たちの問題である。

 この問題をめぐる朝日新聞の報道を検証した第三者委員会(中込秀樹委員長)は、
韓国・済州島で暴力的に女性を連れ出したとする故吉田清治氏の証言について、
長年にわたって誤報を放置し、取り消しも遅れたことを厳しく批判した。

 「読者の信頼を裏切るもの」との指摘について、社説を担当する私たち論説委員も真摯(しんし)
に受け止めている。何より事実を重んじることが新聞づくりの基本であることを肝に銘じたい。

 慰安婦たちはどんな人で、どうやって集められ、どんな生活を強いられたのか。その実像はいまも明確になっていない。

 朝日新聞は第三者委員会から出された指摘を踏まえ、多角的な取材によって実像をつかむ努力を重ねてゆく考えだ。
論説委員室でも、冷静に歴史に向き合う論議を続けていきたい。

■なお解明を待つ実像

 閉ざされていた歴史の闇に、光があたり始めたのは1990年代の初めだった。

 長かった軍事独裁政権の下で言論や表現の自由が制限された時代が去り、韓国の元慰安婦たちは、ひとりふたりと名乗り出始めた。

 それから20年以上の時が流れたが、問題はいまも克服されないまま日韓の歴史的な課題であり続けている。

 いま、それぞれの国内で強調される「記憶」は、むしろ以前よりも偏りが目立つ。「慰安婦の多くは自発的になった」
「大半は暴力的に連れていかれた少女たちだった」などの言説だ。

 朝鮮半島で日本軍などが、組織的に人さらいのように女性を連れて行ったという資料は見つかっていない。
一方で韓国には「軍に無理やり連れていかれた」と証言する女性がいる。

 さまざまな実像が戦後70年という歳月で見えにくくなってはいるが、解明の努力を続けることは当然の責務であろう。

■協力すべき課題山積

 日本と韓国は国交締結後、ときに互いを支え、ときに競いながら今日までやってきた。その歩みは新年で半世紀を迎える。

 もちろん、日韓が向き合うべき課題は、歴史認識問題だけではない。
自由貿易圏構想や、同じ対米同盟にもとづく安全保障など、多岐にわたる。

 とりわけ北朝鮮の脅威にどう立ち向かうかは共通の課題だ。日米韓はきのう、北朝鮮の核・ミサイルなどの
秘密情報を共有するための覚書を交わした。

 地理的にも経済的にも共通点の多い隣国同士が手を組むべき課題は山積している。
それぞれの分野で違いを乗り越え、少しでも国と国の距離を縮めることこそが政治の責任だ。

 その中で慰安婦問題は人権問題であり、被害者らをいかに救済するかを中心にすえねばならないのは当然のことだ。
国の威信をかけて、勝ち負けを競うようなテーマではない。

>>2へ


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月27日

【朝日新聞】渡辺雅隆社長「慰安婦報道の誤り長年の放置をおわびする。だが、被害者の声を伝えるため国内外で報道を続ける」

■【朝日新聞】渡辺雅隆社長「慰安婦報道の誤り長年の放置をおわびする。だが、被害者の声を伝えるため国内外で報道を続ける」[12/26](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/12/26(金)22:29:13 ID:2oR
朝日新聞社の渡辺雅隆社長は26日、東京都内で記者会見し、
朝日の慰安婦報道を検証する第三者委員会からの報告を受け、
「(報道の)誤りを長年、放置してきたことを改めておわびする」とする同社の見解を発表した。
今後、慰安婦問題を継続的に担当する取材班を作り、国内外で多角的な報道を続ける方針も明らかにした。

 見解では、慰安婦を「強制連行した」とする吉田清治氏の証言の真偽を「確認できない」とした平成9年の特集記事について、
「対応に問題があった」と判断。「裏付け取材を尽くし、取り消し・訂正をすべきだった」と総括した。
第三者委が、同年の特集記事で慰安婦の「強制性」をめぐる議論のすり替えを指摘したことにも触れ、
「さまざまな批判や議論を招いたことを謙虚に受け止める」とした。

 また、平成初頭の慰安婦報道については「被害者の声を受け止め、
繰り返してはならない歴史を伝えていく必要があると感じた」と説明。
「それから20年余り。高齢の女性たちから証言を聞ける時間は少なくなっている。
原点に立ち戻り、貴重な証言や国内外の研究成果などを丹念に当たる」と、今後の報道姿勢を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000531-san-soci


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:18 | Comment(11) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月25日

【沖縄タイムス/社説】朝日新聞の慰安婦報道の国際的影響は小さい。慰安婦問題があったことに変わりはない

■【沖縄タイムス/社説】朝日新聞の慰安婦報道の国際的影響は小さい。慰安婦問題があったことに変わりはない[12/24](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/12/24(水)12:59:31 ID:XR4
 自社の慰安婦報道を検証するため朝日新聞社が設置した第三者委員会は22日、報告書を発表した。

 同社の23日付朝刊は、報告書の要約版を7ページにわたって掲載しているほか、
1面に本記と社長見解、2、3、37、38面に関連記事を載せ、さまざまな角度からこの問題を掘り下げている。

 8月に検証記事を掲載した際、謝罪しなかったことや、池上彰さんのコラム掲載を見送ったことなどについて報告書は指摘する。

 「今回の問題の多くは、編集に経営が過剰に介入し、読者のための紙面ではなく、
朝日新聞社の防衛のための紙面をつくったことに主な原因があるというべきである」

 朝日新聞社は8月5日付朝刊に検証記事を掲載し、「済州島で強制連行した」とする故・吉田清治氏の証言を虚偽と判断し、
1980〜90年代に16回報じた関連記事の取り消しを表明した。
社内外から吉田証言の信ぴょう性を疑う声が寄せられていたにもかかわらず、今日まで検証が遅れてしまったのはなぜなのか。

 崩れた信頼を回復するのは容易でない。朝日は、第三者委員会の報告書をもって終わりとせず、
あらためて社内の自由な討議を重ね、自前の検証を続けてほしい。
それができるかどうかは、朝日一社の問題にとどまらず、日本の新聞ジャーナリズム全体に対する信頼にかかわるからだ。

 朝日の検証記事が掲載されて以降、週刊誌や月刊誌などを舞台に、すさまじい朝日バッシングが続き、
元朝日記者やその家族が脅迫されるという事態まで起きた。

 慰安婦問題の存在そのものを否定するような極端な議論も広がっている。
戦争中、慰安所という自由のない環境の下で、意思に反して旧日本軍の「慰安婦」として働かされ、
尊厳を傷つけられた女性たちがいたことは歴史的事実である。
その事実を受け入れることのない内向きの議論は、国際社会に誤解のタネをまき、日本の立場をかえって不利にする。

 唯一の女性委員としてかかわった林香里・東京大学大学院情報学環教授によると、
第三者委の議論では、慰安婦問題と「女性の人権」の関係については、ほとんど取り上げられなかったという。
 林さんは、海外15紙の新聞記事を通して海外メディアの反応を調べた。
国際社会では、慰安婦問題を人道主義的な「女性の人権問題」の視点から位置づけようとしていることが見てとれた−のだという。

朝日報道が国際社会に与えた影響は「限定的であった」と報告書は指摘する。
 「朝日報道」の投げかけた問題は簡単には消せないだろうが、それと「慰安婦問題」を別個の問題として切り分けて論じる必要がある。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=95985

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月24日

【朝日新聞検証】古舘伊知郎氏が朝日新聞の従軍慰安婦報道にコメント「人間は間違いを犯すことが前提」

■【朝日新聞検証】古舘伊知郎氏が朝日新聞の従軍慰安婦報道にコメント「人間は間違いを犯すことが前提」 [H26/12/23](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/12/23(火)21:52:41 ID:???
22日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏が、朝日新聞の従軍慰安婦報道についてコメントした。

番組では、朝日新聞の慰安婦報道を検証する第三者委員会が公表した報告書を特集した。
報告書によると、慰安婦の強制連行があったとする吉田清治氏の証言を、朝日新聞が
虚偽であると訂正したことについて、朝日新聞社内の検証チームは読者に「おわび」
する紙面案を作成したが、木村伊量前社長と経営幹部らが協議した結果、謝罪しないことになったという。

そして報告書のまとめとして「今回の問題の多くは編集に経営陣が過剰に介入し、
読者のための紙面ではなく朝日新聞社の防衛のための紙面を作ったことに主な原因がある
というべきである」と、述べられていたことを紹介した。

スタジオでは古舘氏が「これで思うことは、本当に人間は間違いを犯すんだということ。
これを前提にして、間違いを犯した時に、素早く、どう対応をするかが非常に問題であり、
そこが一番肝心なところだということ痛感する次第です」と語った。

トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9607216/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月18日

【マスコミ】米3大紙が安倍首相を一斉攻撃 「歴史をごまかそうとする勢力を後押し」

■【マスコミ】米3大紙が安倍首相を一斉攻撃 「歴史をごまかそうとする勢力を後押し」 [H26/12/18](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/12/18(木)21:00:38 ID:???
米主要紙のニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ロサンゼルスタイムズが
相次いで、安倍晋三首相の歴史認識に対して批判的な社説や記事を掲載した。

日本国内で従軍慰安婦問題を否定する動きが強まっており、安倍首相がその
「後押し」をしているというのが大筋の主張だ。

「歴史をごまかそうとする勢力に迎合」に総領事が反論
NYタイムズ電子版は2014年12月3日、「日本の歴史のごまかし」と題した社説を
掲載した。冒頭から、「日本の右派政治勢力が安倍政権の後押しを得て、旧日本軍が
数千人の女性を強制的に慰安婦にさせたという第二次世界大戦の暗部を否定しようとの
脅迫的なキャンペーンを繰り広げている」と批判的なトーンが強い。

さらに「慰安婦問題は日本の戦時中の敵がでっち上げた大ウソだとする政治的な
動きが勢いを増しており、歴史を修正しようとする者たちが1993年の政府の謝罪
(編注:河野談話)を撤回させようとしている」と主張。そして安倍政権が
「戦時中の歴史をごまかそうと望んでいる勢力に迎合する危険な遊びに手を出している」
とまで踏み込んでいる。また、1991年に慰安婦だと名乗る女性のインタビュー記事を
朝日新聞に書いた元記者、植村隆氏が登場。極右勢力が同氏とその家族を脅迫して
「我々を黙らせたがっている」とのコメントを引用している。

日本政府はこれまで、戦時中に女性を誘拐などによる「強制連行」で慰安婦に
したことを直接立証する資料はないと説明してきた。だがNYタイムズはこれを認めない。
今回の社説では、安倍首相が「歴史のごまかし」を促していると取れる内容だけに、
日本側は看過できなかったようだ。12月17日には、草賀純男ニューヨーク総領事による
NYタイムズへの反論文が同紙に掲載された。

「安倍首相が右派政治勢力による脅迫的なキャンペーンを後押し」について、
「日本政府は報道の自由や、国民による開かれた建設的な議論を支持している。
こうした価値観に対するいかなる脅しは断じて許さない」と主張。また首相が歴史の
ごまかしを望む勢力に迎合しているとの表現にも、「安倍首相はこれまで何度も、
歴史と真摯に向き合うと述べ、慰安婦として苦痛を味わった女性たちに深い反省の意を
繰り返し表明している」と説明。社説に書かれている内容の「誤解」を指摘した。

>>2へ

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:12 | Comment(11) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【神戸新聞/社説】嫌中や在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチなど排除の論理からは何も生まれない。相手を認める共生社会にせねば

■【神戸新聞/社説】嫌中や在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチなど排除の論理からは何も生まれない。相手を認める共生社会にせねば[12/17](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/12/17(水)12:35:32 ID:z76
中国・上海でコンサルティング会社を経営する金鋭さんは、神戸で生まれ育った華僑3世だ。

 「中国は祖国、日本はふるさと」。
二つの国にルーツがある。震災後、そのふるさとで芽生えたはずの「共生」を危うくする動きが目立つ。
尖閣諸島の領有権などをめぐる日中関係の悪化を憂う気持ちは強い。

 「嫌中」など日本に広がる中国観に戸惑いを覚える。在日コリアンらに投げ掛けられるヘイトスピーチ(憎悪表現)にも心を痛める。

 「中国人にも多様な考え方の人がいる」。
両国民が分かり合える一助になればと、街中などで出会った中国人とのやりとりをフェイスブックに書き込むようになった。

 頻繁に登場するのは、上海のタクシー運転手だ。
「中国が力をつけてきたから、いろいろとややこしくなってきたんだよ」「習近平は我慢強い方だ」。
車内の会話から、日本への、時に中国政府への率直な思いに触れることができる。

 上海はかつて「魔都」と呼ばれた世界有数の国際都市だ。住民たちが口にする本音は、上海が異文化を受け入れてきた多様性とも無縁ではないだろう。
多くの外国人コミュニティーや宗教施設が共存する国際港湾都市・神戸の姿と重なる。

 日本社会はさらに多様化が進む。相互理解を深めるには、まず相手のことを知り、認め合うことだ。
「排除」からは何も生まれない。20年前に共有した思いに立ち返りたい。

http://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201412/0007589259.shtml

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月10日

【毎日新聞】秘密保護法:市民からチェック困難に

■【毎日新聞】秘密保護法:市民からチェック困難に [H26/12/10](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/12/10(水)06:20:34 ID:???
 10日に施行される特定秘密保護法。政府機関による情報収集に
違法性が疑われる場合、市民からのチェックが困難になることが
問題視されている。不適切な秘密指定の防止の鍵を握るのは内部通報制度だが、
参考にした米国との間にさえ大きな違いがあり、実効性を問う指摘も出ている。

 特定秘密には「テロの防止に関し収集した国民の生命及び身体の保護に関する重要な情報」が含まれる。

 2010年、警視庁公安部の国際テロ対策に関する文書114点が、インターネットに流出した。
国内のイスラム教徒の住所、勤務先、家族、宗教施設への立ち入り状況などプライバシー情報が含まれていた。
ある日本人男性(39)は、流出文書の中で、家族がテロリストと関わりがあるかのような記述をされていた。
「家族が容疑者扱いされ、子供の情報まで集められた」

 男性らイスラム教徒17人は「違法な情報収集が行われた」などとして東京都などを相手取り訴訟を起こした。
今年1月、東京地裁はプライバシーの侵害を認め、都に損害賠償を命じた。都側と原告の双方が控訴し、訴訟は継続している。

 秘密保護法の施行後、こうした情報収集は特定秘密として隠されてしまわないか。
男性は「特定秘密の線引きがあいまい。違法捜査が行われても分からなくなるのではないか。
恣意(しい)的にレッテルを貼られないか憂慮している」と話す。

続き 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20141210k0000m040143000c.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:45 | Comment(13) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月09日

【話題】小倉智昭氏が平昌五輪と東京五輪の日韓分散開催を支持「ご近所の国でやれば負担が軽減されますし」

■【話題】小倉智昭氏が平昌五輪と東京五輪の日韓分散開催を支持「ご近所の国でやれば負担が軽減されますし」 [14/12/09](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 おためし移民φ(..)◆DjJBhUj2bdI6 sage New! 2014/12/09(火)14:31:04 ID:lzr
■小倉智昭氏が平昌五輪と東京五輪の日韓分散開催を支持 2014年12月8日 20時30分 トピックニュース

8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭氏が平昌(ピョンチャン)オリンピックの日韓共催に賛成した。

番組では、2018年に開催予定の冬季五輪・平昌(ピョンチャン)オリンピックの話題を取り上げ、競技場の建設が財政難で進まず、競技の一部を日本で行う案が噂されていることを報じた。
韓国内に新設する予定の会場がほとんど手付かずの現状であることを伝えた後、笠井信輔アナウンサーが国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の発言を解説した。

笠井アナは「日本にとってあり得ない発言」としたうえで、平昌オリンピックの一部の競技を日本で開催するだけではなく、
2020年に開催する予定の夏季五輪・東京オリンピックの一部競技を韓国で開催する“分散開催”を決定する場合がある、というバッハ会長の開催コスト削減案についての発言を説明した。

すると小倉氏は「ご近所の国でやれば負担が軽減されますし。日韓ワールドカップの時も日韓の友好のために僕はいいんじゃないかって言いましたけど」
「今、あんまり関係がよくないじゃないですか。(日韓関係のためにも)いいかも分かんないですけどね」と、分散開催を支持した。

しかし、このコスト削減案について韓国国内から反対意見が実際に出ているとのことで、笠井アナは「日本としても反対する意見も多いと思います」と否定的な見方を示すと、
小倉氏は「あぁそう」と一言だけ漏らして、このニュースを終えた。
(トピックニュース)


↓ソースはこちらからどうぞ。全文転載許諾に感謝。
http://news.livedoor.com/article/detail/9553880/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月07日

【沖縄タイムス/社説】ネットやメディアで飛び交う嫌中嫌韓は戦争を呼び寄せる物。私達が非戦の砦にならねば

■【沖縄タイムス/社説】ネットやメディアで飛び交う嫌中嫌韓は戦争を呼び寄せる物。私達が非戦の砦にならねば[12/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/12/05(金)12:39:43 ID:BuI
“仇討(あだう)ちの時が来た”沖縄県に揚(あ)がる歓声
 日本軍のハワイ真珠湾攻撃によって太平洋戦争が始まった、1941年12月8日の翌9日付朝日新聞「鹿児島沖縄版」の記事の見出しだ。
 全国紙も地方紙もラジオ局も、メディアはこぞって開戦をもり立てた。

国の一県一紙令で沖縄の地元紙は当時、沖縄朝日新聞、沖縄日報、琉球新報の3紙を統合した「沖縄新報」のみ。
同紙は40年12月から45年5月25日に解散するまで、沖縄戦のさなかも発行を続けた。

 開戦後、新聞は戦意高揚の役割を積極的に担う。南洋群島などでの日本軍勝利を大々的に伝える沖縄新報の記事には
「死中に活あり」「冷静沈着に この一大試練に勝て」など勇ましい見出しが踊る。
 
 メディアは今、インターネットの普及で激変期を迎えている。
「売国奴」「反日」といった匿名の罵詈(ばり)雑言がネットを飛び交い、書店には「嫌中」や「嫌韓」をあおる単行本や雑誌があふれている。

メディアの権力への迎合や誤った世論誘導が戦争を引き寄せる。
新聞が過去の反省に立ち、「非戦の砦(とりで)」の役割を果たせるかが問われていることを肝に銘じたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000003-okinawat-oki


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:42 | Comment(9) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年12月05日

【北海道新聞】『艦これ』を通じ勇ましさを求める空気、「丸腰で平和を訴えても国は守れない。言っても分からない国に対抗するには抑止力が必要」…それ、本当の強さですか?

■【北海道新聞】『艦これ』を通じ勇ましさを求める空気、「丸腰で平和を訴えても国は守れない。言っても分からない国に対抗するには抑止力が必要」…それ、本当の強さですか?[14/12/05](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 暁の補給艦◆EX8DfCLL3U New! 2014/12/05(金)10:55:50 ID:13X
 「そろそろ反撃よ。全艦載機、発進!」―。
旧日本海軍の空母「蒼龍(そうりゅう)」を称するミニスカート姿の少女が攻撃開始を告げた。

 軍艦を美少女に擬人化して戦わせるオンラインゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」。
ゲーム登録者は昨春のサービス開始から半年で100万人に達し、今では200万人を超す。

 この人気が後押しし、軍艦のプラモデルが売れている。模型メーカー青島文化教材社(静岡市)
によると、20〜30代の購入が増加。ヨドバシカメラマルチメディア札幌では、昨夏から「従来の倍以上の
売れ行きになっている」という。

 「艦これ」に熱中する札幌の会社員(29)はゲームを通じて戦史を知り、旧海軍がかっこいいと思うようになった。
「丸腰で平和を訴えても国は守れない。言っても分からない国に対抗するには抑止力が必要」



 「万全の備えをすることが日本に戦争を仕掛けようとするたくらみをくじく」
(今年7月1日、安倍晋三首相の記者会見)


 安倍政権はこの日、集団的自衛権の行使を認める閣議決定をした。民主党は閣議決定の撤回を求めているが、
政権を担っていた当時は異なった発言もあった。

 「集団的自衛権の一部を必要最小限度の自衛権に含むのは一つの考え」
(2012年7月12日、衆院予算委の野田佳彦前首相答弁)

 埼玉大の一ノ瀬俊也准教授(43)=日本近現代史=は「祖国を誇りたい気持ちがゲーム人気につながっているが、
ゲームで戦うのは自分ではなく少女。他者に守られたい気分が、勇ましい政策への漠然とした支持に流れている」とみる。

 しかし、…以下略

「しかし」以降「それ、本当の強さですか?」と問う北海道新聞の熱き思いを感じたい方は全文をお読み下さい
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/2014shuin_tsuyosa/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:25 | Comment(17) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月29日

【マスコミ】朝日新聞、営業益半減=慰安婦、吉田調書問題も影響 ̄9月中間

■【マスコミ】朝日新聞、営業益半減=慰安婦、吉田調書問題も影響 ̄9月中間 [H26/11/29](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/11/29(土)03:43:58 ID:???
朝日新聞社が28日発表した2014年9月中間連結決算によると、
売上高は前年同期比5.1%減の2154億円、本業のもうけを示す
営業利益は50.5%減の30億9900万円となり、中間期として
2期連続の減収減益となった。従軍慰安婦問題などの影響もあって
販売部数が減少したことに加え、消費税増税後の景気減速に伴う
広告収入の落ち込みが響いた。

続き THE WALL STREET JOURNAL
http://jp.wsj.com/articles/JJ12568262310284834871518214431103045109147


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月27日

【マスコミ】仏像窃盗に「物質世界に執着はダメ」 古舘キャスターの「説教」に視聴者大反発

■【マスコミ】仏像窃盗に「物質世界に執着はダメ」 古舘キャスターの「説教」に視聴者大反発 [H26/11/26](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/11/26(水)17:34:52 ID:???
長崎県対馬市でまたしても起きた韓国人による仏像窃盗事件に
日本中が激怒する中、ニュースキャスターの古舘伊知郎さんは、
なぜかカメラに向かって仏の教えを説いた。
「仏教ってのはそもそも生きる上で物質世界にとらわれている、
その執着をダメだよっていう教えでもあるんですけどね」
仏像が盗まれたと大騒ぎする日本人をたしなめるような発言に、
違和感を覚えた視聴者は少なくないようだ。

「こだわることを忘れなさい」

(略) 事件は25日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)でも取り上げられた。
しかし古舘さんはニュースの冒頭、「これも腹が立つ訳ですけれども、
別の面から考えますと、仏教ってのは、そもそも生きる上で物質世界にとらわれている、
その執着をダメだよっていう教えでもあるんですけどね」と切り出したのだ。
事件を伝えるVTRでは寺の住職の「身がはがされる気持ち。奪われたこと
には腹立たしさがある」というコメントが紹介された。これを受け、スタジオの古館さんは

「そりゃ対馬の方々、お寺さんも本当に(怒っている)...というのは分かるんです」と語る。そして、
「その大般若経のことは分かりませんけど、般若心経の有名なお経で言うと、『とらわれること
から離れなさい』と『こだわることを忘れなさい』と。こだわらない心、とらわれない心、
そういうことを教えてくれるんですよね」

と淡々と述べた。その語り口や表情は、社会問題に鋭く切り込む普段の様子とは違って、
どこか穏やかなものだった。

「お釈迦様にでもなったつもり」と批判

また、古舘さんは事件について、「仏像が盗まれたというニュースばかり」と指摘。
「経典が盗まれたということは、あまり執着が薄いんですよ。一番肝心なことはそっちに
書いているんですよね」という。続けて「物に執着する我々みたいなのが浮き彫りに
なるんです。皮肉にも」と語った。
満足げに持論を述べた古舘さんだったが、視聴者からの賛同はあまり得られなかったようだ。
ツイッターなどには納得できないという声がすぐに広がった。

以下略 全文 JCAST
http://www.j-cast.com/2014/11/26221759.html?p=all

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 08:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月17日

【東京新聞】社説:選択的夫婦別姓 〜女性の活躍を進めるには人権の観点に立った方策こそ必要で、制度は理にかなう。

■【東京新聞】社説:選択的夫婦別姓 〜女性の活躍を進めるには人権の観点に立った方策こそ必要で、制度は理にかなう。[H26/11/16](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 6564億円◆o8vqQW81IE New! 2014/11/16(日)03:18:17 ID:???
社説:選択的夫婦別姓 女性活躍のためにも

 夫婦同姓の原則を変え、別姓も選べるようにする民法改正の遅れをこれ以上放置できない。
婚姻によって姓を変えている多くは女性だ。
自分らしく生きる人権の問題として政治家に熱意を問いたい。

 夫婦の希望によって婚姻時に同姓とするか、別姓とするかを選べる「選択的夫婦別姓」の導入は、
法制審議会が一九九六年に法務大臣に答申した民法改正案要綱の中で、女性差別を解消するための
重要な方策になっている。

 民法の規定では結婚に際し、「夫または妻の姓を称する」とある。
中立的な表現とはいえ、実際には96%が夫の姓を選んでおり、女性には差別的だ。
五年も議論を尽くした改正について、法務省は保守派議員の反対で一度も法案提出できていない。
だが、夫婦別姓訴訟の高裁判決でも、姓は人格権の一部とみなされている。
個人の権利として考える必要がある。

 夫婦で別の姓を名乗ることを望む人たちには、相手の姓を否定するという気持ちではなく、
慣れ親しんだ姓のまま、自分らしさを通したいという、素朴な願いが多い。

そして、夫婦がお互いの姓を大切にしようということだろう。
 改姓によって人間関係や職業的に断絶や不利益があるということで広がった通称もまた、公には限界がある。
法制審も答申する通り、改正するのが筋である。
 別姓について、安倍政権の女性閣僚は「家族崩壊につながる」と主張する反対派の中心にいる。
だが、彼女らは職務で通称を通しており、言葉と行動が一致しない。
女性が姓をどうするかで悩んだり周囲との摩擦が減れば、それだけ生きやすくなる。
女性の活躍を進めるには人権の観点に立った方策こそ必要で、夫婦が別姓も選べるようにする制度は理にかなう。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

東京新聞 11月15日付け
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014111502000169.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月13日

【朝日新聞】 増税回避。不人気政策から逃げて人気とり。その程度の国民とみくびられ。その程度の見識しかない政権があり。(素粒子)

■【朝日新聞】 増税回避。不人気政策から逃げて人気とり。その程度の国民とみくびられ。その程度の見識しかない政権があり。(素粒子) [H26/11/13](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/11/13(木)17:13:00 ID:???
 増税回避。不人気政策から逃げて人気とり。
その程度の国民とみくびられ。その程度の見識しかない政権があり。

 身を切る改革。それをやらないから、これもやらない。
約束を守らぬ大人たちが、どの面さげて子に道徳を説く。

続き 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASGCD3H4LGCDUSPT006.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月12日

【社会】男性の4割は新聞を取っていない! 「購読している新聞」ランキング - 男性編

■【社会】男性の4割は新聞を取っていない! 「購読している新聞」ランキング - 男性編 [H26/11/11](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 6564億円◆o8vqQW81IE New! 2014/11/11(火)07:55:58 ID:???
朝、電車内で新聞を読んでいる人の紙面が目に入った。ほ〜、うちが取ってるのと社説の見解が違うなぁ。皆さんも他紙を読んで、見解や書き方の違いを実感した経験はないだろうか。今回はマイナビニュース会員の男性266名に、現在購読している新聞は何か聞いた。

Q.今購読している新聞は何ですか?
1位 朝日新聞 12.8%
1位 読売新聞 12.8%
3位 日本経済新聞 11.7%
4位 産経新聞 3.4%
5位 毎日新聞 3.0%
番外編:取っていない 43.2%

Q.その新聞のどのような所を気に入っていますか? また、どのような基準でその新聞を選びましたか?
■朝日新聞
・「紙面の記事のバランスの良さから」(50歳以上/その他/事務系専門職)
・「折り込みチラシが多いので、奥さんの意見で購読しています(読売は、阪神ファンなので読みません)」(50歳以上/電機/技術職)
・「記事の撤回などいろいろあったが、権力に迎合しないところが気に入っている」(50歳以上/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「天声人語、有名さで選んだ」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
■読売新聞
・「コラムの人生案内が他紙になく、参考になる」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「実家が読売をとっていたので。1面のコラムと、日曜日のチラシに挟まれている『よみほっと』が好き」(28歳/その他/クリエイティブ職)
・「基本的に読みやすい、一番メジャーなので親しみやすい」(30歳/情報・IT/技術職)
・「ファンである読売ジャイアンツの記事が多いから」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
■日本経済新聞
・「会社の朝礼で話が出るから」(22歳/その他/事務系専門職)
・「企業の情報が他紙より詳しくのっているところ」(28歳/情報・IT/技術職)
・「株式とか経済について詳細な記事が多いのでいろいろ参考になる」(41歳/自動車関連/技術職)
■産経新聞
・「経済欄が充実している、朝刊だけで安いし経済欄が多いから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「読みやすく肩がこらない」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「昔から愛読しており、もう自分に身近な新聞と化している…新聞は読みやすいものが一番だと思います」(27歳/情報・IT/技術職)
■毎日新聞
・「ファッションショーのコレクションレポートがおしゃれでおもしろいから」(36歳/商社・卸/事務系専門職)
・「内容があまり偏っていない、紙面や文体が読みやすい」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「昔から読み慣れていて、生活面が面白いから」(27歳/学校・教育関連/専門職)
■そのほか・番外編
・「日刊産業新聞: いろいろな業界の最新情報がわかる」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「千葉日報: 地元の話題が多くて、あまりページが無いので読みやすい」(41歳/情報・IT/技術職)
・「地方紙: 住んでいる地方の情報が詳しい、しかし逆に、その地方以外の情報が少ない」(50歳以上/学校・教育関連/事務系専門職)
■取っていない
・「今はインターネットでもいろいろなニュースがすぐ見られるので」(43歳/医療・福祉/営業職)
・「特定の新聞だと考えが偏るので、ネットでさまざまな紙面の記事を読み比べるため」(43歳/情報・IT/技術職)
・「新聞の記事が信用できない」(47歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「お金の余裕がないから」(23歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

マイナビニュース 11月11日付け
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/11/028/


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月10日

【北海道新聞】北海道独立したら… 食糧自給率200% 日本語・アイヌ語公用語に 財政は厳しく

■【北海道新聞】北海道独立したら… 食糧自給率200% 日本語・アイヌ語公用語に 財政は厳しく [H26/11/10](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆sRJYpneS5Y New! 2014/11/10(月)12:50:06 ID:???
英国からの独立を問うスコットランドの住民投票で、賛成派は過半数を獲得できず、独立は夢に終わった。北海道とスコットランドは人口、面積がほぼ同じ規模。道内に「独立論」が高まっているわけではないが、仮に北海道が独立したらどうなるのか。通貨は? 国旗は? 経済は? 「視点を変えれば今の北海道が見えるかもしれない」と、同僚A、B、Cと空想してみた。(探る見る取材班)

■通貨は「ピリカ」

 まずは通貨の名前を考えよう。世界中で愛された北欧フィンランドの童話「ムーミン」のようなかわいらしい名前がいいな。「ドーミン」はどうだろう。

 A「アニメ的なかわいらしさから、一気に現実に引き戻されたような…」

 B「北海道らしく、『なまら』や『したっけ』『えぞ』はどうかな」

 C「アイヌ語のピリカ(美しい)やカムイ(神)もあるよ」

 ピリカは響きがいいね。「百ピリカ、千ピリカ…」。よし、通貨の名前はピリカにしよう。早口言葉が得意になる道民も増えるだろう。では、公用語は日本語とアイヌ語でいいかな。

 A、B、C「いいと思う」

 A「ただ、アイヌ語を話せる人が少なくなった今、実際にアイヌ語を日常生活に根付かせるには多くの困難がありそうだね」

 例えば、ニュージーランドでは先住民族マオリの言葉を独自の学習法で広めている。米国ハワイ州では、消滅寸前だった先住ハワイ民族の言葉を復興させ、今ではハワイ語で教育する学校が幼稚園から高校まである。海外の先行事例が参考になると思う。

 B「北海道だけで自給自足できるの?」

 農林水産省の資料によると、2012年度の北海道の食料自給率はカロリーベースで200%。カナダ(2011年で258%)やオーストラリア(同205%)に肩を並べ、フランス(同129%)や米国(同127%)を超える農業大国になる。食べ物は十分に賄えそうだ。ちなみに日本全体の食料自給率は39%だ。

続き 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/573503.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年11月08日

【中國新聞/社説】台湾漁船も小笠原でサンゴ密漁を行った事がある。中国漁船団だけに対し自衛隊派遣と言うのは暴論だ

■【中國新聞/社説】台湾漁船も小笠原でサンゴ密漁を行った事がある。中国漁船団だけに対し自衛隊派遣と言うのは暴論だ[11/7](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 雨宮◆3.yw7TdDMs sage New! 2014/11/08(土)00:34:35 ID:mVpWj1Lz3
台風が過ぎ去れば、またぞろ言語道断の行為を繰り返すのだろうか。小笠原諸島や伊豆諸島の周辺で中国漁船のサンゴ密漁が深刻な問題となっている。

 その数は時に200隻を超えたと伝えられる。日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に侵入し、
中国で高値で取引されるアカサンゴなど「宝石サンゴ」を根こそぎ採取している。

 厳しく規制され、採取に特別な許可が求められる貴重な生態系である。魚の産卵場所の役目も果たし、
こうした違法行為による漁業への影響は計り知れない。さらには船員らが不法入国する恐れがあるとして、島で暮らす人たちの不安も強まる。
海上保安庁は現行犯の摘発を重ねるが手が回らず対応に苦慮している。巡視船を増強したとしても今のような状況が続くとすれば限界があろう。
しかし手をこまねくことは許されまい。政府・与党内で対策強化の動きが加速したのはうなずける。

 こうまで大規模な密漁がなぜ横行するのか。背景についても当然、分析する必要がある。

 一つは希少生物保護の観点から中国政府が国内法でアカサンゴなどの採取を厳罰で禁じた余波といえよう。
少し前までは、その密漁の現場も沖縄近辺が中心だったという。
尖閣問題もあって日本の巡視船が目を光らせるため、小笠原方面に移動してきた。そんな見方もできる。
いわば中国側の政策とも深く関わりのある問題であり、日本政府が外交ルートで対処を厳しく求めるのも当然だ。
自国内の環境さえ守れば、後はほおかむりでは困る。中国側は何より実効性を伴う取り締まりを早急に進めるべきである。

 もちろん日本としても、できる限りの手を打っておきたい。
自民、公明両党は違法操業を取り締まる外国人漁業規制法などを議員立法で改正する検討を始めたという。罰金の大幅引き上げが軸となりそうだ。
現状では、捕まっても数百万円程度払えば済むことが多く、しかも押収物は返還される。
サンゴ売却で得られる巨額の違法利益と比べ、罰金が少ないために抑止する効果を発揮していないのは否めない。仮に日本人が密漁した場合とのバランスも勘案しながら検討を急ぎたい。

ただ目の前の中国船を追い払うことに腐心するだけでいいのだろうか。長期的な視点で海の生態系をどう守るか、地に足の着いた議論も求められる。

 実のところ小笠原周辺のサンゴ密漁にしても、きのうきょう始まったことではない。
30年ほど前にも台湾の船団が同様に根こそぎ乱獲し、地元の漁業が打撃を受けたと聞く。
その点から考えても、中国脅威論と安易に結び付けるような自衛隊派遣の発想などは乱暴に過ぎよう。

 ここは日中両国の課題だけにとどめず、サンゴを含めた海の生物資源を維持していく国際的な議論につなげたらどうか。
北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の場で投げかけるのも一手だろう。
そのためにも、首脳外交の復活をはじめ日中政府間の連携強化が必要なのは言うまでもない。

(2014年11月7日朝刊掲載)

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=37680

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 16:05 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2014年10月31日

【政治】 「エボラ上陸騒動」で感染疑いのジャーナリストを叩く安倍支持者の幼児性

■【政治】 「エボラ上陸騒動」で感染疑いのジャーナリストを叩く安倍支持者の幼児性[2014/10/30]

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 トラネコ◆EDwr815iMY sage New! 2014/10/30(木)15:34:51 ID:R6eIzXSPS
「エボラ上陸騒動」で感染疑いのジャーナリストを叩く安倍支持者の幼児性
2014.10.29

 日本人の正義は完全に変わってしまったのかもしれない。「エボラ日本上陸か」の第一報以降、エボラ感染を疑われた男性へのバッシングを見ていて、つくづくそう感じた。

「まじで西アフリカからとか帰って来ないで欲しい。」
「なんでわざわざこんな危険なところに行くんだよ! クソが」
「ほとぼりさめるまで帰ってくんな」
「ついにエボラか…だから鎖国しろって言ったんだ」

 自国のこと以外一切考えず、自分の今いる場所が世界とつながっているという意識もない。自分たちとちがう価値観で外の世界を知ろうとする者を異物扱いしてヒステリックに叩く。まさに“島国根性”丸出し。

 しかも、ネットユーザーたちはこの男性がジャーナリストだと知って、さらにバッシングを激化させる。

「ジャーナリストって害しかもたらさない」
「真実を伝えるとかいって、国民に迷惑をかけてるんじゃねえぞ」
「自分が巻き込まれて、税金使って助け出されたり、日本中を危険に晒したりしてりゃ世話ないわ」 
 
 連中は普段、自分たちがああだこうだと勝手なコメントをタレ流しているニュースの大元の情報がどうやってもたらされているかもわからなくなっているようだ。本当に新しい情報はネットをいくら眺めていても得られない。ジャーナリストが世界のさまざまな場所、事件が勃発している現地に出かけて取材をすることで、はじめて知ることができる。当然、そこには銃撃戦に巻き込まれたり、人質としてとらえられたり、伝染病に感染したり、法を犯して拘束されるリスクもつきまとう。しかし、それでも取材の自由を認め、取材活動で危機に陥った場合は国家がジャーナリストを救い、助ける。それが民主主義国家であり、「知る権利」を保護するということなのだ。

 考えてみればいい。もし西アフリカが危険地帯だから一切行くなとなったら、そこにいる人たちは誰が助け、そこで起きている危険を誰が我々に伝えるのか? それこそ、医師やジャーナリストが危険を冒して活動しているからこそ、遠くの国に住む我々にエボラの危険性が伝わってくるんじゃないのか。

 それとも、そういう活動はアメリカ人にでもまかせておけ、日本人は一歩たりとも海外に行くなとでもいうつもりなのか。

 彼らは普段、「自分の国は自分で守れ」とか「日本人の誇り」とか勇ましいことをいっているんじゃなかったのか。それが、いざほんとうに自分が巻き込まれそうになると、ヒステリックに「迷惑かけんな」とわめき立てる。こういうネットの論調を見ていると、その口にのぼっているナショナリズムが、実は強い国家に自分を守ってほしいという幼児的な保護願望でしかないことがよくわかる。
(以下、略)

詳細のソース
http://lite-ra.com/i/2014/10/post-588-entry.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ ブログパーツ