2017年12月05日

【毎日新聞】《社説》 大阪とSF、自治体断交は行き過ぎだ。見解が違っても関係を断ち切らず、粘り強く理解を求めるような姿勢が必要ではないか。

■【毎日新聞】《社説》 大阪とSF、自治体断交は行き過ぎだ。見解が違っても関係を断ち切らず、粘り強く理解を求めるような姿勢が必要ではないか。[H29/12/4](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/04(月)11:35:35 ID:???
◎記事元ソース名/大阪とサンフランシスコ 自治体断交は行き過ぎだ

 大阪市が米サンフランシスコ市との姉妹都市提携を解消しようとしている。
 サンフランシスコ市議会が中国系民間団体の設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを全会一致で議決した。
これを中国系のエドウィン・リー市長が承認したことが理由だ。

 像の碑文には「数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」という表現がある。

 大阪市の吉村洋文市長は「事実関係の不確かな主張を歴史的真実として広めることは日本へのバッシングだ」と主張し、
リー市長との直接会談を求めてきた。
しかし、要望は受け入れられず、「信頼関係は崩壊した」として提携の解消を文書で通知する方針を表明した。

 両市は1957年に姉妹都市となり、代表団の訪問や高校生のホームステイといった交流事業で親交を深めてきた。
大阪市は民間交流事業への補助金支出を打ち切る方針も明らかにした。

 慰安婦問題は一昨年の日韓合意で政治的にようやく決着した。サンフランシスコ市の対応を日本政府は碑文の内容も含め遺憾だとしている。

 大阪市も重ねて抗議してきただけに、提携解消はさらに強い意思表示が必要との判断だろう。
ただし、これまで築いた交流を絶ち「断交」するような対応には疑問がある。

(中略)

 国益が衝突しやすい国同士とは異なり、自治体交流ならば市民を通して考え方の違いを理解し、垣根を乗り越えやすいとの精神からだろう。

 日米間の第1号は原爆が投下された長崎市と米セントポール市間だった。大阪、サンフランシスコも草分け的存在である。

 見解が違っても関係を断ち切らず、粘り強く理解を求めるような姿勢が必要ではないか。自治体交流の意義と役割にもう一度立ち返ってもらいたい。

毎日新聞/12月3日
http://mainichi.jp/articles/20171203/ddm/005/070/159000c
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | マスコミニュース

【マスコミ/賞】 平和・協同ジャーナリスト基金賞 東京新聞・望月記者に奨励賞

■【マスコミ/賞】 平和・協同ジャーナリスト基金賞 東京新聞・望月記者に奨励賞 [H29/12/4](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/04(月)10:35:16 ID:???
2017年12月2日 朝刊

 平和や人権擁護などに貢献した報道や作品を表彰する「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の第二十三回受賞作が一日発表され、

本紙社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(42)=写真=の「武器輸出及び大学における軍事研究に関する一連の報道」が
奨励賞に選ばれた。九日に贈呈式が行われる。

 望月記者は本紙で、日本における武器輸出の拡大や軍事研究費の増加について報じ続け、
昨年七月には「武器輸出と日本企業」(角川新書)も著した。

授賞理由は「武器輸出三原則が事実上撤廃されてゆく過程や日本企業が武器の生産・輸出に傾斜していく経緯がリアルに描写され、
現状への警告となっている」としている。

 基金賞(大賞)には戦時中の朝鮮人強制連行などを取材し続け、今年九月に亡くなった作家・林えいだいさんを
描いたRKB毎日放送のドキュメンタリー映画「抗い 記録作家林えいだい」が選ばれた。

 同基金賞は一九九五年に設立、市民からの寄付で運営されている。本紙は二〇一三年に「憲法に関する一連の企画」で、
一五年に「平和の俳句」で基金賞を受賞している。
 今回の他の受賞作は次の通り。

(以下略)

東京新聞/12月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017120202000116.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 09:00 | Comment(1) | マスコミニュース

2017年12月02日

【中日新聞】《コラム》 なぜだろう。国会がモリ上がりカケると、あいつが飛んでくる。

■【中日新聞】《コラム》 なぜだろう。国会がモリ上がりカケると、あいつが飛んでくる。[H29/12/2](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/02(土)09:11:22 ID:???
◎記事元ソース名/夕歩道

 なぜだろう。国会がモリ上がりカケると、あいつが飛んでくる。

選挙の間は、とんとごぶさただったのに。あいつが飛んでくるたびに、日米の、まモリの絆が強くなる。太平洋のカケはしになる。

 なぜだろう。ミサイルが飛ぶと米国が潤う。訪問販売、トランプさんの薦めるままに、新兵器の詰め合わせセットをご成約。
地上配備の防衛システム八百億円、カートに入れたばかりというのに。

 なぜだろう。「火星15」は秘密兵器じゃないらしい。
オープンリーチ。

手の内をさらして起死回生もありだけど…(以下略)

中日新聞/11月30日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/yuhodo/CK2017113002000259.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 17:03 | Comment(3) | マスコミニュース

2017年12月01日

【AERA dot.】津田大介「国家による悪用で後退するネットの自由度」

■【AERA dot.】津田大介「国家による悪用で後退するネットの自由度」[H29/12/1](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/12/01(金)13:05:11 ID:???
 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。
「ネットの自由度」に関する国際調査を見て、こう分析する。

*  *  *
 11月14日、国際人権監視NGOの「フリーダムハウス」が、世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書
「ネットにおける自由(Freedom on the Net)」の2017年版を公表した。
この報告書は、政府によるネットの接続制限や情報遮断、検閲、メディア規制、反政府的主張の監視などの指標を分析、数値化したものだ。
調査対象となった65カ国中32カ国で前年に比べ自由度が後退し、改善したのは13カ国にとどまった。

 著しく低いところは、ワースト1位の中国を筆頭に、ロシアや中央アジア、東南アジア、中東諸国など独裁的傾向の強い国に広がり、
ネット人口全体のおよそ3分の2が何かしらの制限を受けているという。

 今年の報告書でとりわけ強調されているのが、政府によるソーシャルメディアでの情報操作活動の激増だ。
自国の体制を維持するために行われているケースが多く、その手法は年々多様化、高度化しているという。

 実際にどのような情報操作が行われているのか。
最も多いのは、一般ユーザーになりすましたフェイクアカウントによる世論誘導だ。65カ国中30カ国で確認されている。
政府が情報操作機関を組織したり、外部エージェントに委託したりするかたちで、政府への称賛や政府批判者への攻撃、
荒らし(トロール)行為などの大量投稿が行われた。そこに実際の支持者が加わることで、政府の情報操作なのか、
実際の政治運動なのかの判別が難しくなっているという。

 ボット(自動投稿プログラム)を利用した情報操作も20カ国で確認されている。その多くは、政権批判や反政府活動の妨害、
フェイクニュースの拡散などに利用されていた。
政府によるフェイクニュースの発信も16カ国で行われているという。
主に選挙や国民投票に関連して、野党の活動を妨害したり、信頼を失わせたりすることを目的としている。

(以下略)

AERA dot./2017.12.1 07:00週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2017112900008.html?page=1
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:57 | Comment(4) | マスコミニュース

2017年11月30日

【スプートニク】トランプ氏 腐敗したマスコミに喝! フェイクニュース賞コンテストの開催を提案

■【スプートニク】トランプ氏 腐敗したマスコミに喝! フェイクニュース賞コンテストの開催を提案 [H29/11/29](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/29(水)11:17:34 ID:???
スプートニク日本
これより前トランプ大統領は、客観性を欠いた米国のイメージを世界中に作り上げたとしてCNNテレビをこき下ろし、
10月初旬、上院の諜報委員会に対し、フェイクニュースを普及させているとして、米国のマスコミ活動をチェックするよう呼びかけていた。

(以下略)

スプートニク/11月28日
https://jp.sputniknews.com/politics/201711284320083/

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(0) | マスコミニュース

2017年11月26日

【産経web】世耕弘成経済産業相が朝日新聞に申し入れ 「記事は間違っています」

■【産経web】世耕弘成経済産業相が朝日新聞に申し入れ 「記事は間違っています」[H29/11/26](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/26(日)12:18:48 ID:???

 世耕弘成経済産業相は26日までに、朝日新聞社に、記事の訂正を申し入れる書面を送ったことを自身のツイッターへの投稿で明らかにした。

 世耕氏のツイッターによると、朝日新聞が22日付の朝日新聞デジタルに掲載した
「核のごみ説明会、謝礼金問題の業者に当面委託継続の方針」という記事に関して、「今後、意見交換会運営の外部委託はやめます」
「原子力発電環境整備機構(NUMO)からの再委託を続ける方針はありません」として記事の内容を否定。
「今後の報道については適切に訂正し、今後の報道については正確を期していただくよう求めます」としている。

 朝日の記事では、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場についての説明会をめぐり、
広報業務を委託された業者が謝礼金を約束して学生を動員していた問題で、政府側が当面、この業者に委託を続ける方針で
あることが分かったとした。

 朝日新聞は、立憲民主党の初鹿明博衆院議員の説明として、資源エネルギー庁の担当者から
「学生を動員したオーシャナイズ(業者の名前)との契約が残っている期間は開催に関わる」との説明を受けたとして、
同社との契約が残っている期間中は委託を中止しないと報じた。

 一方、資源エネルギー庁は24日の会見で「問題が発覚した11月14日以降、説明会に関与させていない」として、報道内容を否定。
世耕氏も「私の指示は明確であり、今後、意見交換会運営の外部委託はやめます」とツイッターに記している。

 朝日新聞はこれまでのところ、記事を訂正していない。

(以下略)

産経web/2017.11.26 08:57
https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/www.sankei.com/politics/amp/171126/plt1711260008-a.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:00 | Comment(3) | マスコミニュース

2017年11月24日

【毎日新聞】草の根交流に水 姉妹都市解消 大阪市・サンフランシスコ市

■【毎日新聞】草の根交流に水 姉妹都市解消 大阪市・サンフランシスコ市 [H29/11/24](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/24(金)12:11:21 ID:???
 旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像を巡り、60年になる大阪市と米サンフランシスコ市の友好関係に終止符が打たれることになった。
吉村洋文市長は姉妹都市関係の解消にまで言及してエドウィン・リー市長に像の公的管理の拒否や直接会談を
幾度も要請したが、功を奏さなかった。
市議会は「姉妹都市解消」という市長決断への支持と批判が割れるが、草の根の交流を続けてきた人たちには
「拙速な判断では」と波紋が広がっている。

 慰安婦を巡っては2013年5月、橋下徹市長(当時)が「当時は必要だった」などと発言して批判を浴びた。
15年9月にサンフランシスコ市議会が像の設置を支持する決議を採択し、橋下氏は書簡で懸念を伝えた。
橋下氏の後を受けた吉村市長は碑文の「数十万人の女性が性奴隷にされた」などの表現に
「歴史家の間でも争いがある不確かなもの」という認識で、16年8月の訪米時にはリー市長と面談して関係修復を図ろうとした。

 今年9月に民有地に像が設置され、その後もサンフランシスコ市議会で公有化への手続きが進んだことで、
吉村市長は姉妹都市関係の解消に言及してリー市長に再考を求めた。今月15日付で送付した書簡では
「拒否権行使という思慮深い英断を強く望む」と強い表現で要請していた。

 しかし、大阪市によると、現地では主要2紙のうち1紙が1度報道しただけで、日本側との温度差が目立ったという。
像受け入れを認めたサンフランシスコ市議会の議案が自動成立する24日の前に、リー市長は自ら受け入れを承認した。

 大阪市議会では大阪維新の会が「友好関係をないがしろにするものだ」などと市長を後押ししたが、
自民と公明は22日に吉村市長と会談し「自治体の行為で外交交渉に影響を与えるべきではない」などと再考を求めたばかりだった。
公明市議は「市長は振り上げた拳を下ろせず、突き進むしかなかったのだろう」と話した。

 同志社大の真山達志教授(地方自治論)の話 自治体間交流は政治的なものに左右されにくい良さがある。
姉妹都市は自治体間の締結という形ではあるが、実際は市民らが草の根で積み上げてきたものだ。
一点だけのことで判断されるものではなく、このような決着のつけ方は話し合いや相互理解への道を閉ざしてしまう。
市長のやるべきことの範ちゅうを超えており、解消するにしても市民全体がどう思っているかを確認してから決めるべきだ。

姉妹都市「国でできない問題、市民交流で対応の先駆的活動」

(中略)

 民間団体「大阪・サンフランシスコユースコネクト」の久保井亮一代表(71)は「いったん関係が切れると
復活まで何十年も時間がかかる。
姉妹都市は、国で解決できない問題を市民交流で対応しようとした先駆的な活動だ。
交流が人と人の見えないネットワークを作ってきたことを市長は理解していないのでは」と苦言した。

毎日新聞/(最終更新 11月24日 05時05分)
https://mainichi.jp/articles/20171124/k00/00m/040/093000c

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:33 | Comment(1) | マスコミニュース

【ネット世論】 朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱

■【ネット世論】 朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱 [H29/11/24](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/24(金)10:47:13 ID:???

 朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、
発言を撤回するよう求める申入書を発表した。「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。

「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも
名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。
他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正之氏(75)の連載コラムの「安倍叩きは社是」の記述についても、
訂正を求める申入書を送りました」

 同記者によれば背景にあるのは「この1年で31万部減と、目に見えて部数を減らしている現実」に焦りを感じ始めているからだという。
ネットメディアの発達とともに強まり続ける「朝日新聞バッシング」を、もはや見過ごせないと決断に踏み切ったのだろう。

■自民党・山田宏議員「その前に日本国民に謝罪すべきでは?」

 だが、逆襲に出た朝日新聞に各方面から思いがけないカウンターパンチが飛びまくっている。

「朝日は小川榮太郎に抗議を出したその日の内に、自民党・山田宏参議院議員(59)から
『朝日新聞は、まず日本国民に対し、自らの慰安婦報道で世界にばら撒いた嘘に謝罪し、賠償するのが先決じゃないの?』と痛すぎる
ツッコミを入れられ、2500リツイートと3800もの『いいね』を受けるなど共感を呼んでます。
さらに朝日新聞が騒いだことで小川氏の著作は逆に注目を集め、22日にはAmazon政治本カテゴリで1位になりました。
さらに足立議員も20万視聴の人気ネット番組『報道特注』に出演するなど、むしろ反論がSNSで拡散してしまってます」(週刊誌編集者)

 たしかにすべての「ディスカウントジャパン」は朝日から始まっているといっても過言ではない。
その訂正も中途半端な一部訂正を軽く認めただけで、謝罪がウヤムヤになったのが現実だ。
社会の木鐸として人に謝罪を求める前にまず己の襟を正すべきだろう。

 そして「安倍叩き」についても、8月26日の産經新聞「産経抄」で「いま、(朝日新聞)社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、
どんなことでもするという空気になっている」と新聞業界の不都合な真実をバラされたのが大きかった。
TBSやテレビ朝日同様、しつこくモリカケ問題を特集する怪しさに、ネット利用者はすでに勘づいている。

(以下略)

dailynewsonline/2017.11.23 11:55
http://dailynewsonline.jp/article/1378733/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:22 | Comment(4) | マスコミニュース

2017年11月21日

【産経】朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐり 

■【産経】朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐり [H29/11/21](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ん◆2R.j9FMXMSiE sage New! 2017/11/21(火)18:00:19 ID:???
 
 産経新聞によると、文芸評論家の小川栄太郎氏は21日、10月に出版した著書「徹底検証『森友・
加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(飛鳥新社)について、朝日新聞社から21日付で
抗議を受けたことを明らかにしたという。

 朝日新聞は21日、朝日新聞社のサイトで同申し入れ書を公開した。
 産経新聞によると、朝日新聞社は申入書のなかで「「事実に反する」と指摘したうえで、謝罪や賠償
を求めている。」(原文ママ)という。
 朝日新聞の報道によると、「「事実に反する主な箇所」として16項目を列挙し、2週間以内に書面
による回答を求めている。」(原文ママ)。
 朝日新聞の報道によると、「謝罪や訂正を求める申入書を送った。」(原文ママ)という。
 朝日新聞社の申し入れ書によると、
 「貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、
  弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます。」

 詳細と続きは産経新聞と朝日新聞社、朝日新聞で。
  

>朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐり
2017.11.21 17:29 産経新聞
http://www.sankei.com/entertainments/news/171121/ent1711210013-n1.html

>「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者・小川榮太郎氏と飛鳥新社への申入書
2017年11月21日 朝日新聞社
http://www.asahi.com/corporate/info/11207014

>文芸評論家・小川栄太郎氏に訂正求める申入書 朝日新聞
2017年11月21日16時16分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASKCP4722KCPUTIL030.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:34 | Comment(4) | マスコミニュース

2017年11月20日

【SF慰安婦像問題】朝日新聞社《社説》 (;@∀@)「姉妹都市解消…、ちょっと待ってほしい。国が違えば人々の考え方は違う。意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは冷静さを欠いている。」

■【SF慰安婦像問題】朝日新聞社《社説》 (;@∀@)「姉妹都市解消…、ちょっと待ってほしい。国が違えば人々の考え方は違う。意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは冷静さを欠いている。」[H29/11/20](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/11/20(月)12:48:37 ID:???
◎記事元ソース名/(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

朝日新聞デジタル
 太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

 サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

 像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

 大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、
年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

 もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。
日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、
姉妹都市の精神のはずだ。(中略)

 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

 韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

 ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。

朝日デジタル/11月20日
http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:14 | Comment(1) | マスコミニュース
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ