2017年06月28日

【NHK受信料】 ネット受信料新設、口座振替の2カ月払いで2520円 〜TVなし世帯対象

■【NHK受信料】 ネット受信料新設、口座振替の2カ月払いで2520円 〜TVなし世帯対象 [H29/6/27](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 飛行第64戦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/27(火)09:59:51 ID:nKO

記事名/ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象 [H29/6(27]

毎日新聞2017年6月27日 07時30分(最終更新 6月27日 07時30分) NHK会長と経営委 社会 企業・産業 話題 速報

 2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している
「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は26日、
現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については
別の契約を設けることを柱とする中間答申原案をまとめた。

その場合のネットの受信料については、NHK内部で現行の地上放送契約と同額(口座振替の2カ月払いで2520円)とする案
が浮上している。

地上波と同額か

 原案には、支払いは世帯単位とし、スマートフォンなどでネット受信アプリのダウンロードなどの手続きを済ませた者を
対象とする方針も盛り込んだ。
地上放送などの受信料をすでに払っている世帯は、ネット同時配信を利用しても無料とし、スマホなどのネット
同時配信の利用者のみ有料とする。原案は27日のNHK経営委員会に示され7月下旬に正式決定する予定。

毎日新聞 6月27日
https://mainichi.jp/articles/20170627/k00/00m/040/100000c

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月27日

【移民難民/人口減】 池上彰「海外からの移民を受け入れることを前提とした役所【移民局】をつくるべき」

■【移民難民/人口減】 池上彰「海外からの移民を受け入れることを前提とした役所【移民局】をつくるべき」 [H26/6/26](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 飛行第64戦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/26(月)14:08:29 ID:F1T
記事名日本も移民局をつくるべき
『なぜ、世界は“右傾化”するのか?』対談(後編)

池上 彰池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)/1950年、長野県生まれ。1973年から2005年までNHKに記者として勤務。
2005年からフリーランスのジャーナリスト。2012年から東京工業大学教授に。
2016年、東工大を定年退職し、名城大学教授に。
東工大でも特命教授として引き続き講義を受け持つ。今年度は計7つの大学で教壇に立つ。(写真:陶山 勉、以下同)
−−−−−−−−
池上:今、コンビニエンスストアに行くと、店員の多くが外国人です。物流センターなどで働く人も外国人が多いと聞きます。
介護や福祉の専門学校や大学では、多数の留学生を受け入れており、彼ら彼女らがそのままこうしたアルバイトについているケースも
見受けられます。また、農村や漁村には、技能研修生という名の、事実上の移民が入っています。

 前回、日本では公式には移民政策をとっていないと言いましたが、一方で、留学生や短期の労働者として日本で働いている外国人は
数多くいるのです。
でないと、日本の「現場」は人手不足で立ち行かなくなってしまう。つまり、建前と現実に大きな乖離が生まれているのです。
ここで、日本のずるい建前と本音の使い分けが透けて見える。
人手不足だから外国人に頼るしかない。でも、本当は入れたくない。だから、建前としては認めていないけど、移民という名目
じゃないかたちで、入ってきてもらおう、と。

 個人的な意見を言えば、私は日本も移民局をつくるべきだと思います。今は、入国管理局が難民の審査をしていますが、
彼らの仕事は「不正に入ってこようとする人を入れない」というのが基本スタンスです。
つまり、入れることが前提ではなく、入れないことが前提となっている。当然、入国審査は厳しくなる。
日本の現実と未来を見据えたら、海外からの移民を受け入れることを前提とした役所をつくるべきでしょう。

(略)

日経ビジネス 6月26日
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/221631/062000005/?P=1

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月19日

【朝日デジタル】 身内かばい合い・外には恫喝的…安倍政権【マフィア化】

■【朝日デジタル】 身内かばい合い・外には恫喝的…安倍政権【マフィア化】 [H29/6/19](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=13,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/19(月)18:11:05 ID:XGZ
■対談 長谷部恭男・早稲田大教授×杉田敦・法政大教授

 数の力にまかせた奇手に個人攻撃。認めず調べず謝らず――。「1強」に余裕がなくなり、過剰なまでの強硬姿勢を見せる安倍政権。
森友学園と加計学園の問題では、数々の疑惑にフタをするばかり。
かつてないほどすさんだ政治の現状を、長谷部恭男・早稲田大教授(憲法)と杉田敦・法政大教授(政治理論)に語り合ってもらった。浮かび上がったキーワードは「マフィア化する政治」だ。

 杉田敦・法政大教授 「共謀罪」法が、委員会採決を省くという奇手を使って成立しました。
対決法案については与党の一存で委員会採決をバイパスできるという前例をつくってしまった。
議会の慣例は、将来にわたって議会政治を維持し、円滑に運用するために、立場を超えてつくられたものです。
それを数の力で破壊することは許されないし、非常に危険です。

 長谷部恭男・早稲田大教授 自分たちがずっと与党でいる前提に立たなければ到底できない、リスキーなことを安倍自民党は
平気でやる。
例えばこの先、自民党が下野して、衆参両院で共謀罪法に反対している政党が多数をとり、共謀罪は廃止します、
我々も自民党をお手本に議論なしで採決強行しますと言われても、抵抗しようがありません。

 杉田 最近はメディアでも、最後は与党案が通るんだから長々議論しても無駄だ、さっさと採決しろ、決めることが大事だという議論が
多い。
しかし国会における決定には当然、修正や廃案、継続審議も含まれます。決めることが大事だということと、与党案にさっさと
賛成しろということは論理的には別では。

 長谷部 この間の共謀罪の審議は確かにほとんど無駄でした。
大臣が意味不明な答弁をし、多々ある問題点を詰められなかったからです。法律は単体では動きません。施行規則や政令も作らなくて
はいけない。
そうした下位の法令として何が必要か、そして裁判所がどう解釈適用すべきかについても、審議の中で明らかになってくることがある。
議会でまじめな審議をすることには意味があります。

 杉田 「1強」なのに余裕がない。これが現政権の特徴です。
軽々に強硬手段に訴える。圧倒的な議席数を有しているのだから、国会会期を延長して、見かけだけでも整えればいいし、
都合の悪い文書が出てきても「怪文書」などとせず、調査中と言えばいいのに、恫喝(どうかつ)的な態度をとる。
森友学園や加計学園をめぐる疑惑と重ね合わせて考えると、政治のあり方が、一種マフィア的になっているのでは。
身内や仲間内でかばい合い、外部には恫喝的に対応する。米国やロシアの政治も同様です。

 長谷部 公が私によって占拠されている。濃密な人間関係で強く結ばれた集団が、官僚機構や一部マスコミも縄張りにおさめ、
社会一般に対して説明責任を果たそうともしないで権力を行使するとき、公権力は私物化され、個人間の私的な絆をテコに
政治が行われる。社会全体にとって何が利益かを丁寧に説明し、納得を得ることで権力は民主的な正当性を獲得しますが、
現政権はそんなものは必要ない、反対するやつは切り捨てればいいと。まさにむき出しのマフィア政治です。

 杉田 首相は、憲法改正につい…

朝日デジタル 6月19日 会員記事
http://www.asahi.com/articles/ASK6L5QP6K6LUTFK00K.html
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月16日

【毎日新聞】勝負避ける「菅話法」とは そのような指摘は当たらない、全く問題ない 〜木で鼻をくくったような定型句を繰り出すことで、コミュニケーションを遮断する。実質的には何も答えない。

■【毎日新聞】勝負避ける「菅話法」とは そのような指摘は当たらない、全く問題ない 〜木で鼻をくくったような定型句を繰り出すことで、コミュニケーションを遮断する。実質的には何も答えない。[H29/6/16](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=13,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/06/16(金)13:18:41 ID:0Q9
記事名/勝負避ける「菅話法」とは そのような指摘は当たらない、全く問題ない

 安倍晋三政権の屋台骨を支え、「陰の宰相」とも言われる菅義偉官房長官。表情を変えない落ち着いた応答が、政権の安定ぶりを
象徴してきた。ところが、森友、加計両学園問題では、首をひねりたくなる発言が目立つ。疑問符の多い「菅話法」とは−−。【庄司哲也】

 「そのような指摘は当たらない」「全く問題ない」。
記者会見で多用する菅氏の言葉を、映画監督の想田和弘さんは「菅官房長官語」と名付けた。その特徴は「コミュニケーションの遮断」だ。
 「菅氏の言葉は、相手の質問や意見に対して、正面から向き合わないことに特徴があります。『その批判は当たらない』など、
木で鼻をくくったような定型句を繰り出すことで、コミュニケーションを遮断する。実質的には何も答えない。
したがってボロを出さないので無敵に見えるのです」。つまり、相撲にたとえると「土俵に上がらないから負けない」論法だ。

 想田さんはこの論法を実践してみた。自らのツイッターに寄せられた中傷に対して「そのような批判は全く当たらない。
レッテル貼りはやめていただきたい」などと書き込んだ。会話が成立しているとみせかけ、あしらう手段として「菅官房長官語」は
効果がある。

 想田さんは解説する。「菅氏の話法は、一応は受け答えしているので、コミュニケーションが成り立っているように見えてしまいます。
でも、実は成立していない。問う側が、真摯(しんし)であれば
あるほど、一方的に遮断されたときの心理的なダメージは大きいはずです」

 加計学園の獣医学部の新設計画を巡り、「総理のご意向」などと記された文書の存在を証言した前川喜平・前文部科学事務次官に
ついて、菅氏は5月25日の会見で「地位に恋々としがみついていた。その後、天下り問題に対する世論の極めて厳しい批判等に
さらされて、最終的に辞任した方」と攻撃した。
なぜ菅氏は、珍しく感情をあらわにしたのか。
想田さんは「皮肉なことですが、まともにコミュニケーションをしようとしてしまったのでしょう。『菅官房長官語』にほころびが
出て、議論の土俵に自ら乗ってしまった。それで負け始めた」

 <「行政が歪(ゆが)められた」というような事は決してありません。この国の行政は以前から歪んでいたんですから>

毎日新聞 6月15日
https://mainichi.jp/articles/20170615/dde/012/010/039000c


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月14日

【マスコミ】朝日新聞朝刊、読売にかみつく「出会い系バー」報道で

■【マスコミ】朝日新聞朝刊、読売にかみつく「出会い系バー」報道で[H29/6/13](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=3,ばくだんいわ,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. sage New! 2017/06/13(火)12:14:28 ID:fPe
◆朝日新聞朝刊、読売にかみつく「出会い系バー」報道で
[産経ニュース 2017.6.13 12:07]


 13日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)が読売新聞が最初に報じた、文部科学省の
前川喜平前次官の「出会い系バー通い」の記事(5月22日付朝刊)や
「次官時代の不適切な行動 報道すべき公共の関心事」との東京本社の社会部長の
署名記事(6月3日付朝刊)について、『「出会い系バー」報道 波紋』との
見出しで取り上げた。

 朝日新聞は、13日の社会面の「Media Times
(メディアタイムズ)」で、読売新聞の記事の内容を伝えるとともに、民進党の
山井和則国会対策委員長が記者団に話した「前川氏のスキャンダル的なものが
首相官邸からリークされ、口封じを官邸がしようといたのではないかという疑惑が
出ている」との発言や、萩生田光一官房副長官の「政府として情報を収集し、
マスコミにリークしたという事実はない」との衆院農水委員会での発言を紹介した。

 一方、読売新聞は、社会部長の署名記事で「不公正な報道であるかのような
批判が出ている」との前置きや民進党の蓮舫代表らの指摘を取り上げた上で
「批判は全く当たらない」と説明している。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/life/news/170613/lif1706130019-n1.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月06日

【メディア】「琉球新報が本気出した!」 日曜コラムの陣容にネットがざわつく

■【メディア】「琉球新報が本気出した!」 日曜コラムの陣容にネットがざわつく [H29/6/5](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/06/05(月)08:57:54 ID:???
「琉球新報が本気出した!」 日曜コラムの陣容にネットがざわつく

 沖縄県の地元紙、琉球新報が6月からスタートした女性識者によるコラム「日曜の風」のメンバーについて一部のネットで
「琉球新報が本気出した。これだけの面子揃えるとは。」などと指摘されている。

 琉球新報が出した社告によると、「日曜の風」のメンバーは、
第1日曜が大阪国際大学准教授で全日本おばちゃん党代表代行の谷口真由美さん。
第2日曜が精神科医で立教大学教授の香山リカさん。
そして、第3日曜が同志社大学大学院教授の浜矩子さんで、第4日曜が作家の室井佑月さん−となっている。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170605/plt1706050004-s1.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年06月01日

【週刊朝日/AERA】 菅野完・緊急寄稿「私が預かった次の “籠池砲” 」

■【週刊朝日/AERA】 菅野完・緊急寄稿「私が預かった次の “籠池砲” 」[H29/5/31](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=12,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/05/31(水)15:54:15 ID:J5j
2017/5/31 11:30
 森友学園問題は「安倍昭恵首相夫人のご意向」が財務省に“忖度”され、国有地が8億円も値引きされるという不可解な疑惑を生んだ。
Xデーが近いとされる渦中の籠池泰典・森友学園前理事長から大量の資料を託された菅野完氏は、
その中から昭恵氏に宛てたある手紙を発見し……。菅野氏の緊急寄稿をお届けする。

*  *  *
 いま、私の仕事場には、籠池泰典氏及び森友学園から提供された段ボール9箱分の資料の山が積み上げられている。
さらには、森友学園が使用していたメールアドレスの送受信内容も全て提供を受けた。
問題の国有地で実施されたボーリング調査の結果や、設計・施工業者をはじめとする関係者による会議の議事録、
そして、財務省近畿財務局の担当者とのメールのやりとりなどなど、様々な資料を横断的に読み込めば読み込むほど
「安倍昭恵の存在なくして、このプロジェクトはなりたたなかった」という思いを抱かざるを得ない。

 そもそも森友問題がこれほどまでに大きな問題になったのは、安倍晋三首相が国会で「(私立小学校の認可や国有地払い下げに)私や
妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と答弁したからに他ならない。
いわば、安倍首相が一人で勝手に森友問題を政局にしたようなものだ。

 この答弁以降、メディアや野党議員は次々と「昭恵夫人と森友学園の親密さ」を裏付ける資料や証拠を提出してきた。
しかしその度に、首相をはじめとする政権サイドは、わざと嘲笑してみせて「指摘は当たらない」とその場をごまかし、
あるいは、「総理に対する侮辱である」と恫喝して逃げおおせてきた。

 しかし首相がなんと言おうと、昭恵夫人が森友学園を懸命に支援していたことは事実だ。

◎週刊朝日/AERA 5月31日 全3ページ
https://dot.asahi.com/wa/2017053000062.html

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【毎日新聞】テルアビブ空港乱射 45年 岡本容疑者、望郷の念 「テロではなく闘争」今も正当化

■【毎日新聞】テルアビブ空港乱射 45年 岡本容疑者、望郷の念 「テロではなく闘争」今も正当化 [H29/5/31](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ◆qQDmM1OH5Q46 sage New! 2017/05/31(水)11:52:42 ID:???
テルアビブ空港乱射
45年 岡本容疑者、望郷の念 「テロではなく闘争」今も正当化

 45年前の1972年5月30日に起きたイスラエルのテルアビブ空港乱射事件で、実行役として唯一生き残った日本赤軍メンバー、
岡本公三容疑者(69)=殺人容疑で国際手配=が毎日新聞の取材に応じた。事件については武装闘争だったと正当化したが、
「一度は帰りたい」と日本への郷愁も口にした。【ベイルートで岸達也】

続き 毎日新聞・会員記事
https://mainichi.jp/articles/20170531/ddm/012/040/034000c

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 01:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2017年05月28日

【日経ビジネス】読売新聞は前川前次官の人格を貶めたかった 〜合法的な店舗に料金を支払っているので恥じる事はない。前川次官の人間性に仮に疑問符が付いても『総理のご意向』文書」の信用性はある。

■【日経ビジネス】読売新聞は前川前次官の人格を貶めたかった 〜合法的な店舗に料金を支払っているので恥じる事はない。前川次官の人間性に仮に疑問符が付いても『総理のご意向』文書」の信用性はある。[H29/5/27](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/05/27(土)15:00:57 ID:ONH
記事名/出会い系バーに出入りした人の“末路”

小田嶋 隆

 『辞任の前川・前文科次官、出会い系バーに出入り』
 という記事(こちら)が読売新聞に掲載されたのは、月曜日(5月22日)のことだった。
 一読して驚嘆した。とてもではないが、全国紙が配信する記事とは思えなかったからだ。
記者は、前川前次官が
《……在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが
関係者への取材でわかった。》
ことを伝えたうえで《教育行政のトップとして不適切な行動に対し、批判が上がりそうだ。》と書いている。

 正直なところを申し上げるに、失笑せずにはおれなかった。
「批判が上がりそうだ」という文末表現の真骨頂を、久しぶりに見た気がしたからだ。

 解説する。

「批判が上がりそうだ」
 というこの書き方は、新聞が時々やらかす煽動表現のひとつで、
「批判を浴びそうだ」「議論を招きそうだ」「紛糾しそうだ」という、
一見「観測」に見える書き方で、その実批判を呼びかけている、なかなかに卑怯なレトリックだ。

 書き手は、「批判を浴びそうだ」という言い方を通じて、新聞社の文責において批判するのではなく、
記者の執筆責任において断罪するのでもなく、あくまでも記事の背後に漠然と想定されている「世間」の声を代表する形で対象を攻撃している。
しかも、外形上は、「世間」の空気を描写しているように見せかけつつ、実際には「世間」の反発を促す結果を狙っている。

 真意は
「な、こいつヤバいだろ? みんなでどんどん批判して炎上させようぜ」
 といったあたりになる。
 実に凶悪な修辞法だ。

 新聞記者は、ほかにもたとえば
「状況は混迷している」→(「オレにはわからん」の言い替え)
「なりゆきが注目される」→(「正直アタシには先が読めません」の言い替え)
 みたいな語尾で記事を書くことがある。

 これらの場合「状況」や「なりゆき」を主語に持ってくることで、書き手の自信の無さを隠蔽し、執筆の責任を回避している。

 新聞は「世論」の陰に隠れて、書き手の一人称(つまり、「私」なり「記者」なり)を隠蔽することを好む。
 あるいは「注目される」というふうに、文末を受動態(←誰が注目してるんだ?)で受けることで、
書き手が生身の人間でなく、「社会の木鐸」ないしは公共的で客観的で超越的な人格であるかのような偽装を施しにかかっている
……というのは、まあ、いくらなんでもひどい言い方かもしれないので撤回する。

 ここではとりあえず、5月22日の記事の中で使われている
「批判が上がりそうだ」
 という語尾が、卑怯なものの言い方である旨を断言しておくにとどめる。

◎日経ビジネス 5月27日 全5ページ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/052500095/
続きを読む
posted by nandemoarinsu at 11:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【琉球新報】アメリカは沖縄を植民地と見ている。日本政府も加担している。

■【琉球新報】アメリカは沖縄を植民地と見ている。日本政府も加担している。[H29/5/27](おーぷん2ちゃんねる)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
1 ■忍法帖【Lv=11,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb sage New! 2017/05/27(土)13:42:45 ID:ONH
記事名/新基地阻止誓い、2000人結集(主催者発表) 辺野古ゲート前の県民集会

2017年5月27日 12:55
 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で27日午前11時から開かれた普天間飛行場の
辺野古移設に伴う新基地建設に反対する「辺野古新基地阻止『K9護岸工事を止めろ』環境破壊を許さない県民集会」
(オール沖縄会議主催)には本島中南部や県外から市民2000人(主催者発表)が参加した。

集会の最後、市民は手をつなぎ合い、シュワブの基地に向かってガンバロー三唱をして、新基地阻止をあらためて誓った。
 安次富浩ヘリ基地反対協共同代表は、米軍がグアムへの海兵隊移転計画を再検討していることに触れ「(県外、海外では)移転先の
意見が反映されるが、沖縄では反映されない。沖縄を植民地と見ているからだ。日本政府も加担している。
本当の独立国家なら(辺野古移設を)即刻中止すべきだ」と強調した。


◎琉球新報 5月27日
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-503645.html


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ