2007年08月31日

【社会】 “妊婦、たらい回しで死産”で、通報現場から800mの病院に「空きベッド」あったことが判明…奈良

病院に「空きベッド」あった…たらい回しで妊婦死産(ANN)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 奈良県の妊婦が救急搬送を相次いで病院に拒否されて死産した問題で、救急隊が最初に受け入れを要請した通報現場から800メートル離れた病院には、当時、ベッドが空いていたことが分かりました。

 奈良県橿原市に住む妊娠の女性(38)は29日午前3時前、買い物に出かけたスーパーで腹痛を訴え、救急車に乗りました。消防が受け入れ先の産婦人科を探したものの、奈良県・大阪府の病院に相次いで断られ、救急車が大阪府高槻市の病院に到着したのは、通報から3時間後でした。この搬送途中に女性は破水し、胎児は死亡した状態でした。この問題で、最初に受け入れを要請された奈良県立医大付属病院では、空きベッドがあったのに、受け入れを断っていました。別の妊婦の診察中だった当直医が「後にしてほしい」と答えたのを、事務担当者が「受け入れ拒否と判断した」と言い、当直医は「受け入れを断ったつもりはなかった」と話しているということです。
 一方、与謝野官房長官は30日の記者会見で、「医療制度として欠けているところがあると感じている。厚生労働省の対応を見ていきたい」と話しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで



【社会】 “妊婦、たらい回しで死産”で、通報現場から800mの病院に「空きベッド」あったことが判明…奈良の続きを読む(長いです・・・)
タグ:産科 妊婦 奈良
posted by nandemoarinsu at 01:19 | Comment(11) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年08月28日

【社会】飲食コーナーで相席を求めた男性を暴行死させる 毎日新聞販売店従業員逮捕…茨城

茨城暴行死:新聞販売店従業員を傷害致死容疑で逮捕(毎日新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 茨城県利根町のスーパー前で26日に同県取手市双葉2の酒店経営、青柳進さん(67)が殴るけるの暴行を受けて死亡した事件で、県警取手署は27日、自首してきた、同県竜ケ崎市佐貫町の毎日新聞販売店従業員、高橋光太郎容疑者(25)を傷害致死容疑で逮捕した。「かっとなってやった」と供述しているという。

 調べでは、高橋容疑者は26日午後3時40分ごろ、ヤオコー利根店の飲食コーナーの4人掛けテーブルで居眠りをしていて、相席を頼もうと声をかけた青柳さんを店外に連れ出して殴るけるなどして、死亡させた疑い。青柳さんは病院に搬送されたが、約8時間後にくも膜下出血などで死亡した。





【社会】飲食コーナーで相席を求めた男性を暴行死させる 毎日新聞販売店従業員逮捕…茨城の続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年08月27日

【朝日新聞社説】安倍首相へ贈る「5つの反省」:「言葉に責任を持て」「おごりを捨てろ」「基本路線見直せ」など

内閣改造を前に―首相へ贈る「五つの反省」(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 自民党の歴史的惨敗に終わった参院選挙から間もなく1カ月。衝撃がなおさめやらぬなかで、安倍首相はあす内閣改造に踏み切る構えだ。

 選挙後も首相の足元は揺らいでいる。各種の世論調査では内閣支持率が20%台を低迷。朝日新聞の調査では47%が「首相は辞めるべきだ」と答えた。党内でも公然と退陣論が語られる。私たちも辞任が当然との考えに変わりはない。





【朝日新聞社説】安倍首相へ贈る「5つの反省」:「言葉に責任を持て」「おごりを捨てろ」「基本路線見直せ」などの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:55 | Comment(9) | TrackBack(1) | マスコミニュース

2007年08月24日

【朝日新聞社説】「安倍首相、一本調子の価値観外交考え直せ」〜日本にとって中国の重要性、インドの比ではない

首相の訪印―価値観外交のすれ違い(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 米国とインド、それに豪州。自由と民主主義という価値観を共有するこれらの国と連携して事に当たる。それが安倍首相が唱える価値観外交である。

 首相にとって、インド訪問はその実践と言えるものだった。だが、価値観を共にする相手であっても、国益の違いを乗り越えるのは容易でないことを思い知らされたのではないか。

 「自然界に畏(おそ)れを抱く点にかけて、日本人とインド人には共通の何かがあると思わないではいられません」





【朝日新聞社説】「安倍首相、一本調子の価値観外交考え直せ」〜日本にとって中国の重要性、インドの比ではないの続きを読む
posted by nandemoarinsu at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミニュース

【メディア】どっちが捏造?テレ朝VS週刊現代、現代の捏造報道は「捏造」としてテレ朝が東京地裁へ提訴

捏造報道は「捏造」、週刊現代記事でテレ朝が1億損賠提訴(読売新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、テレビ朝日は23日、発行元の講談社などに1億円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状によると、同誌は先月、3週連続で、「テレビ朝日『ロデオボーイ(2)』で激ヤセ捏造(ねつぞう)」などと題する記事を掲載。通販番組で放送した乗馬型フィットネス機器の紹介ビデオの中で、実際は食事制限をしてやせた出演者に、「機器に乗っていただけ」と証言させるなどの詐欺的行為を行ったと報じた。

 テレビ朝日は「記事は事実無根で、視聴者の信頼を失わせるものだ」と主張している。

 週刊現代編集部の話「事実関係には自信を持っている」

〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 07:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年08月23日

【文化】 「サヨク」等の言葉と共に売れた保守系論壇誌、勢い落ちる…ネット世代の若者に受ける過激さを持つ本が台頭

曲がり角の保守系論壇誌 過激にあおる雑誌台頭(asahi.com)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
保守系論壇誌の風景が変わり始めている。90年代後半から「新しい歴史教科書をつくる会」の運動や拉致問題、反日デモなどを追い風に部数を伸ばしてきた「諸君!」(文芸春秋)と「正論」(発行・産経新聞社)は勢いが落ち、新路線を探り始めた。一方で、より過激なナショナリズムをあおる雑誌が台頭している。背景には、左派という敵を失った保守論壇の空洞化や、安倍政権への失望、ネット世代のセンセーショナリズムといった問題があるようだ。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 13:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

【社会】 「大人かわいい」 40、50代女性に広がる価値観…6、7万の靴や300万円超の腕時計などで大人のかわいさ表現

【近ごろ都に流行るもの】「大人の可愛い」 熟女へ最高のほめ言葉(産経新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■元祖JJ世代…購買力にも注目
 女性の40、50代といえばすでに立派なオバさんのはずだが、この年ごろで「大人(の)可愛(かわい)い」という価値観が広がっている。50代向け化粧品が今年「大人の可愛い」をテーマに刷新したところ、主力商品の売り上げが2倍近くに急伸。百貨店のCI(企業イメージ統合戦略)、アパレルでも同様のアピールが目立つ。「年がいもない」「厚かましい」…などの批判も受けそうなハイリスクなキーワードに思えるが、この世代は元祖JJガールやアンノン族。日本女性のオシャレやライフスタイルを切り開いてきた世代が、大人ならではの可愛さを堂々と発信している。
(重松明子)

続きを読む
posted by nandemoarinsu at 06:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年08月19日

【社説】雇用慣行を根本から見直せ、深刻な長時間と増大する非正規雇用…日経新聞社説

社説 雇用慣行を根本から見直せ(NIKKEI NET)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 少子高齢化が進む中で、高い経済成長をいかにして実現するか。その鍵を握るのは人材である。しかし現在の働き方のままでは、産業界全体、そして社会はジリ貧に向かう恐れすらあるのではないか。

 一時5%を超えた完全失業率は6月には3.7%に下がった。深刻な失業問題は避けられたものの、代償は大きい。希少な人材を枯渇させかねないひずみを生んだからだ。


続きを読む
タグ:派遣
posted by nandemoarinsu at 23:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年08月17日

【コラム】 「ビリーズブートキャンプ」、本気で選挙をやれば体重5キロ減→体重ではなく議席減・・・東京新聞

筆洗(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 この夏、日本中を席巻した人気商品といえば「ビリーズブートキャンプ」。軍隊式トレーニングの教材DVDやゴムひもセットの通販商品だ▼米格闘家のビリー・ブランクスさんが「脂肪を燃やせ」と、深夜テレビで生徒を叱咤激励(しったげきれい)しながら跳びはねる映像をごらんになった方もあろう。これが、美容やメタボ腹に悩む若い女性から中年男性までの人気を集めた▼永田町では安倍首相が、そのゴムひもをプレゼントされたと話題になって、中川秀直自民党幹事長も参院選前は「本気で選挙運動をやれば体重は五キロ減る。中川ブートキャンプだ」と冗談を飛ばしていた▼選挙当日、フジ系列は恒例の“二十七時間テレビ”で人気者の香取慎吾さんにこのブートキャンプのパロディーを演じさせ、そのまま開票速報番組になだれ込んで視聴率競争を制す。ところが肝心の自民党は、体重どころか議席の方を激ヤセさせてしまった。“美しい国”と言挙げしつつ、なんでも米国基準の格差社会化で、地方を痛めつけた安倍政権。「ブートキャンプ」なんぞにかまけて足元の「盆踊り」を忘れたからだ▼というわけで、岐阜県郡上市でお盆の四日間は、徹夜になる「郡上おどり」に参加してきた。娯楽禁止の戦時中も、戦没者慰霊のために継続を許されていた。終戦の玉音放送の数時間後には、誰ともなく唄(うた)が出て踊りの輪ができたという▼「川崎」「春駒」「やっちく」と、次々変わる演目に、浴衣は袖絞るほどの汗。手と足を同方向に動かす古来の“なんば”の振りに、美しい日本の夏を堪能できた。
〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 22:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミニュース

2007年07月31日

【社説】 「『男性ばかりの議場はドブネズミ色』と女性議員…参院選で女性躍進、日本はこのまま“先進国”入り目指せ」…東京新聞

女性の躍進 議場の景色は変わるか(東京新聞)

引用ここから〜〜〜〜〜〜〜〜
 参院選で女性の躍進が目立った。今春の統一地方選に続き、当選者数が過去最多となった。それでも世界的に見ると、日本はまだまだ少ない。この流れを止めず「先進国」入りを目指したい。

 傍聴席から見下ろすと、紺やグレーの背広を着た男性議員ばかりの議場はドブネズミ色に見えるという。ある女性国会議員の嘆きだ。国会が男性中心の社会だということを象徴する景色なのだろう。この選挙で変わるか。


続きを読む
posted by nandemoarinsu at 21:20 | Comment(9) | TrackBack(0) | マスコミニュース


全ランキングはこちら



SEO対策:ニュースSEO対策:東亜SEO対策:海外SEO対策:政治SEO対策:マスコミ